岡江久美子 父。 岡江久美子の子供(娘)の名前と画像と本とブログ?旦那と自宅と初孫と浮気相手?

大和田美帆「私と父は何も出来ませんでした」 母・岡江さん失った無念とコロナの恐ろしさ語る

岡江久美子 父

岡江久美子の入院前〜亡くなるまでの足取り 岡江久美子さんが亡くなったという報道は、このように報道されています。 岡江久美子さんは4月3日に発熱し、6日朝に容体が急変。 都内の大学病院に緊急入院した。 同日中に夫で俳優の 大和田獏(69)とLINEでやり取りをしたのが最後で、それ以降獏は担当医から岡江さんの病状などを聞くことしかできず、最後まで愛妻の顔を見ることはかなわなかった。 岡江さんが最後に仕事をしたのは先月。 感染経路は分かっていないという。 同居していた獏と、娘で女優の 大和田美帆(36)は濃厚接触者ではないという。 一連の報道から分かってきた岡江久美子さんの足取りを下記にまとめてみました。 2019年末 初期の乳がん手術を受けていた。 2020年1月末〜2月半ば 1月末から2月半ばまで 乳がんの放射線治療を受けていた。 2020年3月末 事務所関係者が岡江さんと会ったのは、3月下旬が最後。 岡江さんは新型コロナに対し「気を付けないとね」と話し、手洗いうがいを徹底していたという。 2020年4月3日 発熱(微熱)があり自宅で療養。 2020年4月6日 朝に容態が急変し、東京都内の大学病院に緊急搬送。 すぐにICUで人工呼吸器を装着。 同日中に夫で俳優の 大和田獏さんと LINEでやり取りをしたのが最後。 2020年4月7日 PCR検査の結果、翌7日に新型コロナウイルスに感染が判明。 2020年4月23日 治療を続けていたが、23日午前5時20分頃、新型コロナウイルス感染症による肺炎のため死去。 訃報に接し、夫の大和田獏さんはガラス越しに岡江さんの亡きがらと最後の対面を果たしたそうです・・ スポンサーリンク 岡江久美子と大和田瀑は別居していた?夫が濃厚者ではない理由 報道によると「 同居していた獏と、娘で女優の 大和田美帆(36)は濃厚接触者ではないという。 」と伝えられています。 ご覧の通り大和田瀑さんとは、おしどり夫婦として知られるほど仲が良く、現在も別居ではなく同居していました。 同居していたのになぜ濃厚接触者ではないと伝えられているのでしょうか? 理由は、報道内容をみると岡江久美子さんは4月6日に入院されて以来、家族と会えないままの別れになっています。 コロナウイルス保持期間は約2週間とされており、4月23日に岡江久美子か亡くなったことを報道をされた時点て、保持期間も過ぎていたということになります。 当初は濃厚接触者でしたが、 報道された時点では、濃厚接触者ではなくなっていたということですね。 2020年4月23日 最愛の母が本当に亡くなってしまったとまだ、実感できずに娘の寝顔を見ています。 中略 17日間、私と父は何も出来ませんでした。 近くに行って手を握ることも母が好きだったミュージカルの曲や可愛がってくれた孫の声を聞かせることも出来ませんでした。 亡くなった連絡が来ても駆けつけられず、家にいるしかない。 父とも一緒にいられず母にも一度も会えず今はどこかで遺骨になって帰ってくる母をただ待っているだけです。 この内容から、娘・大和田美帆さんは別居していたことが分かりますね。 また下記でも再度説明している通り、大和田瀑さんと同様の理由が言えます。 岡江久美子さんが4月6日から入院されて以来、会えないままの別れになってしまいました。 コロナウイルス保持期間は約2週間とされており、4月23日に岡江久美子か亡くなったことを報道をされた時点て、保持期間も過ぎていたということになります。 その為、娘・大和田美帆さんも濃厚接触者ではなかったことがわかります。

次の

岡江久美子の子供(娘)の名前と画像と本とブログ?旦那と自宅と初孫と浮気相手?

岡江久美子 父

岡江久美子は旦那と別居していた!?夫婦仲の真相は? 岡江久美子さんのことを調べていると、「旦那、別居」というワードが浮上します。 岡江久美子さんと夫の大和田獏さんは 「おしどり夫婦」として有名ですが、なぜ「別居」というワードが出てくるのでしょうか。 2人に別居の事実があるのかが気になりますね。 早速調べてみたところ、 2人の別居の 事実は見つかりませんでした。 岡江久美子さんは2007年の作家・林真理子さんとの対談の中で 『もしいま他に素敵な人が現れたら……?』という質問にこう答えています。 再婚はしないと思う。 ドラマで共演したりすると、ケータイ番号教え合って、ときどき飲んだりする人もいるんですよ。 でも、全然そういう関係にならない。 だって、 こんなに家庭が幸せなのに、壊す理由がないもんね。 引用:AERA. dot また、 2004年にはこのようなことも仰っていました。 私の場合はベタベタもしてませんし、すれ違い夫婦。 家の中ですれ違う感じ。 2階に行けば1階に行って、 あまり一緒にベタベタいないことの方が新鮮で。 食事の時はもちろん一緒ですけど、いつまでもベタベタしない方がいいんじゃないですか。 話題も広がるし、その方が。 引用:FNN PRIME online 2人はラブラブなおしどり夫婦というよりは、ベタベタせず 『いい距離を保った熟年夫婦』といった方がしっくりくるかもしれません。 「お互いを見つめ合うというよりも、2人が見ている先が一緒」と仰っていた岡江さん。 お互いを尊重しあい、支えあいながらも「自分の道を生きる」といった大人の関係が仲良しの秘訣なのかもしれませんね。 スポンサーリンク 別居のワードが出てきたのはなぜ? とても夫婦仲が良い岡江久美子さんと夫の大和田獏さん。 では、この2人に 「別居」のワードが浮上していたのは一体なぜだったのでしょうか。 調べてみたところ、以下のニュースが関係していたようでした。 (岡江久美子さんは)4月3日に発熱し、6日朝に容体が急変。 都内の大学病院に緊急入院した。 同日中に夫で俳優の大和田獏(69)とLINEでやり取りをしたのが最後で、それ以降獏は担当医から岡江さんの病状などを聞くことしかできず、最後まで愛妻の顔を見ることはかなわなかった。 (中略) 岡江さんが最後に仕事をしたのは先月。 感染経路は分かっていないという。 同居していた獏と、娘で女優の大和田美帆(36)は濃厚接触者ではないという 引用:スポーツ報知(2020年4月23日) 2020年4月23日に、新型コロナウイルスによる肺炎で逝去された岡江久美子さん。 新型コロナウイルスは感染力が高いため、家族を含めた濃厚接触者の新たな感染が心配されますが、 夫である大和田獏さんと、娘の美帆さんは濃厚感染者ではないという報道が出ていました。 この報道によって「別居疑惑」が浮上していたようです。 ただニュースにもあるように、岡江久美子さんが発熱するまでは、 岡江さんと大和田獏さんはこれまでと変わりなく同居していました。 では大和田獏さんはなぜ濃厚接触者ではないのでしょうか。 これはコロナウイルスの保持期間に関係しています。 一般的にコロナウイルスの保持期間は2週間と言われていますが、4月6日に岡江さんが入院してから4月23日に亡くなるまでの間、 大和田さんは岡江さんに1度も会えていません。 6日から23日までの間で既に17日経っており、報道が出た4月23日の時点ではすでにコロナウイルスの 保持期間が過ぎていたため、大和田獏さんは濃厚接触者ではないと報道されたようです。 ちなみに娘の美帆さんは既に実家を出て独立し、両親とは別に暮らしていました。 亡くなった連絡が来ても駆けつけられず、家にいるしかない。 父とも一緒にいられず母にも一度も会えず 今はどこかで遺骨になって帰ってくる母をただ待っているだけです。 引用:サンスポ 娘の美帆さんも同じく、6日から23日までの間岡江久美子さんに会えていないので、 23日時点では濃厚接触者ではありませんでした。

次の

岡江久美子

岡江久美子 父

女優、岡江久美子さんが4月23日、新型コロナウイルスによる肺炎のため亡くなりました。 訃報が伝えられたあと、YouTubeには「岡江久美子の息子です」と名乗る動画が多数アップされました。 えー、本日ですね、僕の母の岡江久美子が亡くなりました。 ちょっと、何を話していいのかちょっと、パニクってしまって、分からないのですが」 「このたび、母があれに感染して、死去されてしまいました。 本当に悲しいんですけど、仕方がないことなので、現実を受け止めたいと思っております」 「僕は岡江さんの息子です。 この度、母が亡くなりました。 もともと母は持病を抱えており、2月にも抗がん剤による治療をおこなっておりました」 中には18万回以上再生されているものもあり、コメント欄には「不謹慎なんじゃないですか」「冗談でも人の死を利用して動画あげたらあかんやろ?」と批判が殺到していました。 また、こうした動画をあげているチャンネルをみると、他にも「志村けんの息子です。 父が緊急入院しました」、「金正恩の手術した医者です」、「石田純一の息子です」などと題した動画がありました。 話題となったニュースに絡めているようです。 話題となった人の親族や関係者であることを名乗って、動画をあげることに法的な問題はないのでしょうか。 小沢 一仁弁護士に聞いた。 こうした行為、法的には問題ないのでしょうか 「話題となった人」が存命中かどうかで適用されうる法律が異なるので、分けて考えたいと思います。 まず、亡くなった人の親族などであると名乗ることは、それ自体がただちに刑事上の犯罪行為や民事上の不法行為などに当たるわけではないと思います。 ただ、その具体的な表現内容によっては、刑事上は死者に対する名誉毀損罪(刑法230条2項)、民事上は遺族に対する人格権侵害(遺族の死者に対する敬愛追慕の情の侵害)による不法行為(民法709条)が成立する可能性があると思います。 なお、死者に対する名誉毀損は、生きている人の名誉毀損と異なり、摘示した事実が虚偽でなければ処罰されません(刑法230条2項)。 ーー存命中の人に関するものはどうでしょうか 生きている人の親族などであると名乗ることは、これも、それ自体がただちに刑事上の犯罪行為や民事上の不法行為等に当たるわけではないと思います。 ただ、具体的な表現内容によっては、その人に対する名誉毀損罪(刑法230条1項)、侮辱罪(刑法231条)や、事業者に対するものであれば、業務妨害罪(刑法233条)などが成立する可能性があります。 民事であれば、同様の理由で当該生きている人に対する不法行為(民法709条)などが成立する可能性があります。 エンタメとして観て下さい」と書かれているものもありました。 こう書かれている場合も、法的な問題になりえますか 名誉毀損については、内容が虚偽とわかっているため社会的評価が低下するのか、侮辱については、侮辱といえる程度に名誉感情が侵害されるのか、業務妨害については、その危険のある行為といえるのか、などという問題はありますが、このような断りを入れたからといって必ず法的責任を免れるというわけではありません。 対象となる人が生きているかどうかにかかわらず、人の尊厳を害するような行為をすべきではありません。

次の