美味しい ご飯。 美味しいご飯を作ろう!料理レシピのサイト7選

【節約最強ご飯まとめ】簡単で美味しい!コスパ最高のご飯20選

美味しい ご飯

おいしい銀シャリの炊き方を伝授します。 計量カップで米をきっちり計ります。 これは米の表面についた糠や油などの臭いを、研いでいる間に米粒が吸わないように洗い流すのが目的です。 特に古米になれば臭いを吸収しやすいので、この作業は重要です。 注意/米が最初に水に触れると臭いをすぐに吸収します。 容器に米を入れてから、蛇口から水を入れると水が溜まる間に米が臭いを吸収するので、必ず水を先にはりましょう。 すぐに手でざっとかき混ぜる。 米の表面についた糠や、油が水に浮いてきます。 そして、濁った水はすぐに捨てて下さい。 スピードが肝心です。 ひと息に行いましょう。 米粒と米粒とをすり合わせ、アリウロン層の残留物を取り除くのが目的です。 食べる時期の米に合った研ぎ方、研ぎの回数の目安があるので、参考にして下さい。 最後に水を入れ、軽く混ぜて余分な濁りだけを流す「すすぎ」をします。 回数は前述の通りです。 浸水時間は新米で40分〜1時間。 古米は1時間は浸水して下さい。 春〜夏場は、冷水に浸けて米を冷やすとおいしいご飯になります。 又、あまりお奨めできませんが、時間がなくて急いで炊く場合はぬるま湯で炊いて下さい。 水を充分に吸った米はザルにあげて、10回程度ザルを上下させて余分な水けをきるだけで充分です。 (注意)ザル上げして、放置しておくと米が乾燥し割れてしまいます。 (粒の壊れた、ベチァなご飯になってしまいます)また、変色米になることもあるので気を付けて下さい。 ザル上げの目的は、余分な水けをきることにあります。 お店屋さんで5の工程を飛ばし30分程度ザル上げして上手く炊けないという場合をよく見ます。 気をつけましょう。 8.炊飯 炊飯器ならボタンを押すだけです。 今回は土鍋での炊き方を紹介します。 時間を正確に守ってください。 時間がきたら10秒ほど強火にして火を止めます。 あとは炊飯器同様かき混ぜて蒸気を飛ばし、ふきんを挟んで蓋をします。 密閉容器に入れて、冷暗所に保管して下さい。 短期間で消費できる量を購入する事も大事です。 白米の買いだめは禁物です。 ペットボトルで冷蔵庫に入れるのが理想です。 ただし「肉・魚」等においのするものの近くには置かないで下さい。 臭いが移ります。 皆さんもおいしい「銀しゃり」を楽しんでください。

次の

美味しいご飯の炊き方 ( 羽釜でご飯を炊く方法) ガスコンロでご飯を炊く ( 銅の羽釜編)

美味しい ご飯

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

美味しいご飯を作ろう!料理レシピのサイト7選

美味しい ご飯

<目次>• 基本のご飯の炊き方 まずは炊飯器で炊く一番基本的なご飯の炊き方です。 当たり前のように炊いているご飯も、きちんとポイントを押さえて炊飯することでより美味しさが引き出せますよ。 昔に比べて現在の精米技術は向上していますので、米と米を擦り合わせるように研ぐ必要はありません。 まずボウルにたっぷりの水をはり、計量した米を一気に入れます。 (米に水を注ぐようにすると、吸水にむらができるといわれています)1回目の洗米は、米がぬか臭くならないようにするため手早くさっと洗ってすぐに水を捨てます。 その後水を4~5回ほどかえて洗います。 水は完全に澄むまで洗う必要はありません。 また、新米は古米に比べて水分量が多いので、若干水を少なめにします。 逆に無洗米の場合は、通常の1割増し位の水が適量です。 この吸水時間で炊きあがりにかなり差が出ます。 でも吸水時間が長ければ長いほど良いというものではありませんのでご注意を。 もしどうしても洗ってすぐに炊かなければならない場合は、水ではなくぬるま湯に米を浸して炊いてください。 タイマー炊飯などの場合は、吸水時間が長くなりすぎないように注意してください。 炊飯が終わったらすぐに蓋を開けずに10~15分程度蒸らし、その後しゃもじで釜の底から返すようにご飯をさっくりと混ぜます。 ご飯を美味しく炊くコツ! ご飯がより美味しく炊けるといわれている裏技を、皆さんもいくつかご存知ではないでしょうか。 全てガイドが試したもの……ではありませんが、一般によく知られているご飯が美味しく炊ける裏技をいくつかご紹介します。 ちなみにガイドの個人的なおすすめ方法は「みりん」です。 少量加えるだけなのでお手軽ですし、甘みの少ない米にも適度に甘みが出て、つやもよくなります。 色々試して、一番美味しく変身してるなぁと思われる方法を見つけてみてください。 「安い米も美味しく食べる」いかがでしたでしょうか。 安いお米でも保存方法や炊き方等に気を付けるだけで、ずいぶん味も変わってきます。 美味しいお米を食べるため、皆さんもぜひ実践してみてくださいね。 【関連記事】•

次の