山田 うどん かき揚げ 丼。 貧乏時代を支えてくれた『かき揚げ丼』愛が止まらない(山田うどん) Ψ( 'ч'♡

【山田うどん 人気】元山田うどん店員がオススメする絶対に美味しいメニューベスト5!!

山田 うどん かき揚げ 丼

埼玉県所沢市の関連情報 新規オープン店• 埼玉県所沢市東所沢1-17-13• 埼玉県所沢市日吉町12-1 西武所沢S. ワルツ8F• 埼玉県所沢市日吉町12-1 西武所沢店 S. 埼玉県所沢市日吉町12-1 西武所沢S. 埼玉県所沢市日吉町12-1 西武所沢店 C店 1F 新着投稿• 味落ちたね・・・ 投稿日:2020-06-08 14:46:49• 酷い 投稿日:2020-06-04 17:20:27• うどんの汁が濃くなった。 投稿日:2020-06-03 20:58:21• かき揚げ天ぷら 投稿日:2020-06-03 13:35:42• 悩み! 投稿日:2020-06-01 22:09:39.

次の

山田うどん、テイクアウト人気3商品を割引き、「かき揚げ丼」「パンチ定食」「かつカレー」|食品産業新聞社ニュースWEB

山田 うどん かき揚げ 丼

埼玉のソウルフードここにあり!準うどん県が誇る人気ローカルチェーン店 今回紹介するのはと同じく埼玉生まれの人気チェーン 「山田うどん」 (去年ブランド名を「ファミリー食堂 山田うどん食堂」に変更) 地元では 「だうどん」の名でも親しまれ、リーズナブルにうどんや丼ぶりを楽しめるお店ですね! 主要道路に店舗が多いので、他県の方も横を通りすぎたことがあるのではないでしょうか? そんな埼玉の人気ローカルチェーン店はもちろんメニューも色々。 知ってる人は頷いてお腹空かせましょうw 山田うどんの情報 緑の屋根に赤いやじろべえが目印の山田うどん。 特にガテン系のお客さんが多いですが、ファミリー層からの支持も厚く、老若男女が訪れます。 本店も本社も所沢市にあり、店舗数は 約200店舗展開。 知ってる方も多いとは思いますが、埼玉は全国第2位の生産量を誇る紛れもない「うどん県」。 加須うどんや 武蔵野うどんも有名ですが、山田うどんが一番認知されているというアンケート結果を見た事もあるほどです。 山田うどん 所沢インター店のアクセス(行き方) 「東所沢駅」より歩いて約30分、山田うどんの店舗は基本的に主要道路沿いにあるので、車での訪問が便利です。 いやぁ~やっぱ安いねw 日替わりメニュー ヘビーユーザーには嬉しい日替わり定食も充実! どれも麺類が付けられて、共に大盛りにすることができます。 久しぶりに来たら知らないメニューも増えてましたw 私的には定番メニューだけで十分なんですけどね~ 鍋焼きうどんフェア これはいいなぁ~ 冬に食べたい鍋焼きうどん、冷めた身体も一気に温めてくれそうです。 メインメニュー まぁ色々増えたみたいだけど、この辺のメニューがやっぱ落ち着きますねw うどんもそばも 280円、これにミニ丼シリーズをセットにすれば、ほぼワンコインで食事することができるんです。 左の真ん中あたりにある 「パンチ定食」は、埼玉のソウルフードと言われるほどの人気メニュー。 もつ煮にはこんにゃくとメンマが入っているのが山田流。 これが一番好きって方も多いですね~ 右のページの かかしカレー420円も山田を語るには外せません。 一品料理 毎回このページに時間がかかるのですが、理由はメインが安いのでもう一品頼みたくなるから。 辛味もよく合いますよ~ これでカロリー爆弾のかき揚げ丼を掻っ込むわけですよ~ タレの染みたご飯がすすむすすむw 竹輪の天ぷら いつも迷って結局頼むのが竹輪の天ぷら 大きいのが 2本にショウガ添え 衣はやさしいしなっと食感。 くぅ~ この汁に浸けて食べるのがたまりません! あとは今の流れをループするだけで幸せになれますw 辛味でちょっと辛くするのもアリですよ~ 山田うどんのおすすめポイント• 安くて美味しい• セットメニューの満足度が高い• 迷ったらかき揚げ丼かパンチ定食 感想 山田うどんのかき揚げ丼は、ありそうであまり見かけないタイプなので、やはりここでしか食べられない感が強いです。

次の

【埼玉発祥】山田うどん 所沢市 かき揚げ丼セット☆人気メニューおすすめ

山田 うどん かき揚げ 丼

埼玉地盤で関東圏に170店を展開する山田うどん。 以前は東京の浅草や銀座、アメリカのニューヨークに店を構えたこともあった(記者撮影) 埼玉県内の幹線道路を車で走っていると目にする、黄色地に赤いかかしのマーク。 車で出入りしやすいよう出入り口が2、3カ所設けられ、平面の駐車場は大型トラックも含む数十台が駐車できるよう広くとられている。 その店の名は「山田うどん」だ。 山田うどんは1935年に埼玉県所沢市に手打ちうどん専門店として創業。 武蔵野台地で盛んに栽培された小麦を用いて製粉や製麺を行い、当時は外部への卸売りが中心だった。 今はやりのコシのあるうどんではなく、軟らかい麺が特徴だ。 「平日の昼は男たちのパラダイス」 だが、麺の卸売りでは思うように儲からなかったため、1965年には現在のような食堂店舗の営業を開始。 当時は1杯70円程度だったうどんを35円で販売して人気を呼んだ。 以降は店舗数の拡大を続け、現在はロードサイドを中心に170店ほど展開する。 東京23区内には蒲田と五反田の2店のみで、半数を超す約90店は埼玉県内の立地だ(特設ページ では埼玉県の店舗マップを見ることができます)。 「かき揚げ丼Aセット」は山田うどんで1番の人気を誇る(写真:山田食品産業) 営業企画部長の江橋丈広氏は「『山田うどんなら俺に語らせろ』という熱い人が多い」と語る。 実際、テレビ番組などで埼玉特集が組まれると、埼玉にゆかりのある芸能人が次々に山田うどんの思い出を語り出す光景が見られる。 人気メニュー1位の「かき揚げ丼Aセット」は、特製のつゆでかき揚げを煮込んで卵とじにした丼に、うどん(もしくはそば)がついて、620円(税込み)。 かき揚げ丼もうどんもそれぞれ1人前のフルサイズなので、かなりのボリュームだ。 山田うどんの客層は、約8割が男性。 平日では9割にも達するという。 メインの顧客はトラックやタクシーの運転手、車で移動する営業マンたちだ。 「平日の昼は男たちのパラダイス」(江橋部長)で、男性の固定客を起点として戦略が採られてきた。

次の