ブ リッピング と は。 「オートブリッピング驚異のテクノロジー!?。」しるく師匠のブログ | 実戦派しるく~プレミアム~ alt=''width=70% />

【公道で何と戦ってるの?】ブリッピングでシフトダウンなんかして!

ブ リッピング と は

Contents• ZC33S MT車専用 オートブリッピング機能付きスロコン ヒール&トゥはやがて死語になる?! PIVOTから新しいスロットルコントローラーが発売された。 その名も「 3-drive・BLP」 BLPとは「ブリッピング」つまり、「空ぶかし」をして回転を合わせること。 なんと、このスロコン、シフトダウン時の回転合わせ、「ブリッピング」をオートでやってくれる機能が搭載されている。 ・・・・・フェラーリかっ!! これがあれば伝説の技「ヒール&トゥ」が必要なくなる。 つまり、峠やサーキットだけでなく、街中でのドライビングにおいて、 スムーズで「カッコイイ」ドライビングが誰でも可能になるのだ! ヒールアンドトゥとは、走行中のMT車がシフトダウンをする際、アクセル、ブレーキ、クラッチすべてのペダルを操作して、スムーズなシフトダウンを行うための技術です。 これらの動きを行うことで、車が減速から再加速するときのスムーズな走り出しを実現できます。 引用 MOBYより ブレーキをつま先で踏みつつ、かかとでアクセルをあおり、回転を上げ、シフトダウン時のショックを吸収させる高等テクニック。 筆者も実は苦手だ・・・・ シフトダウンするときに「ヴォンッ」っと自動でやってくれるのだ。 コーナーで減速して、立ち上がるときにギアを一段落とす。 その時に「ヴォンッ・・・」と自慢のマフラーを奏で、回転を合わせてくれる・・・・これはイイ。 もちろん、クラッチに対するショックを和らげ、クルマをいたわることにもつながる。 想像してほしい。 コーナー手前で減速、ギアを2速に叩き込むべくクラッチを切る。 間髪入れずブリッピング。 「ヴォオオン」 ギアは2速に吸い込まれ、アクセルをすぐに踏み込める。 これは気持ちいい。 現在、国産車のMTだとZ34フェアレディZにオートブリッピングが搭載されているが、まだまだ一般的ではない。 それをリーズナブルな形で「後付け」できるのがこのスロコンの最大の魅力である。 仕組み的には、アクセル、ブレーキ、クラッチそれぞれにカプラーで制御ユニットに集約。 車速センサーと現在のギアから最適な回転数になるようにブリッピング信号を送るというもの。 ブリッピングについても細かく調整可能。 また、ブリッピングの機能自体をキャンセルもできるので、煩わしさはない。 本来の機能はスロットルのレスポンスの調整 スロットルコントローラーについては以前、筆者が装着している紹介した。 スロットルレスポンス調整機能については全く同じ機能となっている。 ノーマル エコ スポーツ のモード切替があり、エコとスポーツについては7段階にレスポンスを調整可能である。 エコモードでは実際のアクセルの踏み込み量より、少ない信号を送り、燃料を節約するという使い方も可能だ。 スポーツモードはスロットルのレスポンスを高め、踏み込んだらすぐに回転が上がるように調整することが可能。 (ノーマルは燃費のため、踏み始めは絞ってある) このスロットルコントローラだけでもかなり実用的である。 12V常時電源の取得とアースの接続。 車速パルスの取得、とナビを取り付けられる方ならば容易にできるものだ。 できればがんばってご自身で取り付けされることをおすすめしたい。 理由はあえて書かないが、量販店は忙しいのかいろいろと・・・ その工賃分を違うパーツにあてた方が幸せになれると思う。 取り付けには3本の専用ハーネスが必要になる。 に 車種別ハーネスはTH2C。 アクセルカプラーと制御ユニットをつなぐ。 クラッチハーネス MTC-9を選択。 クラッチカプラーに接続。 BR-9かBR-10いずれかのカプラーが必要になる。 ブレーキペダルの根元付近にカプラーがあるので引っこ抜いてカプラの形を確認する必要がある。 また、加速中や再始動時などブリッピンが不要なときには作動しないようにプログラムされているので安心だ。 信頼のPIVOT 1986年に長野県松本市に設立。 レーシングエンジンの制御を専門に行っていたが、やがて市販車向け電子制御パーツを手掛けるようになる。 ターボタイマー、スロットルコントローラ、モニター、サブコン、など信頼性と実績を積み重ねてきた老舗企業。 全ての製品はもちろんMADE IN JAPAN。 アクセルまわりに手を加えるので信頼性は絶対である。 万が一システムにエラーが出た場合はスロコン制御をスルーする、「フェイルセーフ機能」が備えられている。 ZC33SのMT乗りがうらやましい・・・ 筆者は誇りをもって6ATのスイスポに乗っているが、この製品だけは本気で羨ましい。 ATもブリッピングしてほしい・・・・(いや本気で) 街角で、交差点で、峠で、サーキットで・・・・「ヴォン」と自慢のエクゾーストノートを高らかに聴かせる。 「最先端のシステム」をスイフトスポーツに。 現在、楽天で車種別ハーネスとブレーキハーネスがセットになったお買い得なセットが発売されている。 国内生産。 欲しいなら「決断」は早めに。

次の

AT車のブリッピング機能について

ブ リッピング と は

特 長 本製品はアクセルの踏み込み量に応じたエンジン出力を調整する装置で、レスポンスが上がる「スポーツモード」から、レスポンスを下げ低燃費走行しやすい「ECOモード」まで調整ができます。 スムーズな減速ができる、オートブリッピング。 マニュアル車のスポーツ走行では、減速をするシフトダウン時に、ギヤ比の違いからスリップや挙動が乱れる場合があります。 そこで、BLPはオートブリッピングをスロコンに搭載することで、多くの電スロ車への対応を可能としました。 また、加速中や、設定速度以下、再始動時など、ブリッピングが不要な場合には動作しないため、安全かつ快適にご使用いただけます。 (特許出願中) シフトダウン時の操作例 【オートブリッピング】 オートブリッピングでブレーキ操作に集中した減速が可能。 最適なブリッピングに調整可能 オートブリッピングはアクセル開度、動作時間、動作する最低速度を調整でき、お好みに応じた最適な設定が可能です。 簡単操作のオートブリッピング エンジン始動後オートブリッピングスイッチをONにし、設定速度以上でブレーキを踏みながらクラッチを踏むとオートブリッピングが動作します。 走りや路面に応じたレスポンスが選べるスロコン ノーマルよりもレスポンスが上がる7段階のスポーツモード、レスポンスが下がる5段階のECOモードの3モードで、スポーツ走行から滑りやすい路面、低燃費走行まで幅広くご使用できます。 モードメモリー 始動時のモードは、前回のモードとなります。

次の

【公道で何と戦ってるの?】ブリッピングでシフトダウンなんかして!

ブ リッピング と は

現在、納車待ちなのですが、試乗時はSモードのみで大満足して即契約してしまい、 S#モードやパドルシフトは未経験です。 当方、マニュアル職人なのでできればSTIが欲しかったのですが、 そうも行かず・・(笑 その後、ネット等を見ているとS#モードではブリッピングするとか変速ショックが あるらしく、いったいどんな動作をしてるのだろうと思い、スバルに問い合わせると 予想だにしなかったのですが、「それは秘密です」と回答されてしまいました。 乗っている皆様には、たぶん推測がつくと思いますのでぜひ考えをお聞かせ願いたいです。 CVTはほとんど乗ったことがなく、今の今までATやCVTの動作などは 気にしたこともありませんでした。 ちなみに、今乗っているATは加速時に滑ってる感が強くあまり気持ちよくないですが、 リニアトロニックはそんなこともなくたいへんスムーズで気に入りました。 そこで質問なのですが・・・ そもそも、変速ショックは単にCVTのプーリーの幅を急速に変化させると 出るものなのか?? プーリーの幅を急速に変化させることで、ベルトの滑りが出てエンジンの回転数が 上がりブリッビング様になっているのか? CVTでトルコンを使うのは発進時のみで、他の動作はロックアップされてて、 変速時もロックアップされたままと認識しています。 CVTの大きな弱点は・・以下の2点のようです。 弱点1、プ-リ-の駆動に強力なオイルポンプが必要。 これによるエネルギーロス。 弱点2、ベルトが滑る。 このため大出力対応不能とレスポンス低下、エネルギーロス。 スバルは、ベルトをチェーンにすることで、弱点2をほぼ解決したようです。 しかし、弱点1については、手のつけようもないでしょう。 これが大きく感に触るということなら、素晴らしく敏感かノシーボ効果でしょう(笑• negima1960さん >これは減速時についてでしょうか? 例えば、カーブ手前でブレーキをかけて減速して、加速に転じるため アクセルを踏み込んだときの動きの話です。 >VAGのCVTでは、オートブリッピングはありません。 ブリッピングはしません。 >減速ショックは殆ど有りません。 そーなんですか。 複数のHPにブリッピングとか変速ショックとか 書かれていたもので・・・どうやらガセのようですね。 スバルから来た回答でも、Sモード、S#モード操作時の変速ショックや ブリッピングは、スポーツ走行やマニュアル車のフィーリングを目指したもの とのことだったので、てっきり明確にそういう動作制御になってるものと思い 込んでました。 スバルには、メールを送った客の感性を否定したりしないように気を配っての ことと好意的に捉えておきます。 たぶん、SモードやS#モードではCVTのプーリーの幅を変化させる時の 変化幅や速度が速いためにIモード比べと少し変速ショックが出るという 程度のものなのでしょうが・・ 実際のところ、CVTにはギヤがないので大げさなブリッピングや故意の 変速ショックなどは必要ないですからね。 個人的には、折角の自動変速なのでジェントルなのに素速いって方が うれしいですし、Sモードの味になんの不満もありません(笑 ご返事ありがとうございます。 たいへん参考になりました。 昔レガシーに乗ってましたさん 初めまして 私もあまり理解していないのですがわかる範囲で... またブリッピングはシフトダウン時に行うと乗り心地やエンジン保護になる方法だと思います。 私が以前乗っていたGRF AT ではブリッピングコントロールという機能があって自動でブリッピングしましたがVAGのCVTでは、オートブリッピングはありません。 エンジン回転数に見合ったステップアップ時のトルク感、加速があると思います。 変速ショックと言うと悪いイメージですがスポーツリニアトロニックでは、ダイレクトな加速感、減速感と受け止めています。 ブリッピングはしません。 私の場合本気で止まりたい時は2~3段落とします。 I、Sモードの6速(段)の時は、1段落としでもそれなりに減速感が有ります。 以下のサイトに分かりやすく出ていますのでご参考まで...

次の