アレルギー治療薬通販。 アレルギー性疾患の治療薬

ネット通販でクラリチンは買うことができる!安く買う方法とは?

アレルギー治療薬通販

アトピーで治療として使用する薬・薬物でもアレルギーを起こす可能性があります。 そこで、今回、薬物によるアレルギー、「薬物アレルギー」について説明します。 「薬物アレルギー」とは? 薬を飲んだ時に、湿疹が出たことはないでしょうか? 薬でアレルギー反応が起こることがあります 「薬物アレルギー」とは、薬を使用したときに、様々なアレルギー反応を起こす病気です。 薬物は、内服、外用、静脈注射、点滴、筋肉注射、皮下注射といった形で体に投与されます。 アレルギーがあると、本来の薬物の作用とは無関係な反応を起こしてしまいます。 初めて使った薬剤で突然アレルギーが起きるのは稀です。 免疫細胞がその薬物を異物と判断する期間を経てから症状が出てくるので、大体、7~10日はかかると言われています。 薬でアレルギーが起こっているので、薬物を中止すれば、アレルギー症状は治まっていきます。 「薬物アレルギー」の症状は?あらゆるアレルギーによる症状が起こってしまいます。 アナフィラキシー(を参照してください)• じんましん(を参照してください)• いろんな発疹• 紅斑(こうはん:赤いブツブツ)• 光線過敏(こうせんかびん:紫外線などで発疹が出てくる)• 皮膚がボロボロになるStevens-Johnson(スティーブンス・ジョンソン)症候群• 気管支喘息(を参照してください)• 肝障害• 腎障害• 蛋白尿・血尿• アレルギーを起こす好酸球の増加• 血を止めるための血小板の減少• 貧血、特に溶血性と言って、赤血球が壊れる貧血• このように、薬物によるアレルギーによって、多くの臓器の機能が低下してしまいます。

次の

アレルギー性鼻炎の治療薬通販|アレグラ・ザイザル【お薬通販部】

アレルギー治療薬通販

アトピー性皮膚炎について アトピー性皮膚炎は、犬・猫共に1〜3歳ほどの若い年齢で発症する場合が多い病気です。 ダニや花粉など、環境中のアレルゲンに対して過剰に免疫反応することで起こります。 このようにアレルギーが原因の大半であると考えられ、他の動物に感染することはありません。 主な症状としては、しつこいかゆみが挙げられます。 そのかゆみに耐えられず、体を掻きむしってしまうことで炎症や脱毛など、さまざまな問題が起こるのです。 アトピー性皮膚炎の症状 アトピー性皮膚炎ですが、犬と猫で症状の現れ方が異なります。 犬の場合 犬の場合は、赤みがかった発疹やかゆみが主な症状になります。 この症状が 目や口のまわり、耳、脇の下、お腹、足先、しっぽの付け根に現れます。 かゆみに耐えられず舐めたり噛んだりすると、皮膚が傷ついて赤くなり脱毛が起こってしまうことがあります。 さらに症状が長引いて慢性化すると、色素沈着によって皮膚が黒ずみます。 またアトピー性皮膚炎を放置しておくと皮膚のダメージや免疫機能の低下が引き金となり、膿皮症や角膜炎・結膜炎、外耳炎などの病気を併発する危険性が高くなります。 猫の場合 猫の場合も、同様に強いかゆみが見られます。 症状が現れやすいのは 顔や脇の下、背中、お腹です。 掻きむしると脱毛することがあり、慢性化すると色素沈着や皮膚が厚くなるなどの症状も出ます。 また猫の場合、以下のような症状も多く現れます。 好酸球性プラーク:首やお腹、足にただれや潰瘍 無痛性潰瘍:上唇や口内に潰瘍 線状肉芽腫:太ももの後ろ側に赤みをおびた線状の病変 蚊刺咬性過敏症:蚊に刺された部分に発疹やただれ 粟粒性皮膚炎:頭や背中、腰などにかさぶたのついた丘疹 アトピー性皮膚炎の原因 アトピー性皮膚炎を発症する原因には「アトピー素因」、「アレルゲン」、「皮膚バリアの機能低下」の3つが考えられます。 アトピー素因 アトピー素因とは、「アトピー性皮膚炎を起こしやすい体質」のことを指します。 これには遺伝が関係しており、 ・シーズー ・ダックスフンド ・パグ ・トイプードル ・ビーグル ・フレンチブルドッグ ・柴犬 ・ダルメシアン ・ゴールデンレトリバー ・ラブラドールレトリバー などが、アトピー性皮膚炎を発症しやすい犬種だと言われます。 アレルゲン アトピー性皮膚炎は、もともとアレルギー症状を起こしやすいペットが発症しやすい病気です。 そのアレルギーの原因となる物質のことを「アレルゲン」と呼びます。 ホコリやカビ、ダニ、花粉などがアレルゲンにあたります。 ペットがこれらのアレルゲンを体内に取り込んでしまうと、体外に排出するために「IgE抗体」というタンパク質が作られます。 IgE抗体は体内に入り込んだアレルゲンに反応するセンサーのような働きをしますが、その働きによってアレルギー症状を起こす化学物質が放出されてしまうのです。 皮膚バリアの機能低下 動物の皮膚にはバリア機能が備わっており、細菌などの異物が体内に入るのを防いでいます。 アトピー性皮膚炎は、このバリア機能が弱まっている状態です。 皮膚バリア機能が低下している状態だと、汗やシャンプーなどの普段では害にならないものでも、ペットの体に刺激になり症状として現れてしまうのです。 効果的な成分 アトピー性皮膚炎の治療薬には、さまざまな有効成分が含有されています。 一般的に使用されている成分にはどのようなものがあるのか、紹介していきます。 副腎皮質ホルモン(ステロイド剤) 副腎皮質ホルモンとは、ステロイド剤のことを指します。 ステロイド剤は、「経口ステロイド剤」と「外用ステロイド剤」に分けられます。 ・経口ステロイド剤 経口ステロイド剤は、炎症やかゆみを早期に抑える効果が非常に高いという特徴があります。 かゆみの治療で最も古くから用いられてきた成分と言えます。 しかしさまざまな臓器や組織に副作用が現れやすく、長期にわたって使用する際には、十分に注意しなければなりません。 ・外用ステロイド剤 外用ステロイド剤は局所のかゆみを緩和させることができます。 経口ステロイド剤とは違い、患部にピンポイントで治療が可能なため、比較的安全に投与することができます。 しかし外用ステロイド剤でも、長期的に同じ患部に使用していると「ステロイド皮膚症」という副作用が起こる場合があります。 ステロイド皮膚症を起こすと、皮膚が薄くなりフケが目立つようになります。 また、ペットが舐め取ってしまわないように注意し、飼い主さんが薬剤にむやみに触れないように注意することも必要です。 シクロスポリン シクロスポリンは、効果を示し始めるまでに4〜6週間ほどかかってしまうという弱点があります。 しかし長期的に使用しても、ステロイド剤のように副腎に影響を及ぼすことはありません。 シクロスポリンはもともと免疫抑制剤ですので、免疫が過剰に働いている病気にも用いられる成分です。 そのため、免疫作用の副作用を起こす場合があります。 オクラシチニブ オクラシチニブは、犬のために開発された成分です。 即効性に優れており、経口ステロイドと同じくらいの早さで効果を示します。 副腎などの臓器に影響を及ぼすこともなく、また長期的な使用も可能な成分のため、安全面でも信頼できます。 副作用として嘔吐や下痢が見られることがありますが、そのほとんどは管理可能な範囲です。 慢性的に長期間使用すると、免疫抑制のリスクが出てきます。 おすすめの治療薬 アトピー性皮膚炎にもさまざまな種類のものがあります。 ここでは、経口薬と外用薬に分けて数種類紹介していきますので、ご参考いただければ幸いです。 経口薬 アトピカ内用液猫用 猫用の治療薬です。 猫が好む味に仕上がっているため、投与の負担がありません。 アトピカと成分・効果は同じです。 アトピカの半額以下の値段で購入可能です。 即効性に優れ、投与から4時間ほどで効果を発揮します。 そのため、傾向で錠剤やカプセル、液剤を飲まさなければなりませんが、投薬に苦心される飼い主さんが少なくないようです。 動物が薬を飲まない理由は様々ですが、錠剤が大きいことが原因であれば、で小さくしてから、小型のカプセル(薬局で購入できます)、オブラートに包み、液状トリーツをかけたり、フードに混ぜたりすると上手く与えることができます。

次の

ザイザルのジェネリックを通販で手に入れよう

アレルギー治療薬通販

6mg 5. 4mg 16mg 3. 0 - 4. 4kg 0. 5錠 4. 5 - 5. 9kg 0. 5錠 6. 0 - 8. 9kg 1錠 9. 0 - 13. 4kg 1錠 13. 5 - 19. 9kg 0. 5錠 20. 0 - 26. 9kg 2錠 27. 0 - 39. 9kg 1錠 40. 0 - 54. 9kg 1. 5錠 55. 0 - 80. 0kg 2錠 体重1kgあたり0. 4mgを、1日2回、最長14日間経口投与する。 さらに継続する場合には1日1回投与する。 ただし、投与期間は1年を超えないこと。 体重別には次の投与量による。 特にアレルギー性のアトピーや、炎症を起こしてしまう皮膚炎などはそのままにしておくと大きな病気にも繋がってしまいます。 適切な知識と治療を継続して行うことで症状の緩和や予防に可能です。 アポキル錠の長期投与時の安全性についても確認されており、アポキル錠を最長630日間投与した臨床試験において、安全かつ有効であり、患犬の生活の質の改善に貢献したことが示されています。 アポキル錠は非ステロイド 今まで、犬のアトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎の治療に使用されていたのは、ステロイド製剤やシクロスポリン製剤などでした。 ステロイド製剤は即効性や高い有効性、低価格といった利点がありましたが、反面、副作用も問題視されていて、飼い主の中にはステロイド製剤の使用に恐怖意識を持つ方が多くおられるのが実情です。 シクロスポリン製剤は利点として、犬アトピー性皮膚炎に対する高い有効性と高い安全性が挙げられますが、効果発現に時間がかかること、適応範囲が犬アトピー性皮膚炎に限定されていること、カプセル剤であり投与がしにくいことなどが問題とされていました。 アポキル錠はそんな問題点を解決してくれる全く新しい種類の薬として、2016年7月に発売が開始されたばかりの薬です。 アポキル錠は、ある特定のサイトカイン(細胞間の情報伝達物質)の作用を抑えることで、痒み刺激と炎症反応を軽減してくれます。 副作用の具体事例・最新情報を知りたい方へ 副作用の具体的な事例を確認したい方は、下記の「農林水産省 動物医薬品検査所」の各ホームページや「公式メーカー」の情報もご参照ください。 【農林水産省 動物医薬品検査所】 ・ ・ 上記のホームページでは、アポキル錠の副作用情報を検索することができます。 検索窓へ「アポキル」と入力いただき、検索をすることで情報を閲覧することが可能です。 【メーカー公式サイト】 ・ ・ ・ アポキル錠の口コミとユーザーの声 ひなちゃん、今日は通院日でした。 カイカイのお薬、アポキルを毎日服用していますので、月に一度は問診と皮膚チェックをしています。 皮膚の状態は良好で、カイカイの原因はまだ確定できていません。 引き続き、ひなちゃんに必要な医療サービスをしっかり継続していきます。 まだ知らない獣医さんも少なくないのですが、ステロイド薬を飲ませるより 圧倒的に副作用が少なく効果も良好です。 — タンタンパパ tintinpapa3 獣医さんには鶏肉と決めつけるのはおかしい、って言われています。 でも、アレルギーの新薬アポキル飲んでるから、だいぶ良くなりました。 カイカイなくなって良かった。 — しま。 moskvich48 アポキル錠の効果時間について 服用させてから役4時間ほどで、かゆみを暖和させる作用が始まります。 そしてその効果は、丸一日持続します。 ステロイドのような副作用は、報告が無く今の所比較的少ないとされています。 アポキル錠は、オクラシチニブマレイン酸塩を有効成分とした犬専用の薬剤です。 長期的な治療が必要となるアトピーの症状にも、効果を発揮しています。 飲ませてから丸一日効果がありますが、処方されて暫くの間は1日2回の服用が必要です。 アポキル錠の有効成分 オクラシチニブ アポキル錠の有効成分オクラシチニブは、痒みを引き起こすサイトカイン(細胞間の情報を伝達する物質です)であるインターロイキン31(IL—31)の放出を効果的に抑制し、痒みや炎症に素早く効果を発揮します。 つまり、痒みを伝えるメッセンジャーの動きを抑えてしまえば痒みや炎症反応が起こることもなくなり、そのことでペットが苦痛を感じることもなくなるということです。 今まで、痒みを抑えるために選択されていたのはプレドニゾロン錠でした。 ですがプレドニゾロン錠には副作用の問題があり、飼い主さんの中にはこの薬の使用を躊躇う人もいたようです。 アポキル錠は痒みに対して投与後4時間以内に効果を発現し、プレドニゾロン錠に匹敵する即効性と有効性が示されています。 体重別の薬量について アポキル錠には3. 6mg、5. 4mg、16mgという、1錠中に含まれるオクラシチニブの量によって分けられた3種類が販売されていますので、体重に応じてこれらを使い分けていくことになります。 まず3. 6mgは体重3. 0kg〜4. 4kgの犬と、6. 0kg〜8. 9kgの犬とで使用されます。 0kg〜4. 4kgでは0. 5錠、6. 0kg〜8. 9kgでは1錠が正しい投与量となります。 4mgを使用する場合は、体重4. 5kg〜5. 9kgの犬で0. 5錠、体重9. 0kg〜13. 4kgの犬で1錠、体重20. 0kg〜26. 9kgの犬で2錠が正しい投与量となります。 16mgを使用する場合は、体重13. 5kg〜19. 9kgの犬で0. 5錠、体重27. 0kg〜39. 9kgの犬で1錠、体重40. 0kg〜54. 9kgの犬で1. 5錠、体重55. 0〜80. 0kgの犬で2錠が正しい投与量となり、このように決められた投与量を守って処方していくことが重要になります。 ただし、用量が過剰になってしまうため、体重3. 0kg未満の犬では投与を禁止されています。 アポキル錠は猫にも使える? アポキル錠の仕組みとして、アトピーや乾燥肌による痒み、サイトカインのシグナルを伝達するヤヌスキナーゼ JAK 経路を阻害し、痒みを感じることを遮断する仕組みです。 猫にはこの仕組みが作用せず、現在はアポキル錠は犬のみ使用が可能となっています。 アポキル錠が効かない場合は? アポキル錠は、犬の体重により使用する薬量が細かく定められています。 効果を感じられない場合は、犬の体重をしっかりと量り、適した量を与えているかを再度チェックを行いましょう。 また、投薬の期間も注意が必要で最初の2週間は1日2回で、以後1日1回で投与が必要です。 まだ新しいお薬ということもあり使用方法が正しく理解できていない場合もありますので、使い方をよく御確認の上ご使用ください。 副作用の割合は? 副作用の割合は非常に少ない数値であり、アポキル錠の副作用として確認されている症状は、消化管障害で下痢、皮膚および付属器障害でマラセチア感染症、神経学的障害で眠気が挙げられます。 死亡例や重篤な有害事象は国内臨床試験でも観察されておらず、長期臨床試験中に認められた有害事象についても、無治療あるいは対症療法にて改善しており、休薬が必要であった事象は、嘔吐を示した10. 1%中の一部に対してのみだったと報告されています。 アポキル錠の長期投与時の安全性についても確認されており、アポキル錠を最長630日間投与した臨床試験において、安全かつ有効であり、患犬の生活の質の改善に貢献したことが示されています。 みなさんは「現代病」という言葉を聞いたことがありますか?現代病とは、時代が進むにつれて技術が発達し、便利な世の中になっていく一方で、今までにはなかった生活様式や環境などが原因となり、発生したり蔓延したりする様々な病気のことを指して言う言葉です。 うつ病や機能性胃腸症といったストレスが原因となる病気を始め、喘息・花粉症・アトピー性皮膚炎といった、日本人口の3分の1が罹っていると言われているこの様な病気も、現代病の一つとして挙げられています。 そもそも、アトピーの正体とは? 実はこの病気、人間に限ったことではなく、犬にも存在する厄介な病気なのです。 ではそもそも、アトピーとは一体なんなのでしょう? 言葉は聞いたことがあるけれど、実際にはどういう病気なのかちゃんと説明出来ない、なんとなく言葉だけ知っている、という方も少なくないと思います。 アトピー性皮膚炎とは、アレルゲンとなる物質の吸引で発症する皮膚炎のことです。 アレルゲンとは、アレルギーの原因となる抗原物質のことで、薬物・金属・食餌中のタンパク・ノミの排泄物・花粉などが挙げらます。 もっと大雑把に言うと、その生体にとって、都合が良く有利に働く物資は免疫となりますが、都合が悪く不利に働く物質はアレルギーとなるのです。 アレルギーに個体差があるのはそのためで、自分の家の犬は大丈夫でも、お隣の犬にとってはアレルギーになってしまう、というのはこういうことなのです。 ノミアレルギー性皮膚炎を例に解説 分かりやすく、ノミアレルギー性皮膚炎を例にとって説明してみます。 ノミアレルギー性皮膚炎による痒みは、ノミが刺すからという単純な刺激によるものもありますが、ノミの唾液がアレルゲン(抗原)となってアレルギー反応を起こすことにもよります。 そのため、ノミに対するアレルギーがない犬であれば、多数ノミが寄生していても軽症で済んでしまうことがあるのです。 対して、ノミアレルギーを持つ犬にとっては軽視出来ない問題となり、獣医による適切な処置が必要になります。 アレルギー性皮膚炎の種類 先程から頻繁にアレルギー、アレルゲンという言葉が出てきていますが、実は一口にアレルギー性皮膚炎といってもその範囲は非常に広く、アトピー性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎も同じものではなく、アレルゲンとなる抗原によって区別されています。 とは言っても、生体外にあるアレルゲンに感作(特定の抗原を与え、同じ抗原の再刺激に感じやすい状態にすることを言います)して生じる皮膚炎であるということは同じです。 食餌がアレルゲンになるものを「食餌性」、アレルゲンとなった物質に接触することで発症するものを「接触性」、そして、アレルゲンとなる物質の吸引で発症するものを「アトピー性」と呼んでいます。 アレルギー性皮膚炎の原因を理解しよう! 食餌性のアレルギー性皮膚炎は季節に関係なく起こり、犬種を問わずに発症します。 アレルギー性皮膚炎全体の発生数からみると1割程度と少ないようですが、アレルゲンとなる食物は多く、主としてタンパク質に原因があります。 犬では様々な肉類、牛乳、卵や穀物などがあげられています。 接触性のアレルギー性皮膚炎では、生活環境中のあらゆる物質がアレルゲンとなってしまい、シャンプー・ノミ取り首輪・絨毯・食器(合成樹皮性)などとの接触により発症します。 アレルゲンと接触した部位に炎症反応が起こり、強い痒みが出て湿疹状態となります。 アトピー性(吸引性)皮膚炎は遺伝的素因として免疫グロブリンE(IgE)抗体が産生されやすい体質の犬に発症します。 犬におけるアトピー性皮膚炎の発症率は前出の2つの皮膚炎と比べてはるかに高く、ハウスダスト・花粉・ダニ・心筋などがアレルゲンとなり、これらを吸引して発症します。 さらに、症状が発現するタイプによっても「即時性」というアレルゲン感作後すぐに症状が現れるものと、「遅延型」という感作後24〜48時間後に発症するものの2つに分けることが出来ます。 いずれもアレルゲンを取り除くことによって症状は軽くなります。 いずれの皮膚炎においても、必要になってくるのは正しい治療法です。 皮膚炎の治療は長くかかってしまうことが多いので、かかりつけの獣医としっかり相談し、治るまで根気よく治療を続けてあげてください。

次の