マイナビ リクナビ 違い。 リクナビネクストの評判は?マイナビ転職やエン転職と比較!

リクナビとマイナビの違い。登録するならどっちが良い?

マイナビ リクナビ 違い

これから求人掲載しようとご検討中の企業様。 求人媒体は全国に数多くあるため、どの求人媒体を利用したら良いのか分からないというご経験はありませんか?求人媒体の中でも、同じだと思われがちなのがマイナビとリクナビです。 こちらでは、マイナビとリクナビの違いについてご説明いたします。 マイナビとリクナビの違い まず、マイナビとリクナビでは、契約方法により掲載料金が異なりますが、こちらでは料金以外のポイントについて比較いたします。 一方のマイナビでは、中小企業やベンチャー企業などの幅広い企業が登録されています。 リクナビは、登録学生数が多い分競争率が上がり、採用されるまでに時間がかかった上に採用されないという可能性も高くなります。 その反面で、マイナビは企業登録数が多いため、多くの企業から希望に近い企業を選ぶことができると注目されています。 それに合わせて登録している学生も多いです。 そのため、地方に強いマイナビは、その地方や地域で就職情報を探したい方から支持されやすく、地方にある企業様はもちろん、Iターンを狙う企業様にはマイナビへの情報掲載がおすすめになります。 リクナビは、一つのページに会社情報や関連情報、コンテンツ内容などがテンポ良く配置され、端的に伝えられているのが特徴です。 一方のマイナビでは、タブメニューを活用してコンテンツを選択して見る形式になっています。 そのため、会社の説明や詳細情報を、じっくりと閲覧することができます。 つまり、スクロールでテンポ良く情報を閲覧できるのがリクナビ、複数のタブごとに情報が整理され、多くの情報を閲覧できるのがマイナビということです。 当社は、マイナビをはじめとした求人媒体専門の広告代理店です。 北は北海道の札幌から、東海の名古屋、南の沖縄まで全国の求人掲載を手がけております。 掲載料金に関するご質問は、お気軽にお問い合わせ下さい。

次の

マイナビ転職とリクナビNEXTで求人募集した結果を比較

マイナビ リクナビ 違い

との違いを、転職エージェントを選ぶ上で重要な複数の視点から徹底比較いたしました。 リクルートとマイナビの転職エージェントは数ある中でも人気の転職エージェントで、どっちを利用すべきか迷われている方も少なくありません。 比較した項目としては、 ・取り扱い求人 ・利用年齢層 ・キャリアアドバイザー ・書類選考通過率 ・面接通過率 ・年収アップ率 ・サポート期間 ・電話受付対応時間 ・面談場所の拠点数 ・両エージェント利用者の口コミ評判 大きく分けて上記項目を軸に比較しています。 取り扱い求人数は紹介してもらえる会社の絶対数に影響していますし、面談場所も直接面談を受けられるかどうかに影響するので、転職エージェントを選ぶ上で非常に重要なポイントです。 また、転職エージェントを利用する上で 「書類選考通過率」と 「面接通過率」も極めて重要な数値で、同じ会社の選考を受けて内定を貰えるかどうかに大きく影響します。 リクルートエージェントとマイナビエージェント両方利用経験のある方の口コミ評判も紹介いたしますので、どちらのエージェントを利用しようかお考えの方はぜひご参考下さい。 リクルートエージェントは業界規模、実績共にトップクラスの総合型エージェントのため、業界・業種に捉われない多くの求人を取り扱っており、より多くの求人を見てから応募先企業を決めることができます。 実際に利用すると分かるのですが、とにかく大量の求人を紹介してもらえます。 求人を紹介する量で言えば言わずもがなリクルートエージェントの方が圧倒的ですが、それに対しマイナビエージェントは求人を紹介する段階で受かる可能性の低いものは除外して厳選して求人を持ってきてくれます。 紹介される求人の数こそリクルートより少ないですが、1社1社の精度が非常に高いのがマイナビエージェントの特徴であり強みです。 なぜかというと、大量求人紹介型のリクルートエージェントと厳選求人紹介型のマイナビエージェントはそれぞれ良い部分悪い部分があるので、併用することでそれぞれのデメリットを補填し合うことができるんですね。 そのため、リクルートエージェントとマイナビエージェントを併用してそれぞれの良い部分の恩恵を受けながら、理想の転職先を見つけて転職するのが最も賢い使い方です。 リクルートエージェントvsマイナビエージェント!徹底比較 では上記の前提を踏まえて、ここからはリクルートエージェントとマイナビエージェントの各項目の違いについてそれぞれ比較しながら見ていきましょう。 また、業種別に分けて求人を比較してみましょう。 リクルートエージェントは業界圧倒的No. 1の規模と実績を誇っているので、その分求人を開拓する営業マンの数も多く、マイナビエージェントから大きく差を開けた結果となりました。 業種ごとに見てみると、リクルートエージェントは「IT・web」業界を筆頭にオールラウンドの業種を取り扱っていることと比較し、マイナビエージェントでは「IT・web」と「メーカー」の取り扱いが圧倒的に多いと言えます。 この求人数を見ても、冒頭でお伝えしたリクルートエージェントが"大量求人紹介型"でマイナビエージェントが"厳選求人紹介型"であることが分かると思います。 2であるdodaの取り扱い求人数は約100,000件のため、リクルートエージェントはやはり圧倒的地位を築いているということがわかりますね。 30代後半〜50代が多い 20代〜30代前半が9割 リクルートエージェントが比較的幅広い層を想定ターゲットとしているのに対し、マイナビエージェントは20代〜30代前半がほとんどという結果が出ています。 年齢を絞ってサポートを行っているのは、取り扱い求人の種類という理由もありますが、よりその年齢層の転職市場を熟知した担当者が多いという意図があります。 そのため、20代〜30代前半の方はマイナビエージェント、30代後半〜はリクルートエージェントの方を利用するようにしましょう。 20代で第二新卒の方は、第二新卒に特化したマイナビジョブ20'sもおススメです。 マイナビエージェントとリクルートエージェントのそれぞれのキャリアアドバイザーの違いについて比較していきます。 マイナビエージェント マイナビエージェントはリクルートエージェントと比較すると求人数も登録者数も少ないですが、その分、 登録者一人ひとりに対する対応が丁寧で柔軟性があることが特徴です。 一人のキャリアアドバイザーが担当する求職者数もリクルートエージェントに比べると少ないため、それだけ手厚いサポートを受けることができます。 これは企業に転職希望者を紹介する際に、応募書類と一緒に「推薦状」というエージェントによる紹介状のようなものを作成するのですが、マイナビはこの推薦状の質の高さに定評があるからなんですね。 女性特有のライフイベントや女性心理をしっかりと理解したキャリアアドバイザーがサポートを行ってくれるので、非常に女性の利用満足度が高いのも強みの一つです。 そのため、 担当者によるサービスのバラつきが少なく安定したサービスを受けることができるのが強みであり特徴です。 その反面、キャリアアドバイザー一人当たりが担当する求職者数が多いため「本気で活動している」という姿勢を見せないと、マニュアル範囲内での対応に留まる傾向が見られます。 どちらも書類作成と面接対策は万全のフォローです。 大きな違いは、マイナビエージェントの場合は「推薦状」を書いてもらえることで、リクルートエージェントは「面接力向上セミナー」があることです。 その点リクルートエージェントは、職務経歴書などの選考書類を約4社出して1社面接にまで進み、マイナビエージェントは約2社書類を出せば1社面接まで進めるというイメージとなります。 実際に利用してみると分かりますが、リクルートエージェント経由で書類選考に応募すると、 ものすごい勢いでガンガン落とされるので結構ショックです。。。 マイナビエージェントは2社受ければ1社は一次面接を通過できることに対し、リクルートエージェントについては3社受けてようやく1社通過できるという計算になりますからね。 具体的な数字は下の図をご覧ください。 上記図表を見ても分かる通り年収アップ額は僅差ではあるものの、年収アップ率・年収アップ額共にに圧倒的軍配が上がりました。 年収アップ率は担当キャリアアドバイザーの企業との交渉力に依存する部分が大きいので、その腕はマイナビエージェントの方が勝っていると断言できますね。 短期集中型の人はリクルートエージェント、じっくり腰を据えて転職活動を行いたい人はマイナビエージェントが適していると言えます。 ただし、3ヶ月を過ぎてもリクルートエージェントでサポートを受け続けることは全然可能なので、あくまでも"3ヶ月を目処に"と認識すると良いでしょう。 リクルートエージェント 札幌、仙台、宇都宮、大宮、千葉、東京 丸の内 、東京 立川 、横浜、静岡、名古屋、大阪、神戸、京都、岡山、広島、福岡 マイナビエージェント 東京 京橋 、大阪、名古屋、福岡、札幌 リクルートエージェントが面談場所の拠点を全国に構えていることに対し、マイナビエージェントは東京・大阪・名古屋・福岡・札幌のみとなります。 やはり、リクルートエージェントは業界No. 1の圧倒的な資本を持っているので、その分拠点も多く構えることができる訳ですね。 リクルートエージェントは、土日と平日の夜に面談が可能。 平日の日中は仕事で休みが取れない人も、リクルートエージェントとマイナビエージェントなら土曜や平日の夜に面談と求人紹介がしてもらえます。 現在勤めている会社に知られないように土曜日に転職活動をしたい人にオススメです。 最近は、休日に面接をしてくれる求人企業も出てきました。 面接官は休日出勤をしてくれている可能性があるので、休日に面接をしていただいたときはお礼を一言添えましょう。 どちらもほぼ同じ流れです。 サービスの利用の流れ• 転職支援サービスに申し込み• 申し込み後、面談日調整などの連絡が届く• キャリアアドバイザーと面談• 求人紹介・書類添削・面接対策• 応募・面接• マイナビエージェントは、申し込み後5日程度で連絡がきます。 面談では、キャリアの棚卸しをして、転職の希望条件などを確認します。 遠方であればどちらも電話面談が可能。 面談後にあなたに合った求人を紹介してもらえます。 マイナビエージェントは「5. リクルートエージェントは、面接を成功させるための「面接力向上セミナー」を開催。 口コミ評判については、 ・どちらのエージェントの方が役に立ったか ・両エージェントを比較して感じた違い 上記2点を中心に紹介して参ります。 マイナビエージェントは基本的にメールだけのやり取りでしたが、リクルートエージェントはメール以外に電話対応も親切にしてくれた印象があります。 案件を紹介してくれる時に、マイナビは希望の条件に合うものを紹介するのに対し、リクルートは 条件+今後転職先でどういう働き方をしたいかという将来像も合わせて聞いてくれ親身になってくれました。 マイナビはエージェント登録したあとアポどりの電話連絡がしつこかったので、度が過ぎると逆に利用したくなくなり、結局メインで利用したのはリクルートエージェントでした。 マイナビエージェントの方はフランクな印象でしたが、その分求人数の紹介頻度が少なかったです。 マイナビエージェントでは時間通りに訪問しても待たされることが多かったですが、リクルートエージェントではアポイントの時間ピッタリに面談を始められるような環境でした。 リクルートエージェントはエージェントのサポート期間が原則三ヶ月と決まっていると最初に説明があったので活動のプランを見通しやすかったのですが、マイナビエージェントではそういった提示がなかったので、リクルートエージェントの方が計画立てて転職活動を行えました。 リクルートエージェントの面談を先に受けたのですが、私は当時、未経験の職種 事務 を希望していたので紹介が難しいことは理解出来るのですが、面談終了後にメールで「該当する案件はありません」と連絡が来てビックリしました。 未経験オッケーの事務職はないのか…と落ち込みましたが、他のエージェントにも登録してみよう!と思い、次に登録したのがマイナビエージェントでした。 未経験だから難しいかもとは言われましたが、色々と企業を見せてくださり、実際面接も受けたりしましたし 「事務希望だけどこういう仕事はどうですか?」と提案もしてくださったのでかなり好印象でした。 リクルートエージェントも面談で嫌な態度を取られたらはしなかったのですが、もう少し色々提案したくれたら嬉しかったなぁと思います。 また、リクルートエージェントは場所が縦割りのため、担当者以外とのやりとりが多く煩雑ですし、職務経歴書の修正を求められて対応するもののアドバイスは毎回アバウトなものが多かったです。 マイナビエージェントは担当が全て連絡の窓口となり、親身に対応をしてくれますし、提出した職務経歴書の添削も非常に細かく丁寧なものでした。 マイナビエージェントは求人数が少ないと言っていたものの、バリエーションのある企業を提示して頂き各社の説明も興味がひかれるものでしたので、結局受けた企業の数は多かったです。 上記口コミ評判を見て頂いてもわかる通り、リクルートエージェントとマイナビエージェント両担当者にどんな対応をしてもらえるかで、両エージェントに抱く印象が変わることがわかります。 転職エージェントの担当者は基本的に変更することも可能ですが、やはり理想は最初についてくれた担当者に転職先が決まるまでサポートしてもらうことですよね。 優秀かつ親身なキャリアアドバイザーが多いという点では、マイナビエージェントの方が勝っているように個人的には感じましたが、どちらも利用してみて比較するのが最もオススメです。 〜マイナビエージェント向きの人〜 求人をむやみやたらにガンガン紹介されたくない 20代〜30代前半で転職を考えている 転職して「年収アップ」の優先順位が高い 書類選考や面接に対して自信がない キャリアアドバイザーと二人三脚で頑張りたい 土曜日もガッツリ転職活動を行いたい 上記のように、目的によって選ぶべき転職エージェントが異なってくるということです。 リクルートエージェントはとにかくたくさんの求人を紹介してもらったり、地方の求人を紹介してもらう分には向いていますが、それ以外の点では全てマイナビエージェントが勝っています。 そのためリクルートエージェントとマイナビエージェントと迷われているのであれば、とりあえずまずはを利用すべきと言えるでしょう。 利用して紹介される求人の数がやはり少ないと感じたら、その時に初めて を利用するぐらいでちょうど良いですね。 ぜひリクルートエージェントとマイナビエージェント両方を上手く併用しながら、心から臨む職場への転職を成功させて頂ければ幸いです。

次の

リクナビとマイナビの違いってなんですか?就職サイトでリクナビとマイナビがあ...

マイナビ リクナビ 違い

1.マイナビ・リクナビを基本情報で比較する はじめに、定番就活サイトとして評価の高いリクナビとマイナビの大枠の基本情報の違いを見ていきます。 それぞれが、何を重視して運営をおこなっているかが見えてきます。 1 マイナビ・リクナビの打ち出し方の比較 マイナビは、「 学生満足度 No1」として、学生へのサポート力の評価の高さをうたっています。 Webでの学生集客だけでなく、大学訪問での会員獲得にも力を入れており、学生に就職活動のレクチャーや面接対策などをおこなっています。 一方のリクナビは、「 掲載企業数3年連続No1」として、2019年3月現在30,564社の掲載数をアピール。 また、新卒採用学生調査の「 先輩が利用した就活サイトNo1」という点も強調しています。 2 基本情報で見るマイナビ・リクナビの比較 リクナビとマイナビの基本情報を比較してみました。 (2019年3月グランドオープン時点) 単純に比較をすると、掲載企業が多いのはリクナビ、登録学生数が多いのはマイナビです。 登録学生数を掲載企業数で割る1社あたりの登録学生数でみてみると、 リクナビが25. もちろん、サイト内でどれだけの学生にリーチできるかによって、エントリー数は異なりますので、サイト比較の1つの指標としてご参考ください。 また、それぞれの掲載社数のうち、説明会情報を公開している企業比率に大きな差がありました。 リクナビ マイナビ 掲載企業数 31,564社 24,013社 学生登録数 約80万人 約90万人 上場企業 2,512 社( 8 %) 2,079 社( 9 %) 企業規模 1,000 名以上 2,929 社( 9 %) 3,146 社(13 %) 企業規模 100 名以下 15,180 社(50 %) 7,598 社(33 %) 主要都市 15,679 社(52 %) 11,560 社(51 %) エントリー受付 28,404社(90 %) 21,963社(91 %) 説明会・イベントあり 10,579社(33. 5 %) 13,919社(58 %) 2.さまざまな観点から見る、マイナビとリクナビの比較 次に、さまざまな側面からマイナビとリクナビを比較・分析してみたいと思います。 1 掲載企業 どのような業界が多いか 掲載企業の業界には 2つのサイトに大きな差はなく、いずれもサービス・インフラ系、メーカーの企業の割合が大きくなっています。 リクナビは就活生にとって企業比較がしやすい作りになっているため、競合が多い業界の場合には考慮した方がいいかもしれません。 地域から見る比較 主要都市(東京、大阪、名古屋、福岡)の企業の割合は、 リクナビが 15,679社( 52%)、マイナビが 11,560社( 51%)となっています。 過去の名残りでリクナビは都市型、マイナビは地方型という認識もあるようですが、現在大きく差はありません。 基本的には本社所在地で検索する学生が多いようですので、自社エリアの企業件数を検索して、その掲載企業数で利用する就職サイトを選定してもいいかもしれません。 2 登録学生 文理別に見る比較 登録学生の専攻比較()をしてみると、文系は、リクナビが 90%でマイナビが 91%、理系についてはリクナビが 89%でマイナビが 86%と差が見られます。 情報、工学系の学生、開発や研究分野の学生の場合にはややリクナビのほうが見つかりやすいかもしれません。 3 合同説明会 開催時期 2018年 3月の時点で、すでに双方の合同説明会は活発化しています。 リクナビは、夏休み期間の 8月までの説明会スケジュールが組まれています。 マイナビは、 3月~ 5月にかけて国内 17都市で合同説明会が実施されます。 合同説明会当日はエリア周辺の学生は合同説明会へ足を運ぶ可能性が高くなるため、自社での説明会は別の日程で開催するのがおすすめです。 また、合同説明会開催前には各媒体社が学生向けに告知をおこなうため、学生の媒体利用度が増す傾向にあります。 料金 リクナビもマイナビも出展料は20万円前後からとなっており、時期や地域、イベントの規模によって変動があります。 時期が早ければそれだけ学生の動員数も多く見込めるため料金は高い傾向にあり、7月・8月くらいになると少しづつ安価な料金設定となっているようです。 開催スタイルの特徴 リクナビ開催の合同説明会は、理系募集、 IT系などある分野に特化した企業だけが出展するものもあり、その種類も多彩です。 マイナビは、東京の MEGA EXPOから各都市での就職 EXPOや中型のセミナーなど、一挙に企業が集まる形の合同説明会が充実しています。 その他、Web合同説明会、理系、建築・土木などのカテゴリ別の合同説明会も実施されています。 4 採用担当者用のコンテンツ リクナビ・マイナビには、それぞれ採用活動実施企業向けのサポートをする採用支援サイトを運営しています。 リクナビは「」を運営しており、採用方法やノウハウ、事例、採用専門家のコラムなどが掲載されているのが特徴です。 マイナビは「」を運営しています。 採用レポートや統計資料などが豊富で、企業が利用できるマイナビサービスが把握しやすくなっています。 両サイトとも、採用において参考にできる書類フォーマットや資料などもダウンロードできる仕様となっており、初めて新卒採用を実施する場合や、内容を改めて見直す場合なども参考とすることが可能です。 5 サイト内の企業情報・求人情報の特徴 サイト内のコンテンツや発信の仕方もそれぞれ個性があるようです。 自社が求める人物像の趣向に配慮しながら、伝えるべきことが効果的に届けられるサイトを選択しましょう。 サイト内コンテンツ リクナビのトップページには、企業検索、イベント、 WEBセミナー、就活準備ガイドなどが設定されています。 説明会を基準にして検索することも可能です。 テーマ別、グループ企業別の企業紹介やランキング情報も組まれています。 また、 6万人を超える先輩のインタビュー記事も検索できるようになっています。 説明会開催に積極的な企業であれば、検索にヒットする確率も高まる可能性があります。 マイナビのトップページには、企業検索、イベント、 WEBセミナー、特集、理系ナビ、就活支援などが設定されています。 特集に掲載している企業は、導線を複数設けることができ露出が高まるような仕組みとなっています。 定期的に更新されるコンテンツとしては、福利厚生や選考特徴で企業がピックアップされるものもあります。 両サイトとも、選考の時期変動にともなう学生心理に合わせ、トップページの構成を時期に応じてへ変更しています。 掲載しているサイトの学生トップページを定期的に確認することで、露出アップのポイントが変わるため定期的に確認する必要があります。 各企業ページの内容 リクナビは、会社情報、採用情報、説明会や面接情報、先輩社員情報の4つの情報を基本掲載できます。 マイナビは、会社情報、採用情報、説明会や面接情報、マイページコンテンツの4つが基本掲載内容となります。 比較すると、マイナビの方が先輩社員情報が基本掲載ではない分情報量が少なくなりますが、掲載構成の統一感はマイナビがやや優勢、読みやすさにもつながるかもしれません。 リクナビの良さは企業の魅力がわかりやすいことと、内容がある程度まとめられて簡易性が感じられる点です。 採用担当の主観でどちらがいいというよりも、求める学生の趣向の考慮が必要といえます。 学生にあまり知名度がない企業だと自社のストーリー性がアピールしやすいマイナビが有効かもしれません。 6 サイトオプションの特徴 リクナビ・マイナビともに、サイト内での露出度を高めるさまざまなオプションが用意されています。 オプションの種類別で比較してみましょう。 上位表示オプション 上位表示オプションとは、学生が企業検索をする際に条件を絞り込んだ場合、その結果一覧で自社の求人を上位に表示させることが可能なオプションです。 リクナビにもマイナビにも上位表示のオプションが複数用意されており、最上位表示やPC上、スマホ上で上位表示されるタイプのものなどがあります。 オプションにもよりますが、リクナビの場合には上位表示は12週間上位に表示されるものがあり、一方マイナビは4週・8週・12週と期間選択が可能です。 採用目標人数や、説明会の実施期間などに合わせて使い分けるのがポイントです。 DM(ダイレクトメール)・スカウトメール リクナビ・マイナビともに、DM・スカウトメールが利用できます。 スカウトメールは1対1での配信となり、それぞれDMとは別のフォルダへ届くため、その閲覧度は高くなる傾向にあります。 ただし、押さえておきたいポイントとしては、DMもスカウトも3月のグランドオープン時から、その反応率は右肩下がりに下降する傾向にあります。 使うタイミング、配信するターゲット、そしてそのタイトルと内容が効果の良し悪しを左右するため計画的に使用することが重要です。 掲載情報量をアップするオプション 最近の就職活動は短期間勝負になりつつあります。 そうなるといかに自社の求人が閲覧されたタイミングに、多くの情報をわかりやすく届けるかが重要なポイントとなります。 リクナビ・マイナビともに基本掲載は上述の通りですが、オプションを活用して情報量をアップすることが可能です。 対象学生を限定した特集記事や、取材情報などの掲載がそれにあたります。 マイナビは先輩情報掲載が有料のオプションとなりますが、学生が登録した大学と掲載された先輩社員情報がマッチすると、学生画面上に出身大学の先輩と示すアイコンが付くなど、他社との差別化がしやすくなる特徴があります。 理系募集など、特定の大学の採用を目指す場合は、特に効果が出やすいオプションと言えるでしょう。 インターンシップサイトで比較する どちらのサイトにも、前年の6月にオープンするインターンシップサイトがあります。 1 インターンシップ掲載情報から見る比較 インターンシップの開催企業も増え、学生もインターンシップに参加するのが一般的になっています。 両サイトでどのように企業のインターンシップ情報が流れているかを比較してみましょう。 リクナビも、マイナビも、 6月からインターンシップ応募を開始することができます。 掲載企業はインターンシップの募集ページが設けられ、インターンシップ情報発信します。 最近はインターンシップの告知イベントの開催もあり、リクナビ・マイナビともに大型のイベントが催されています。 サイトの仕様には大きな差はありませんが、サイト上でより露出を増やす施策として、リクナビはDMやトップページバナーがメインとなり、マイナビは加えて掲載順位アップのオプションが充実しています。 マイナビ・リクナビ詳細サービス 4. 1 マイナビ 新卒向けサービスは卒年ごとに分かれています。 現在利用可能なサイトについては、マイナビ2020またはマイナビ2021です。 学生の約9割が毎年利用しているとも言われる就職サイトです。 20年卒については、2019年8月現在内定率が約80%で推移しているため採用終了に向かっている企業が多くなってきています。 21年卒は、6月にインターンシップ募集が正式にスタートし、掲載企業数も毎週伸びています。

次の