管轄ハローワーク。 ハローワーク管轄MAP

全国ハローワークの所在案内|厚生労働省

管轄ハローワーク

1.どこのハローワークへ行けばいいのか? 離職票が届き、 必要な書類は、全て手元にそろいました。 離職票がまだ届いていない方は、 をご覧ください。 さて、失業保険の手続きのために ハローワークに出向くのですが、 どこのハローワークに行ったらよいのでしょうか? 書類がそろったらハローワークへ 家から一番近いハローワークでしょうか? それとも会社の近く? 答えは、 「自分の現住所を管轄するハローワーク」 です。 ハローワークがどの地域を担当するかは あらかじめ決められており、 本人の希望で変更することはできません。 このため、区の端っこに住んでいる人などは わざわざ遠いハローワークに 行くはめになることも多いです。 しかし、これは文句を言っても 解決しない類いの不満です。 割り切って現住所を管轄するハローワークで 失業保険の受給手続きをしましょう。 ハローワークの端末を利用した求人の閲覧、 就職相談などは 指定されたハローワーク以外でも利用可能です。 管轄のハローワークが家から遠い場合は、 申し込みや失業認定以外は 近いハローワークで行ってもよいでしょう。 ところで、 退職後に実家に戻る場合は どうすればよいのでしょうか? これは、過去の記事で解説していますのでご参考にされてください。 心配される方が多い項目ではあるのですが、 さほどの面倒なしに対応できます。 ハローワークで求職者登録を終え、 再就職活動を行っています。 私も、自宅から行きづらい場所にある ハローワークを指定されてしまい、 日常的に不便な思いをしています。 ハローワークが遠いと大変 いっそのこと、 ハローワークの管轄を変更したいと 考えています。 こういった、 ハローワークの管轄変更というのは 可能なのでしょうか? 理由をあれこれ聞かれるものなのでしょうか? A. 結論から申し上げると、 「自分の都合で管轄のハローワーク変更」 は認められていません。 もちろん、 ハローワークでの求職者登録後、 転居するなどして 「物理的に通えない」 状況になるような場合は話は別です。 転居して通えなくなった場合は管轄変更が認められます このような場合は、 管轄ハローワークの変更が 認められています。 しかし、単純に 「家から遠い」 「通いにくい」 という理由では、 ハローワークの変更は認められません。 職業相談や、 求人の検索、紹介状の発行など、 求職活動全般の手続きは どこのハローワークでも可能です。 つまり、 日常的には 通いやすいハローワークを利用して 全然構いません。 失業認定日、 職業訓練への申込みなど、 一部の業務は 住所地を管轄するハローワーク でしか手続きができません。 これらの手続きの場合は、 割り切って指定されたハローワーク を利用するようにしてください。 普段の求職活動については、 自宅から通いやすいハローワークを 利用されることをお勧めします。 投稿者 投稿日: カテゴリー 投稿ナビゲーション.

次の

ハローワークの管轄外ってなに?便利な活用法で転職成功率が大幅アップ!?

管轄ハローワーク

ハローワークは日本全国に展開している公共職業安定所で、管轄外のハローワークであっても利用可能。 全国どこでも希望するハローワークで転職支援を受けられます。 例えば、現在は北海道に住んでいて近々東京へ引っ越す予定があるなら、 北海道内のハローワークで東京の求人情報の閲覧ができます。 日本全国のハローワークはオンラインでつながっており、どの地域のハローワークからでも希望地域の求人情報を閲覧できるシステムがあるからです。 北海道のハローワークで東京の求人情報が見つかったのであれば、その旨を北海道のハローワークに告げれば 求人情報の閲覧に留まらず求人の紹介もしてもらえます。 管轄問わず便利なハローワークの利用法 ハローワークインターネットサービスを活用 ハローワークは、ハローワークインターネットサービスを展開しており、このサービスでも 管轄を問わず全国の求人情報を閲覧できます。 ハローワークには求人情報が多数寄せられていますが、時期や時間帯によって 非常に混み合い求人紹介までに時間を要すのがネックです。 ハローワークインターネットサービスならよほど回線が混雑していない限りは サクサクと求人を探せます。 多忙でなかなかハローワークに行く時間がない求職者でも、ハローワークに訪れずインターネット上で 事前に応募候補の企業を探せるのは転職活動の大幅な時間の短縮になるでしょう。 ただし、ハローワークインターネットサービスで できる作業は閲覧と仮登録まで。 正式な登録や職業相談、求人紹介などのサービスを受けるには、 実際にハローワークに行って手続きしなければなりません。 しかし、 失業給付金の受給申請は管轄のハローワークでしか手続きができません。 失業給付金は一定の条件を満たせば給付される一時手当金で、受給するには離職前の会社から発行された離職票を 居住地域を管轄しているハローワークに提出する必要があります。 ハローワークインターネットサービスでも受け付けていないため、管轄のハローワークに直接足を運びましょう。 離職した会社の住所ではなく、自分が居住している住所を管轄しているハローワークでの手続きが失業給付金を受給する条件。 離職票が届かない場合は? 離職した会社は、ハローワークで離職票を作成後、離職者の自宅に離職票を郵送します。 離職後10日以上経過しても離職票が届かない場合に考えられるのは、離職した会社の事務処理が遅れている可能性です。 放置していても離職票はすぐには届かないので、まずは離職した会社に問い合わせて 離職票作成の催促をしてみましょう。 離職後2週間が経過しても離職票が届かない場合は離職した会社の住所を管轄しているハローワークに連絡を入れ、 ハローワークから会社に催促してもらうと良いでしょう。 合わせて読みたい ハローワークと併用おすすめの転職エージェント 一人でできる転職活動には限界があります。 ハローワークでもある程度の転職支援は受けられますが、 自分一人での作業が多いのは否めません。 転職エージェントは 転職活動の手間のかかる作業をすべて代行してくれる存在です。 転職エージェントのサポート内容• 求人の検索、紹介、応募、推薦• 応募書類の添削• 面接日程の調節、面接対策• 採用条件、給与、配属先、ポジションなど企業との交渉• 契約書や入社関連の手続き、入社日のすり合わせ 転職エージェントを利用すれば面接の本番以外で企業と直接やり取りする機会はほぼ0。 転職エージェントは企業との繋がりも深く自分一人だけでは知りえない 企業の内部情報まで知れる場合もあり、企業とのミスマッチも未然に防げます。 全国に拠点を構えあらゆる地域の求人を幅広く取り扱う転職エージェントも多いため、転職活動は 転職エージェントを活用した方が確実に効率的です。

次の

公共職業安定所管轄一覧(東京)|厚生労働省

管轄ハローワーク

求人検索はハローワークの管轄内、管轄外関係なくできる 求人検索や職業相談は、管轄内及び管轄外、どちらのハローワークでも行うことができます。 ハローワークでパソコン端末から全国の求人を閲覧する。 よい就職をするために身に付けるべきスキルは何か、あるいは、採用面接の際のコツは何か、といった相談。 このような求人検索や職業相談であれば、相談者の住所地を管轄するハローワークでも、管轄外のハローワークでも対応してもらえます。 なので地元のハローワークがいつも込んでいて利用しにくい、窓口の応対が悪い等の場合には、管轄外のハローワークで活動するのも手です。 パソコンで発見した求人応募に必要な紹介状は、管轄外の求人であっても今いるハローワークで発行してもらえます。 就職活動関連の内容は全国どこのハローワークでも自由に行えるということです。 なお、都心部では、夜間や土日でも窓口が開いている「ハローワークプラザ」が開設されています。 こういった施設でも、住所地を管轄するハローワーク内の求人を調査し、かつ、紹介状を書いてもらって、応募することが可能です。 雇用保険、失業保険の手続きは管轄内のハローワーク限定 一方、雇用保険の手続きに関しては、利用者の住所を管轄するハローワーク以外で手続きをすることはできません。 雇用保険に必要な会社を退職後、再就職先が見つかるまでの求職者給付(失業給付)の受給手続きなどですね。 求職者給付を受給するためには、求職の申し込みをしたうえで、原則として、4週間に2回以上求職活動をして、失業の認定を受けなくてはなりません。 この求職の申し込みや失業の認定は、住所地を管轄するハローワークで行う必要があります。 これについては、求職検索や新規の求職活動、職業相談とは異なり、住所地を管轄しないハローワークでは、行うことはできません。 求人検索だけなら家のPCからでも可能 なお、求職検索のみを行う場合には、ハローワークに出向く必要はありません。 自宅に居ながら、パソコンから「ハローワークインターネットサービス」にアクセスすれば、日本全国すべての地域の求人を閲覧することができます。 ただ実際に求人に応募するためには、ハローワークで求職登録をしたり、ハローワークに紹介状を作成してもらわなくてはなりません。 なので求人に申し込む場合には、住所地の管轄内でも管轄外いづれかのハローワークに行く必要があります。 ちなみにリクナビなど一般企業の転職サイトは求人検索から応募まで全部家で完結できます。 ハローワークと転職サイトのメリット・デメリットの違いですね。 また転職だけでなく会社以外で収入を得る手段を作るのも1つの手です。 転職も大事ですがやはり副収入や資産形成でお金を稼げればいいですよね。

次の