パグ ブルドッグ 違い。 パグとフレンチブルドッグの違いってなに?価格、性格、特徴の違いについて解説

ブルドッグとパグとの違いとは。外見も性格も違う別犬種

パグ ブルドッグ 違い

adobe. com (写真左)パグ、(写真右)フレンチブルドッグ パグとフレンチブルドッグの違い:耳 パグの耳は、垂れ耳が特徴です。 垂れ耳が折り重なっているのが特徴の「ローズイヤー」と前に垂れているのが特徴の「ボタンイヤー」の2種類がいます。 フレンチブルドッグの耳は、立耳が特徴で「コウモリ耳」と呼ばれています。 パグとフレンチブルドッグの違い:体重 パグは大きくなっても8キロ以上成長することはありません。 フレンチブルドッグの方が筋肉質で8キロ以上成長します。 パグとフレンチブルドッグの違い:歯 パグの歯は鋭くないのが特徴です。 それに対して、フレンチブルドッグの歯は肉を切り裂くほどの鋭い歯をしているのが特徴です。 com パグの性格 【中国原産】 基本的には落ち着いた性格ですが、はしゃぎ出したら止まらない無邪気な性格でもあります。 温厚で、甘えん坊な性格も持ち合わせ、飼い主と共にいることを楽しみと感じることができる愛おしい性格です。 社交的で勇敢な性格でもあります。 暑さや寒さに弱いという特徴もあります。 フレンチブルドッグの性格 【フランス産】 勇敢で用心深い性格である反面、好奇心旺盛な性格なので動きや振る舞いは気まぐれで自由な性格。 活発で利口な性格なので、よい番犬になる評判も高いです。 また、愛想がよく、甘えん坊な性格なので、若い家族よりはお年寄りが向いているとも言われています。 陽気で、穏やかな友好的な性格の犬です。 パグと同じく暑さや寒さには弱い特徴があります。 パグとフレンチブルドッグの価格の違い.

次の

犬図鑑

パグ ブルドッグ 違い

5倍の体重差があります。 ボストンテリアの体重は、約5~11kg フレンチブルドッグの体重は、約8~14kg ボストンテリアよりフレンチブルドッグの方が大きいことが分かります。 Point2 ボストンテリアは、フレンチブルドッグより全体にスリムで足も長くなります。 顔が小さいのもボストンテリアです。 成犬になるとその差がハッキリと分かります。 フレンチブルドッグよりボストンテリアの方がスマートな印象。 どうでしたか? フレンチブルドッグとボストンテリアの3つの違いが分かりましたか? Q さて、このワンちゃんは何でしょう? A 正解は、パグです。 (パグは、耳が寝ています。 ) フレンチブルドッグとボストンテリア、それぞれのルーツ フレンチブルドッグはフランス原産の犬種で、ブルドッグとパグやテリアの交配して生まれたと言われています。 (諸説あり) ボストンテリアはイングリッシュボストンテリアから交配して生まれ、その名の通り『ボストン市』が発祥の地です。 ボストンテリアの毛色 ブリンドルホワイト ブラックブリンドルホワイト シールブリンドルホワイト マホガニーブリンドルホワイト ゴールドブリンドルホワイト ブラックホワイト 写真は、ブリンドルホワイトのボストンテリアです。 (黒ではない、少し茶色がかった毛色がブリンドルです。 ) 写真は、マホガニーブリンドルホワイトのボストンテリアです。 シールとは、黒い部分が少し白っぽく見える毛色です。 ボストンテリアの毛色は、大部分がブラックブリンドルホワイトやブリンドルホワイトです。 ヨーロッパは、動物虐待ではないか?と禁止となっている国があります。 ヨーロッパにおける断耳禁止国 イギリス(1899年) スコットランド(1899年) ノルウェー(1987年) スウェーデン(1989年) ルクセンブルグ(1991年) ドイツ(1992年) デンマーク(1996年) フィンランド(1996年) スイス(1997年) ポーランド(1997年) オランダ(2001年) フランス(2003年) オーストリア(2005年) フレンチブルドッグの毛色 スムースコートのフレンチブルドッグ 基本カラーは、ブリンドル・パイド・クリーム・フォーンの4色です。 あとタイガーブリンドル・フォーンパンチ・ハニーパンチ・片パンチと呼ばれる毛色もいます。

次の

パグとフレンチブルドッグの違いって?わかりやすく解説!

パグ ブルドッグ 違い

2016年8月8日 2018年4月21日 犬の種類は多いけど 実際に見るとなんだか似ている犬が多い… そのように思った事はありませんか? 今回は犬の違いで パグ、ブルドッグ、フレンチブルドッグ、 ボストンテリアの違いを書いていきます。 初めての人でもわかりやすいように 画像付きで解説していきますので ごゆるりとご覧ください。 見分けるポイント パッと見、似たような見た目なので どこを見ていけば違いが分かるのか? その辺のポイントを抑えて見ていきましょう。 耳の特徴で比較する パグの耳は垂れている。 ブルドッグの耳は少し巻いた形をしている。 (通称:ローズイヤー) フレンチブルドッグの耳は立っている。 ボストンテリアと違い丸みを帯びている。 (通称:バッドイヤー) ボストンテリアの耳は立っている。 ボストンテリアのほうが フレンチブルドッグより 角ばった耳をしている。 顔の特徴で比較する パグは顔の周りが黒い毛で覆われている。 丸い子顔である。 ブルドッグはこの4匹の中で顔がでかい。 フレンチブルドッグは ブルドッグの顔を小さくしたような感じ。 ボストンテリアは フレンチブルドッグより小顔。 顔回りのシワは少ない。 体型で比較する パグはチビ 体重は6kg~8kg 高さは25センチ~28センチ ブルドッグはこのなかで重量がある。 ずんぐり体型で足は短い。 体重は23kg 高さは30センチ~38センチ フレンチブルドッグはブルドッグの小型版 ずんぐり体型で足は短い。 体重は11kg 高さは28センチ~33センチ ボストンテリアは フレンチに比べるとほっそりしている。 スタイリッシュな体型で足は長い。 体重は5k~11kg 高さは38センチ~48センチ 毛の色で比較する パグ• フォーン• ブラック• シルバー• アプリコット 日本ではフォーンとブラックが人気。 ブルドッグ• ブリンドル• レッド• フォーン• ファロー ただ単色は少なく、 ホワイトの組み合わせたまだら色が多い。 フレンチブルドッグ• ブリンドル• パイド• フォーン• クリーム ボストンテリア• ブリンドル&ホワイト• ブラック&ホワイト• ブラックブリンドル&ホワイト• ゴールドブリンドル&ホワイト• マホガニーブリンドル&ホワイト• シールブリンドル&ホワイト ブリンドル&ホワイトが基本 毛の色がタキシードを着ている様に見えるので アメリカ犬界の紳士と呼ばれている。 出身地で比較する パグは中国産である。 ブルドッグはイギリス産である。 (イングリッシュブルドッグとも呼ばれている) フレンチブルドッグはフランス産である。 ボストンテリアはアメリカ産である。 パグ ブルドッグ フレンチブルドッグ ボストンテリア まとめ いかがでしたか? 違いがわかるようになりましたか? 耳の形、体型などの特徴で 違いは分かると思います。 以下の記事はそれぞれの犬の性格や特徴など 動画付きで解説していますので 興味があればこちらもご覧ください。

次の