アステ シア アーク ナイツ。 └▒5/еве╣е╞е╖евд╬╛▄║┘бж╔╛▓┴

【アークナイツ】アステシアの評価と解説

アステ シア アーク ナイツ

アステシアの詳細 アステシアの概要 アステシアはスカウト「百錬成鋼」で入手することが出来る星5前衛オペレーター。 前衛オペレーターながらも攻撃が術攻撃となっていることが特徴で、高防御の相手にもダメージを与えることが出来るムースと同じような役目を果たすことが出来るオペレーターと言えます。 アステシアの性能 基本ステータス ブロック数 1 攻撃速度 やや遅い 1. 25s 初期コスト 19 最大強化時コスト 19 再配置時間 遅い 70s 特性 敵に術ダメージを与える 基本ステータスは特性以外は平均的な対単体前衛のオペレーターとなっていますが、特性に特徴があり、攻撃が術攻撃になるというもの。 そのため、他の前衛と比べると高防御の相手に高いダメージを出すことが可能となっています。 信頼度込みだと最も防御力が高くなります。 更には術耐性もあるため、硬さだけで言えばアステシアは全前衛の中で最も硬いと言っても過言ではありません。 攻撃範囲 初期 昇進I 昇進2 攻撃範囲 攻撃範囲は他の対単体前衛と同じく地震のいるマスと前方1マスとなっており、スキルでも攻撃範囲は変化しないので特筆すべき点はありません。 潜在突破に関してはこれといったものも無いため優先度は低めかと思います。 攻撃速度を上げるという点では優秀な素質と言えますが、素質の効果を最大限にまで発揮するには100秒間配置する必要があるため、他の前衛オペレーターよりも早めに配置をしてやる必要がある点には注意が必要です。 攻撃よりも防御に特化したスキルと言え、ただでさえ高いアステシアの防御力が更に上昇します。 高防御の相手は同時に攻撃力も高い傾向にあるため、他の前衛では抑えることが出来ない重装連長等もアステシアであればほぼ単騎で抑えきることが可能になるでしょう。 スキル発動時間も長いため、比較的取り回しやすいスキルと言えます。 星輝剣 スキル1「星座の守護」が防御に寄ったスキルに対してスキル2「星輝剣」はどちらかと言えば攻撃に寄ったスキルと言え、「星座の守護」をより強化したようなものとなっています。 ブロック数が2となり、同時攻撃も可能になるため、複数の高防御の相手が来てもアステシア1体で抑えきることが出来るほどの性能となります。 必要となるSPが低いため自動回復スキルの中では頻繁にスキルを発動することは部類ではありますが、一方で効果時間が非常に短いという問題があり、スキルレベルが低いと敵のHPを削り切る前にスキルが切れてしまうということが起こりがち。 星輝剣を運用する場合はスキルのレベル上げは必須と言えます。 昇進をしても特定の番号のてがかりが入手しやすくなるということも無いため、応接室の運用においては非常に役に立つオペレーターとなっています。 まとめ アステシアは術攻撃を行える前衛オペレーターということからムースと比較されることが多くなっており、その性能も概ねムースの上位互換と言っても間違いはありません。 一方で素質やスキル等からも分かるようにムースと比べるとやや速攻性は落ちているため、敵と接敵する何段階も前から配置してやるといった準備をアステシアはしてやる必要があります。 スキルの効果時間と発動に必要なSPにも大きな違いがあり、特にムースのスキル2は効果時間が長いかわりに発動に必要なSPが高く設定されている一方で、アステシアのスキル2は効果時間が短いかわりに発動に必要なSPも少なく設定されています。 もっとも、ムースはスキル2を用いることはほとんどありませんが…。 性能としてはムースもアステシアも一長一短の部分がありますが、常にステージに配置をし続けるとなるとアステシアのほうが優秀な性能を持つと言えます。

次の

【アークナイツ】アステシアの評価とスキル

アステ シア アーク ナイツ

ここが良い1.素質が、時間が経過する毎に攻撃速度がアップするものなので、早く置けば置くほど有利に。 合格! 結論から言えば、声優の名塚佳織さんすこなら仲間にしておけ(おい) 配置した時に、ふわっと降りてくるのがたまらない。 何回でも見ちゃうね。 え?性能? アーツ属性でザッシュザッシュと斬り上げてくれるので、物理防御が高い敵にも通用するうえ、星輝剣の回転率も高いので優秀かと。 アステシアの強さ 職種:前衛 タグ:近距離、火力、防御 陣営:ロドスアイランド 絵師:YUJI 声優:名塚佳織 我らブラックロドスの一員。 アステシアちゃんに「おはよう、ドクター」って起こされた後、「お茶を淹れたわ」って言われながら寝起きにお茶を飲みたい。 特殊なインクの万年筆。 筆先を滑らせれば、紙上には銀河の煌めきが踊る。 まとめ 敵に術ダメージを与える前衛なので、ムースちゃんと比較されがち。 また、一部ではD32の擬人化と言われていて草生えた。 基本的には、 攻撃速度が5段階早くなる素質と、攻防ともにガツンと上がるスキルを持っているので、硬い敵との殴り合いもイケます。 勘違いされやすいのですが、アステシアは文献学顧問として、ライン生命と派遣契約を結んでいるので、衣装にライン生命のバッジを付けています。

次の

『アークナイツ』名塚佳織(アステシア役)の直筆サイン色紙が当たるキャンペーン開催中!

アステ シア アーク ナイツ

アステシアの詳細 アステシアの概要 アステシアはスカウト「百錬成鋼」で入手することが出来る星5前衛オペレーター。 前衛オペレーターながらも攻撃が術攻撃となっていることが特徴で、高防御の相手にもダメージを与えることが出来るムースと同じような役目を果たすことが出来るオペレーターと言えます。 アステシアの性能 基本ステータス ブロック数 1 攻撃速度 やや遅い 1. 25s 初期コスト 19 最大強化時コスト 19 再配置時間 遅い 70s 特性 敵に術ダメージを与える 基本ステータスは特性以外は平均的な対単体前衛のオペレーターとなっていますが、特性に特徴があり、攻撃が術攻撃になるというもの。 そのため、他の前衛と比べると高防御の相手に高いダメージを出すことが可能となっています。 信頼度込みだと最も防御力が高くなります。 更には術耐性もあるため、硬さだけで言えばアステシアは全前衛の中で最も硬いと言っても過言ではありません。 攻撃範囲 初期 昇進I 昇進2 攻撃範囲 攻撃範囲は他の対単体前衛と同じく地震のいるマスと前方1マスとなっており、スキルでも攻撃範囲は変化しないので特筆すべき点はありません。 潜在突破に関してはこれといったものも無いため優先度は低めかと思います。 攻撃速度を上げるという点では優秀な素質と言えますが、素質の効果を最大限にまで発揮するには100秒間配置する必要があるため、他の前衛オペレーターよりも早めに配置をしてやる必要がある点には注意が必要です。 攻撃よりも防御に特化したスキルと言え、ただでさえ高いアステシアの防御力が更に上昇します。 高防御の相手は同時に攻撃力も高い傾向にあるため、他の前衛では抑えることが出来ない重装連長等もアステシアであればほぼ単騎で抑えきることが可能になるでしょう。 スキル発動時間も長いため、比較的取り回しやすいスキルと言えます。 星輝剣 スキル1「星座の守護」が防御に寄ったスキルに対してスキル2「星輝剣」はどちらかと言えば攻撃に寄ったスキルと言え、「星座の守護」をより強化したようなものとなっています。 ブロック数が2となり、同時攻撃も可能になるため、複数の高防御の相手が来てもアステシア1体で抑えきることが出来るほどの性能となります。 必要となるSPが低いため自動回復スキルの中では頻繁にスキルを発動することは部類ではありますが、一方で効果時間が非常に短いという問題があり、スキルレベルが低いと敵のHPを削り切る前にスキルが切れてしまうということが起こりがち。 星輝剣を運用する場合はスキルのレベル上げは必須と言えます。 昇進をしても特定の番号のてがかりが入手しやすくなるということも無いため、応接室の運用においては非常に役に立つオペレーターとなっています。 まとめ アステシアは術攻撃を行える前衛オペレーターということからムースと比較されることが多くなっており、その性能も概ねムースの上位互換と言っても間違いはありません。 一方で素質やスキル等からも分かるようにムースと比べるとやや速攻性は落ちているため、敵と接敵する何段階も前から配置してやるといった準備をアステシアはしてやる必要があります。 スキルの効果時間と発動に必要なSPにも大きな違いがあり、特にムースのスキル2は効果時間が長いかわりに発動に必要なSPが高く設定されている一方で、アステシアのスキル2は効果時間が短いかわりに発動に必要なSPも少なく設定されています。 もっとも、ムースはスキル2を用いることはほとんどありませんが…。 性能としてはムースもアステシアも一長一短の部分がありますが、常にステージに配置をし続けるとなるとアステシアのほうが優秀な性能を持つと言えます。

次の