にんにく 保存。 にんにく焼酎の効能がすごい!漬け方や保存期間についても紹介します

たくさんのにんにくを長期保存する3つの方法!【保存方法まとめ】

にんにく 保存

ニンニクの保存方法 にんにくは乾燥させてから出荷されるので、元々保存性の高い食品です。 ただ、にんにくを調理に使うのは1~2片ですので、どうしても残ってしまいます。 ここでは残った にんにくの保存方法をいくつかご紹介します。 にんにくの保存方法のポイント にんにくを保存する時の大原則は「発芽させないようにする」ということです。 にんにくは日当たりがよく20度ぐらいの温度で、多少の湿気があると発芽しやすくなります。 この条件を避ければある程度常温でも保存が可能です。 にんにくは0度以下ですと芽が出にくくなります。 また、国産のにんにくは9月~11月ぐらいが芽がでやすい時期です。 にんにくの保存で確実なのは冷蔵か冷凍、もしくはオイル漬けや醤油漬けなど調味料にしてしまう方法です。 にんにくを長期保存する場合はこれらの方法が必要です。 にんにくを常温で保存する方法 保存期間の目安:1週間 にんにくをすぐ使う予定がある場合は常温保存で問題ありません。 にんにくを通気性の良いカゴやネットなどにいれて、涼しく風通しの良い湿気が少ない冷暗所で保存しましょう。 1~2週間は保存できるはずです。 ただし、気温が高くなると芽がでてきてしまうので、春~秋にかけては常温で保存するのは極力避けましょう。 にんにくを冷蔵保存する方法 丸ごとのにんにくの場合 保存期間の目安:1~2ヶ月間 にんにくの保存方法として一番お手軽なのは冷蔵庫で保存する方法です。 にんにくを新聞紙等で包み冷蔵庫に入れて保存します。 新聞紙が無い場合は雑誌や電話帳のコーティングされていないページでも大丈夫です。 それも無ければ保存性は落ちますがキッチンペーパーをほんの少し湿らせて使う方法もあります。 冷蔵庫で保存する場合はチルド室がベストです。 チルド室が無い場合は通常の冷蔵室で構いませんが、少し温度が低めで温度変化が少ない場所に置きましょう。 尚、にんにくは野菜ですが「野菜室」に入れてはいけません。 この温度ですと発芽しやすくなったり、傷みも早まりますので注意しましょう。 使いかけのにんにくの場合 保存期間の目安:2週間~1ヶ月間 余った使いかけにんにくを保存する場合は、薄皮まで剥いてラップで包む冷蔵庫で保存します。 意外と手間なのでこの場合は下記の冷凍庫で保存した方が楽です。 にんにくを冷凍保存する方法 保存期間の目安:2ヶ月間 にんにくを長持ちさせるには冷凍保存が一番です。 しかも、手軽で簡単です。 にんにくを冷凍保存するには、にんにくの皮(薄皮も)を剥き、剥き身になったにんにくをタッパーやジップロックに入れて冷凍保存するだけです。 冷凍にんにくを使う時は特に解凍の必要はありません。 そのまま刻んだりすりおろして使えます。 にんにくをすりおろしてから冷凍保存する方法 保存期間の目安:2ヶ月間 にんにくをすりおろしてから冷凍保存する方法もあります。 まずにんにくをすりおろし、ラップやジップロックや入れて板状か棒状にし、そのまま冷凍保存します。 棒状か板状にするのは使う時割りやすいようにするためです。 生で使う時は自然解凍、火を使う料理の場合は解凍の必要はありません。 通常の冷凍保存より若干風味が落ちる気がしますが、一度に下ごしらえをしてしまうので料理の手間が減って楽です。 にんにくを調味料として保存する方法 保存期間の目安:半年~1年間 にんにくを長期間保存したい場合は他の食材などと合わせて加工し、調味料にしてしまうのが一番です。 オイルに漬ける場合は血液サラサラ効果を高める働きも期待できます。 基本的な方法としては、にんにくを薄切りやみじん切り、もしくは半分に切り、芯を抜いたものを瓶に入れ、その中にオリーブオイルや醤油を入れてフタをすればできあがりです。 常温保存で1年間ぐらい保存が可能です。 にんにくを加工して保存する代表的な方法は、以下のようなものがあります。 にんにくのオリーブオイル漬け• にんにくの味噌漬け• にんにくの醤油漬け• にんにくの酢漬け• にんにくのハチミツ漬け• にんにくの塩漬け• にんにくの粕漬け にんにく保存のお役立ちグッズ 「ベジバッグ」というにんにく保存用のバックがあるのをご存知ですか? 遮光性、通気性に優れているので湿気を防ぎ、にんにくの保存を長持ちさせます。 バッグタイプなので引っ掛けることもできて置く場所も融通が効きます。 更に出し入れしやすいので使う時も便利です。 以下がその一例です。 玉ねぎ用になっていますがニンニクにも問題なく使えます。 尚、ベジバックを使えばニンニクが腐らないというわけではありません。 ベジバックを使っても温度が高かったり、風通しの悪い場所に置けばすぐ傷みます。 あくまで通常の場合より保存性が高まるというレベルのものであることをご認識ください。

次の

にんにくの冷凍保存法を完全ガイド!気になる保存期間と解凍のコツは?

にんにく 保存

黒にんにくの保存方法 黒にんにくの保存はそれ程気にする必要が無いほど、黒にんにくは比較的保存性の高い食品と言えます。 これは本来にんにくが持つ抗菌・殺菌力と黒にんにくが持つ保水性のためと考えられます。 黒にんにくは保存している間も熟成が進むので、保存期間中も味や栄養価値の向上が期待できますが、勿論限度があります。 保存方法が悪いとカビが生えたり傷んだりすることもあります。 また、皮付きの方が長持ちします。 黒にんにくは短期間であれば、保存方法はそれほど気にする必要がありますが最低限の処置は必要です。 また黒にんにくは長期間の保存も可能ですが、やはり早めに食べきってしまうことをお薦めします。 市販の黒にんにくを保存する場合は、販売元の記載に従うか記載がなければ電話等で確認してください。 自家製の黒にんにくに関しては、以下の方法を目安にしてください。 (あくまで目安です。 黒にんにくの状態や保存環境によって状況が異なりますので、実施は自己責任でお願いします。 ) 黒にんにくを常温で保存する 短期間であれば黒にんにくは常温で保存可能です。 黒にんにくを紙袋もしくは空き瓶などに入れる• 風通しの良い冷暗所で保存 保存期間の目安:1ヶ月間 黒にんにくを冷蔵庫で保存する 簡単安全に保存できるのは冷蔵庫です。 ただし、水分が抜けるためが若干乾燥して固くなる傾向があります。 黒にんにくを新聞紙や紙袋などで包む• そのまま冷蔵庫で保存 保存期間の目安:半年間程度 黒にんにくを冷凍庫で保存 冷凍庫は一番確実な保存方法です。 冷蔵庫保存同様、若干乾燥して固くなりますが、凍らず美味しく食べられます。 黒にんにくをジップロックなどに入れる• そのまま冷凍庫で保存 保存期間の目安:1年間程度.

次の

にんにくの保存方法!冷凍と常温の違いについて

にんにく 保存

黒にんにくの保存について 黒にんにくは、持ち前の抗菌・殺菌力によって傷みにくいので保管にはあまり気を使う必要はありません。 また、保水性の高さによって固く食べられないほど乾燥することもないからです。 そのため適切に扱うことで長期に渡って保存することができます。 このような理由から 黒にんにくは保存性の高い食品と言えます。 しかし、 保管状態が悪いと味が落ちたり、カビてしまうこともあるので、最低限の処置は必要です。 まるごと保存する? それとも剥き身を保存するべき? 黒にんにくを保存するなら2パターンが考えられます。 基本的にそのままの状態のほうが保存性は高いと言えますが、皮を剥いた状態でも十分に日持ちしますので、利用方法に合った保管方法を選ぶとよいでしょう。 黒にんにく醤油や黒にんにく酢もあるので以下の記事を参考にして下さい。 常温で保存する方法 短期間であれば常温で保存できます。 黒にんにくを紙袋に入れて冷暗所に置くか、ネットに入れて風通しが良い場所に吊るしておきます。 ビニール袋は湿気がこもりやすいためオススメできません。 高温・多湿を避け冷暗所で保管するというセオリー通りのやり方で1ヶ月ほどは保存できます。 特に気を付けなければいけないのはカビなので湿度対策はきちんとしておきましょう。 また皮を剥いた上で空き瓶などの容器に入れての保管もできます。 上記の方法に比べて保存期間はやや落ちますが、短期間で食べきってしまうなら、このような方法も便利です。 冷蔵で保存する方法 もう少し長期間保存しておきたい場合や、夏場など暑い時期では冷蔵庫を使っての保管も可能です。 黒にんにくをキッチンペーパーや新聞紙などで包んだ上で冷蔵庫に入れます。 また包んだ上でポリ袋や空き瓶などの容器に入れても大丈夫です。 キッチンペーパーや新聞紙などは湿気を吸着させる役目があり、定期的に交換することでより日持ちするようになります。 冷蔵保存の期間は半年程度を目安にしてください。 留意点として、やや水分が抜け乾燥するためわずかに固くなってしまうことが挙げられます。 冷凍で保存する方法 それ以上の長期に渡って保存しておきたい場合は冷凍保存になります。 冷凍の場合は1年ほどを目安にしましょう。 保存方法は、黒にんにくをジップロックなどに入れてそのまま冷凍庫で保管するだけです。 また保存以外に冷凍することで皮が剥きやすくなるといった利点もあります。 冷蔵の場合と同じように乾燥するためやや固くなりますが、凍りつくことはないためそのまま食べられます。 そのため皮を剥いたものを容器に入れ冷凍しておくといつでも利用でき便利です。 市販の黒にんにくの保存方法について 黒にんにくはメーカーによって製造方法などが異なるので、メーカー記載の方法がもっとも適しています。 市販品の場合はパッケージなどに記載されている保管方法に従いましょう。 黒にんにくが熟成するという意味について 熟成について少し触れておきたいと思います。 黒にんにくの熟成は完成時点で止まるわけではなく日々進んでいます。 そのため保存といった観点とは別に、時間が経つにつれ風味の変化が起きてきます。 このあたりは個人の好みもあるでしょうが、なるべく早めに食べるほうが美味しく食べられます。 まとめ 黒にんにくは保存性の高い食品です。 そのため、あまり気を使わずとも長期間の保存が可能です。 保存の形態も融通がきくので自身の利用法にあった方法を選べます。 しかし、冷蔵や時間の経過で食感や風味に多少の変化が生じてくるので、私個人としてはなるべく早めに食べることをオススメします。

次の