アズールレーン龍鳳。 【アズレン】重桜陣営:龍鳳の性能評価・スキル情報まとめ【艦船紹介】

【アズレン】重桜陣営:龍鳳 性能・スキル考察【アズールレーン】

アズールレーン龍鳳

「 翳りし満ちる影の華」で追加された新規艦船の性能についてまとめています。 性能を見た感想も書いているので育成する際の参考にどうぞ。 記事の情報は間違っていることもあるのでご注意ください。 新規艦船性能 翳りし満ちる影の華新規艦船 大陸版で公開されていたステータスとスキルの内容です。 ステータスだけなんとなくわかってもらえればOK、スキル性能などはあとで紹介します。 雷装ステータスを持っており、地味ながらハードモードのステータス制限で役に立ちそうだ。 特殊を展開する(威力はスキルレベルによる)。 演習限定で黄色と青色の小型弾の発射数が2倍、さらに1種類が追加される。 最大強化で合計110発の弾を発射、圧倒的な物量に心惹かれる。 ただし、発射される弾の9割は威力の低い小型弾ということで、これがどのように働くかは実際に最大強化で使ってみないとわからない。 状況次第では戦闘時間の半分以上を軽減付きで過ごせるかもしれない。 演習で試したら開幕魚雷を受けて発動したため、開幕のクールタイムは無さそうだ。 回復効果のおかげでの 実質耐久は高い部類になる。 海域だと1戦毎に発動機会があるため、周回や道中攻略で活躍が期待できる。 軽空母と言うとセントーのようなトンデモステータスを期待したくなるが、はちゃんと軽空母してる。 説明に記載されていない内容があり、実際の効果は簡単に説明すると以下のようになる。 「 の航空攻撃時に発動、対象を3秒間1秒毎に回復する。 回復量はの最大耐久値を参照するため、レベル120愛の耐久なら3回で447回復だ。 また、主力艦隊が3隻の時は1回の回復量が2倍となり、非常に強力な回復行動ができるようになる。 このスキルの登場によって、今後は潜水艦が驚異になる可能性や味方潜水艦が被弾するギミックの登場が予想される。 救援任務海域11章実装かあるいはメインストーリー14章のフラグか…?先のことを考えて育てておけば役に立つかもしれない。 ただ、重桜にはこれより優れた艦船が既にいるのであまり驚きはない。 メインストーリーだと12-3ボス戦や13章全域で機能しそうだ。 雷装&クリティカルアップはこの手のスキルとしては珍しく、陣営制限も艦種の制限も無く扱いやすい。 通常戦闘はもちろん、EX海域や演習での活躍が期待できる。 最終回避率はロイヤル並みになり、回避率を含めた実質耐久は計算だとの約1. 1倍ほど。 回避率アップと雷撃耐性のおかげで、計画艦を除けばの生存力はトップクラスになると考えられる。 正面の敵に対して当てやすく多段ヒットが期待できる。 耐久性能はレベル120愛で3100程度とイマイチ。 姉妹艦の五十鈴と異なり、対空砲座1、主砲のみ装備可能だ。 現状だと軽減効果は潜水艦浮上中の僅かな時間しか機能しない。 今後、潜航中の潜水艦にダメージを与えるギミックが登場すれば活躍する可能性がある。 重桜だと他にが次発装填を使えるが、鬼怒はそれよりも高い打点が出せる。 五十鈴は駆逐主砲を装備できるのでこれでもいいが、主砲を装備することになる鬼怒にとっては物足りない性能と言える。 霞の幸運70は重桜の中ではかなり高いほう。 (霞のお友達「ふわりん」もカウントされているとか) 発動条件はどの艦船でも満たせるものの、雷装が上がるのは重桜艦船のみ。 耐久は霞よりも低いようだ。 響はオート周回の適正が高いとして活躍が期待できる。 全弾発射-暁型II.

次の

【アズレン】重桜陣営:龍鳳の性能評価・スキル情報まとめ【艦船紹介】

アズールレーン龍鳳

「 翳りし満ちる影の華」で追加された新規艦船の性能についてまとめています。 性能を見た感想も書いているので育成する際の参考にどうぞ。 記事の情報は間違っていることもあるのでご注意ください。 新規艦船性能 翳りし満ちる影の華新規艦船 大陸版で公開されていたステータスとスキルの内容です。 ステータスだけなんとなくわかってもらえればOK、スキル性能などはあとで紹介します。 雷装ステータスを持っており、地味ながらハードモードのステータス制限で役に立ちそうだ。 特殊を展開する(威力はスキルレベルによる)。 演習限定で黄色と青色の小型弾の発射数が2倍、さらに1種類が追加される。 最大強化で合計110発の弾を発射、圧倒的な物量に心惹かれる。 ただし、発射される弾の9割は威力の低い小型弾ということで、これがどのように働くかは実際に最大強化で使ってみないとわからない。 状況次第では戦闘時間の半分以上を軽減付きで過ごせるかもしれない。 演習で試したら開幕魚雷を受けて発動したため、開幕のクールタイムは無さそうだ。 回復効果のおかげでの 実質耐久は高い部類になる。 海域だと1戦毎に発動機会があるため、周回や道中攻略で活躍が期待できる。 軽空母と言うとセントーのようなトンデモステータスを期待したくなるが、はちゃんと軽空母してる。 説明に記載されていない内容があり、実際の効果は簡単に説明すると以下のようになる。 「 の航空攻撃時に発動、対象を3秒間1秒毎に回復する。 回復量はの最大耐久値を参照するため、レベル120愛の耐久なら3回で447回復だ。 また、主力艦隊が3隻の時は1回の回復量が2倍となり、非常に強力な回復行動ができるようになる。 このスキルの登場によって、今後は潜水艦が驚異になる可能性や味方潜水艦が被弾するギミックの登場が予想される。 救援任務海域11章実装かあるいはメインストーリー14章のフラグか…?先のことを考えて育てておけば役に立つかもしれない。 ただ、重桜にはこれより優れた艦船が既にいるのであまり驚きはない。 メインストーリーだと12-3ボス戦や13章全域で機能しそうだ。 雷装&クリティカルアップはこの手のスキルとしては珍しく、陣営制限も艦種の制限も無く扱いやすい。 通常戦闘はもちろん、EX海域や演習での活躍が期待できる。 最終回避率はロイヤル並みになり、回避率を含めた実質耐久は計算だとの約1. 1倍ほど。 回避率アップと雷撃耐性のおかげで、計画艦を除けばの生存力はトップクラスになると考えられる。 正面の敵に対して当てやすく多段ヒットが期待できる。 耐久性能はレベル120愛で3100程度とイマイチ。 姉妹艦の五十鈴と異なり、対空砲座1、主砲のみ装備可能だ。 現状だと軽減効果は潜水艦浮上中の僅かな時間しか機能しない。 今後、潜航中の潜水艦にダメージを与えるギミックが登場すれば活躍する可能性がある。 重桜だと他にが次発装填を使えるが、鬼怒はそれよりも高い打点が出せる。 五十鈴は駆逐主砲を装備できるのでこれでもいいが、主砲を装備することになる鬼怒にとっては物足りない性能と言える。 霞の幸運70は重桜の中ではかなり高いほう。 (霞のお友達「ふわりん」もカウントされているとか) 発動条件はどの艦船でも満たせるものの、雷装が上がるのは重桜艦船のみ。 耐久は霞よりも低いようだ。 響はオート周回の適正が高いとして活躍が期待できる。 全弾発射-暁型II.

次の

【アズールレーン】龍鳳の評価とスキル/おすすめ装備【アズレン】

アズールレーン龍鳳

当初は潜艦「(たいげい)」として• 11年末から12年まで工事を行い、「」となる• 軍港襲により大破状態で。 に解体 潜艦「」から装された軽。 新たなを手に入れに向かおうとしたものの、 ついにできなかったのからか、 時々ちょっとせっかちになり、な行動に出る事も。 より開始された「翳りし満ちるの」にて初登場・された所属の。 はが運用した小。 く長いをでまとめ、にはが据えられている。 性格は至って面で、とした佇まいが。 を献身的に支えるの鑑だが、自身の不足を痛感しており、正規のように強くなれていればと悔やむ姿も見受けられる。 や同様、式をにして飛ばす方式を取っており、のようにの飛行甲を持つ。 書類上はと 準 同艦だが、元になったが違うからか似ても似つかぬ姿となっている。 元々は潜艦であり、しく世話をしていた事から転身したでもに懐かれている模様。 また史実で一緒に戦った縁からを気にかける一面があり、時々を振る舞ってあげているようだ。 どうやらには武が存在するようで、武人になるべく日々精進を続けている。 とした美しさを持つだが、何故か。 そのおかげでツが僅かえている……。 面系とは恐れ入った。 絵柄的ににいそうなである。 セントーに続いて2隻。 初登場では、領内で行われる「祭儀」の準備と役を担当。 同じくされた、河、、を束ねる的存在となっている。 の手配と対戦表を作ったのもである。 案内役として祭儀に参加するとを会場へ招待した。 この時に祭儀の慣わしに則ってとし、敗れこそしたものの「手を余裕もかった」と実を高く評価された。 中盤でが襲撃してくるが、一切の動揺も見せずに率先して迎撃。 頭揮を執りながら敵を退けている。 このように実と美貌を兼ねえた優秀なとして描かれている。 艦船と同日に、着せ替え「舞う」もされた。 で、どことは敢えて言わないが、のみんなが大好きなあの部分が動きまくってくれる。 残念ながら期間中の限定販売なので、買い逃したは次のを待つこと にゃ。 積もりに積もった我が思い、思いっきりぶつけてやります! 性能 潜艦からされた経緯を持つからか、同様に回復を持つ。 Rで回復を持っているのはが初である。 域では恩恵を得られるだろう。 1:波舞う 自身の三回の攻撃発動まで、【が最大値に対して占める割合が一番低い味方艦】のを3回回復する。 回復量はの最大値の1. 0 になる(開始時、味方艦隊が3隻存在する場合、回復量を2倍にする) 2:世話焼き 自身が可である限り、前衛艦隊の受けるの攻撃を4. 5 12. 0 軽減する;味方がに到達した場合、のを10. 0 20. 0 回復する;味方が敵艦を撃破した場合、終了まで自身の与えるが1. 0 3. 5 (最大6回加算可) 1は、やと同じ攻撃と同時発動の回復。 ただ、らが前衛艦隊の回復に特化しているのに対して、こちらは割合的に最もを受けている味方艦船を回復することになる。 そのため、艦隊も対になる。 味方の艦隊が3隻編成ならば回復量が2倍になるため、を考えれば燃費をケチらずにを3隻えよう。 2は、1…対戦における味方の。 2…味方を呼び出したとき、を自動回復。 3…味方の戦果によって自身にかかる。 と3つもの効果を持つ欲りなである。 もと潜艦であるがゆえの設定だろうか。 元々は有事の際にへ装できるよう設計されており、勃発直後にさっそく装工事を受けている。 ドゥー襲でに投下されたが直撃するという災難に見舞われながらも、12年に工事了。 と命名され、に生まれ変わった。 しかし艦載機の不足から、日々の輸送任務に従事。 、に参加。 戦の一を成し、艦載機も持っていたが、大3隻と0機以上を失って大敗。 も小破させられたが、傷は浅かった。 で直ったものの、もはや載せるがくなってしまい、細々と輸送任務に従事。 の軍港襲で3発のと3発の弾を喰らって大破。 と判定され、以降は防台としてに。 そしてそのままを迎えた。 大破状態とはいえ、の上に浮いたまま生き残った数少ないとなった。 関連動画が完了しました。 先に視聴してまいります。 …いい動画がありますように 関連静画誠にありがとうございます。 指揮官 関連項目です。 どんな内容か気になります…なりませんか?•

次の