ショート メール 転送。 auのCメールをパソコンやEメールに転送

ショートカットキーでメールを転送する【Outlook】

ショート メール 転送

仕事でショートメールを使うと、仕事がはかどり効率が上がります。 しかし、スマートフォンからピコピコと送信するのは大変なのでパソコンから直接ショートメールを送るようにしています。 なぜ、ショートメールは仕事の効率が上がるのか 今はほどんどの人が携帯電話を持っているので連絡を取り合うのが楽になりました。 でも、 知らない番号からの電話にはなかなか出てくれなかったりして、仕事の関係で電話連絡を使うのは効率が悪いのです。 ひとり社長も賃貸管理の仕事をしていると、家賃の支払いについて、共用部の清掃、ちょっとした注意事項など、電話で伝える必要がある場合がたくさんあります。 しかし、 会社の電話や社用携帯から連絡しても全然電話に出てくれないし、折り返しもなかなかもらえません。 そして何度も連絡をするのも面倒なので、最近では 電話に出なかった場合はすべてショートメールを送るようにしています。 ショートメールの場合は送信できたか、できなかったか、わかりますし、 お客様の方としてもショートメールで気軽に返信ができるのでお客様との連絡手段としては大変良いと思っています。 小ネタ!できるだけ電話に出てもらえるようにする方法 ひとり社長は 電話をして出ない場合はすぐにショートメールを送るようにしています。 時間をおいてから電話しようと思っていても忘れてしまったり、再度出なかったりすると時間と労力の無駄だからです。 しかし、できるだけ電話で伝えたいと思うこともあります。 そのため、できるだけ電話に出てもらえるように 誰の電話番号かわかるようにしています。 スマートフォンには、自分のスマホに登録のない電話番号から電話がきた場合に、電話番号を自動的に瞬時に調べてくれる機能がある機種やアプリがあります。 一般的には迷惑電話を防止する目的に使いますが、この機能(アプリ)に自分で自分の電話番号が誰からの番号なのかわかるように登録するのです。 やり方は電話帳ナビ( )の口コミ欄に自分でその電話番号の所有者を記入するだけです。 上記は弊社の昔の電話番号ですが、電話帳ナビに登録しておくことによって、 登録のない電話番号から電話がかかってきた場合でも、誰から電話がきたのかがわかるようになります。 電話に出なかった場合でも、その番号を調べると電話帳ナビのページで該当番号を確認できますので折り返しお電話を頂ける可能性が高くなります。 知らない番号から電話がきて、その番号を調べても誰の番号かわからなかった場合は折り返し電話を頂ける可能性は低くなります。 ひとり社長はL字デスクで作業効率をあげています。 ご参考まで。 仕事のショートメールはパソコンから送る ショートメールの欠点はスマホから送らなくてはいけないことと、ショートだけに70文字しか送れないことです。 まぁ、70文字に関してはショートメールを2つ、3つ、続けて遅れは140文字、210文字と遅れますので問題はないのですが、スマホから送るのは結構面倒なんです。 そこでパソコンから送るように変更しました。 実は起業当初もショートメール(SNS)を使った業務用のシステムを利用していたのですが、利用料が有料なのと、送信はできるけど受信はできない…などデメリットがあったため使うのをやめました。 お知らせを一方的に通知するだけなら良いのですが、相手の返事が必要な場合がほとんどですから一方的にショートメールを送信するサービスは役に立ちませんでした。 まぁ、書類でお知らせを郵送するより安く済むという程度の話です。 しかし、ショートメールは大変便利なシステムです。 相手のメールアドレスを知らなくても、電話番号がわかっていれば、メッセージを送ることができるのですから、 有効活用すれば仕事の効率が上がるのは明らかです。 そこでパソコンからショートメールを送るようにしました。 Chromeブラウザの拡張機能を利用してgmailとスマホを連動させることでパソコンからショートメールを送ることができるようになります。 上記インストール画面から「Chromに追加」を押して、確認画面が出たら「拡張機能を追加」を押します。 そして、Chromに追加されましたと表示されれば無事に拡張機能を利用することができます。 3)パソコンのGmailと連動させる パソコンでGmailを開くとMighty TextがGoogleアカウントにアクセスする権限をリクエストされますので「許可する」を押してください。 そうするとダイアログが表示されますので、その状態で次はスマートフォンにアプリをインストールしていきます。 4)Androidと連動させる ひとり社長は仕事ではAndroidを使用していますので、androidの場合の話になります。 まずは、Google Playよりアプリをインストールします。 Mighty Textのアプリをダウンロードしたらアプリを起動して「Complete Setup」を押します。 そうするとGoogleより許可を求められますので「ALLOW(許可)」を押します。 「Success!」と表示されれば連動が完了です。 簡単です!! 2、パソコンからショートメールを送る方法 1)パソコンのGoogleブラウザからGmailを開く。 開くと画面左側に 「COMPOSE SMS」というボタンが表示されていますのでクリックをする。 ひとり社長の場合はWi-Fiが繋がっていてもSMSをパソコンから送信できています。 2)画面右下に「New Messeage」という小窓が開く。 そうしたら、To(宛先)に電話番号を入れてenterを押します。 enterを押すと数字が反転します。 次にその下の欄にメッセージを70文字以内で書き込んで「送信ボタン(右矢印)」を押すだけです。 簡単ですね!なお、正常に送信されている場合はスマホのSMSに利益が表示されます。 まとめ 相手がなかなか電話に出てくれない、折り返しが来ない、何度も電話しなくてはいけない、予定が消化できない、これは無駄な行為ですね。 連絡するのも一回で伝われば、それで終わりなのです。 しかし、電話に出ない、折り返しがないことで予定は消化されずに、いつまでもその業務が残っていくのです。 これでは仕事の効率が上がるはずがありません。 しかし、すべてのお客様からメールアドレスを取得して、それを管理するのも面倒なものです。 電話番号を利用したショートメールは大変便利な機能です。 これを利用して仕事の効率を上げて行こうという話です。 実際にパソコンからショートメールをバンバン送るようになってから仕事の効率がものすごく上がっています。 スマホからだとなんとなく送り難いものがパソコン作業の途中にパソコンから気軽にショートメールを送ることができます。 例えば、面倒な家賃滞納者には滞納したら督促を行いますが、その後の入金予定期日の前に家賃の支払期日を明記したショートメールを送るだけで家賃滞納はグッと減ります。 そうすれば、面倒な督促業務をしなくて良くなりますので仕事の効率が上がるのです。 その他にも相手が仕事中であっても気軽に連絡することができますので、相手が休日だとか、お昼休みだとか、考えなくてもよくなりました。 ほんのちょっとしたことですが、 ショートメールを活用するだけで仕事が飛躍的に効率良くなります。 アイデア次第ではいろいろな用途に使える汎用性もありますので、これからもショートメールを利用したサービスの仕組を作っていきます。 詳しくはこちら を参照ください。 rajincom.

次の

実用的な方法!iPhone SMSメッセージを移行、転送する

ショート メール 転送

仕事でショートメールを使うと、仕事がはかどり効率が上がります。 しかし、スマートフォンからピコピコと送信するのは大変なのでパソコンから直接ショートメールを送るようにしています。 なぜ、ショートメールは仕事の効率が上がるのか 今はほどんどの人が携帯電話を持っているので連絡を取り合うのが楽になりました。 でも、 知らない番号からの電話にはなかなか出てくれなかったりして、仕事の関係で電話連絡を使うのは効率が悪いのです。 ひとり社長も賃貸管理の仕事をしていると、家賃の支払いについて、共用部の清掃、ちょっとした注意事項など、電話で伝える必要がある場合がたくさんあります。 しかし、 会社の電話や社用携帯から連絡しても全然電話に出てくれないし、折り返しもなかなかもらえません。 そして何度も連絡をするのも面倒なので、最近では 電話に出なかった場合はすべてショートメールを送るようにしています。 ショートメールの場合は送信できたか、できなかったか、わかりますし、 お客様の方としてもショートメールで気軽に返信ができるのでお客様との連絡手段としては大変良いと思っています。 小ネタ!できるだけ電話に出てもらえるようにする方法 ひとり社長は 電話をして出ない場合はすぐにショートメールを送るようにしています。 時間をおいてから電話しようと思っていても忘れてしまったり、再度出なかったりすると時間と労力の無駄だからです。 しかし、できるだけ電話で伝えたいと思うこともあります。 そのため、できるだけ電話に出てもらえるように 誰の電話番号かわかるようにしています。 スマートフォンには、自分のスマホに登録のない電話番号から電話がきた場合に、電話番号を自動的に瞬時に調べてくれる機能がある機種やアプリがあります。 一般的には迷惑電話を防止する目的に使いますが、この機能(アプリ)に自分で自分の電話番号が誰からの番号なのかわかるように登録するのです。 やり方は電話帳ナビ( )の口コミ欄に自分でその電話番号の所有者を記入するだけです。 上記は弊社の昔の電話番号ですが、電話帳ナビに登録しておくことによって、 登録のない電話番号から電話がかかってきた場合でも、誰から電話がきたのかがわかるようになります。 電話に出なかった場合でも、その番号を調べると電話帳ナビのページで該当番号を確認できますので折り返しお電話を頂ける可能性が高くなります。 知らない番号から電話がきて、その番号を調べても誰の番号かわからなかった場合は折り返し電話を頂ける可能性は低くなります。 ひとり社長はL字デスクで作業効率をあげています。 ご参考まで。 仕事のショートメールはパソコンから送る ショートメールの欠点はスマホから送らなくてはいけないことと、ショートだけに70文字しか送れないことです。 まぁ、70文字に関してはショートメールを2つ、3つ、続けて遅れは140文字、210文字と遅れますので問題はないのですが、スマホから送るのは結構面倒なんです。 そこでパソコンから送るように変更しました。 実は起業当初もショートメール(SNS)を使った業務用のシステムを利用していたのですが、利用料が有料なのと、送信はできるけど受信はできない…などデメリットがあったため使うのをやめました。 お知らせを一方的に通知するだけなら良いのですが、相手の返事が必要な場合がほとんどですから一方的にショートメールを送信するサービスは役に立ちませんでした。 まぁ、書類でお知らせを郵送するより安く済むという程度の話です。 しかし、ショートメールは大変便利なシステムです。 相手のメールアドレスを知らなくても、電話番号がわかっていれば、メッセージを送ることができるのですから、 有効活用すれば仕事の効率が上がるのは明らかです。 そこでパソコンからショートメールを送るようにしました。 Chromeブラウザの拡張機能を利用してgmailとスマホを連動させることでパソコンからショートメールを送ることができるようになります。 上記インストール画面から「Chromに追加」を押して、確認画面が出たら「拡張機能を追加」を押します。 そして、Chromに追加されましたと表示されれば無事に拡張機能を利用することができます。 3)パソコンのGmailと連動させる パソコンでGmailを開くとMighty TextがGoogleアカウントにアクセスする権限をリクエストされますので「許可する」を押してください。 そうするとダイアログが表示されますので、その状態で次はスマートフォンにアプリをインストールしていきます。 4)Androidと連動させる ひとり社長は仕事ではAndroidを使用していますので、androidの場合の話になります。 まずは、Google Playよりアプリをインストールします。 Mighty Textのアプリをダウンロードしたらアプリを起動して「Complete Setup」を押します。 そうするとGoogleより許可を求められますので「ALLOW(許可)」を押します。 「Success!」と表示されれば連動が完了です。 簡単です!! 2、パソコンからショートメールを送る方法 1)パソコンのGoogleブラウザからGmailを開く。 開くと画面左側に 「COMPOSE SMS」というボタンが表示されていますのでクリックをする。 ひとり社長の場合はWi-Fiが繋がっていてもSMSをパソコンから送信できています。 2)画面右下に「New Messeage」という小窓が開く。 そうしたら、To(宛先)に電話番号を入れてenterを押します。 enterを押すと数字が反転します。 次にその下の欄にメッセージを70文字以内で書き込んで「送信ボタン(右矢印)」を押すだけです。 簡単ですね!なお、正常に送信されている場合はスマホのSMSに利益が表示されます。 まとめ 相手がなかなか電話に出てくれない、折り返しが来ない、何度も電話しなくてはいけない、予定が消化できない、これは無駄な行為ですね。 連絡するのも一回で伝われば、それで終わりなのです。 しかし、電話に出ない、折り返しがないことで予定は消化されずに、いつまでもその業務が残っていくのです。 これでは仕事の効率が上がるはずがありません。 しかし、すべてのお客様からメールアドレスを取得して、それを管理するのも面倒なものです。 電話番号を利用したショートメールは大変便利な機能です。 これを利用して仕事の効率を上げて行こうという話です。 実際にパソコンからショートメールをバンバン送るようになってから仕事の効率がものすごく上がっています。 スマホからだとなんとなく送り難いものがパソコン作業の途中にパソコンから気軽にショートメールを送ることができます。 例えば、面倒な家賃滞納者には滞納したら督促を行いますが、その後の入金予定期日の前に家賃の支払期日を明記したショートメールを送るだけで家賃滞納はグッと減ります。 そうすれば、面倒な督促業務をしなくて良くなりますので仕事の効率が上がるのです。 その他にも相手が仕事中であっても気軽に連絡することができますので、相手が休日だとか、お昼休みだとか、考えなくてもよくなりました。 ほんのちょっとしたことですが、 ショートメールを活用するだけで仕事が飛躍的に効率良くなります。 アイデア次第ではいろいろな用途に使える汎用性もありますので、これからもショートメールを利用したサービスの仕組を作っていきます。 詳しくはこちら を参照ください。 rajincom.

次の

パソコンからショートメールを送る方法~仕事の効率を上げよう!~

ショート メール 転送

ショートメールの送り方 ショートメールを送信する方法はiPhoneやAndroid、パソコンによって方法が異なります。 そこで、ここでは実際にショートメールを送信する方法をご紹介します。 iPhoneの場合 まずはiPhoneでショートメールを送信する際の方法をご案内致します。 「メッセージ」アプリを開き、画面右上の「新規作成ボタン」をタップする。 宛先欄の右端にある「+」マークをタップし、宛先を選択する。 メールアドレスではなく電話番号を選択する。 以上で、iPhoneを使ってショートメールを送信することが出来ます。 Androidメッセージの場合 Androidの場合は、キャリアやスマホによって利用するアプリが異なります。 キャリアの場合は、プリインストールされている「メール」もしくは「SMS」というアプリからショートメールを送信することが出来ます。 基本的にはiPhoneでのショートメール送信方法と手順は同じで、「メール」もしくは「SMS」のメッセージ新規作成から宛先を選択し、送信先に電話番号を選択します。 この手順を行うことで、Androidからもショートメールを送信することが出来ます。 PCの場合 パソコンからも、ショートメールを送信することが出来ます。 ここではAndroidスマホをパソコンと連携させる方法をご紹介します。 具体的な手順は以下の通りです。 パソコンにChromeブラウザをインストールします。 パソコンでGmailを開き、上記の拡張機能がアカウントにアクセス許可を求めるダイヤログを表示するため、「許可する」をクリックします。 AndroidスマホからGoogle Play Storeを開き「Mighty Text-コンピュータからSMS」というアプリをインストールします。 上記アプリを起動し、「Complete Setup」をタップします。 続いて、パソコンからショートメールを送信する方法をご紹介します。 スマホをパソコンと連携させる時、スマホがWi-Fiに接続されていると連携に失敗することもあるため、モバイルネットワークの利用をおすすめします。 パソコンのChromeブラウザから「Gmail」を開きます。 画面左のメニューに「COMPOSE SMS」が表示されていることを確認、クリックします。 画面右下に表示される「New Message」の宛先に電話番号を入力してメッセージを書き込み送信ボタンをクリックします。 ショートメール応用編 最後に、ショートメール機能を応用した使い方をご紹介します。 応用編を覚えておくことで、ショートメールをもっと便利に活用することが出来るようになります。 写真などの画像を送る ショートメールの応用となるため、純粋な「メール」や「SMS」といったアプリから写真などの画像を送ることは出来ませんが、iPhoneであれば「iMessage」というアプリを活用したり、Androidであれば「Androidメッセージ」というアプリを活用することで写真を送ることが可能となります。 ショートメールが「SMS」なのに対して、写真などの画像を送れる機能を「MMS」と呼びます。 利用するためにはキャリアによって加入するオプションが異なることがありますが、この機能を使うことで電話番号宛に画像を送信することが出来ます。 履歴をみる ショートメールの履歴の確認方法は簡単です。 こちらもキャリアによって方法は異なりますが、例えばauであれば「SMS」アプリを開くことで以前のショートメール履歴を確認することが出来ます。 ソフトバンクやドコモの場合も、「SMS」もしくは「メール」の受信BOXを開くとその中にショートメールの履歴が入っているため、以前のやり取りを振り返ることが可能です。 予約送信する 予約送信を行うためには、ショートメールを送るためのサードパーティアプリをインストールする必要があります。 アプリはiPhone向け・Android向けに複数リリースされているため、ご自分の利用スタイルに合ったものを選び利用しましょう。 まとめ いかがでしたか? ショートメール機能はガラケー時代からあった機能ですが、スマホになってからはLINE等のメッセージアプリが進化したため利用する機会がめっきり減ってしまいました。 しかし、電話番号しか知らない相手にテキストメッセージを送りたいというシーンに直面することもあります。 そうした時、今回こちらでご案内したショートメールの送り方を活用して、コミュニケーションを加速させましょう。 Androidでインターネットを... 403,887件のビュー• Android端末を利用している... 376,922件のビュー• iPhone6、iPhone6P... 328,946件のビュー• パソコンでテレビを視聴できるよう... 287,334件のビュー• iPhoneの重要な用途のひとつ... 237,071件のビュー• スマホで音楽を聴くことが当たり前... 227,879件のビュー• 今では多くの人が手にしているiP... 225,752件のビュー• Windowsを利用していると「... 218,195件のビュー• パソコンとアンドロイド端末をケー... 209,290件のビュー• 単体でもアプリで遊んだり、カメラで撮影し... 191,906件のビュー.

次の