攻殻機動隊 ゴースト。 アニメ映画 攻殻機動隊 ゴーストインザシェルが見れるネット動画配信サービスサイト(レンタルなど)Amazonプライム・NETFLIX・auビデオパスなどで視聴可能

『攻殻機動隊』における「ゴースト」の意味とは?①無意識から意識へと至る階層構造を持った精神体の総称としてのゴースト

攻殻機動隊 ゴースト

『 攻殻機動隊』( Ghost in the Shell )は、1989年初出の 士郎正宗作の SF 漫画作品であり、1995年に押井守監督によって アニメ映画化されたことで、アメリカなどの世界各地で広く知られるようになったほか、 2017年に原作の英語名と同じ 『ゴースト・イン・ザ・シェル』( Ghost in the Shell )というタイトルで アメリカで実写映画化されたことでも有名な作品です。 無意識から意識へと至る階層構造を持った精神体の総称としての『攻殻機動隊』における「ゴースト」の概念 しかし、その一方で、 『攻殻機動隊』の作品の中において、 「 ゴースト」という概念が実際に用いられているシーンを見てみると、 それを、こうした 死者の魂や亡霊といった意味合いが込められた表現として解釈することができる箇所は基本的にあまり見られず、 作中においては、主に、 人間が持つ 意識や自我、あるいは、ある種の 無意識的な表象などのことを指してこうした概念が用いられていると考えられることになります。 より具体的に言えば、この作品の中では、 意識のレベルにおいてはっきりと認識できるわけではないものの、その場の状況を本能的に察知して適切な行動を導く 無意識レベルの直観や直感のことを指して 「 ゴーストのささやき」という表現が用いられているシーンが度々見られるほか、 人間の脳が直接コンピュータネットワークと接続された状態にある 電脳化された人間の意識を乗っ取ることによって、相手の体を自由に操ったり、記憶を改ざんしたりする行為のことを指して 「 ゴーストハック」という言葉が用いられていたりするのですが、 このように、 『攻殻機動隊』においては、 無意識から前意識そして意識へと至る 人間の精神構造におけるすべての階層や、自らの心の内奥に潜む 無意識的な微小な表象と、そうした心の内の微小な表象が映し出す 全体としての心とが複雑に絡まり合ったある種の 階層構造を持った精神体の総称として、 こうした 「ゴースト」と呼ばれる概念が用いられていると考えられることになるのです。 スポンサーリンク ・・・ 以上のように、 『攻殻機動隊』(Ghost in the Shell)において用いられている 「ゴースト」と呼ばれる概念の 具体的な意味とは、一言でいうと、 無意識から意識へと至る階層構造を持ち、そうした階層構造の内で 部分と全体とが複雑に絡まり合った 人間の精神構造の総称のことを指して、こうした表現が用いられていると考えられることになります。 ・・・ 次回記事: 「」のカテゴリーへ 「」のカテゴリーへ カテゴリー• 844• 641• 118• 184• 550• 152• 204• 333• 278• 593• 338• 153• 143• 310• 240• 125•

次の

実写版『攻殻機動隊』を見て押井守監督は何を思ったのか?:「僕に言わせれば相当奇妙な映画だと思う」

攻殻機動隊 ゴースト

公安9課の解散後、海外に渡った草薙素子はバトー、イシカワ、サイトーらと共に傭兵として各地の紛争地帯でゴーストを名乗り活動していた。 今回も契約主のオブシディアン社からの依頼で北米西海岸へ。 新入りのスタンダードとともにレイドを目論む連中の捕獲作戦に従事したが謎のスポンサーから支給されたレイディストたちのAIドローンがミサイルを発射、ビバリーヒルズの邸宅に着弾する。 その事態の責任を問われジョン・スミスを名乗るエージェントに拘束された素子たちだったが、彼は奇妙な依頼を素子たちに提示する。 それはある人物の救出任務だった。 罠かもと思いつつ依頼を受けるしか状況を打開できないと感じた素子たちはその申し出を受け入れる。 そもそもサスティナブル・ウォーを可能にしたのも「とあるAI」という事でそのAIがゴーストハックないしは融合をした「人類」が超越的な人格を持つに至った…というのは穿ちすぎでしょうか。 「人形遣い」はそこまでの変容をもたらす存在ではなく(本質が変わるかもしれないし変わらないかもしれない)人を高次へ引き上げるためのイニシエーション的なものを感じていたんですがそれとは全く別の「存在」としてのポスト・ヒューマンという描かれ方でした。 まだこのシーズン1は序盤戦みたいなもので「どこから来て、どこへ行くのか?」というのは分からないんですがこの世界がS. Cのタイムライン上なのであれば攻殻機動隊S. Sで登場した「傀儡廻し」の事は過去の事件ではありますがなんとは無しに関係があるのではないかと推測しています。 とは言えまだ明かされていない事も多いので外れているかもしれませんが。 この脳の10%云々というのは人間の脳は10%しか覚醒しておらず残りの90%が覚醒すれば高い知能を得る事が出来るというものです。 ポスト・ヒューマンというのは今のところ5名が劇中に登場。 うち圧倒的な戦闘能力をみせたマイクロマシンで財を成した実業家パトリック・ヒュージ。 彼はガウン姿で現れ素子たちをいなし、アンドロイドを操り最期はアームスーツで迫ります。 一言も発しないし、視線もあっているようであっていない。 そうですね、寄生獣の寄生された個体のような…。 そもそも普通の1クールからで考えると半分の話数しかなく完全にクリフハンガーで終わっているため、まだこの先も続くのだろうと思いますがどこに着地するのか?という点ではまだ完全には見えていません。 そのためこれだけで評価を下すのは難しいシーズン1になっています。 1本の作品としてこれはどうでしょうとなりますがウーン1本が45分ならまた違ったかなと。 ただ「サスティナブル・ウォー」と「ポスト・ヒューマン」には今後のネットと人の関りについての事が焦点になっているのは分かります。 偶然とはいえCOVID-19禍で人とネットの関りはますます重要になっているし、それによるルサンチマンやヘイトなども「持続可能な」や「格差」がもの凄くクローズアップされています。 それだけに今後の展開に期待したいですね。 ただCGがそこまでこなれてくるかなってのは割合微妙な気がしていますが(ヲイヲイ。

次の

攻殻機動隊でよく会話にでてくるゴーストってなんですか?

攻殻機動隊 ゴースト

公安9課の解散後、海外に渡った草薙素子はバトー、イシカワ、サイトーらと共に傭兵として各地の紛争地帯でゴーストを名乗り活動していた。 今回も契約主のオブシディアン社からの依頼で北米西海岸へ。 新入りのスタンダードとともにレイドを目論む連中の捕獲作戦に従事したが謎のスポンサーから支給されたレイディストたちのAIドローンがミサイルを発射、ビバリーヒルズの邸宅に着弾する。 その事態の責任を問われジョン・スミスを名乗るエージェントに拘束された素子たちだったが、彼は奇妙な依頼を素子たちに提示する。 それはある人物の救出任務だった。 罠かもと思いつつ依頼を受けるしか状況を打開できないと感じた素子たちはその申し出を受け入れる。 そもそもサスティナブル・ウォーを可能にしたのも「とあるAI」という事でそのAIがゴーストハックないしは融合をした「人類」が超越的な人格を持つに至った…というのは穿ちすぎでしょうか。 「人形遣い」はそこまでの変容をもたらす存在ではなく(本質が変わるかもしれないし変わらないかもしれない)人を高次へ引き上げるためのイニシエーション的なものを感じていたんですがそれとは全く別の「存在」としてのポスト・ヒューマンという描かれ方でした。 まだこのシーズン1は序盤戦みたいなもので「どこから来て、どこへ行くのか?」というのは分からないんですがこの世界がS. Cのタイムライン上なのであれば攻殻機動隊S. Sで登場した「傀儡廻し」の事は過去の事件ではありますがなんとは無しに関係があるのではないかと推測しています。 とは言えまだ明かされていない事も多いので外れているかもしれませんが。 この脳の10%云々というのは人間の脳は10%しか覚醒しておらず残りの90%が覚醒すれば高い知能を得る事が出来るというものです。 ポスト・ヒューマンというのは今のところ5名が劇中に登場。 うち圧倒的な戦闘能力をみせたマイクロマシンで財を成した実業家パトリック・ヒュージ。 彼はガウン姿で現れ素子たちをいなし、アンドロイドを操り最期はアームスーツで迫ります。 一言も発しないし、視線もあっているようであっていない。 そうですね、寄生獣の寄生された個体のような…。 そもそも普通の1クールからで考えると半分の話数しかなく完全にクリフハンガーで終わっているため、まだこの先も続くのだろうと思いますがどこに着地するのか?という点ではまだ完全には見えていません。 そのためこれだけで評価を下すのは難しいシーズン1になっています。 1本の作品としてこれはどうでしょうとなりますがウーン1本が45分ならまた違ったかなと。 ただ「サスティナブル・ウォー」と「ポスト・ヒューマン」には今後のネットと人の関りについての事が焦点になっているのは分かります。 偶然とはいえCOVID-19禍で人とネットの関りはますます重要になっているし、それによるルサンチマンやヘイトなども「持続可能な」や「格差」がもの凄くクローズアップされています。 それだけに今後の展開に期待したいですね。 ただCGがそこまでこなれてくるかなってのは割合微妙な気がしていますが(ヲイヲイ。

次の