温泉 卵 レンジ レシピ。 温泉卵の簡単な作り方!電子レンジで1分卵料理レシピ [毎日のお助けレシピ] All About

レンジで30秒。温玉or半熟卵 お好みのままに♪ レシピ・作り方 by sundisk*|楽天レシピ

温泉 卵 レンジ レシピ

温泉卵の簡単な作り方 まずは基本的な、温泉卵の簡単な作り方からご紹介します。 手軽に電子レンジでも あっという間に出来ますし、主婦には嬉しい、ボウルを使って放置するだけの作り方もあります。 卵が爆発してしまうのが嫌な方のためにも、炊飯器を使った作り方もご紹介していきます。 すぐ出来る!レンジで作る温泉卵 電子レンジで、すぐにできる温泉卵の作り方です。 すぐに作りたい時、今すぐ食べたい時におすすめの作り方ですよ。 卵 1個• 水 大さじ2~• めんつゆ お好みで 温泉卵をそのまま食べる場合は、お好みでめんつゆをかけてください。 料理にプラスしたい場合は、海苔やゴマ、ネギなどをトッピングして、料理に合った食べ方で楽しんでください。 耐熱性の小さめの皿に卵を割り入れます。 卵がしっかり浸かるように、多めの水を入れます。 お箸を使って、卵の黄身にしっかり穴をあけます。 ラップをせずに、電子レンジで40秒~1分加熱します。 余分な水分を捨てます。 完成! 黄身に穴をあけておくことが、大事な作り方のポイントです。 卵なので、電子レンジ内で爆発するのを防ぐために、時間を確認しつつ、慣れるまではしっかり見守って作ってくださいね。 殻付きのままレンジでできる温泉卵 卵を殻付きのままで、手前を最大限にはぶいた、温泉卵の作り方です。 600W以上の高温での加熱は、卵の爆発の危険性が高くなるので注意してください。 卵 1個• 水 適量 電子レンジのワット数が分からない場合は、水を多めに入れて作ってみてください。 卵のとがった方を少しヒビを入れるように叩きます。 耐熱容器に卵を入れ、水が卵にしっかり浸かるように多めの水を入れます。 電子レンジで、1分30秒ほど加熱します。 (600Wだと1分50秒くらいが目安です。 卵のヒビを入れたところから出た白身が、透明さが無くなって白くなっていたら、お皿に割り入れます。 完成! ボウルでほったらかしてできる温泉卵 ボウルに卵を入れて放置するだけで出来る、温泉卵の作り方です。 電子レンジや炊飯器などを、他の調理で使用しながらでも作れちゃう嬉しい作り方ですね。 卵 2個• 熱湯 1200ml程• 卵を冷蔵庫から出して常温に戻しておきます。 ボウルに卵を入れ、沸騰したお湯を静かに注ぎ入れます。 最低30分程放置させておきます。 完成! 卵を常温に戻すと、卵が熱湯で割れてしまうのを防ぐことができます。 30分以上放置してしまっても、固まらないのが嬉しいポイントです。 失敗しない温泉卵の作り方 炊飯器を使って放置するだけ、簡単な温泉卵の作り方です! レシピの倍の時間放置してしまっても、固まらずにトロトロの温泉卵が出来上がるので、失敗の心配がいらない作り方ですよ。 卵 1個• 熱湯 適量• 炊飯器の中に卵を入れて、卵がしっかり浸かるように熱湯をいれます。 (卵が割れないように、周りにお湯を注ぐようにしてください。 炊飯器の保温スイッチを押して、6~8分放置します。 完成! このレシピは、卵1個に対しての目安の保温時間です。 炊飯器の大きさにによりますが、何個も温泉卵を作りたい場合は、その分保温時間を長くしてみてください。 卵8個で温泉卵を作る場合は、30分以上保温がおすすめです。 絶対に失敗しないとろとろの温泉卵の作り方 すき家の温泉卵を参考にした、絶対に失敗しない作り方です。 焼そばやカレーにトッピングしても、とても美味しいトロトロ温泉卵が出来上がります! 白身も黄身もトロけるような温泉卵なので、是非試してみてください。 とろとろ温泉卵を作るときの材料• 水 適量• 卵 7~9個 使うのは卵と水だけ。 鍋の大きさや卵のサイズによって違いがあるので、卵の数は、鍋の底がうまる程度の個数を使ってください。 卵は、冷蔵庫から出してすぐの冷たいものを使うのがおすすめです。 ではさっそく、温泉卵の作り方にいきます。 取り出した卵は、再び冷蔵庫に入れておきましょう。 これも、トロトロな温泉卵の作り方のポイントになります。 優しくそっと入れるのがポイントです。 卵が割れてしまわないように注意してください。 気温が寒い季節であれば、15分と長めに設定すると上手く作れます。 温泉卵のたれはどう作る? 手づくりで温泉卵を作ったら、 美味しく食べるためにタレも作ってみましょう。 ここでは、めんつゆや白だしなどを使った、簡単な温泉卵のタレの作り方をご紹介します。 色々な作り方のタレで温泉卵を楽しめるので、味に飽きてきた時にもおすすめですよ。 昆布茶を使うことで、塩よりも旨みの増したタレになります。 めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ2• みりん 大さじ1• 昆布茶 ひとつまみ• 水 100cc程 めんつゆや醬油の味がしっかりしているので、昆布茶は入れない ようにするのがポイントです。 全ての材料を鍋に入れ、ひと煮立ちさせます。 完成! 簡単で手軽に作れるタレの作り方なので、昆布茶が無い場合は塩で代用してみてくださいね。 温泉卵にぴったりで、お店の味を感じられるようなタレが出来ますよ!• みりん 大さじ1• 醬油 小さじ1• 白だし 大さじ1と半分• 水 大さじ1• 鍋にみりんを入れて沸騰したら弱火に、10秒程煮立たせたら火を止めます。 そこに醬油・白だし・水を加えて混ぜます。 完成! 温泉卵のほかにも、天ぷらやお浸しにもよく合うタレです。 めんつゆも白だしも使わない作り方で、優しい味に仕上がります!• だし汁 40ml• 醬油 2. 塩 少々• 酒・みりんを鍋でひと煮立ちさせておきます。 鍋にだし汁・醤油・塩を加えて沸騰させたら、火を止めて冷まします。 完成! 温泉卵を使ったレシピ10選 ご紹介した方法で、簡単な温泉卵の作り方を覚えたら、今度はレシピにどんどん活用していきましょう! 温泉卵を使えば、 丼物にもサラダにも、おつまみにもぴったりなレシピがたくさんあります。 普段の料理をさらに美味しくしてくれるので、温泉卵は大活躍間違いなしですよ。 男性にも、女性にもおすすめの一品ですよ!• 豚バラ薄切り肉 360g• 玉ねぎ 1個• CookDo香味ペースト 21g• ご飯 600g• 温泉卵 3個• 小ねぎ 適量• サラダ油 大さじ1• 豚バラ肉は一口大に切って、玉ねぎは薄切りします。 フライパンにサラダ油を熱して、豚バラ肉と玉ねぎを炒めます。 肉に火が通ったら香味ペーストを加え、よく混ぜます。 ご飯をよそった器に、出来上がったものと、温泉卵・小ねぎを乗せます。 うどん 2人分• 豚ひき肉 150g• ジャージャー麺用ソース(CookDo) 1箱• サラダ油 大さじ1• レタス 2枚• 温泉卵 2個• レタスを細切りにします。 フライパンにサラダ油を熱したら、豚ひき肉を入れて炒めます。 肉に火が通ったら、ジャージャー麵用ソースを加えてよく混ぜ、ひと煮立ちさせます。 うどんは表示時間通りに茹でて、水気を切り器に盛ったら、出来たソースを上からかけます。 レタスと温泉卵をトッピングします。 完成! お好みで、きゅうりやねぎをトッピングするのもサッパリしておすすめです。 納豆やオクラをぶっかけた丼に、温泉卵でアップグレードしましょう!• ご飯 お好みの量• 納豆 1パック• オクラ お好みで• 温泉卵 1個• 醤油 適量• オクラを2~3分茹でたら、輪切りにします。 ご飯をよそった器にオクラを乗せ、タレを混ぜ合わせた納豆も乗せます。 上に温泉卵を乗せて、お好みで醤油を垂らします。 ご飯 200g• 明太子 30g• A 醤油 小さじ2• A ごま油 小さじ1• 温泉卵 1個• 小ねぎ 小さじ1• アボカドは半分に切って、種を取り除いたら、1cm角に切ります。 明太子は皮から身を取り出しほぐします。 ボウルにアボカド・明太子・Aを入れ、よく混ぜます。 ご飯をよそった器に、出来たものを乗せて、温泉卵を乗せ小ねぎ・白いりごまを散らします。 ご飯 丼1杯分• しらす干し 40~50g• 大葉 5枚程• 細ねぎ 3本程• 温泉卵 1個• 醬油 適量• ごま油 お好みで• 大葉は粗いみじん切り、ねぎは小口切りにします。 大葉とねぎを、しらす干しと混ぜ合わせておきます。 ご飯をよそった器に、出来たものをかけて温泉卵を乗せ、お好みで醤油・ごま油を垂らします。 完成! ごま油はかけすぎないようにすると、しらすの風味を楽しめますよ。 油揚げ 2枚• すりおろししょうが 10g• 温泉卵 2個• ピザ用チーズ 60g• 醤油 適量• パセリ 適量 辛いのが好きな方は、タバスコや七味唐辛子をかけて食べるのがおすすめですよ。 天板にクッキングシートを敷いて、油揚げを乗せます。 油揚げにしょうがを塗って、温泉卵・ピザ用チーズを乗せます。 トースターで6~7分程焼きます。 器に盛りつけたら、醤油を垂らしてパセリを散らします。 絹ごし豆腐 80g• A コチュジャン 小さじ2• A みりん 小さじ2• A ごま油 小さじ1• A 白いりごま 小さじ1• 温泉卵 1個• 小ねぎ 適量 Aはピリ辛ソースの材料になります。 みりんは、鍋で加熱してアルコールを飛ばして、粗熱をとっておきます。 ボウルにAを全て入れ、混ぜ合わせます。 お皿に豆腐を乗せ、ソースをかけたら、温泉卵を乗せて小ねぎを散らします。 じゃがいも 1~2個• マヨネーズ 大さじ1~2• 粉チーズ 小さじ2• 塩胡椒 少々• 温泉卵 2個• ドライパセリ お好みで いつもとはちょっと違ったポテトサラダが楽しめる一品です。 じゃがいもはラップで包んで電子レンジで2分程加熱し、向きを変えて再び2分程加熱したら、皮をむいてマッシャーで潰しておきます。 じゃがいもにマヨネーズ・粉チーズを加えて混ぜたら、塩胡椒で味を調えます。 器に盛ったら、温泉卵を乗せ、お好みでドライパセリを散らします。 温泉卵 1個• 玉ねぎスライス 適量• ウインナー(ベーコン) 1本• レタス 適量• シーザードレッシング 適量• 食パンをトースターで焼いて、小さく切っておきます。 器にレタス・玉ねぎを盛りつけて、上に食パン・ウインナーを散らしたら、上に温泉卵を乗せます。 お好みのシーザードレッシングをかけます。 ブロッコリー お好みで• 塩胡椒 少々• オリーブオイル 少々• 温泉卵 1個• 温泉卵のたれ 適量 ロースハムや鶏のささみをプラスしても美味しいですよ!• ブロッコリーを食べやすい大きさに切り、茹でます。 ブロッコリーを器に盛りつけたら、塩胡椒を振り、オリーブオイルをかけます。 温泉卵を乗せて、タレをかけます。 完成!.

次の

たまごソムリエが教える「絶対失敗しない温泉卵」の作り方♩誰でもできる裏技って?

温泉 卵 レンジ レシピ

フライパン・鍋は不要!「温泉卵カルボナーラうどん」 フライパンや鍋を一切使わずに、温泉卵が乗ったカルボナーラうどんが作れるレシピのご紹介です。 まずは温泉卵をレンジで作ります。 深めの耐熱容器に卵を割り入れ、竹串で卵黄に3つほど穴をあけます。 1カップのみを入れレンジで1分半ほど加熱すればOK。 茹でたうどんに市販のカルボナーラソースを和え、温泉卵を乗せたら完成です。 簡単に温泉卵がレンジで作れると、カルボナーラを気軽に食べられますよ。 レンジで1分加熱するだけ「温泉卵とかつおぶし丼」 いつもの玉子かけご飯をレンジで簡単に作った温泉卵で格上げできるレシピのご紹介です。 温泉卵を電子レンジで先に紹介した通りに作っておきます。 温かいご飯の上に乗せ、かつおぶしと小口切りにしたネギをトッピングし、醤油をかけたら完成。 生卵を使うのには抵抗がある方にもおすすめのレシピです。 火を使わずにおかずを一品「豆腐とわかめの温泉卵のせ」 体調がよくないときなどにもおすすめ!消化が良く、優しい味のおかずができる簡単レシピのご紹介です。 わかめを水でもどしておきます。 電子レンジで加熱し、湯豆腐を作ります。 同様に、先に紹介している方法で温泉卵も作っておきます。 豆腐の上にわかめと温泉卵を乗せ、ポン酢やドレッシングをかけていただきます。 耐熱容器だけしか使わないので、後片付けも楽々です。 耐熱容器だけでOK「温泉卵と塩昆布のせうどん」 もやしを大量においしく食べられる温泉卵メニューです。 ダイエット中にぴったりのヘルシーな一皿。 お皿にもやしを盛り付け、レンジで3分ほど加熱します。 その上に、先に紹介した方法で作った温泉卵と塩昆布を乗せれば出来上がりです。 塩昆布の量で味付けを調節してみてください。 レンジでひと手間でおいしさが増す「温泉卵納豆」 いつもの納豆に卵ではなく、温泉卵を使ったレシピのご紹介です。 レンジでひと手間かけて温泉卵を作るだけで、まったりとおいしい納豆をいただけます。 温泉卵を入れた分だけ納豆の味が薄くなってしまうので、醤油を足すなどして、お好みの味に仕上げてください。 店長の弾丸トークの中で薦められたので作りました。 シーザードレッシング買って来て粉チーズと胡椒をかけて、ベーコンはトースターで温泉卵はレンジで。 温泉卵は余熱で固まってしまった。

次の

たまごソムリエが教える「絶対失敗しない温泉卵」の作り方♩誰でもできる裏技って?

温泉 卵 レンジ レシピ

電子レンジで卵料理を作るコツ ゆで卵や半熟卵、温泉卵を作る時は、鍋にお水を入れてお湯を沸騰させて作るのが一般的ですが、もっと簡単に調理できるやり方として、電子レンジを使った方法があります。 専用の容器を使ったり、温める時にちょっとした工夫をすることで、電子レンジでも簡単にゆで卵などを作ることが出来ます。 ただし、殻付きのまま電子レンジで温めを行うと、爆発する可能性がありとても危険です。 そもそも、どうして電子レンジで卵を温めると爆発するのでしょうか?卵を直接電子レンジで温めると、 温められた卵の中の水分が水蒸気となって、卵の殻の中の圧力が増して、一気に爆発してしまいます。 卵以外にも殻つきのナッツやギンナンなど 皮に包まれた食材を温めると爆発する可能性があり大変危険ですので注意しましょう。 電子レンジで卵を爆発させない注意点 卵を爆発させない方法として、アルミホイルで包んで加熱する方法があります。 でも、アルミホイルを電子レンジで加熱すると、マイクロ波が反射して火花が散り故障の原因となります。 電子レンジでゆで卵などをつくる場合は、必ず耐熱容器にアルミホイルで巻いた卵と卵が被るくらいに水を入れてから行ってください。 フラットテーブルで、出し入れがしやすく大きなお弁当も温められる電子レンジです。 注意点! ・取り出す時は火傷に注意してください。 ・卵の大きさ、温度によって仕上がりが異なります。 ・温泉卵を作る方法 用意するもの:卵Mサイズ・・・1個(常温保存のもの)、耐熱容器、水• 【1】水を入れた耐熱容器に卵を割り入れます。 【2】500wの電子レンジで50秒加熱します。 【3】一度止めてから20秒加熱します。 余分な水分を捨てて、できあがりです。 注意点! ・黄身が破裂する場合があるので、楊枝などで穴を空けてから加熱してください。 ・電子レンジの出力や卵の大きさ、温度によって仕上がりが異なります。 調理時間…5分/1人前• 【1】耐熱容器にAを入れて混ぜ合わせ、バターをのせラップをして600wのレンジで1分加熱する。 均一に混ぜる。 【2】別の耐熱容器に卵を溶きほぐし、Bを入れて混ぜる。 【3】 2 にラップをしてレンジで1分加熱しフォークで混ぜ、さらに30秒加熱して混ぜる。 加熱が足りなければ10秒ずつ様子を見ながら加熱する。 【4】お皿にご飯を盛り、 3 をのせ 1 をかける。 イタリアンパセリを飾る。 調理のポイント 卵は余熱で火が入るので、少しやわらかいくらいで加熱を止めると、とろとろに仕上がります。 お使いのレンジや容器により加熱具合が異なります。 recipe2「卵と春キャベツのチャーハン」• 調理時間…5分/1人前• 【1】キャベツ、玉ねぎ、ベーコンを粗みじんに切る。 【2】耐熱容器に玉ねぎを入れラップをして600wのレンジで1分加熱する。 【3】平らな耐熱容器に卵を溶きほぐし、A、ご飯を順に加えよく混ぜる。 2 、キャベツ、ベーコンを順にのせ平らにならしラップをして1分30秒加熱する。 【4】よく混ぜてラップなしで1分加熱する。 【5】Bを加え混ぜる。 調理のポイント ラップをして加熱後、ラップなしで加熱することで程よいパラパラ具合に仕上がります。 お使いのレンジや容器により加熱具合が異なります。 recipe3「アスパラとサーモンのキッシュ」• 調理時間…15分/2人前(容器2個分)• 【1】アスパラガスは下のかたい部分を切り5cmほど皮をむき、はかまを取って斜め薄切りにする。 スモークサーモンは2cm角に、玉ねぎは薄切りにする。 【2】耐熱容器に玉ねぎを入れラップをして600wのレンジで1分加熱する。 【3】容器に卵を割りほぐし、Aを入れてよく混ぜる。 【4】耐熱容器に 2 、アスパラガス、サーモン、 3 を茶こしで濾し入れチーズをかける。 【5】500wのレンジでラップをせずに8分加熱し、様子を見て卵液が固まるまで1分ずつ加熱する。 調理のポイント なめらかな仕上がりにするため、工程5では500wに設定を変えて加熱します。 お使いのレンジや容器により加熱具合が異なります。 recipe4「海老と筍の茶碗蒸し」• 調理時間…15分/2人前(容器2個分)• 材料 海老 2尾 筍(水煮)50g 卵 1個 しいたけ 1個 三つ葉 適宜 A だし汁 150cc 薄口醤油 小さじ2 みりん 小さじ2 作り方• 【1】海老は殻をむき背ワタを取る。 筍は5mm幅に、しいたけは薄切りにする。 【2】容器に卵を割りほぐし、Aを加えてよく混ぜる。 【3】耐熱容器に筍、しいたけ、海老を入れ、 2 を茶こしで濾しながら加える。 【4】ラップをかけて200wのレンジで8分加熱し、様子を見て卵液が固まるまで1分ずつ加熱する。 【5】三つ葉をのせる。 調理のポイント 顆粒だしなど塩分の入るだし汁を使用する場合は醤油を減らしてください。 お使いのレンジや容器により加熱具合が異なります。 recipe5「フルーツタルト」• 調理時間…15分(冷やす時間をのぞく作業時間) 市販のクッキータルト型(直径7cm6個分)• 材料 市販のクッキータルト型 6個 卵黄 2個 牛乳 150cc 砂糖 大さじ2 薄力粉 大さじ1 無塩バター 10g バニラエッセンス 適宜 いちご 6~7粒 ブルーベリー 20粒 チャービル 適宜 作り方• 【1】ボウルに砂糖と薄力粉を入れ泡だて器で混ぜる。 卵黄を加え混ぜ、牛乳を少しずつ加えさらに混ぜる。 【2】耐熱容器にザルを重ね 1 を濾す。 【3】ラップをかけて600wのレンジで2分加熱し、泡だて器でなめらかになるまで混ぜる。 【4】さらに1分加熱し、なめらかになるまで混ぜる。 【5】バターとバニラエッセンスを加え混ぜる。 【6】バットに移しラップをクリームに密着するようかけ保冷剤をのせ、粗熱が取れたら冷蔵庫でよく冷やす。 【7】 6 をなめらかになるまで混ぜタルト型に入れ、カットしたフルーツとチャービルをのせる。 調理のポイント クリームは傷みやすいため保冷剤で急速に冷まします。 タルトに入れたらあまり長時間保存せずお召し上がりください。 お使いのレンジや容器により加熱具合が異なります。

次の