僕らは嫌われている 歌詞。 命に嫌われている。

命に嫌われている。

僕らは嫌われている 歌詞

カンザキイオリは初音ミクだけでなく、鏡音リン・レン、IA、琥珀メリーなど様々な楽曲政策ソフトを使用して作曲、編曲を手掛けています。 初投稿の「プロテクト」という楽曲投稿時は「黒柿」という名義で投稿していました。 作風が人に思いを伝えることを重視するのではなく「自分」に重きを置き、苦悩と葛藤が書かれていることが多く、問いかけてくるようなメロディーで多くの若者の共感を得ています。 楽曲、コーラスなどカンザキイオリ自身も歌っている楽曲があります。 しかしそんなシリアスな楽曲を発表するカンザキイオリは生き物大好きで明るい性格の持ち主。 エゴサーチに没頭したりSNSで楽しませてくれる人柄を持っています。 現在はイメージソングの書き下ろしや、Vtuberへの楽曲提供等の活動も積極的に行っていて、幅広く活躍しています。 歌詞には負けていない音の共鳴 この曲の印象的なのはなんといってもスタートから走り出すかのような疾走感溢れる四つ打ちのタイトなリズム、そのリズムは一見心臓の音にも聞こえますよね。 このリズムを引っ張っているのが人の性格を表しているような淡々とした電子ピアノ、そこにベースが加わり、曲の中盤へ差し掛かると悲壮感を表すかのようなストロングス、控えめにギターが加わると徐々にいろんな感情がぶつかり合っているようです。 後半へ差し掛かると全体で音質を変化させ、音で人を表すかのような表現で、シンプルなように聞こえますが複雑に入り組んでいて、音だけでも歌詞を表しているような音楽性を感じることができるのではないでしょうか。 「命に嫌われている」の歌詞を読み解く 『命に嫌われている』は、なんといってもインパクトが強すぎるほどの歌詞が特徴です。 周囲に対しての若くトゲトゲしい否定、その否定を周囲に投げかけ共感を求めるところから始まります。 ---------------- 「死にたいなんて言うなよ。 」 「諦めないで生きろよ。 」 そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな。 実際自分は死んでもよくて周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」っていうエゴなんです。 そんな中、綺麗事を歌う歌はエゴイズムだと言い切りますが、これは感情の二面性を表現しているように感じます。 特に「自分は死んでもよくて 周りが死んだら悲しくて」という部分が孤独になりたくない、一人にしないでという心を隠していてかまってほしいという気持ちを表わしていることが隠されているようです。 ---------------- 他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう。 画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年が ナイフを持って走った。 少年時代好きだった子に対して嫌がらせをする行動に似ていますよね。 ---------------- 価値観もエゴも押し付けていつも誰かを殺したい歌を 簡単に電波で流した。 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる僕らは命に嫌われている。 ネット上で言いたい放題言うこと。 それによってどこかで誰かを傷つけているかもしれない、迷惑をかけているかもしれないという後ろめたい劣等感の塊を表しているのでしょうか。 ---------------- 生きる意味なんて見出せず、無駄を自覚して息をする。 そしてこのあとの歌詞と合わせるとベッドに逃げ妄想にふける姿が目に浮かびます。 ---------------- 幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物。 変わらず誰かがどこかで死ぬ。 夢も明日も何もいらない。 君が生きていたならそれでいい。 そうだ。 本当はそういうことが歌いたい。 ここからは少年が青年に生まれ変わると同時に、いろいろなことに気付きはじめるような歌詞に変わっていきます。 誰でもいいのではなく、ここで自分が伝えたい人を見つけることができ、自分が望んでいるものは大切な人が生きていればそれでいいのだということに気づきます。 ---------------- 結局いつかは死んでいく。 君だって僕だっていつかは枯れ葉のように朽ちてく。 それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて、生きて、生きて、生きて、生きろ。 ここは大切だと気付いた人と向き合い進んでいくという覚悟が感じられます。 そしてそれは自分だけでなく、一緒に頑張ろうという強いメッセージを伝えています。 強いメッセージを伝えていた「命に嫌われている」 一人の青年の成長が伺える「命に嫌われている」という曲はたくさんの視点から世界観を見ることができます。 現在の生活に疑問を抱いている人、生きることに疲れた人、落ち込んでいる人にとって、前半で共感を得て後半は励まされ、ポンと背中を押される一曲ではないでしょうか。 この曲は暗いと思われがちな曲ですが、「本当は頑張るんだ。 諦めないぞ」という生命力の溢れた楽曲です。 今一度、生について向き合い、聞いてみると違う一面を発見できるかもしれません。 の歌詞をもう一度読んでみる 自分が思うこの歌の解釈 みんなが正しいことは本当は違う。 失うのが怖いから押し付けてしまう。 無関心と興味は平和な証拠。 画面だけで流されてしまう。 だけど誰かを傷け、押し付けてる。 軽く命を見てから命に嫌われている。 退屈だから寝るに逃げる。 今生きてることは無意味だかど怖いから死ねない。 ただ一言だけで片付けられるが嫌だから意地を張ってしまう。 時に流されるくらいなら不死になって新たにスタートしたい 失うのが怖いけど自分だけ押し付けてるのは間違っている。 正しいくありたい。 無感動だったら1人で、孤独でいたい。 幸せがわからない。 だから周りを恨んでしまう。 本当の別れを知らないから、周りを傷ける。 平和とは怠惰でありまた買えるもの。 でも平和は無く、いつ落ちるかわからない。 ただ自分の信じる道を進むことが正義であり正しいこと。 生きてることはいつかは死ぬことであるけど、だけど死がある生がが意味あることなのであろう。

次の

阿部真央 嫌われてないかな 歌詞

僕らは嫌われている 歌詞

没後なお愛され続ける名曲 尾崎豊は1983年にレコードデビューしたシンガーソングライター。 92年4月に急逝するまで、数多くの作品を生み出し、当時の若者を中心に支持された。 『僕が僕であるために』はデビューアルバム『十七歳の地図』に収録され、ライブでもたびたび演奏されるなど根強い人気を誇った。 Childrenなど人気アーティストらのカバーにより、存命中の尾崎豊を知らない世代にも歌い継がれ、彼の没後なお楽曲は生き続けている。 『僕が僕であるために』…人生のテーマともいえる自我・自律。 純粋がゆえ様々な葛藤や不安のなかにいた10代の尾崎豊は「僕が僕であるために」どう生きることを決めたのだろうか。 歌詞をひも解くと、彼が求めた「強さ」が見えてきた。 尾崎豊が求めていた世界とは 僕が僕であるために 尾崎豊は音楽を通して自問自答していた。 彼が残した歌詞には、幼さを感じるほどにまっすぐで純粋な人柄がよく表れている。 尾崎豊は、優しく濁りのない、誠実な世界を夢見ながら、そうはいかない現実を憂いていた。 生き方もそれぞれだ。 そんなことは頭ではわかっていても、分かり合えないたびにいちいち傷つき、悲しむ。 それも人間だ。 尾崎豊もまた、些細なすれ違いに心を痛めていた。 「ため息」「生きてゆかなければ」という言葉には、あきらめにも近い感情がうかがえる。 そもそも優しいことはいいことであるはずで、本来人を傷つけるものではないはずだ。 だが悲しいかな「優しさ」すらも、人それぞれで価値観は異なる。 すれ違うことがある。 自分が思う優しさはときに「押しつけ」や「偽善」となり、思いがけず人を傷つけてしまう。 優しくされたいと勝手に期待をしては、裏切られることだってある。 本当に、ウンザリするほど難しいのが人生だ。 誘惑、常識、自分を自分でなくさせるもの…。 それらに勝ち続けなければ、アイデンティティーは失われてしまう。 自分がなくなってしまう。 彼はそんな風に考え、それを恐れていたのだ。 『僕が僕であるために』というストレートなタイトルには、そんな決意を感じる。 尾崎豊は「僕が僕であるために」勝ち続ける、いや「勝ち続けなきゃならない」というもっとも難しい道を選んだ。 勝ち続けるということは、すなわち一度たりとも負けてはならないということだ。 「~なきゃならない」という言葉の選択に、強迫的なまでの自律への想いがうかがえる。 勝つとは?負けるとは?それすら曖昧なこの世界において「勝ち続ける」ことを選んだ尾崎豊。 それも「正しいもの」という、永遠に見つからないかもしれないものが見つかるまで。 どこまでも難しい課題だ。 いったいどれほどの人間が、死ぬまでに「自分」を「正しいもの」を見つけられるというのだろう。 尾崎豊はそうして、ときには現実を受け止め心に折り合いをつけながら、自分自身を探すために歌い、そして探し続けていたのだろう。 「正しいものはなんなのか」 『僕が僕であるために』「正しいものはなんなのか」自我、自立、自律という人間の永遠のテーマに、彼はどんな答えを見つけたのだろう。 楽曲のなかで、その答えは明かされてない。 果たして尾崎豊は「僕が僕であること」を失わずに生き抜いたのだろうか。 彼が、この不確かな世の中でせめて揺らぐことのない「自分らしさ」をなくすまいとしていたことは確かだ。 勝ち続ければきっと、そのたびに強くなるだろう。 強くなれば、ほかの誰かの意見に揺らぐことはない。 迷わず、怖がらずに「自分」を貫くことができる。 尾崎がほしかったのは「正しいものはなにか」という誰かの答えじゃない。 自分が思う「正しいもの」を「正しい」と言える「強さ」だったのだ。 2番の歌詞では、別れゆく「君」にも同じことを求めている。 愛する者同士でも、分かり合えないことはある。 心すれ違うこともあるだろう。 自分のこともよく分からぬままで、君の明日など示せない。 保証もできない。 幸せにしてやりたいけどその術がわからない。 弱い自分では「君」を守れない、そんな想いが読み取れる。 些細なすれ違いや若さゆえの弱ささえ「傷つけてばかり」と思うのならばもう、二人は一緒にはいられない。 そうして別れゆく「君」にも、この世界で生きてゆける強さを、負けない強さを、確かな自分を持って生きてほしいと、別れ際に願いを込めて「君が君であるために」と歌うのなら。 「こんなに君を好きだ」とストレートに言えるほどの深い愛は、本物だったのだ。 尾崎豊は今も私たちに問いかける 曖昧で不確かで、今日の正義が明日の悪になるようなこの世界を生きるには、尾崎豊は不器用で繊細すぎる。 そして純粋すぎた。 人はみなまっさらで産まれてくる。 誰だって、美しいものや正しいものを、誰の目も声も気にせず「美しい」「正しい」と言いたい。 自分の信じた正義を守りたい。 だけど、人は流される。 いつのまにか「自分らしさ」を見失う。 見失ってもなお、自分で自分を見て見ぬ振りしている。 流される心地よさに慣れてしまう。 尾崎は違う。 あきらめや嘆きを隠さず、人間本来の姿を、自分の正義を貫きたいと願っている。 それが出来ない自分を憂い、迷い、それでも決して流されまいと両足で踏ん張っている。 『僕が僕であるために』は、まさにそんな曲だ。 私たちには推測することしかできない。 答え合わせをしようにも、尾崎豊はもういないから。 正答のない問いは、永遠に投げかけられたままだ。 私たちは自分の足でこの複雑な世界を生き抜き、尾崎豊の楽曲を聴きながら、自分なりの答えを見つけるしかないのだ。 TEXT シンアキコ.

次の

『僕が僕であるために』不確かな世界で尾崎豊が求めていた強さとは?

僕らは嫌われている 歌詞

カテゴリ• 「死にたいなんて言うなよ。 」 諦めないで生きろよ。 」 そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな。 実際自分は死んでもよくて周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」っていうエゴなんです。 他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう。 画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年が ナイフを持って走った。 僕らは命に嫌われている。 価値観もエゴも押し付けていつも誰かを殺したい歌を 簡単に電波で流した。 僕らは命に嫌われている。 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる僕らは命に嫌われている。 お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する 生きる意味なんて見出せず、無駄を自覚して息をする。 寂しいなんて言葉でこの傷が表せていいものか そんな意地ばかり抱えて今日も一人ベッドに眠る 少年だった僕たちはいつか青年に変わっていく。 年老いていつか枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく。 不死身の身体を手に入れて、一生死なずに生きてく。 そんなSFを妄想してる 自分が死んでもとうでもよくて それでも周りに生きて欲しくて 矛盾を抱えて生きてくなんて怒られてしまう。 「正しいものは正しくしなさい。 」 「死にたくないなら生きていなさい。 」 悲しくなるならそれでもいいなら ずっと一人で笑えよ。 僕らは命に嫌われている。 幸福の意味すらわからず、産まれた環境ばかり憎んで 簡単に過去ばかり呪う。 僕らは命に嫌われている。 さよならばかりが好きすぎて本当の別れなど知らない僕らは命に嫌われている。 幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物。 明日、死んでしまうかもしれない。 すべて、無駄になるかもしれない。 朝も夜も春も秋も 変わらず誰かがどこかで死ぬ。 夢も明日も何もいらない。 君が生きていたならそれでいい。 そうだ。 本当はそういうことが歌いたい。 命に嫌われている。 結局いつかは死んでいく。 君だって僕だっていつかは枯れ葉のように朽ちてく。 それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて、生きて、生きて、生きて、生きろ。 タイトル『命に嫌われている』の意味 「命」とは、生きているもの、ヒト、動物、植物が持っているものですが、具体的な「もの」ではなく、目に見えないものです。 「命」事態に感情はないように思えますが、タイトルでは「命」に感情があるかのように、何か、誰かが『命に嫌われている』とつけられています。 「命」に嫌われた、「命」を持つもの。 「命」は、そのものにひとつしかありません。 自身の「命」に嫌われてしまったら、どのように生きていけばいいのか。 『命に嫌われている』とは、正直に生きられない、辛い気持ちを抱いている、死にたいと思ってしまった人を表しているのではないでしょうか。 『命に嫌われている』のテーマ 「命」、「生きること」をテーマにしている楽曲ですが、歌詞中には世間一般にあふれている応援歌のような、「大丈夫」とか、「がんばる」とか、生やさしい言葉は入っていません。 人間の裏側の感情をあぶりだし、それでも最後は 他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう。 画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年が ナイフを持って走った。 感情の起伏のないメロディが続きます。 言葉のひとつひとつが重くのしかかってくるようです。 「死ぬな、生きろ」と簡単に言うけれど、他人が生きていようが死のうが自分には関係のないこと。 誰かを傷つけても気が付かずに、周りの評判を気にしては世界の平和を叫ぶ。 映画やドラマ、作り物の世界に影響された少年は、間違いを犯してしまう。 映像が浮かんでくる、惹きつけられる歌詞。 軽々しく扱われる「命」 お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する 生きる意味なんて見出せず、無駄を自覚して息をする。 寂しいなんて言葉でこの傷が表せていいものか そんな意地ばかり抱えて今日も一人ベッドに眠る 少年だった僕たちはいつか青年に変わっていく。 年老いていつか枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく。 不死身の身体を手に入れて、一生死なずに生きてく。 そんなSFを妄想してる 日々をなんとなく生きている。 やりたいことを見出せず、やりたいことがあったとしてもお金もない。 現代の問題が裏側に見えてきます。 人間はいつかはかならず死ぬ。 生きる意味がわからなくても、本当は死にたくはない。 ベッドに横になり、考えているところがリアルに浮かんできます。 矛盾だらけ 命に嫌われている。 結局いつかは死んでいく。 君だって僕だっていつかは枯れ葉のように朽ちてく。 それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて、生きて、生きて、生きて、生きろ。 必要なのは君だけだから。 でも、君も僕もいつかは死んでしまいます。 だから、いつか死ぬなら、今の全てを抱えて、支えて、生きよう。 ラストのサビは、力強く歌われます。 まとめ タイトルから重いテーマを感じさせるこの楽曲。 VOCALOIDが歌うことに意味があるように思います。 生身の人間が感情をこめて歌うよりも、感情のない、何を考えているのかわからない、冷たい、感情のない感じがとても歌詞とマッチしているのではないでしょうか。 明日、死んでしまうかもしれない。 今日を必死に生きましょう。

次の