ヘモグロビン a1c 正常 値。 知っておくべき!HbA1cの糖尿病判定の基準値は健診機関によって異なる

ヘモグロビンA1cの正常値とは?【健康診断で血糖値が高いと診断された人必読】

ヘモグロビン a1c 正常 値

6月の血液検査でHbA1cの検査値が6. 8%でした。 確か6. 5パーセント以上で糖尿病だと聞いていましたので、自分もついに糖尿病になったのかと最初はがっくり来ました。 そのときの体重が83. 5kg(身長171cm)。 それで、これではいけないと、初めてダイエットに取り組みました。 ダイエット法は主に運動(自転車)中心で、それに加えて間食の量を減らしました。 9月10日現在体重は75kg(体脂肪率23パーセント)です。 本日診療所で再検査をしていただきHbA1cの検査値が5. 9% 空腹時血糖106でした。 運動と食事療法で検査値を下げることができると聞いていましたのでその成果が出てきたのだと喜んでおります。 ただ一方で糖尿病は代謝異常なので治らないという説もあるそうなので、不安でいっぱいです。 HbA1cが6. 5%を超えたのは一度だけなのですが、一度だけでも超えれば糖尿病と診断され、不治の病に罹ったということになるのでしょうか。 それとも、この2か月ダイエットに取り組んだことを続け、体重をコントロールすれば治るものなのでしょうか。 不安でいっぱいです アドバイスよろしくお願いします 糖尿病を主に専門とする医師です。 逆にずっとHbA1cが6. 糖尿病とはあくまでも糖代謝に異常をきたしやすい症候群の事で、数字がどうとかこうとかだけで決まるものではありません。 >一度だけでも超えれば糖尿病と診断され、不治の病に罹ったということになるのでしょうか。 広い意味で言えばそうなります。 例えば、ダイエットで改善したのでしょうが逆に今から20kg太れば必ずHbA1cは基準値を超えるでしょうし、年をとればHbA1cも上がってきます。 通常の人よりも糖代謝に異常があるのは確かです。 糖尿病かどうかというよりも今の体重を維持するのが大切です。 ただ、体重を維持若しくは減らしてもHbA1cが上昇してくることも有りますので、年1回は血液検査を受けてください。 Q いつもお世話になっております。 長文になりますが、 病気の事で質問させてください。 私は、40代後半、170cm 70kg です。 II型糖尿病と診断されています。 今までの経過は、 10年8月 痔の病院で、食後血糖値322だから、糖尿病外来に紹介状を書いてもらう。 二週間節制した後、定評ある糖尿病外来で、 10年9月 HbA1c 7.0 食後血糖値163で、II型と診断される。 総コレステロール228 中性脂肪160 インスリンcpr4.7 10年11月 HbA1cは、オーダーミスにより出ず。 空腹時血糖値122 総コレステロール214 中性脂肪127 11年1月 HbA1c 4.6 食後血糖値188 総コレステロール195 中性脂肪122 (数日前に風邪で寝込み、前の日に飲酒しました。 ) 普段の節制の内容は、 食事のカロリーを1800程度にする。 炭水化物を、ご飯3杯以内にする。 その他に酒を飲むが、ビールを控え、量も半分にする(半分といっても、ワインのフルボトルです)。 週二回、酒を抜く。 週二回、一時間半程度、普通のスピードで散歩する といった程度のものでしかありません。 もっとも、以前は、 朝 唐揚げにご飯三杯 昼 カツカレー 夜 ビールの中ジョッキ5杯 つまみ沢山 〆に角煮入りトンコツラーメンを汁まで全部飲む。 運動はナシ。 通勤場所の関係上、朝方も座って通勤する。 という、とんでもない生活でした。 主治医もあまりのHbA1cの下がり方にビックリして、 「手術したとか、出血したとかのことはありませんか?」 などと聞かれました。 この主治医の方は、糖尿病学会での評価も高い方だそうで、私も信頼している方です。 そこでお伺いしたいのは、 1 不自然な下がり方ではないでしょうか? (痔の注入軟膏に、ステロイドが少し入っているそうです。 その他は思い当たりません。 機器の故障ではないかとも疑っています。 ) 2 今後も今のペースで生活して良いでしょうか? 長々と分かりにくい文で、申し訳ありません。 なにとぞ、よろしくお願いいたします。 いつもお世話になっております。 長文になりますが、 病気の事で質問させてください。 私は、40代後半、170cm 70kg です。 II型糖尿病と診断されています。 今までの経過は、 10年8月 痔の病院で、食後血糖値322だから、糖尿病外来に紹介状を書いてもらう。 二週間節制した後、定評ある糖尿病外来で、 10年9月 HbA1c 7.0 食後血糖値163で、II型と診断される。 総コレステロール228 中性脂肪160 インスリンcpr4.7 10年11月 HbA1cは、オーダーミスに... A ベストアンサー 補足を読ませて頂きました。 総ビリルビン 0. 0~0. 多くは、直接ビリルビン値は0. 0から0. よって、間接ビリルビン値は0. 2~1. 0が基準範囲とされていますが、0. 7以上になったために軽度の赤血球寿命短縮があるのだと感じられる。 結果として、HbA1cは軽度低下傾向にマスクされます。 しかしながら、それだけでHbA1cが4. 6に下がるとは考え難い。 アドバイスポイント1 間接ビリルビンは0. 5を目標としたい処。 検査で数値を確認される必要がありますけど・・ 赤血球細胞も1個の生き物で、4個のヘモグロビンを細胞膜が包んだ形で酸素運搬している。 その細胞膜が壊れると、赤血球細胞は死に、ビリルビンへと変化して血管内を輸送されます。 何らかの原因によって活性酸素がたくさん発生して細胞膜破壊しますので、活性酸素消去が大切です。 活性酸素を発生させて治療する薬は数多くあるのですが、活性酸素を消去する薬はなく、唯一、ビタミンEがその役割を果たします。 保健医療では、この検査はできませんが、分子整合医は自費検査によって行っています。 30分単位の血糖値とインスリン分泌を調べていて、この検査は糖尿病治療をデザインする上で大変に重要になります。 AST20ならばALT18程度に下げると内臓肥満の解消が認められて、インスリン抵抗性は更に改善され、糖尿病を管理し易くなるはずです。 糖尿病の新しい考え方として、下のURLは勉強になります。 併せて低血糖症も読んでみてください。 clinic-hygeia. 総ビリルビン 0. 0~0. 多くは、直接ビリルビン値は0. 0から0. よって、間接ビリルビン値は0. 2~1. 0が基準範囲とされていますが、0. 7以上になったために軽度の赤血球寿命短縮があるのだと感じられる。 結果として、HbA1cは軽度低下傾向にマスクされます。 しかしながら、それだけでHbA1cが4. 6に下がるとは考え難い。 アドバイスポイント1 間... Q 糖尿病が一生治らないという理由を、素人にわかるようにお教えください。 別の病気の治療のために、血液検査をしたら、食後90分の血糖値が、320ありました。 一週間後、紹介状を持って、糖尿病外来(都立大塚病院)のもとで再検査しました。 (その一週間は、徹底的に節制しました。 ) 同じ条件の血糖値が、160、HbA1cは、7.0でした。 口乾が酷いという症状もあり、I型糖尿病は間違いないそうです。 診断には納得しておりますし、医師も信頼しています。 合併症はありません。 薬も出ていません。 今は、節制しながら、三回目の検査を待っています。 …そこでわからないのが、一度、糖尿病になると一生治らないという理屈です。 コントロールすればいい、ということは、暴飲暴食せずに運動をすれば、一般人と同じだということだと思いますが。 わかりやすく教えていただければ幸いです。 もちろん、食生活の節制や運動は、一生続けます。 今までは、朝チキンカツ 昼カツ丼 夜ビールジョッキ5杯につまみ沢山、〆に角煮入り豚骨ラーメンを汁まで飲み干すといった生活でした。 とってもストレスがたまる仕事についていますが、仕事を辞めることは不可能です。 ストレスはどうにもならないですが、幸い、油っぽいものが欲しくなくなりつつあります。 糖尿病が一生治らないという理由を、素人にわかるようにお教えください。 別の病気の治療のために、血液検査をしたら、食後90分の血糖値が、320ありました。 一週間後、紹介状を持って、糖尿病外来(都立大塚病院)のもとで再検査しました。 (その一週間は、徹底的に節制しました。 ) 同じ条件の血糖値が、160、HbA1cは、7.0でした。 口乾が酷いという症状もあり、I型糖尿病は間違いないそうです。 診断には納得しておりますし、医師も信頼しています。 合併症はありません。 薬も出ていません。 A ベストアンサー 患者です。 2型という前提で書きます。 糖尿病に至る原因はさまざまですが、結果としてインスリンを分泌するすい臓のベータ細胞が死んで行きます。 無論、再生や新生によってバランスをとる機能は備わっていますが、糖尿病患者の場合は機能が失われるスピードの方が速く、何の対策も打たなければインスリンを分泌できなくなります。 現時点で、死んだベータ細胞は蘇らないため、一生治らないということになります。 ただし、すい臓の機能が残存しているのであれば、食事管理や運動、投薬によって血糖を健康人と同じレベルにコントロールできるため、一般人とほぼ同じ生活を送ることもできます。 また、すい臓の機能が十分でない場合でも、現在はいろいろな効き方の可能なインスリン製剤もあるため、管理がしやすくなっています。 合併症が起きると非常に厄介なので、早くコントロールできるようになりましょう。 もし肥満しているなら内臓脂肪を早く取り除きましょう(インスリンの効き目を妨害しています) ご飯やパン、麺類といった炭水化物の摂取量を管理しましょう(取りすぎると血糖値が上昇し、脂肪も増えます。 適切な量にとどめることが大切です) 最近は、ベータ細胞の再生を手助けする効果が期待できる治療薬が登場してきたり、ES細胞やIPS細胞を利用したベータ細胞の再生治療の研究も進んできているので、こうした治療が実用化されれば、「治る」病気として扱われる時代もそう遠くはないと思います。 そんな時代が来ても、合併症を起こして目や腎臓や足が駄目になっていては台無しなので、積極的に勉強して治療に取り組んでください。 somos. html 患者です。 2型という前提で書きます。 糖尿病に至る原因はさまざまですが、結果としてインスリンを分泌するすい臓のベータ細胞が死んで行きます。 無論、再生や新生によってバランスをとる機能は備わっていますが、糖尿病患者の場合は機能が失われるスピードの方が速く、何の対策も打たなければインスリンを分泌できなくなります。 現時点で、死んだベータ細胞は蘇らないため、一生治らないということになります。 ただし、すい臓の機能が残存しているのであれば、食事管理や運動、投薬によって血糖を健康人と同... Q 今年春に糖尿病と診断され現在治療中です。 当初はヘモグロビンA1Cが12あり入院しましたが、8月中旬の検査では4. 9でした。 しばらく休職して自宅療養をしていたせいもあり食事療法は良好で、自宅では空腹時75~95、昼食後2時間後の血糖も120前後、時に150位のこともありましたが比較的いい状態だったと思うのですが、最近復職してからは昼食後の血糖値が2時間経っても160~170と高めです。 気になったので血糖値の変動を観察してみたところ、1時間後で160~170となり2時間後もあまり変わらない数字なのですが、3時間ほどすると一気に100前後まで下がっており、空腹時は相変わらず75~95位まで下がっています。 昼食はお弁当を持参して自宅と同じような物を食べています 自宅にいた時と違いオフィスではデスクワークでなかなか動くことができないし、糖尿病なので仕方ないとは思ってはいるのですが・・・。 それで参考にお伺いしたいのですが、正常の方の場合では、血糖値は食後最高どれくらいまで上昇するのでしょうか?又、上昇した血糖値が正常に戻るまではどれくらいの時間がかかるのでしょうか? 糖尿の判断基準は理解しているつもりですが、サイトによっては「正常でも200近くまで血糖値があがることがある」、「正常では140以上はあがらない」、「血糖値は2~3時間くらいかけて下がる」等々、色々違ったことがかいてあるので、実際のところはどうなんだろう?と気になりました。 また2時間は血糖が高めですが3時間後に一気に下がることや、今後のヘモグロビンA1Cの数字がやはり上がってしまうのかと気になっています。 どうぞよろしくお願いします。 今年春に糖尿病と診断され現在治療中です。 当初はヘモグロビンA1Cが12あり入院しましたが、8月中旬の検査では4. 9でした。 しばらく休職して自宅療養をしていたせいもあり食事療法は良好で、自宅では空腹時75~95、昼食後2時間後の血糖も120前後、時に150位のこともありましたが比較的いい状態だったと思うのですが、最近復職してからは昼食後の血糖値が2時間経っても160~170と高めです。 気になったので血糖値の変動を観察してみたところ、1時間後で160~170となり2時間後もあまり変わらない数字なので... A ベストアンサー 食後二時間後に血糖値がピーク(最高値)になることはごく普通のことです。 なぜ二時間後なのかといいますと、食物中の栄養素が消化され血液中に吸収される時間がちょうど二時間後くらいであるためです。 ですので、糖だけではなくトリグリセライドなども影響を受けます。 よく検診などでは絶食して採血をすると思いますがそれら食事に影響される検査項目があるためです。 もちろん、影響されない項目もあります。 ヘモグロビンA1c(以下HBA1c)などです。 HBA1cについてはあとで記載します。 食後三時間後ほどで血糖値が一気に下がることもいたって普通のことです。 上がりすぎた血糖値を下げようとするためです。 インスリンという言葉を聞いたことがありますか?膵臓から分泌されるホルモンの一種です。 このホルモンが上がりすぎた血糖値を下げようとして実際に正常値ほどに下がるのが三時間後くらいであるためです。 血糖値が170~180以上になると腎臓から糖があふれだし尿中に排出されます。 糖尿がでるということで糖尿病といわれます。 ですので正常者では血糖値が170~180以上は上がらないということになります。 ただご質問の通り、いろいろなみかたがあるようです。 「正常でも200近くまで血糖値があがることがある」とはストレスなどで特に異常がない方でも一時的に上昇する場合があるということではないでしょうか? 「正常では140以上はあがらない」とは尿糖がでる血糖値が170以上ですので140以上は上がらないとの見方からだと思います。 140以上では糖尿病予備軍ともいうことがあるためです。 血糖値にこだわっているようですが同じ人でも採決する時間によって値が異なります。 空腹時なのか、食事中なのか、食後なのか、食後一時間?二時間?三時間?・・・きりがありません。 ではどのようにして血糖値を総合的に判断したらよいのでしょうか? HBA1cのことを前にかきましたよね?実はこの項目が非常に大事なのです。 簡単に説明すると過去1~2ヶ月間の平均血糖値を知る指標となるということです。 おそらく1ヶ月に一回ほどこの検査をしていると思います。 絶対しているはずです。 Drはまずこの値が知りたいからです。 血糖値は変動幅が大きいためあてにならないからです。 最初のHBA1c値が12とかいてあったのでびっくりしました。 ですが今は4. 9とのことなので正常値ですね。 先月はどうでしたか?おそらく5. 0前後だと思います。 来月も5. 0前後だと思います。 もし、来月6や7に上がっていたとすると一概にはいえませんが血糖コントロールがうまくいっていないことが考えられます。 もちろん空腹時血糖を毎回確認することも大事ですが、それと同じようにHBA1c値も同じように管理していくことが大事だと思います。 現在の医療では糖尿病を完全に治すことができません。 しかし血糖コントロールをすることによって糖尿病の進行を防ぐことはできます。 風邪は万病の元といいますが、糖尿病も風邪と同じでいろいろな病気を併発してしまいます。 毎日大変だとは思いますがこれからもがんばってください。 食後二時間後に血糖値がピーク(最高値)になることはごく普通のことです。 なぜ二時間後なのかといいますと、食物中の栄養素が消化され血液中に吸収される時間がちょうど二時間後くらいであるためです。 ですので、糖だけではなくトリグリセライドなども影響を受けます。 よく検診などでは絶食して採血をすると思いますがそれら食事に影響される検査項目があるためです。 もちろん、影響されない項目もあります。 ヘモグロビンA1c(以下HBA1c)などです。 HBA1cについてはあとで記載します。 食後三時間後ほど... Q 以前から空腹になると、吐き気がしたり、 ぐっと血圧が下がるようなかんじになって、 さらにほっておくと手足がしびれ、口もしびれ、 汗をぐっしょりかいて、パニックになり、 過呼吸も引き起こしてしまいます。 甘いものを食べると回復するので「低血糖」なんだな、とぼんやり思っていました。 結婚してから結構頻繁に出てしまい、 そのことを知らない夫には「ただお腹が減って不機嫌になってるだけじゃないのか」と 言われてしまい、わかってもらえません。 「もしそういう病気なら自己管理が甘い!」と叱られてしまいました。 (夫は心持ちでそういう病気は防げると思っているのです) 調べていると、低血糖は糖尿病の人がなると書いてありました。 自分は会社の健康診断でも異常はみられませんでしたが、もしかして糖尿病なんでしょうか? 糖尿病じゃなくても低血糖になることはありえないのでしょうか? 「自分は低血糖の症状がでるのだが、いったいなんなのか調べてほしい」と、 検査目的で病院に行くと保険が効かないと聞きました。 ある人からは、 「低血糖の症状がでたときに病院にいけ」と言われましたが、発症したときはそんな余裕はなく、無我夢中で糖分をとるので、10分後くらいには回復してしまいます。 やはり夫にわかってもらうためにも検査に行くべきですか? 低血糖の症状は糖尿病だからですか? 教えて下さい。 以前から空腹になると、吐き気がしたり、 ぐっと血圧が下がるようなかんじになって、 さらにほっておくと手足がしびれ、口もしびれ、 汗をぐっしょりかいて、パニックになり、 過呼吸も引き起こしてしまいます。 甘いものを食べると回復するので「低血糖」なんだな、とぼんやり思っていました。 結婚してから結構頻繁に出てしまい、 そのことを知らない夫には「ただお腹が減って不機嫌になってるだけじゃないのか」と 言われてしまい、わかってもらえません。 「もしそういう病気なら自己管理が甘い!... A ベストアンサー 7です。 まず,夕方になることが多いということですが,昼食は取っていますかね。 あるいは12時前に取っていますか? その場合はおっしゃるとおり,チョコ一粒とかでしのぐのでいいと思います。 回数が増えているのと,最近やや体重が増加気味ということですが,それは大きな一因だと思います。 膵臓が疲れているのかも知れません。 飲酒の翌日に低血糖になることからもうかがえます。 私も全く同様の症状で受診しましたが,境界型糖尿病ということで, 投薬には至りませんでしたが, 厳に体重管理をするようにと言われ,それを守ったら毎週のように起こっていた低血糖がかなり少なくなりました。 私の場合は,食後4時間くらいで起こることが多いので, 朝食後はまずないのですが,夕食前が主でした。 今でもたまにはありますが,チョコで乗り切っています。 食事は炭水化物(ご飯,うどんなど)を総カロリーの半分以上取り, かつ,総カロリーは少なめにと言うのが良いといわれました。 私は糖尿病患者が買う,食品成分表を購入し, カロリーの目安にしながら食事を取っています。 いずれにしても,一度受診なさり,膵臓ガンなどの心配が排除されれば, 以上のような注意でよいと思われます。 あと,お酒を飲むときは,まず炭水化物を少し取りましょう。 まず,夕方になることが多いということですが,昼食は取っていますかね。 あるいは12時前に取っていますか? その場合はおっしゃるとおり,チョコ一粒とかでしのぐのでいいと思います。 回数が増えているのと,最近やや体重が増加気味ということですが,それは大きな一因だと思います。 膵臓が疲れているのかも知れません。 飲酒の翌日に低血糖になることからもうかがえます。 私も全く同様の症状で受診しましたが,境界型糖尿病ということで, 投薬には至りませんでしたが, 厳に体重管理... Q 50代の主人についての相談です。 先日、人間ドックに行き結果が来たのですが、HbA1cが5. 4もありました。 検査の為食事を長い時間とっていなかったにも関わらず、血糖値は100でした。 普段より高血圧で病院に掛かっており、半年に一度血液検査をしていてHbA1cは平均4. 8位です。 一番最近は去年の12月で4. 8でした。 HbA1cと言うのは、最近1か月から2か月の平均血糖値を表すと聞きますが、今回の5. 4という数字はこのままの生活を続けると何年後かに糖尿病になる可能性が非常に高いとも聞いていましたので正直ショックを受けています。 それにこの急激な数値の上がり具合、私の中では少しずつすい臓の弱ってきて少しずつ影響が出てくると言うイメージでしたのに、「あっ」と言う間に悪い方向に突入しそうで心配です。 個人差はあるとは思いますが、こう言う様な進み方をする事もあるのでしょうか? 高血圧の内科の受診は今週の頭に済ませましたので、このまま一か月様子を見ていていいものか心配です。 個人差もあり答えにくい質問だとは思いますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。 50代の主人についての相談です。 先日、人間ドックに行き結果が来たのですが、HbA1cが5. 4もありました。 検査の為食事を長い時間とっていなかったにも関わらず、血糖値は100でした。 普段より高血圧で病院に掛かっており、半年に一度血液検査をしていてHbA1cは平均4. 8位です。 一番最近は去年の12月で4. 8でした。 HbA1cと言うのは、最近1か月から2か月の平均血糖値を表すと聞きますが、今回の5. 4という数字はこのままの生活を続けると何年後かに糖尿病になる可能性が非常に高いとも聞いていまし... A ベストアンサー 4月からHbA1cの表記がJDSからNGSPに変わっています。 HbA1c5. 4%がNGSPとすると、JDS換算で5. 0%です。 去年の4. 8%はJDSなので、大した違いにはなりません。 dm-net. php なお、肥満や脂質代謝異常は血糖値を下げにくくしますが、食後血糖値をすぐに上昇させる物は糖質(炭水化物)であって、肉などは余り血糖値を上げません。 食事の回数を減らすと、1食あたりの糖質(炭水化物)量が増えると思われるので、食後血糖値の上昇が大きくなると思われます。 A ベストアンサー 主人が2年程前に1型糖尿病を発症しました。 1型ですが、今のところ食事と運動(ウォーキング)のみで発症当時は10.5%だったA1cが5.6~5.8%を保っています。 発症当時は食事作りも食材毎に計量したり、野菜中心のメニューにしたり…と大変でしたが、A1cが落ち着いてからはそれ程厳格な食事制限なしでも安定してます。 (1型ですので、いつ注射になるかはわかりませんが)na263さんは太っているとの事、標準体重に近くなれば基礎代謝も増えるし、食事制限も楽になってくると思います。 食後血糖値が高い時には運動(エアロバイクなど)で落としてから寝る様にしています。 A1cは血糖値の平均値ですので、高い時間が長いと高くなります。 眠ってしまうと血糖値は下がりにくくなるので落としてから寝る…という訳です。 na263さんは空腹時血糖値が低いので治療の必要がないと言われたのではないでしょうか?食後血糖値はどの位ですか?空腹時より食後の血糖値の方が重要です。 又、お医者さんは専門医ですか?主人も一般から見たら典型的な2型糖尿病の生活・体重だったのですが、くわしく調べたら1型でした。 もし食事療法を続けてもあまり効果がないなど不安になったら専門医の受診をお勧めします。 主人が2年程前に1型糖尿病を発症しました。 1型ですが、今のところ食事と運動(ウォーキング)のみで発症当時は10.5%だったA1cが5.6~5.8%を保っています。 発症当時は食事作りも食材毎に計量したり、野菜中心のメニューにしたり…と大変でしたが、A1cが落ち着いてからはそれ程厳格な食事制限なしでも安定してます。 (1型ですので、いつ注射になるかはわかりませんが)na263さんは太っているとの事、標準体重に近くなれば基礎代謝も増えるし、食事制限も楽になってくると思います。 頑張ってくださ... A ベストアンサー 当方、地方都市の民間病院勤務の内科医です。 質問者さんの年齢・性別が不明ですが …。 各検査データの正常値は 医療機関によって多少のズレがあるのですが、 当院のヘモグロビンの正常値は 下記の数値です。 ・男性 : 13. 5 ~ 17. 5 ・女性 : 11. 5 ~ 15. 0 お解かりいただけると思いますが、 6. 8 という数値はズバリ! 正常の半分しかありません。 月経(生理)直後の女性でも、9. 0 を下回る事は 比較的に稀だと思います。 月経直後で 6. 8 だったら、 文句無く 『過多月経』 と言える数値です。 質問者さんは男性かもしれませんが、つまり、それほど酷い数値だと言いたいワケです。 人間の体は、急激な変化には非常に弱いです。 昨日までヘモグロビンが正常値だった人が、 突然 6. 8 にまで低下したとすると 何らかの事情で大出血を来たしたくらいしか考えられず、確実にぶっ倒れています。 しかし、慢性的に進行する緩徐な変化には割りと強いので、 数ヶ月~年単位で徐々にヘモグロビンが低下しても、ケロッとしている人もいます。 質問文からは、質問者さんは全く症状が無いように感じられますが、実際に無症状なのでしょうか? 冒頭でお話したとおり、ヘモグロビン 6. 8 は かなりの異常値です。 現在、全く症状が無いのであれば、 『明日仕事を休んで …』 とは言いませんが、 出来るだけ早急に精密検査を受けられ、ヘモグロビン低下の原因を確認される事をオススメします。 当方、地方都市の民間病院勤務の内科医です。 質問者さんの年齢・性別が不明ですが …。 各検査データの正常値は 医療機関によって多少のズレがあるのですが、 当院のヘモグロビンの正常値は 下記の数値です。 ・男性 : 13. 5 ~ 17. 5 ・女性 : 11. 5 ~ 15. 0 お解かりいただけると思いますが、 6. 8 という数値はズバリ! 正常の半分しかありません。 月経(生理)直後の女性でも、9. 0 を下回る事は 比較的に稀だと思います。 月経直後で 6. 8 だったら、 文句無く 『過多月経』 と... A ベストアンサー こんにちは、まずHbA1cですが、6. この数値は過去1カ月間の血糖値の平均を表すものであなたの場合まったく問題ないと思います。 また空腹時血糖値に関しても110以下が正常基準になるので全く問題ないかと思いますよ。 変動があるとのことですが、それは前日の食事の内容だったり運動量の違いなど様々な理由が考えられますので変動するのは当然です。 下記のサイトなど血糖検査などで検索するといろいろ参考になるサイトが見つかりますよ。 isshin. html.

次の

HbA1c値のJDS値とNGSP値(国際標準値)について 〜糖尿病・内分泌内科クリニックTOSAKI〜

ヘモグロビン a1c 正常 値

ヘモグロビンが糖化すると 血液に含まれる糖であるブドウ糖とヘモグロビンが結びついてしまうことをヘモグロビンの糖化と呼び、結びついてしまったものを「糖化ヘモグロビン」と呼びます。 それでは冒頭で挙げた糖化やヘモグロビン、HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)値とはどのようなものかを順に説明します。 糖化とは 糖化とは肌の老化の原因の1つで、「肌がコゲつく」ことを指します。 体内の余分なタンパク質と結びついて糖化物質であるAGEsとなり、肌や体の細胞、血管を劣化させる現象です。 糖化によってコラーゲン繊維が衰え、肌のたるみへと繋がります。 また、AGEsが細胞内に沈着するとくすみやシミ、シワとなってしまいます。 肌の老化のもう一つの原因である酸化とも関係性が高く、酸化の原因である活性酸素が糖化の進行を早めてしまう為、 アンチエイジングには糖化と酸化を防がなければいけません。 ヘモグロビンとは ヘモグロビンとは、血液中の赤血球に含まれるたんぱく質の一種です。 鉄分を主に含む「ヘム」とタンパク質からなる「グロビン」で構成されています。 血液が赤いのはこのヘムが赤い色素を持っている為です。 ヘムは酸素と結びついて全身に運ぶ、大切な役割を持っています。 健康診断などで「Hb」表示されることが多く、意外と身近で触れています。 HbA1c値とは HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)値とは、赤血球中のヘモグロビンのうち、ブドウ糖と結びついた割合を表す数値です。 つまり赤血球中の糖化ヘモグロビンの割合を表しています。 血糖値が高い状態が続くとその分、ヘモグロビンとブドウ糖が結びつく量が増えるためHbA1c値が増え、反対に血糖値が低い状態が続くとHbA1c値が減ります。 空腹時や満腹時など血糖値を計測するタイミングによって高さが異なりますが、HbA1cの検査は過去1、2ヶ月の平均値で計測するため、計測のタイミングを問いません。 血糖値が高い状態に糖化が進むため、HbA1c値は肌の老化の具合を把握する数値としても参考にできます。 HbA1cの計測方法と値の目安 次にHbA1cの計測の方法と、計測した値がどういう状態なのかを解説していきます。 値によっては特に注意が必要なため、参考にしてください。 HbA1cの計測方法 引用元: HbA1cの計測は病院の他、全国1500か所以上の薬局やドラッグストア、一部の駅構内に「ゆびさきセルフ測定室」を設け、そこで測定することができます。 指先を消毒した場所に測定キットの針を刺して、そこから出た血を専用器具に入れ、測定器で測るという方法です。 病院の込み具合にもよりますが、薬局など測定する人が少ない場所で計測する場合は10分ほどでHbA1c値が計測できます。 HbA1cの目安 HbA1c値は糖が結合したヘモグロビン量(糖化ヘモグロビン量)を全てのヘモグロビン量で割った数値で、パーセントで表します。 この算出方法によって出た 数値が5. また、病院で血糖値、HbA1c値共に計測し、双方「糖尿病型」なら、初回の検査の段階で「糖尿病」と診断されます。 HbA1c値が5. インスリンを分泌する力は加齢と共に落ちていきます。 要注意とされるHbA1c値の方は、正常な方よりも弱り始めている状態が多いため、何もせずそのまま放置することで、HbA1c値が上がってしまいます。 HbA1c値が6. 加速の原因はインスリンを分泌している膵臓にかなり負担がかかっている状態が続くことで、膵臓の機能が徐々に弱るからです。 心筋梗塞や脳梗塞、癌のリスクもHbA1c値が低い方よりも高くなるため、良いことは1つもありません。 主治医の指示で治療を行い、変化があまり見られなければ専門医の受診を早く検討することをお勧めします。 HbA1c値が高い場合はどうする? 健康診断などでHbA1c値が高い要注意以上の方は、HbA1c値が上がる原因である高い血糖値を下げる努力をしなければいけません。 また、正常値の方も加齢によって徐々に膵臓の機能は低下するため、日常生活の意識を改善していきましょう。 血糖値が上がる食べ物の把握 まずは、現在の食生活において、血糖値が上がる食べ物を把握することから始めましょう。 血糖値が上がる食べ物として、脂肪分が多い肉類、ご飯やパン、ケーキなどの炭水化物、ジュースなどの飲料水です。 ただし、脂質や炭水化物は血糖値が上がるからといって、体に全く不要なものではありません。 脂質は三大栄養素(他、タンパク質、炭水化物)の中で最も高いエネルギーになります。 脂質は体で作ることができない「必須脂肪酸」を含んでおり、ホルモンや細胞膜の成分の材料として必要なものです。 また、炭水化物は運動によって損傷した一部の筋肉組織を回復させる役割を持っています。 脂質、炭水化物共に健康な体に必要なものではあるため、バランスの見直しをしましょう。 血糖値が下がる食べ物の把握 糖化とヘモグロビン、血糖値、HbA1c値の関係性から、抗糖化に効果的な食べ物を摂ることで、HbA1c値を下げることに繋がります。 まずは、血糖値の急激な上昇を抑える食べ物である水溶性食物繊維を多く含む食べ物が挙げられます。 水溶性食物繊維を多く含む食べ物の代表的なものとして、キャベツやレタス、ネギ、長ネギなどがあります。 同じく、血糖値の急激な上昇を抑える食べ物として食物繊維を多く含むキノコ類です。 キなかでもマイタケは特に血糖値上昇抑制作用が高い為、特にお勧めです。 また、飲み物ではカモミールティーが特にお勧めです。 カモミールには抗糖化作用の成分カマメロサイド、抗酸化作用の成分ケルセチンやクマリンを多く含んでいるため、結果的にHbA1c値を抑える働きがあります。 HbA1c値を下げるための運動療法 運動をするとブドウ糖がすぐに消費され、血糖値が下がります。 更に継続して運動を行い習慣づけることで、赤血球中のブドウ糖の消費を促す穂タンパク質性ホルモンであるインスリンが効きやすい体質へと徐々に変化します。 HbA1c値が高めの方には食事療法に加え、運動をすることで、HbA1c値の上昇を抑えることができるため、すぐにでも取り入れましょう。 運動といっても過度に負荷をかけるような激しいものではなく、気軽にできるウォーキングでも構いません。 健康な体を維持するためにも、継続することが大切です。 糖化やヘモグロビンの知識をつけよう 糖化やヘモグロビンの関係性、HbA1c値について理解していくと、抗糖化は肌の老化防止だけでなく、糖尿病や脳梗塞などの疾患の予防としても大切なことがわかると思います。 お肌も、体もいつまでも健康でいられるように、アンチエイジングを始めましょう。

次の

ヘモグロビンA1Cが高いと言われた時に読むサイト

ヘモグロビン a1c 正常 値

男女・年齢別の基準値 ここでは、ヘモグロビンA1c(HbA1c)の性別・年齢毎の基準値について説明しています。 ヘモグロビンA1cの正常値を知っておく 検査でヘモグロビンA1cの数値が高いと言われたら…。 確かに、検査表を見ると正常値とされるものを超えているけれど、これはどの程度心配しなくてはいけないことなのか?ここを認識することは大切ですね。 この基準値ですが、2012年4月から 新しい正常値(NGSP)が採用されて、以前までの正常値(JDS)よりも0. 4%プラスになっています。 というのも、 JDSというのは日本だけで使われていたもので、これを国際基準にあわせるということで、世界基準のNGSPを採用することになりました。 ですから、ここでの数値は現在のNGSP値ということになります。 性別・年齢に限らず6. 0%以上の方は要改善 以下に、男女別・年齢毎の基準値(NGSP)をまとめています。 20代 30代 40代 50代 60代 70代 男性 5. 3% 5. 4% 5. 4% 5. 8% 6. 0% 5. 9% 女性 5. 2% 5. 4% 5. 5% 5. 7% 5. 9% 5. 8% 全ての年代で6. 0%を下回っていることからも、 6. 0%を超えてしまったという方は、食事・運動・生活習慣など大幅な改善が必要といえます。 ヘモグロビンA1cを正常値にしておくことが大切というのは、糖尿病の合併症にならないための指針となる数値と言われているからです。 この数値から離れる程、合併症の危険が高くなると心得て、早めの対策をはかりましょう。 ヘモグロビンA1cが高いとどうなるのか• 優…6. 2%未満• 良…6. 9%未満• 可…7. 4%未満• 不良…8. 4%未満• 不可…8. 4%以上 ヘモグロビンA1cは、 過去1~2ヶ月の平均血糖値をあらわしていて糖尿病にとって一番気にすべき数値です。 では数値によって、どんな状態なのかというと、• 4~5. 9%… 食後の血糖値にまったく異常がない人は5. 3%以下と言われます。 9%の状態を放置しておくと、数年以内に6~6. 9%になる可能性が高くなります。 0~6. 9%…この状態を放置しておくと多くの人が 数年以内に7~7. 9%になります。 合併症の危険は少ないグループとされていますが、油断をしないで数値を観察する必要があります。 0~7. 9%…この状態を放っておくと多くの人が8. 0%以上になります。 もちろん 数値が高い人ほど悪化の確立があがります。 合併症も少しずつ進みますのでこの状態を放置しておくのは良くありません。 8%以上…合併症が進みやすい状態です。 4%以上の状態が続いていると、 5年程度で両脚のしびれが始まり、足の感覚がマヒし痛みがひどくなります。 7~10年で視力の低下、最悪の場合は失明に至ります。 10~13年程度で腎不全となり、人工透析が必要になります。 これ以外にも心筋梗塞や脳梗塞などの危険があり、がんの確立も高くなってしまいます。 いずれにしても、早期に手を打つということが糖尿病にとっては一番重要なことです。 ヘモグロビンA1cが高い状態を続けるのは良くないことという認識を持って、食事、生活習慣に配慮することが大切です。 とくに、身体に直接取り入れる食品に関しては、栄養素やバランスを十分に考える必要があります。

次の