確信 犯 意味。 確信とはどういう意味?確信犯など似た言葉も一緒に紹介!

「確信犯」の正しい意味?別に誤用ではないですよ!?

確信 犯 意味

「確信犯」「故意犯」「愉快犯」「模倣犯」の意味と違いとは 「あの人は確信犯だね」などとよく使われる「確信犯」という言葉ですが、詳しい意味をご存知でしょうか。 「故意犯」と似た意味に見えますが、実際には違いがあります。 では、具体的にどのような点が異なるのでしょうか。 今回は、「確信犯」と「故意犯」の意味や違いに加え、「愉快犯」「模倣犯」との違いについても解説していきましょう。 「確信犯」とは 「確信犯」の本来の意味は、「道徳的、宗教的もしくは政治的信念などに基づいて、悪いことではないと本人が確信したまま行われる犯罪」というものです。 法律では犯罪でも、その者の基準では悪ではないと確信していることから、「確信犯」の名前が付いています。 いわゆる「思想犯」や「政治犯」、「国事犯」などがこれにあたります。 読み方は、「かくしんはん」です。 「確信犯」にはまた、上の意味から転じて「悪いことと知りつつ行われた犯罪や行為」といった意味合いもあります。 この場合は、「違法ダウンロードを行う者のほとんどは、確信犯だ」「彼はぶつかったのはわざとじゃないと言うが、あれは絶対確信犯だ」のように使われます。 上記のように、「確信犯」の本来の意味合いは最初のもので、後者の意味は間違いとされていました。 しかし、現在では「故意に行われた犯罪などの悪いこと」の意味合いも浸透しており、通俗的な使い方としてこちらの意味を載せる辞書も増えています。 「故意犯」とは 「故意犯」とは、「故意になされる犯罪」という意味の言葉です。 それが法律に触れると知りつつ、わざと行われる犯罪行為を指します。 「殺人犯」や「窃盗犯」などがこれにあたります。 読み方は、「こいはん」です。 「故意犯」の「故」は、「わざわざ」「ことさら」を意味する漢字です。 「故意犯」と「確信犯」は、本来の意味合いは明確に違います。 しかし、現在では前述のように、「確信犯」も「故意犯」に近い意味合いで使われるケースが増えています。 しかし、通俗的な意味の「確信犯」が犯罪に当たらない行為も含むのに対し、「故意犯」は犯罪行為のみを指す点は、両者の違いとなっています。 「愉快犯」とは 「愉快犯」とは、「世間を騒がせることによって快感を得ようと行う犯罪」という意味の言葉です。 本人の楽しみのために行われる、世の中を混乱させたり恐慌を起こすような犯罪を指します。 また、その犯人についても言います。 読み方は「ゆかいはん」で、「最近多発している落書きやいやがらせは、愉快犯による仕業だ」のように使われます。 「愉快犯」と「確信犯」は、動機も目的も違います。 「確信犯」が犯人の信条に基づき正しいと信じて行う犯罪行為を指すのに対し、「愉快犯」は単に楽しみのために世間を騒がせる犯罪行為を指します。 一方、「愉快犯」も「故意犯」に含まれますが、動機が娯楽に絞られる点で使い分けることができます。 「模倣犯」とは 「模倣犯」とは、「他人が起こした犯罪の手法を模倣した犯罪」という意味の言葉です。 ある者が起こした犯罪を、別の者がまねて行う犯罪行為を指します。 また、その犯人についても言います。 読み方は「もほうはん」で、「今回の事件は、一連の事件とは別の模倣犯と思われる」のように使われます。 「模倣犯」は、思想や信条の有無などは関係ないため、「確信犯」とは明確に違います。 また、動機についても問わないことから、「愉快犯」とも異なります。 「故意犯」の一種にはあたりますが、手口が「他の犯罪の模倣」に限られる点で、2つを使い分けることができます。

次の

確信犯

確信 犯 意味

まずは本来の意味を 確信犯とは(かくしんはん) それが正しいことと信じて行われる犯罪、 という意味です。 なんのこっちゃ? と思う人もいるかもしれませんが、 本人は正しいと思いながら 犯罪をおこなうケースはあります。 昔の例でいうと 学生運動で校舎を破壊するのも そういったものの一種といえるでしょう。 また、悪代官を退治するとか 理不尽な理由で逮捕された人を たすけるといったことも 法律をやぶっていることになるので それが正しい(と思っている) ことであっても犯罪になります。 つまり確信犯とは 良いことであれ悪いことであれ ・法に触れる(つまり犯罪) ・しかし本人は正しいことと思っている ということになります。 よくされている使い方は 上記のものが本来の理由ですが こういった使い方をされるのは むしろまれで、 いっぱんに、確信犯とは 「悪いこととわかっていながら行われる行為」 という意味で使われるようになっています。 「先生! 宿題をわすれてしまいました」 「本当にわすれていたの?」 「いえ、じつはテレビを見ているうちに 眠たくなってしまったので、やりませんでした」 「わかっていてやってこなかったのね 確信犯だな!」 みたいな感じですね。 だいたいは、 わざとやっているにも関わらず 偶然をよそおっていてセコいなあ、 という意味合いで使われます。 「あの課長はいそがしい時間になると いつもトイレに行っていなくなるね」 「確信犯ですよ、あれは」 といった使い方ですね。 スポンサーリンク それは果たして誤用なのか? この確信犯という言葉、本来の意味と 世間に広まっていてよくされる使い方に けっこうな違いがありますよね。 問題は、どちらが 正しいということですが、 2002年の世論調査では 6割以上の人が、 あとから使われるようになった意味の、 「わかっていながらやっている」 と覚えているそうです。 ただ、ほかの慣用句などは まちがって覚えている人が多くても 本来の意味とちがえば 「それは誤用だ」となるのですが この言葉にかんしては あとから使われるようになった使い方が 世間にひろまりすぎて もはや誤用ではなく 新しい意味として定着しつつあります。 辞書でも確信犯とは 1. 正しいと信じて行われる犯罪 2. わかっていながら行われること と、両方のっていたりしますからね。 まあ、 「正しいと信じてされる犯罪」なんて 日常生活ででくわすことなんて まずないですから、本来の使い方って、 普通は使う機会がないですからね。 もともと法律用語なので なじみもないですし。 そうなので、2. の 「悪いとわかっていながら行われること」 という意味が広まるのも 自然なことかもしれません。 じゃあ、もう新しいほうの使い方で いいんじゃないか と思われるかもしれませんが、 ややこしいことに、最近では 本来の意味も よく言われるようになってきています。 したがって、うかつに使っていると 「それは誤用だ」 なんて言われてしまうかもしれません。 今後どうなっていくかは 分かりませんが、現在のところ 両方の意味がある と考えておいたほうがいいでしょう。 わざとやっている、という意味では 「故意犯(こいはん)」 という言葉がありますので そちらを使うのもいいですね。

次の

確信犯(かくしんはん)とは

確信 犯 意味

法律上で犯罪とされていることを、自分の信じる宗教や政治などを実現するために「今の政治を変えるために必要なことだ」「これこそが正しい」などと確信して行動してしまうことです。 ですが、現在の日本語では 悪い事であることやトラブルなどを引き起こすことであると分かっていながらも行動を起こすこと、またその行動をした人といった意味でも定着しつつあります。 この場合は「犯」という字がついていますが「犯罪」ではありません。 辞書にも「通俗的な意味」として記載されています。 そのため、この意味は間違いであると思っている人も多くいますが誤用ではありません。 「確信犯」の使い方・例文 本来の意味、通俗的意味の両方の「確信犯」の使い方について説明していきます。 また使い方が分かりやすいようにそれぞれの例文も紹介します。 本来の意味の「確信犯」の使い方・例文 本来の意味で「確信犯」が用いられる場合は、テロや義賊などによる重大な犯罪やそれを犯した人を指すことが多くあります。 義賊…悪をこらすことで善を救おうとする盗賊 例えば、悪行により大金を稼いだ金持ちなどから窃盗し、貧しい人を救済するために使う盗人など また、 救急救命士などが重症患者を救いたい想いから法律では禁止とされている治療を搬送中に行うことなども「確信犯」にあたると解釈さます。 小さな医療機関のない地域などで、困っている人のために医者になりすまして治療行為をすることも「確信犯」に該当します。 しかし「本当に救いたい」という気持ちからの行為の場合であり、実際にその行動をした動機が「お金儲け」「やらされていた」などといった場合は「確信犯」にはあたりません。 「確信犯」には罪悪感などが一切無く、躊躇せずにその犯行をしてしまいます。 このように、本来の意味の「法律で政治的・道義的・宗教的な確信に基づいて義務感または使命感によって行われる犯行」としての「確信犯」は一般的にはあまり使われません。 政治的問題や、医療現場などの業界において起こることが多い犯罪です。 ・「今回の襲撃は確信犯によるもので、その傲慢かつ支離滅裂な政策に対する反発によるものであったため共感した国民さえいた」 ・「漫画やアニメで悪だからといって相手を躊躇うことなく抹殺してしまう主人公も確信犯である」 ・「末期患者があまりにも苦しんでいたために安楽死させたあの医者は、患者を救った気持ちになっているが確信犯となってしまった」 ・「人々を騙しては大金を手に入れていた人の家に入り盗みを働き、貧しい人たちに配り歩いている確信犯がついに捕まったが他にやり方はなかったのだろうか」 通俗的意味の「確信犯」の使い方・例文 俗に使われるようになった「悪いと分かっていながらも行動を起こすこと、またその行為をする人」といった意味の使い方としては、日常的に使われています。 例えば、本当は他の人に話してはいけないと分かっていながらも話しておいて「話してよかったんですよね?」などと言ってきたことに対して「それ確信犯だね」と使います。 このように 知らなかったフリをしていたり、自然を装って計画的であったり、過失に見せかけて故意的であることに対して使います。 また女性が嘘泣きや虚偽の相談などを男性の興味を引いたり、他の女性などの評価を下げることなども「確信犯だ」とよく言われています。 さらに最近では、アイドルが自分の可愛い顔やポーズを分かっていながらやっている時や、動物などが甘やかされると分かっていて寄り添ってきたり「く〜ん」と困り顔で呼んだりした時に「確信犯だ!」と使います。 この使い方は「あざとい」に近い意味で用いられています。 要するにその行為に対して肯定的であり、むしろそれこそが可愛いと褒めているニュアンスで使われています。 この行為には「悪いと分かっていながら」という部分は当てはまらず単なる故意的行動です。 また悪いことはしていないために誤用であると言えます。 しかし、本来の意味よりもこういった意味で一般的に使われることも多く一概に誤用だとは言えなくなっています。 言葉の意味は変わっていくものであり、昨今ではその時代などに合った使い方をするべきだと考えられています。 ですが、本来の意味以外の意味が生まれて一般的に使われているのは日本だけなのでそういった点は注意しましょう。 ・「遅刻してきた彼は時間を勘違いしていたと言っていたが確信犯に違いない」 ・「酔ったふりをして友達の悪口を言って覚えていないとらしいが、あれは確信犯だ」 ・「彼女は財布を忘れたと言って飲み会のお金を払おうとしなかったが、確信犯であるとみんな分かっていた」 ・「信頼されているA子に嫉妬して、上司に自分のミスをA子に仕向けられたと嘘泣きをする彼女の確信犯っぷりには呆れる」 「確信犯」と「故意犯」の違いは? 「確信犯」について説明してきましたが、似たような意味を持つ「故意犯」と言う言葉はご存知ですか? 「故意犯」は通俗的意味として使われている「確信犯」と近い意味を持ちます。 「故意犯<こいはん>」 意味は、 自らの行為の犯罪性を自覚した上で行う犯罪、またそれを犯す人となります。 通俗的意味である「確信犯」は悪いことを自覚した上で行っていましたが、「故意犯」はその悪いことが犯罪性であるという自覚があるということです。 そのため、法学的用語として「確信犯」とは別物となります。 通俗的に使われている「確信犯」の意味と近いため、混同されやすくなっていますが異なりますので、正しく理解し覚えましょう。 日本語の意味の変化は興味深くもありますが、使い方を間違えると不信感を抱かれてしまうこともあります。 意味をしっかり理解して、正しく使いましょう!.

次の