硝子 体 手術。 網膜硝子体手術について // ECP Medical Book //

硝子体の手術後視力回復には時間がかかるのでしょうか。

硝子 体 手術

A ベストアンサー 両目に同じ手術を受けました。 術後2週間でまだガスが抜けていないということは、六フッ化硫黄(SF6)ではなく八フッ化プロパン(C3F8)を入れたのでしょうか。 とするとかなりしっかりと網膜を押さえつける必要があったのかもしれません。 C3F8の場合は、自然に抜けるまで待つ場合もあるし、網膜からの出血が治まって状況が落ち着いたのが確認できたら水に置き換える処置をする場合もありますが余談です。 さて、硝子体手術を受けてガスを入れた場合、最初は気体100%ですが徐々に房水によって眼内が満たされ、同時に気体は血液などに吸収されていきます。 水は眼の底からたまっていきますが、網膜の見え方はご存じの通り上下左右が逆ですので、上の方から水の線が降りてくるように見えます。 眼の中の水が60%から70%近くなったら、水の線がちょうど視界の半分くらいにくるイメージです。 水が90%位になると、水の線はほぼ消えて、今度は気体の残りが黒い丸の形となって見えます。 (泡のようなものです)黒い泡は徐々に小さくなり、数日で気づかないうちに消滅します。 さて、視力の戻りですが、これは症状によって様々です。 単に網膜剥離での手術の場合だと、満水になってガーゼを取り、退院許可が出る時点で結構クリアに見えることが多いです。 ただし、あなたや私のように網膜症で手術を受けた場合、少量ながらも新生血管からの出血が完全には止まっていないことが多いです。 従って、満水になっても白く曇った感じで濁りがあることがままあり、その場合視界がクリアとはいかないこともあります。 この時は出血が引いて濁った水が置き換わるにつれて徐々に視界はクリアになっていきますが、期間は数週間から1、2ヶ月程度と様々ですので一般的なことはいえません。 もう一つ、硝子体手術が必要なほどの網膜症なので、手術中にたくさんレーザーを打たれたと思います。 これはさらなる悪化を防ぐためにどうしても必要な措置ですのでしょうがないのですが、術前と同じ視力が出るとはあまり期待しない方が良いです。 また、術後の視力が安定するには数ヶ月から1年ほど見ておいた方が良いです(これは説明を受けたはずです) 今はうつぶせや横向きを指定されている時期だと思いますが、しっかり指示を守って気体を網膜に押し当てるようにがんばってください。 両目に同じ手術を受けました。 術後2週間でまだガスが抜けていないということは、六フッ化硫黄(SF6)ではなく八フッ化プロパン(C3F8)を入れたのでしょうか。 とするとかなりしっかりと網膜を押さえつける必要があったのかもしれません。 C3F8の場合は、自然に抜けるまで待つ場合もあるし、網膜からの出血が治まって状況が落ち着いたのが確認できたら水に置き換える処置をする場合もありますが余談です。 さて、硝子体手術を受けてガスを入れた場合、最初は気体100%ですが徐々に房水によって眼内が満たされ、同... Q 網膜剥離の手術後について教えてください 50歳女性。 網膜剥離で片眼の晶子体手術をして二週間です。 ガスを入れたとのことで昨日まで下向きですごしていました。 現在は退院し自宅で過ごしていますが、黄斑部まではがれていたとのことで、元の視力までの回復と乱視は残るでしょうとのことです。 現在は、視力 乱視 の左右差がひどく、両目では物がまともに見るこませんし、目を開けていられません。 家の中では家事も何とかできますが、頭もふらふらして外を歩こうとしてもまっすぐ歩けない状況です。 今後どのような経過をたどるのか、片目で生活しなければならないのか不安です。 経験者の方、あるいは専門家の方のアドバイスをお願いします。 A ベストアンサー 質問に対する答えです。 網膜剥離で罹患している方が、抑制(脳の方で目から来る情報を消す働き)する事で 片方の目で見ているのと同じ状態にします。 現在は良好な目と罹患している目と両方 から情報が脳に来ているために融像(左右の眼からの情報を一つに重ね合わせる働き) する事でバランスが悪くうまくいっていないから、違和感が出ています。 人にもよりますが、ある期間をおいて抑制が働いて片方が使われなくなると、現在 よりも楽になります。 それまでは辛いでしょうが、どうする事も出来ません。 再発防止は強く頭を打たない事でしょう、普通の生活で定期的に検診をしていれば 早期に発見でき大事に至らないで、治療できます。 分からない事があれば質問ください、余裕を見て返信します。 Q 私、現在40才男性、役1ヶ月前に網膜剥離(右目)の手術をした者です。 3週間ほどで退院し、退院から10日が過ぎようとしていますが、手術をした右目の視力がなかなか回復せずに心配しています。 手術の内容は、シリコンバンドによる剥離部分の押し付け?の方法だったと思います。 白目部分はまだ充血が残っており、痛みはありません。 また、右側を見ると像が2つに見える(ゆがみ)症状があり、これもなかなか回復しないので心配です。 担当医はだんだん視力も回復し、ゆがみも取れてくるとは言いますが回復状況をみると心配です。 車の運転とか日常生活にはそんなに支障はないほどなのですが、仕事上(公務員)机の上の書類やパソコンの画面等が大変見ずらく、画面にくっついて見ている状態です。 同じような質問がありましたので一通りは目を通したんですが、自分の症状で質問してみたいと思いました。 同じ病気をされ、術後に同じ経験をされた方がいらっしゃいましたら、また本件に詳しい方がいらっしゃいましたらぜひアドバイスいただけたら幸いです。 黄斑部には剥離はなかったのですが、果たして元の視力に(に近い程度まで)戻ることができるのでしょうか。 私、現在40才男性、役1ヶ月前に網膜剥離(右目)の手術をした者です。 3週間ほどで退院し、退院から10日が過ぎようとしていますが、手術をした右目の視力がなかなか回復せずに心配しています。 手術の内容は、シリコンバンドによる剥離部分の押し付け?の方法だったと思います。 白目部分はまだ充血が残っており、痛みはありません。 また、右側を見ると像が2つに見える(ゆがみ)症状があり、これもなかなか回復しないので心配です。 担当医はだんだん視力も回復し、ゆがみも取れてくるとは言いますが回復状況... A ベストアンサー 失礼します。 回答しようとしたら、注意書きが出ました。 あくまで、私の経験ですので、そんなこともあるのかと聞き流して 見ながして 欲しいと思います。 私は昨年の夏、同じように右目の手術をしました。 鼻の上に視野欠損ができたのが一昨年です。 緊急にレーザー治療し、その周辺を焼き固め、10ヶ月後の昨年の夏に同じようなシリコンバンドによる剥離部分の押し付け手術を受けました。 手術の後はとてもものが見ずらく、二重に見えたりで、かえって、手術をしないほうが良かったのではと思っていました。 しかも、どうしても悪いところは気にするもので、鼻の上の方の見え方がひずんで見えていました。 しかし、今では、あまり気にならないほどに慣れてしまいました。 でも、視野の中には時折、もやのようなものが舞い、気になっています。 眼球を動かすような見方をするとそれが移動してきて見ににくくなったりします。 以前の視力のほうがよくて、手術前より、わずかですが、確かに視力は悪くなりました。 それは、手術前の話で聞いていました。 仕方ないことだと思っています。 安心をとろうとしたのですから。 確かに、術後はものが見えにくいことは私もありました。 そのことで手術をしたことを後悔するような気になったこともありますが、今は、以前に比べ、そうまで不自由は感じないようになっています。 多分、もう少し、といっても、何ヶ月か、かかると思いますが、かなりの程度までは回復するのではと思います。 気長にそのうち良くなると思って養生するしかないと思います。 今、私は、前のままのメガネをかけていますが、右目が少し合わず、少し、見ずらい状況ですが、そのまま使っています。 朝、起きたら、視力が違いすぎるのか、脳で調整しきれないのか、少しの間、距離感がつかめないことが良くあります。 メガネも視力が安定したら、変えたほうがいいのかもしれません。 そのうち変えようと思っています。 個人的体験と予想でした。 失礼します。 回答しようとしたら、注意書きが出ました。 あくまで、私の経験ですので、そんなこともあるのかと聞き流して 見ながして 欲しいと思います。 私は昨年の夏、同じように右目の手術をしました。 鼻の上に視野欠損ができたのが一昨年です。 緊急にレーザー治療し、その周辺を焼き固め、10ヶ月後の昨年の夏に同じようなシリコンバンドによる剥離部分の押し付け手術を受けました。 手術の後はとてもものが見ずらく、二重に見えたりで、かえって、手術をしないほうが良かったのではと思っていました。... A ベストアンサー 歪みはまず取れないと思ってください。 網膜はいくつもの神経の層からできており、網膜剥離の際はちょうど真ん中ぐらいではがれることが多いです。 その際に神経のつながりが切れる訳で、先生がいくら頑張って完璧に網膜を貼りなおしてくれても、一度ちぎれた神経が依然と同じようにきっちり接続することは無いわけで、歪みが残ったり、視野が戻らない事も普通にあります。 書いてあることからすると、視力を出すうえで一番重要な黄斑まで剥離してそうですね。 黄斑を剥離してしまうと、見えるだけで儲けものと思った方がいいと思います。 ただし、ヒトは両方の目で物を見ます。 そして、両目の情報を脳で合成して視覚として認識します。 片目の視野が歪んでいても、もう片方の目からの情報によって歪みが補正され、それなりにまっすぐ見えるように人の脳はできています。 すぐには適応しませんが、両目で見る生活を数か月続けているとだんだん慣れて(騙されて?)、気にならない程度に改善することは期待できると思いますよ。 私も片目が網膜剥離になって、同じように歪みが出ましたけど今は普通に見えています。 ただ、片目ずつしっかり視力検査したりする時にはやっぱり気になりますけどね。 改善させるためには、元気な方の目だけを使わずになるべく両目で見る事。 疲れたら休んでも良いけど、眼帯で見にくい方の目をふさいで片目で生活するような事は避けるべき。 気を付けることは特にないけど(医者に指示されているはず)、視野に急に黒い点々や透明なかけらのようなものがパッと飛び散るようなことがあれば大至急手術した病院へ駆け込むこと。 術後半年~1年ぐらいは再剥離の危険もあるし、視力の変動もあるので、落ち着くまで焦らない事。 日にち薬です。 歪みはまず取れないと思ってください。 網膜はいくつもの神経の層からできており、網膜剥離の際はちょうど真ん中ぐらいではがれることが多いです。 その際に神経のつながりが切れる訳で、先生がいくら頑張って完璧に網膜を貼りなおしてくれても、一度ちぎれた神経が依然と同じようにきっちり接続することは無いわけで、歪みが残ったり、視野が戻らない事も普通にあります。 書いてあることからすると、視力を出すうえで一番重要な黄斑まで剥離してそうですね。 黄斑を剥離してしまうと、見えるだけで儲けものと思った... A ベストアンサー 大阪府の眼科医です。 この手術の場合は手術をしても飛蚊症は減りませんし、術後飛蚊症が増えることがあります。 また、網膜剥離を起こした場合、網膜に付着している硝子体の牽引が完全になくなることはないので、光が見える症状が残っていることもあります。 症状が急に出てきたばあいは再剥離もしくは硝子体牽引の増加の可能性があります。 いずれにせよできるだけ早めに手術をしていただいた先生を予約外で受診していただいたほうが無難です。 再剥離の場合は100%手術になります。 Q 強度近視で網膜剥離になり手術をして1ヶ月半です。 ガスを入れて2週間横向きで過ごしました。 現在は自宅で療養中です。 黄斑部が半分位はがれていたとのことでした。 黄斑部がはがれると元の視力まで回復しない、歪みが残ると。 現在の状況は、疾患した目は裸眼で0. 04、矯正で1. 0~1. 2で、若干暗く感じます。 健康な目は裸眼で0. 08,矯正で1. 2です。 両目で見ると(コンタクト、眼鏡)歪んで見えてクラクラします。 家の中では家事は出来ますが、特にお店に買い物に行くと歪みを感じ疲れてしまいます。 このような状況が今後も続くとなると不安でたまりません。 今後どのような経過をたどるのか、この状況を我慢しなければならないのか。 経験者の方、あるいは専門家の方のアドバイスをお願いいたします。 A ベストアンサー 経過は人によって違います。 一般的に落ち着くまで半年~一年かかると考えてください。 黄斑が半分も残った状態で対処できて良かったじゃないですか。 矯正で1. 0でれば十分ですよ。 私は全部はがれていました。 視力は何とか残っていますが視野がかなり狭くなりました。 ゆがみはどうしても残りますが、そのうち脳が慣れてきます。 疲れない程度に両目で見る練習をして徐々にならしましょう。 「そのうち」と書きましたが、一月単位で考えるようにしましょう。 しばらくは視力の変動も続きます。 錯視や福祉などの症状がきついときは、プリズム眼鏡を使用する方法もありますので、通院の際に主治医に相談しながら経過を見てください。 強度近視からきている以上、もう片方の眼も常に注意するようにしましょう。 ちゃんと処置はできているので、疲れるようなことはしないで徐々にならしましょう。 Q 片目のみ眼内レンズで違和感に困っています 私は44歳男性です。 今年の3月に右眼を打撲性白内障で水晶体再建術にて眼内 レンズを入れました。 手術前の裸眼視力は両眼とも0. 2~0. 3で眼鏡は運転の時だけ使用していました。 右眼に入れる眼内レンズの選択で「近くが見える様になりたいですか、遠くが 見える様になりたいですか」と先生から質問され「車の運転もするので遠くが いいです」と答え「分かりました極度の老眼になります」と、説明されました。 以外に簡単に決まってしまいましたが年間2000件以上の白内障手術を行って いる大病院なので豊富な知識と経験により無難なレンズが入ると思い信頼し てお願いしました。 今、思うと事前に眼内レンズの度数についてきちんと研究しておけばよかった のですが術後の結果は裸眼視力が1. 2になってしまい、いわゆるガチャ目になって しまいました。 最初びっくりしたのが両眼でピントが合うところがどこにもなく 右眼は1m以上がくっきり、左眼は20~30cmはくっきり状態で生活でよく使う 50cm前後は両眼ともピントが会わずぼけてしまい大変困っています。 後でネットで調べたのですが片目のみの眼内レンズの度数は手術をしない健眼 に合わせることが多いとあり更に最悪なのが左眼が優位眼なので逆モノビジョン? になってしまいました。 先生曰くそのくらいの左右差は別に問題なく2. 0D以内なので不同視でもなく 充分矯正できると説明されました。 術後矯正視力1. 5D乱視-1. 00、左-1. 0D乱視-1. 25です。 眼内レンズの入れ替えを希望したのですがリスクが高く(合併症、後嚢破損、 屈折誤差、最悪失明)何度も止めた方がいいと言われました。 右眼を左眼に合わした眼内レンズなら遠くは1つの眼鏡で矯正ができるので 理想なのですが。 納得がいかずその後数件もの眼科でセカンドオピニオンをお願いしたので すがどこも説明がばらばらで眼鏡とコンタクトで矯正したほうがいいといわ れました。 初めてのコンタクトは出し入れが面倒でよくずれたり異物感とかで大変困難 でした。 眼鏡は左だけ右目に合わした度を入れて作りましたが下を見るとゆ がんでとても長時間は無理でした。 さらに近くを見るためには右眼に老眼鏡 も必要になりとてもじゃないですが対応できません。 両眼視するためにはきわめて複雑になります。 一番困るのが裸眼でもコンタクトでも眼鏡でも立体的なものが多い所では 両眼でゆがんだり浮いた様に見えてしまい、軽い寄り目状態や酔っぱらって 見ている感じに近いので本当に気持ち悪いです。 その原因はどこの眼科でも解明できずきっと特殊な例なのかもしれません。 レーシックも考えたので有名な医学博士の眼科で適正検査もうけたのですが その先生も原因が分からないと言っておりました。 ピント調整ができる眼とできない眼だからなのか、水晶体と眼内レンズに よるものなのか、利き目の関係か、単に脳が慣れていないからなのか 本当に分からないので知りたいです。 同じような経験がある方や眼科医で過去に患者さんが同様の症状の訴えが あった場合にどの様な対処やアドバイスをされたのかをぜひお聞かせいただ きたいと思っております。 片目のみ眼内レンズで違和感に困っています 私は44歳男性です。 今年の3月に右眼を打撲性白内障で水晶体再建術にて眼内 レンズを入れました。 手術前の裸眼視力は両眼とも0. 2~0. 3で眼鏡は運転の時だけ使用していました。 右眼に入れる眼内レンズの選択で「近くが見える様になりたいですか、遠くが 見える様になりたいですか」と先生から質問され「車の運転もするので遠くが いいです」と答え「分かりました極度の老眼になります」と、説明されました。 以外に簡単に決まってしまいましたが年間2000件以上の... Q 2週間前に、右目を網膜裂孔のためレーザー手術(光凝固術)をしてもらいました。 その後、手術前にしっかり見えていた距離がボヤけてしまいます。 仕事で、30cmから60cmくらいの距離で100分の1mmの調整をしているような仕事なのですが、ほんの一瞬だけ焦点が合うのですがすぐにボヤけてしまいます。 その影響で頭痛・こめかみの痛みもひどいです。 医師に伝えたのですが、「手術によって視力に影響はない。 仕事による眼精疲労」との返事でした。 どなたか、私の視力の低下は一時的なものなのでしょうか?また、本当に眼精疲労なのでしょうか?手術前と後でこんなに眼精疲労とは変わるものだのでしょうか、、、。 ご教授頂きたく存じます。 よろしくお願いします。 そのときもらった説明書に、次のように書いてありました。 網膜光凝固について ・糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔などの疾患に対し網膜光凝固が行われることがあります。 糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症では網膜毛細血管が閉塞し、そのため新生血管が眼内に生じ大きな出血を引き起こすことがあります。 この予防のため網膜に光凝固をおこない、不良な網膜を焼き固める必要があります。 網膜裂孔は、放置すると網膜剥離という疾患を引き起こし入院しての手術治療が必要になることがあります。 網膜剥離がまだ起きていなかったり小さな範囲である場合は、裂孔周囲を光凝固して瘢痕化させることで網膜剥離の進行を防ぐことができます。 ・網膜光凝固は、病気そのものを治して視力を回復させるような効果はありません。 あくまでも疾患の進行をくいとめるのが目的です。 ・短所として、光凝固をしたところは網膜機能が減弱しますので光凝固施工後は暗く感じるようになります。 たいていは数ヶ月すると徐々に暗いのが軽くなります。 そのときもらった説明書に、次のように書いてありました。 網膜光凝固について ・糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔などの疾患に対し網膜光凝固が行われることがあります。 糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症では網膜毛細血管が閉塞し、そのため新生血管が眼内に生じ大きな出血を引き起こすことがあります。 この予防のため網膜に光凝固をおこない、不良な網... A ベストアンサー No. 2です。 慶應病院、とてもよい病院と思います(もちろんその中で、網膜硝子体疾患の専門医に診てもらわないといけませんけどね。 主任教授は角膜屋さんですし)。 しかしながら、通院というのは大事な要素ですので、関東地区でしたら同じレベルの病院はたくさんありますよ。 慶應しか紹介しないということはないでしょうから(慶應のOBなのかも)、もう少し近くでよいところがないかご相談されることもできると思います。 網膜前膜の手術は、いわゆる硝子体手術の一つで、増殖網膜症や網膜剥離手術を手がけている医師にとっては守備範囲です。 というか、むしろ硝子体手術の中では比較的基本的な手術に当たります。 もちろん、少ないとはいえ術後に網膜剥離が生じるなど、合併症のない手術は存在しませんが・・・(合併症と失敗とは全く違うことです)。 どれだけネットや本で調べても、素人の方が病院の質まで判断するのは限界があります。 例えばランキングによく使われる手術数は大事ですが、「なんでこの病院が?」、という紹介本やサイトもたくさんあります。 なお、健診結果に添付される紹介状は宛先がないことがほとんどです。 健診で引っ掛けた病名が書いてあり、受診した施設に「結果を健診元まで教えてください」という内容だと思います。 「健診の紹介状」では、初診時は初診担当医にまわり、その後、しかるべく専門医の予約を取るという形になることが多いからです。 術後のうつむきとかもあるので、よく説明をお聞きくださいね。 2です。 慶應病院、とてもよい病院と思います(もちろんその中で、網膜硝子体疾患の専門医に診てもらわないといけませんけどね。 主任教授は角膜屋さんですし)。 しかしながら、通院というのは大事な要素ですので、関東地区でしたら同じレベルの病院はたくさんありますよ。 慶應しか紹介しないということはないでしょうから(慶應のOBなのかも)、もう少し近くでよいところがないかご相談されることもできると思います。 網膜前膜の手術は、いわゆる硝子体手術の一つで、増殖網膜症や網膜剥離手術を手がけてい...

次の

日帰り硝子体手術

硝子 体 手術

網膜の表面に膜(網膜前膜)や下に新生血管(脈絡膜新生血管)があり、それを取り除く場合 黄斑(網膜の中心にある視力に関係している部位)に穴が開き(黄斑円孔)、 硝子体や網膜表面の薄い膜をとって穴を閉じる場合 網膜は神経のため傷んだ組織を傷んだなりに使っていかなくてはなりません。 網膜・硝子体手術は、白内障手術のように取り除いて別のものに取替えが出来る手術とは違います。 特に強く進行した白内障手術の場合は強い濁りの覆いを取り除いたらよく見えるようになる…という、いわば「手品のような感動」を与える手術です。 硝子体手術はそれとは病気の質もレベルも違い、治療のためには精密で高い技術と時間・労力を必要とします。 しかし同じように手術を行っても白内障手術のように必ずしも同じように期待した結果(視力)が得られるわけではありません。 基本的には病気の悪化・進行、視力低下を抑えることが目的のため術後に全く病気が無い状態、つまり病気になる前の状態に戻ることは決してありません。 むしろ今後悪化していくであろう網膜の機能を維持することが期待した結果といえます。 しかし、疾患や個々の状態にもよりますが、網膜の機能が残っている場合はその状態に応じてある程度視力が改善しますがどの程度か予想することは困難です。 硝子体手術の方法 硝子体手術は、通常は局所麻酔で行います。 糖尿病網膜症や、網膜剥離のある場合は手術中に網膜レーザー光凝固や網膜冷凍凝固を行う場合もあります。 また、網膜剥離のある場合は、眼球の外側からシリコンのバンドを巻く場合もあります。 網膜剥離や黄斑下血腫、黄斑円孔の場合は、手術終了時に眼球内に気体(空気・ガス)やシリコンオイルをいれます。 ガスや空気は、数日から2週間で消失しますが、シリコンオイルはもう一度手術を行い抜く必要があります。 ガスやシリコンオイルが入っている間は、ぼやけて見づらいです。 アレルギー性結膜炎の治療 術中、術後に穴があいたり、網膜剥離が起きることがあります。 手術中にあった場合はガスなどを入れますが、術後にみられた場合は再手術が必要になります。 また、硝子体手術後に白内障になることがあるので、ある程度の年齢の方、白内障が認められる場合は硝子体手術の時に同時に白内障手術を行います。 すごく細かい手術を行いますので急に動いたり力を入れたりしないようにしてください。 駆逐性出血といって、ひどい場合は大変な状態になる事もあります。 硝子体手術後に網膜表面に膜が張り、それを取り除く手術が必要になることもあります。 眼内に細菌などが感染して緊急手術が必要になる場合があります(0. 最近の種類によっては重篤な視力低下や場合によっては失明に至る場合もあります。 このため、術後は目を清潔に保ってください。 直後や傷口が弱いので、必ずこすったり押さえたりしないよう、くれぐれもご注意ください。 どのような疾患でも術後経過によって必要に応じて追加手術をすることがあります。 手術ですのでそれ以外にも予期し得ないことが起こる可能性は否定できません。 このような場合は必要に応じて指示通り速やかに追加処置や追加手術を受けてください。 手術直後は、炎症や一時的に網膜自体の感度が落ちるので見えにくくなる場合が多くみられます。 術後1~3ヶ月で徐々に回復し、最終視力は病気によりまちまちですが、おおむね効果測定には6ヶ月くらいは様子をみる必要があります。 その都度状態に合わせて引き続き追加治療や追加手術をしていくものと考えてください。

次の

硝子体手術|多根記念眼科病院

硝子 体 手術

私(院長:森井勇介)は白内障手術専門医であり、網膜硝子体手術に関しては、院長の信頼する網膜硝子体手術のエキスパートに執刀を依頼致します。 患者様にとって手術は、一生に何度かしかない一大ビッグイベントでございます。 私も勤務医時代は網膜硝子体手術を執刀しておりましたが、現在は、白内障手術を専門にしており、患者様にとっては、その分野の専門ではない私が執刀するよりも、私の信頼する網膜硝子体手術のエキスパートが執刀した方が、明らかに術後成績も良く、メリットが多いと考えております。 術前、及び、術後の観察は、院長が執刀医と密に連絡をとりながら、責任を持ってさせて頂きます。 また、当院は、硝子体手術の最先端システムである25G(ゲージ)システムを採用しており、日帰り、及び1泊などの短期入院による網膜硝子体手術にも積極的に取り組んでおります。 その為に、エキスパートに依頼していると言っても過言ではありません。 勿論、患者様の状態によっては、長期の入院が必要な症例もあり、その際は、院長が信頼する、病院に紹介させて頂くこともあります。 麻酔 手術は局所麻酔行います。 点眼麻酔(目薬だけの麻酔)が効いた後に テノン嚢下麻酔を行いますが、痛みに関してはそれほど心配いりません。 手術 1ミリにも満たない傷を3か所に作成し、手術を行います。 手術時間は疾患により異なりますが、30~40分程度です。 白内障を合併している方は同時に白内障手術を行うこともできます。 合併症 網膜硝子体手術は医学の進歩により、最近は安全な手術ではありますが、合併症はゼロではありません。 めったにありませんが、 網膜に穴が開くと、眼内にガスを入れる事もあります。 その際はうつぶせや横向きなど、穴の位置に応じて決まった体位で、数日間過ごして頂くことになります。 また、疾患によっては(網膜剥離や黄斑円孔など)最初からガスを入れる予定で手術を行います。 手術後の生活 術後しばらくは目を保護するために保護めがねを着用して頂きます。 点眼を指示通りにさして頂きます。 眼内にガスをいれなくても良い疾患の場合はだいたい以下のようになります。 軽い家事 翌日からOK• デスクワーク 2~3日目からOK• 風呂、シャワー 目を濡らさないのであれば2日目からOK• 洗顔・洗髪 創が閉じていれば2日目からOK 手術後の状態により、各々差がありますのでご了承下さい。 眼内にガスをいれる疾患の場合は、上記とは異なります。

次の