ダダリオ コーティング 弦。 D'Addario(ダダリオ)からコーティング弦が新発売!Elixr(エリクサー)と比較するとどうなのか。

エレキギター弦の比較レビューとおすすめ

ダダリオ コーティング 弦

アコースティック・ギターを愛するみなさん、弦は何を使ってらっしゃいますか? ギターの弦選びというものは、ギタリストにとって永遠の課題です。 何故なら、弦が違うだけでギターの音色が変わってしまうぐらい重要だから。 プロの方になるとギターによって弦を変えていたり、ジャンルによっても選ぶ弦も違うと思います。 また、アルペジオ派かストローク派かだけでも選ぶ基準は変わってしまうと思います。 しかも、弦には ゲージ 太さ・テンション がある為、悩むところも多いですよね。 クラシックギターの話ですが、弦ゲージが違うだけで曲のイメージが変わることもあります。 僕は自分なりに数々の弦を試してきました。 そんな僕が、一番最強のある弦はDAddarioだと言い張る理由と、選び方のポイント、弦選びのコツを紹介します。 ギタープレイヤーしかわからない記事になると思いますがご了承下さい。 スポンサーリンク DAddarioのフォスファーブロンズを愛用する理由 価格と質のバランスが良い DAddarioの良い所はまず、質のわりに価格が落ち着いているという点です。 僕は通常のフォスファーブロンズ、ライト・ゲージを使っています。 3パックセットで購入すれば1パックあたり600円台で購入できるので、DAddarioの弦でもコストを抑えることが可能です。 音色は明るめだけど泥臭さもあり、MartinやGibsonなどの生音が素晴らしいギターに特にマッチします。 高音も低音もしっかり出る弦なのでバランスが良いです、 コールクラークとGibson両方にダダリオの弦を張っています これまで私は色々な弦を試しましたが、あらゆる場面でダダリオの弦で使ってきた結果、 耐久性・音色・価格の3つのバランスが一番安定していると思いますし、信頼を寄せています。 弦が袋で密封されている ダダリオの凄いところは音とは違うところにもあります。 ダダリオの弦は袋の中に密封されてパッケージに入っているのですが、これにより購入してから保管しておいても劣化の心配がありません。 一般的な弦は紙に包まれている場合が多く、空気に触れてしまうので保管していても劣化が進んでしまうのが欠点。 この違いは思いの外大きいと思います。 弦はまとめ買いした方がお得ですが、まとめ買いをすると保管しなくてはいけないので、劣化というデメリットが生まれてしまいます。 つまり、ダダリオは弦が密封されていて全く劣化しないのでまとめ買い派にはうってつけの弦だということです。 エリクサーなどコーティング弦との比較 エリクサーのようなコーティング弦を使っている方も多いと思います。 メリットとしては弦が錆びないというところでしょう。 しかしながら高価なのがデメリットですよね。 使う理由としては 「弦が錆びない=長い期間交換しなくても良い」ということをまず思い浮かべるでしょう。 たしかにとても長持ちしますし、音もきらびやかなものが多く、とても人気があります。 個人的にはあまりコーティング弦の触り心地が好きではないので敬遠しがちなのが本音ですが、やはり高価なのがネック。 弦が錆びないから結果としてはコストを抑えることができる。 そういう意見も間違いではないのですが、弦が切れた時のことを考えると結構キツイものがあると僕は思います。 特にライブでガンガン使うプレイヤーにとってはエリクサーはしんどいですよね。 エリクサーなどのコーティング弦と比較すると、通常の弦は価格が安いのでその辺りは分があります。 今回紹介しているダダリオの弦はコーティング弦ではないので錆びることは避けられないとは思いますが、がそこまですぐ錆びるものでもないですし、コーティング弦にこだわる必要はないと思います。 (ただし、手汗を沢山かいてしまう方にはコーティング弦はおすすめです。 ) また、コーティング弦は錆びないのが売りですが生音の音量が減るということと、弦の根本的な劣化までは防ぐことはできないということは頭に入れておくべきですね。 弦選びのポイント ゲージは必ず自分に合ったものを選ぼう ゲージが太い方がギターの音が大きくなり、張りのある音色になります。 しかしその反面、音がこもったり堅い音になりやすいです。 ミディアムのようなハイ・ゲージを選んでしまうと、低音が出過ぎて良くないこともあります。 つまり、ハイ・ゲージなほど良い音がするわけではないということです。 例えば、ボディが小さめなギターにミディアムゲージを張ってしまうとテンションが高すぎて弾きにくいということになりやすく、ネックを痛めやすいので、特に初心者の方にはミディアムゲージはおすすめしません。 しっかりとした剛性のあるギターにしか張らないほうが良いと思います。 逆に、エクストラ・ライトは指の負担はかなり小さいので、女性や握力のない方にオススメです。 その代わりにサスティーンや音量が少なくなるなるというデメリットはあります。 (さほどレコーディング以外では影響はないです。 ) 身に合ったゲージを選ぶことはプレイの質も上げることになります。 最初、僕はコールクラークにはミディアムゲージを張っていました。 サイズが大きめなのでミディアムゲージでも使えるポテンシャルがあるからです。 しかし、やはり指の負担が大きいので今はバランスの良いライトゲージを使用しています。 コーティング弦は湿気に強い? 先ほど、 コーティング弦はコストが高いという話をしましたが、季節によってはコーティング弦が活躍する時期も有ります。 コーティング弦は高価ですが、梅雨の時期や夏などでは良い効果が期待できます。 湿度が高いだけでなく、夏場は汗もかきやすいですし弦の錆びる進行が早い季節です。 そういうときにはコーティング弦を使用すれば錆を抑えられるので良いと思います。 梅雨や夏に関してだけいえば、コーティング弦がベストなのかもしれません。 ちなみにダダリオにもコーティング弦というものが存在します。

次の

D’ADDARIO(ダダリオ)EJ16をレビュー。多数のプロアーティストが使うアコギ弦

ダダリオ コーティング 弦

なので張り替えたての弦の、あの活き活きとした音をイメージしてギターを鳴らすと初めはがっかりしてしまうかもしれません。 しかし1週間も経てば通常弦との音の違いはあまり無くなっていきます。 弦が錆びやすい方の場合、2週間もすればコーティング弦の方が「いい音」になるはずです。 5-2 コーティング弦とフィンガーノイズ コーティング弦はギター特有のフィンガーノイズがかなり小さくなります。 コーティングの薄いものだと0ではない 好みは分かれますが、フィンガーノイズを表現としてわざと出す曲は多くないので、田村はこの点は全く気にしていません。 フィンガーノイズにこだわりがある方の場合、選べるコーティング弦は限定されてしまうでしょう。 数あるコーティング弦の中でも、エレキ、アコギ問わずに圧倒的におすすめなのはElixir エリクサー のコーティング弦です。 理由はシンプルに最も「錆びにくい」上に「音が良い」から。 巻弦の錆びにくさも間違いなくトップクラスですが、特にプレーン弦 高音弦 の錆び耐性は他のコーティング弦より飛び抜けて優秀です。 そしてとにかく音が良い。 音に関しては好みも大きいですが、先ほど紹介したコーティング弦の中では総合的に見れば「1番良い音」だと言えます。 値段は少し高めですが、結果的に1番コスパの良いコーティング弦はエリクサーだと思うので、田村からはこの弦をおすすめしておきます。 弦を少しでも長持ちさせるには? ギターの練習方法や、演奏時のちょっとした悩みについての記事一覧です。 ピッキングの練習方法や弦のサビ対策、弦がすぐに切れる原因、指の痛みへの対処などの記事が人気です。 ギターを保管しておく時の注意点や、持ち運びの方法、扱い方、調整とリペアについての記事一覧です。 弦やフレットの交換時期の目安、保管時に弦を緩めるかどうか、湿度管理などの記事が人気です。 弦、ピック、ギターケースの種類や使い方など、ギターに必要な道具類についての記事一覧です。 コーティング弦や雨の日のギターの運び方、弦の種類などの記事が人気です。 アコギとエレアコについての記事一覧です。 エレアコの選び方や使い方、アコギの練習場所などの記事が人気です。 コード、スケールなどの音楽理論についての記事一覧です。 ルート音や音程など基本的な部分の記事が人気です。 家の防音対策についての記事一覧です。 防音の基本と、防音室を自作した際のまとめ記事が人気です。 まだたむすぎたーではジャンル分けしていない記事の一覧です。 著作権とローンの組み方についての記事が人気です。 楽器・付属品・防音材を探す.

次の

pl.metrostav.cz: D'Addario ダダリオ エレキギター弦 XT コーティング弦 Regular Light .010

ダダリオ コーティング 弦

値段、音質、寿命など全ての点でバランスが取れています。 3セットでまとめ売りされているものを買えばさらにお得になる場合もあります。 弦を張ったばかりのキラキラした音質が特徴です。 寿命はそこまで長くはないものの、頻繁に弾いて1ヶ月、長くて2ヶ月程度は持ちます。 比較的安めの弦でありながら、リピートしても毎回クオリティが安定しているのもメリットです。 最初から錆びている・ピッチが合わないといったことは滅多にありません。 初心者はこれで間違いなし 初心者はまずこのダダリオEXLシリーズか、次に紹介するアーニーボールの弦を使っておけば間違いありません。 値段が手頃なため金銭的に負担にならず、クオリティの面でも自信を持っておすすめできます。 弦交換で失敗しても大きな損害にならないのも重要なポイントです。 弦交換の作業に慣れていない初心者の場合、やり方を間違って弦をダメにしてしまうこともあるでしょう。 ダダリオEXLならダメージは少ないですし、バラ弦も簡単に見つかります。 1セット丸ごとは必要ない場合にお得。 「どの弦を使ったらいいか分からない」という初心者の方は、まずダダリオEXLシリーズ(あるいはアーニーボール)を使ってみましょう。 エリクサー(Elixir) の弦にはPOLYWEB、NANOWEB、OPTIWEBという3つのシリーズがありますが、どれも 寿命が長いのが最大の特徴です。 エリクサーの弦は表面に特殊なコーティングが施されています。 コーティングの有無が他の弦との大きな違いです。 表面に膜があることで弦そのものが手汗などの影響を受けにくく、錆びにくく作られています。 コーティングされていない弦に比べて音のキラキラ感ではやや劣るという欠点はあるものの、違いはごく僅かに過ぎません。 アマチュアであれば不満なく使える音質です。 弦の費用を節約したいならエリクサー エレキギターを長く続けていると負担になるのが弦の費用です。 錆びた弦を使い続けると音が劣化するだけでなく、フレットをガリガリ削ることにもなります。 そこで 弦の費用を抑えたい方におすすめなのがエリクサーです。 エリクサーは1セットあたりの値段こそ1200円前後と決して安くはありません。 上に紹介したダダリオEXLと比べると2倍以上の値段がします。 しかしエリクサーは長寿命で3ヶ月以上は余裕で使えるため、その分だけ弦交換の頻度も格段に少なくなります。 すると長い目で見ると安く済むのはエリクサーの方というわけです。 弦交換に慣れないうちはおすすめしない ただし弦交換に慣れていない初心者の方にはエリクサーはおすすめしません。 というのもエリクサーは1セットの値段が高いため、弦をダメにしてしまったときの損害が大きいからです。 元の値段が高いので、バラ弦で買ってもやはり高くつきます。 よってエリクサーは弦交換に慣れて失敗しない自信がついてから使ってみてください。 SIT POWER WOUND NICKEL SIT Stringsの「」シリーズはチューニングの安定性がメリットの弦です。 音質は丸くてまろやかな印象です。 張った直後でも音はギラギラしておらず落ち着いています。 同価格帯のリーズナブルな弦と比べると錆びづらいのもメリット。 丸い音質とツルツルした表面については、好みが分かれるところかもしれません。 といってもSITは高価で特別な弦ではないため、ギタリストなら一度は試してみる価値があります。 ギターが調整されていることが前提 SITの最大の特徴はチューニングの安定性です。 しかしそのメリットを生かすにはギターが調整されていることが前提となります。 張っている弦が何であれ、チューニングが安定しない場合はまず「ナットの摩擦」を疑ってみましょう。 ナットの滑りが悪いとチョーキングやアーミングのたびにチューニングがずれてしまいます。 「」を使うとチューニングが安定する場合があります。 音質とピッチの正確さ、チューニングの安定性では他の弦と比べて群を抜いています。 値段は1,200円前後と高価ではあるものの、それを納得させるだけのクオリティです。 エリクサーほど長寿命ではありませんが、同ブランドであるダダリオEXLと比べると明らかに長い期間、良い状態で使えます。 クオリティにこだわる方向け ダダリオNYXLは他の弦と比べてコストパフォーマンスは高いとは言えません。 しかし 弦としてのクオリティをとことん追求したい方には自信を持っておすすめできる製品です。 普段別の弦を使っている方でもNYXLで音質がどう変わるか一度試してみてほしいと思います。 エリクサーと同じく1セットあたりの値段が高いので全くの初心者にはおすすめしません。 弦交換に慣れて、音やチューニングの安定性にこだわりたくなった頃に使ってみてください。 弦交換のとき折り曲げた部分がそのまま千切れた• 同じ弦が2本入っていた• ピッチが合わない弦があった こういったトラブルは他の弦では滅多にありません。 個人的な経験から言えることですが、PlayTechの弦を買うとこういうトラブルも起こりうると認識しておくのをおすすめします。 ゲージのお試し・弦交換の練習に向く PlayTechの弦は値段が安いことから頻繁に張り替える場面では最適です。 エレキギターの弦は色々なゲージ(太さ)があり、ゲージが違うと弾きやすさ張力、音が変わってきます。 そこで自分の好みやギターに合ったゲージを見つけたいときPlayTechの弦は便利です。 1セットあたりの値段が安いので、そこまで劣化していなくても気軽に張り替えられます。 加えて、弦交換を積極的に練習したい段階の初心者の方にもPlayTechの弦はおすすめです。 失敗してもダメージは少ないですし、頻繁に張り替えてもそこまで金銭的な負担にはなりません。 エレキギター弦の比較とおすすめ まとめ 以上、エレキギターにはどんな弦があり、それぞれどんな場合に向くか紹介してきました。 内容をまとめると次のとおりです。

次の