南関競馬モバイル。 楽天競馬のモバイルサイト:ガイド:楽天競馬

中央競馬 / 南関東競馬ライフ オフィシャルBlog

南関競馬モバイル

概要 [ ] 開催 [ ] で行われると競合することもあり、現在は原則としてからにかけてのウィークデイに開催されている。 またおおむね半ばからにかけては、では トゥインクルレース、では スパーキングナイターと名付けられたが施行され、2015年からはでも ハートビートナイターという愛称でナイター開催が始まった。 施行者間の協議機関である(関地協)により開催日程の調整や人員の共通化が図られ、そのほか、に代表される重賞戦線の一体化、A1クラスからC3クラスまでの競走馬の格付け基準の統一的な整備、馬券発売の合理化(による馬券発売システムの共通化と相互場間発売・払戻、)などを展開している。 結果としてとしての施行者こそそれぞれ異なるものの、概ね一体的なのシステム構築を実現している。 競走 [ ] 人口の多い首都圏にあることなどに支えられ地方競馬の中では売上規模が突出しており 、賞金水準も比較して高い。 についても、となっている12個のうち• () と、実にその半数が施行されている。 での持ち回り開催となっているについても、開催予定を含むまでの18回の開催のうち11回が南関東での施行となっている。 またよりに準じて独自に重賞競走を施行しており 、からはとのとは別に南関東独自のを設けた。 との混同を避けるためにグレードの数字はを用いた「GI・GII・GIII」という表記ではなく、を用いた「G1・G2・G3」という表記を採用していたが、日本が国際パートI国になった2007年3月より「SI・SII・SIII」(Sは「South(南関東)・Superの意味」)に変更された。 売上の低迷により近年は削減傾向が続いているものの、 度の1着賞金4200万円 を筆頭に南関東競馬限定の重賞であってものオープンクラスに匹敵する賞金規模を誇る競走も存在する。 競走馬・騎手・調教師 [ ] 永久登録となった元騎手の勝負服 赤・黄山形一文字 、、は原則としていずれかのに所属する。 とはに隣接する厩舎地区があるほか、は小林にを、は野田に、についてはにそれぞれ独自のを有している。 原則的には以上のいずれかで馬房を借りを管理することとなるが、より調教師個人が民間より調教施設を借り受け調教することができる認定厩舎制度 外厩制度 が導入され 、もとはのであったを始め、現在で合計202の馬房が外部に存在している。 競走馬の格付け(クラス分け)に関しては、原則として1着賞金だけが基準となると異なり 競走により獲得した全賞金を一部補正して算出される番組賞金に基づいて、A1・A2・B1・B2・B3・C1・C2・C3の全8クラスのいずれかに格付けされる。 各馬は毎年とに、馬齢ごとに定められた基準賞金に基づいてクラスが決まる。 2歳馬・3歳馬はそれぞれ馬齢限定で獲得賞金額による条件競走(「2歳80万円以下」「3歳185万円以下」など)を行なっていき、3歳2月にA1、3月にA2、4月にA3……というように各クラスの基準賞金に達した馬から順に格付けされていく(つまり強い馬ほど古馬との対戦が早く始まる)。 そして4歳1月にC2の基準賞金に達していない馬がC3となる。 なおまではA3クラスと4歳条件戦も設けられていたが、より廃止となっている。 また2014年現在、地方競馬の他地区から4歳以降に転入してくる競走馬については、実際の獲得賞金にかかわらず強制的に番組賞金を変更する規定も存在する。 この格付けは4場共通であるが、出走奨励金の問題などにより条件馬については自場開催を中心に出走することが多い。 開催毎に出走登録されたは、など一部の競走を除けば 各クラスごとに番組賞金と馬齢を考慮し上位の馬から「組」として分割され、これが番組編成の基本単位となる。 組は漢数字で表され、またB3(三)C1(一)、C3(十三)(十四)(十五)のように、複数の組を組み合わせて競走を編成することも多い。 またB3とC1のように複数のクラスで編成されるレースでは、低いクラスの馬は負担重量が2kg軽くなる。 については、馬主服制度のとは異なり 騎手ごとに定められた騎手服を着用し騎乗する。 長らく厩舎への所属を義務づけられていたが、より中央競馬のに相当する制度が導入された。 また、他地区の若手騎手やリーディング上位騎手、外国人騎手や海外の競馬を主戦としている日本人騎手を短期免許で受け入れている 詳しくは を参照。 歴史 [ ] 4競馬場の開設と発展 [ ] 南関東公営競馬の売得金額推移 1950年〜2013年 南関東公営競馬を構成している4競馬場は、いずれも終結後に建設されたものである。 それぞれ直接の前身としては• これらは少なくとも戦中のに基づいて競馬を施行し、戦後もによる公営化以前の時代には各都県のによって競馬が執り行われたが、概して交通の便が悪く開催成績は低迷していた。 新興のであるやが比較的中心部に立地していたこともあり、までにによるアクセスが容易な現在の位置への競馬場移転が進められる。 また早くもにはが設立され、主催者間の調整が進められる下地となった。 これにより、とりわけ八王子時代は1800万円程度だった開催1日当たりの売上が大井移転後は8600万円まで急増するなど、南関東公営競馬は順調に発展を続けていく。 には4場合わせて90億円ほどだった売上は5年後のには200億円近くと倍増し、度にはついに1000億円の大台を突破した。 また、この黎明期の時代には様々な進取の施策が取り入れられている。 一例として、にはスターティングゲートを、にはパトロール・フィルムをに先駆けて導入。 競馬施行の公平性をいち早く担保した。 馬券発売におけるトータリゼーターの導入も、のの例が本邦初である。 また戦後直後は食糧増産のために馬産の再開が遅れたことから、はよりに牝馬30頭、翌にも同じく牡馬6頭・牝馬14頭のを独自に輸入。 これらのからはに転じて天皇賞を制した、らの強豪が現れた。 またそれ以前にものやののように独自に特別レースを制定していた例はあったが、より南関東競馬として重賞制度の運用を開始する。 やのような現在まで60回近い回次を数えるたちが、その後の数年間で相次いで創設された。 人材の面でも従来の各競馬場や系はもとより、大井競馬場では高崎出身の塩野七郎門下が一大派閥を形成し 、また戦前は東海地方を拠点にらに対して「 東の山本」 と謳われたも大井で厩舎を開業するなど、関東一円、さらには全国各地から人材が集まった。 さきほど挙げた濠サラ購買に当たって実地に飛んだも、出身の元中佐であり、戦前は軍馬購買にその手腕を発揮した人物である。 さらにはの創業者であったは戦前に引き続き地方競馬との繋がりを保ち、よりのの南関東版といえるを制定するなどしている。 についても、は高額の賞金を狙う、からの移籍馬がおおむね上位を形成していたが 、早くもにはの抽選馬出身のがへ移籍しを制している。 その後は、、、などがへと移籍して華々しい戦績を残したほか、の調教師が管理した、らは生え抜きのサラブレッドとしてとを制覇するなど活躍。 からはが創設されたことでが成立したが、にこれを初めて達成したは翌年中央競馬へ移籍すると、で2. 8秒差の大差勝ちを収めている。 またでは早々に、の活躍によりにの自由購買馬が参戦できなくなったことから、全国の地方競馬場の強豪らが賞金の高い南関東へと集まった。 、、、などがその代表例である。 中には、のように、サラブレッド系競走へと挑戦し勝利する名馬も表れた。 ハイセイコーと低迷の時代 [ ] ハイセイコーの銅像 、でのちに国民的アイドルホースとしてを担うがデビューする。 6戦6勝でを制したのちにへと移籍していったこのハイセイコーの活躍に推されて南関東競馬も売上を伸ばし、1973年度には総売上が2000億円を突破した。 ところが、これ以後は70年代を通じてのによるインフレにもかかわらず額面上の売上増は鈍化し、の約2445億円をひとつのピークとして減少に転じる。 そしてには、1800億円を割るまでに落ち込んだ。 これに前後する時期は、南関東競馬にとっては難問が続いた。 1961年の川崎事件 のような騒擾事件は過去にもあったとはいえ、にはに浦和で、穴馬同士の決着にもかかわらず異常な低配当であったことに端を発する300人規模の騒擾事件が発生したと思うと 、その翌日には当時23歳ながらリーディング上位につけていたが別件の八百長による競馬法違反で逮捕されている。 には大井でやはり若手騎手による八百長事件が発覚し、これ以後でに導入された調整ルームと同様の施策が南関東競馬でも採られることとなった。 さらにには延長を続けていたら指定市分の開催権が消滅し、には都知事が 都営ギャンブルを「社会的公害」として、都営の大井競馬開催を含めたその廃止を発表している。 実際のところ、1980年代初頭のなどは、特観席 指定席 をが占領しているようなことすらある有様であった。 競走馬についても、への移籍はが成功した程度であり、、、ら南関東三冠馬や、などもパッとしない戦績に終わっている。 より中央側でが、でが施行されたが、お互いに地元では勝ち星を挙げるも相手側に乗り込むと奮わなかった。 については、1960年代後半には他地区の地方競馬場も売上を伸ばし、とりわけのみで競馬を施行していたの賞金水準は南関東競馬のアラブ競走を上回るまでになった。 にはの1冠目・を目前に控えながら、が2000万円もの高額でへと引き抜かれている。 そのほかやに代表されるようにや東海地区所属馬の強豪も登場し、はより全国交流の 全日本アラブ大賞典となって、その対決の場を提供した。 一方で、より同じく全国交流化されたで行われるへ南関東公営競馬所属馬も遠征しており、、らがこの時期の同競走を制している。 打ち出される振興策 [ ] ナイター開催の大井競馬場 には大井で特別区公営競技振興対策協議会が 、に川崎でも競馬存廃検討委員会が組織される状況を受け 、南関東公営競馬でもいくつかの振興策が打ち出された。 昼休みのサラリーマンを狙った外向き発売口の設置 、浦和競馬場での6枠連勝単式馬券の復活 、における電話投票の開始 などがその例である。 そしてには「大井競馬場の総合レジャーランド化」「イメージチェンジ」を目指し 、 大井で日本初となるナイター競馬が開催された。 またには川崎と船橋の間で相互場外発売が始まり 、1998年までに4場間での全開催場外発売が実現した。 1987年には、都心部の場外としてが開設されている。 競走面では、が「ハイセイコーの再来」と騒がれ中央競馬で活躍したのを皮切りとし、のをが制すると、そのをで破りへと出走したがの2着となる大健闘。 その後もへ移籍し平成三強の一角を担ったや、牝馬ながらを制したといった活躍馬が出現している。 またには川崎の、が地方競馬全国交流に、そしてからはが距離を2000mに短縮した上で中央競馬招待・地方競馬全国交流競走となるなど、他地区との交流も進展した。 所属のがのを制したほか、側で地方競馬所属馬に解放されたでは大井・厩舎所属のが勝利を納めている。 そのほか、を目指してより短期移籍で挑戦したや、、、など、地方競馬の他地区から有力馬が南関東へと転入して活躍した。 一方で、競走馬はその在厩数が年々減少していった。 かつてはと並び立った川崎のがを最後に廃止されるなど、競走面での縮小も続き、には、を構成していた、も廃止されている。 から転じてサラブレッドを相手に気を吐いたらの活躍馬も出たものの、中央競馬が限りでアングロアラブ競馬を廃止したのと間を置かずして、大井が限りでのアングロアラブ競走からの撤退を発表。 1996年には他3場もアングロアラブ系の重賞競走を全廃し、98年より3歳馬の新規入厩を停止。 1999年をもって、アングロアラブによる競走は南関東から姿を消した。 「開放元年」以後 [ ] より、「 開放元年」と称される中央競馬・地方競馬間での大幅な交流開放が始まった。 南関東でもを始め多くの重賞が交流競走に指定され、からは同競走はと併せてによるGI競走となっている。 これ以後、やを皮切りに、数多くの中央競馬の強豪が南関東を舞台として活躍するようになった。 また・のような所属馬、や、、といった南関東の名馬らも覇を争った。 から始まったについても、にが地方競馬所属馬で初の勝利を挙げている。 またアングロアラブ競走の廃止と統一グレード競走の新設で競走体系が大きく変動する中 、を構成していたが廃止されるなどしている。 競馬の国際化へも対応すべく、大井はにのと提携 、には海外の既走競走馬の出走を実験的に認めた。 にはを国際GIとした上でに海外より招待馬を招待し 、からはのとの間で互いにを実施している。 廃止となったから移籍しリーディングを獲得した騎手 馬券発売 [ ] 馬券発売種類 [ ]• 単勝式• 複勝式• 枠番連勝複式(8枠制)• 枠番連勝単式(8枠制)• 馬番連勝複式• 馬番連勝単式• 拡大馬番連勝複式(ワイド)• 三連勝複式(3連複)• 三連勝単式(3連単)• 三重勝馬番号二連勝単式 の前身であるがフォーカス馬券を導入して以来、単勝・複勝に枠番連勝式の3種類が発売されていたが 、1995年4月より馬番連勝複式の発売を開始。 以後1996年には馬番連勝単式・枠番連勝単式、1997年には拡大馬番連勝複式を導入。 には三連勝式の馬券も発売された。 トリプル馬単 [ ] 、「SPAT4」のうち、インターネット投票限定での「三重勝馬番号二連勝単式」重勝式勝馬投票券『SPAT4 LOTO「トリプル馬単」』の発売くを同年6月1日の大井競馬開催から開始すると発表した。 公式サイトの"www. nankankeiba. com"にその略称が使われている• 山口瞳『草競馬流浪記』第5章冒頭「……これを南関東四競馬場、略して南関四場と称す。 に関しては、大井競馬のナイター開催で2013年度で5日間の開催実績がある(年末を除く)「南関競馬公式2013年度4~9月開催日程」 「南関競馬公式2013年度10~3月開催日程」• 2013年度の数字で、地方競馬全体の総売得金額のうち南関4場が占める割合は6割近い。 ただし、過去にはやが、南関の各場に匹敵しうる売上規模を誇っていた時期もあった。 NAR公式:「2013年4月~2014年3月地方競馬開催成績」• 2014年度の南関東の古馬最下級C3級の1着賞金は80万円であるのに対し、全地方競馬中で2番目に高いのは・の20万円である。 地方競馬全国協会『地方競馬史 第2巻』地方競馬全国協会、1974年、60頁。 南関公式「南関東地区認定厩舎馬房数状況」 2014年5月5日閲覧• 南関公式「番組について」• ただし、4歳馬については4歳3月末までは基準を満たしていなくともC3級で出走が可能となる救済措置が執られた。 南関公式:「格付基準表及び競馬番組の一部改正について」• 他地区の賞金水準の急落により転入の基準に番組賞金が満たなくとも、勝利数による例外規定が設けられたため。 一例として、2013年の大井競馬では6勝を上げてさえいれば獲得賞金にかかわらず4歳馬は転入できるが、番組賞金は600万円に設定され当年中はC1より下には落ちない。 特別区競馬組合「大井競馬場平成25年度競馬組合」 27-28頁。 おおむね、他場所属馬は6〜7割の金額となる。 一例として同上30頁。 また、により定められた開催回数でほぼ月2度のペースで開催が可能な所属馬は、他場所属馬と比較しても遠征の比率は格段に低い。 また、そもそも番組として遠征馬を受け入れないこともある。 TCKガイド• 前者の例として。 この開催のB3級は二組のみが単独で1レースをなし、一組と三組はそれぞれB2級三組、C1級一組と組むために1競走あたりの半数で組が分けられている。 後者の例として。 この日の第2・第3競走も同名の競走が計3つ組まれており、それぞれの組を混在させて番組を成立させている。 1953年より導入。 記念出版特別委員会編『社団法人東京都馬主会30年史』東京都馬主会、1997年、219頁。 南関HP 2012年3月30日付• 競馬開催は1950年2月まで。 競馬開催は1950年まで。 地方競馬全国協会『地方競馬史 第2巻』地方競馬全国協会、1974年、336-369頁。 三好円『バクチと自治体』集英社、2009年、46-48頁• 地方競馬全国協会『地方競馬史 第2巻』地方競馬全国協会、1974年、363頁。 地方競馬全国協会『地方競馬史 第3巻』地方競馬全国協会、1974年。 地方競馬全国協会『地方競馬史 第2巻』地方競馬全国協会、1974年、59-60頁。 同上60頁• 同上363-364頁• 啓衆社『競週地方競馬』1955年7月号。 養子入り前の旧姓が山本だったことによる• 啓衆社『競週地方競馬』1961年4月号。 著名な移籍馬として、、、、など。 地方競馬全国協会『地方競馬史 第2巻』地方競馬全国協会、1974年、59頁。 地方競馬全国協会『地方競馬史 第4巻』地方競馬全国協会、1993年。 1961年3月2日、川崎競馬場にて1番人気がレース前に出走を取り消したことが周知されず、知らずに買ったファンがレース後に暴徒化。 機動隊1000人が出動する事態となり、同年の「」に同枠除外に関する是正勧告が盛り込まれるきっかけとなった。 啓衆社『競週地方競馬』1961年3月号、9月号。 日刊スポーツ社『日刊スポーツ 東京 』1968年7月31日分。 中央競馬の、と大井所属のは実の兄弟。 同上1968年8月1日分。 同上1972年8月10日分• 三好円『バクチと自治体』集英社、2009年、117-118頁• 山口瞳『競馬放浪記』新潮社、1984年。 当時の南関東競馬は、総賞金のうちアングロアラブに回していたのは4割ほどだったことも格差の理由である。 啓衆社『競週地方競馬』1972年5月号。 同上1972年4月号。 ただし、同馬は直後に関西の馬主のまま再び南関東入りしている。 公営競馬社『公営競馬』1984年11月号。 大井競馬場での物が競馬では初。 同上1984年2月号。 ただし、売上増の効果が無かったことから1984年内に再び8枠連勝複式へと戻している。 同上1984年6月号、12月号。 地方競馬場では笠松競馬場 1984年6月 を皮切りに5番目の開始。 同上1985年9月号。 同上1985年10月号。 同上1986年9月号• 川崎競馬公認ファンサイト「川崎競馬倶楽部:川崎競馬年表」• 特別区競馬組合編『大井競馬のあゆみ : 特別区競馬組合50年史』特別区競馬組合、2001年、245頁。 同上196頁。 「TOPICS:アラブ廃止が正式決定」地方競馬全国協会『frulong』1997年7月号、61頁。 NAR公式「ダートグレード競走とは?」• 特別区競馬組合編『大井競馬のあゆみ : 特別区競馬組合50年史』特別区競馬組合、2001年、258頁。 TCK公式「サンタアニタトロフィー」• TCK公式「サンタアニタトロフィー」• 1962年までは6枠制の連勝単式。 菅沼答申を受けて大井競馬場のみ1963年より8枠制で連勝複式、ほか3場は6枠制の複式・単式を併用。 1970年より全場全レース8枠制連勝複式。 特別区競馬組合編『大井競馬のあゆみ : 特別区競馬組合50年史』特別区競馬組合、2001年、240頁。 関連項目 [ ]• - かつて北関東に存在した地方競馬場の総称。 現在ではすべて廃止となっている。 - 中央競馬とのクラス比較など。 、、、 - 専門紙• - で放映中の専門チャンネル• - かつて放送されていたラジオの情報番組 外部リンク [ ]•

次の

南関東ポイントシックスプログラム 競馬予想南関東

南関競馬モバイル

7月19日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15:35です。 出走馬はギルデッドミラー、ソーグリッタリング、ケイアイノーテック、ミッキーブリランテなど。 阪神競馬場の芝1600mで行われるGIIIです。 今週も46万期待!これで無料情報は熱い! 無料メール登録後利益直結馬をチェックです。 中京記念 2020予想 先出し本命馬 せっかちな方はこちらから 下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。 中京記念の週中分析記事はこちらから• 予想の根拠 今年の中京記念のポイントはなんと言っても今の阪神のカオスなタフ馬場でしょう。 もう阪神の芝は馬場が悲鳴を上げているような感じのコンディションで、これ以上競馬をやるのは芝がかわいそうな感じ。 もう内も外もどこを通っても伸びないので、先週までの阪神芝のレースを見ても結局は荒れたインを通って先行した馬が粘りこむレースばかりになっています。 今週は雨の影響をそこまで受けなかったのでタフではあるものの馬場レベルは回復。 土曜の芝のレースを見ても先週までのような全馬がバテてイン先行組しか来れないような馬場ではなくなっていた感じ。 それでも最終週ながら最内を通ったセプタリアンが抜け出して勝利するなど相変わらずインは伸びる馬場になっていますし、イメージとしては先週ほど差しがきまらない馬場ではないが、かなりタフなので差しにくい馬場というのは変わらないか。 枠順やレース展開を考えてもトロワゼトワルが十中八九逃げると見て良さそうな感じで、ダービー卿チャレンジトロフィーやヴィクトリアマイルで見せた逃げを考えても、そこまで引きつけるような逃げというよりはマイペースで後ろに脚を使わせるような逃げを打ちそう。 縦長の隊列になる可能性は結構高そうで、そうなると今の阪神のタフな馬場では全馬が追走にエネルギーを使ってしまってそこまで差しが決まるレースにはならなそう。 ある程度の位置からタフ馬場を苦にせずに伸びてくる馬が有利と見ます。 というわけで予想の発表。 より詳細な予想考察はメルマガにて メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。 推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はより詳細をご確認ください。 その上で勝負所でぶつけられて途中でレースをやめており、ほぼノーカウントといていい一戦だろう。 非常に地味な馬ではあるのだが、2走前は馬場や展開を考えても非常に強い競馬。 1というかなりのハイペース戦になったが、この馬は番手から早め先頭という強気の仕掛けでの上位好走。 普通であれば遥か下位に沈んでおかしくない展開だったと思いますし、それでいて今回の1番人気馬と接戦にまで持ち込んだんだからこの馬は地味なだけで普通に強い馬だろう。 一連のレース内容や走法を見てもキレの問われない上がりのかかる馬場になればなるほどパフォーマンスを上げそうなタイプで、今の阪神のタフな前残り傾向の馬場はベスト。 今週は馬場が乾いて極端なインよりは馬場の中どころぐらいが一番伸びるイメージですし、それを考えると枠順もベストか。 今のタフ馬場を考えれば血統的にも魅力的ですし、トロワゼトワルが飛ばして逃げる展開の外め3、4番手ぐらいが取れればじわじわ伸びて勝ち負けに持ち込めるんじゃないでしょうか。 タフ馬場は大得意ですし。 今の阪神の馬場も全く苦にしないか。 おそらく後ろよりは前に行った馬が有利なレースになりそうですし、トロワゼトワルが飛ばして逃げる展開の2番手ぐらいを取れそうなのは強みじゃないでしょうか。 内枠で包まれる競馬になることは若干心配です。 位置が取れるタイプで今の阪神の馬場も問題ないはず。 そして何よりも強調できるのが絶好調の川田騎手が乗る点で、先週ぐらいからの川田騎手の騎乗を見ても今の阪神のタフ馬場を完璧に把握しており、騎手だけで好走に導いたレースも数多。 ある程度強気に出していっても耐えられる馬ですし、ここは川田騎手を信頼しての上位評価に。 マイルに限定すればマーフィー騎手がかなり無理矢理に乗ったターコイズSぐらいしか崩れていませんし、今回は巻き返す可能性ありそう。 松田騎手よりも控える競馬を選びそうな鮫島騎手になりますが、前走でスプリント戦で2番手を取ったとなればスッと位置は取れると思いますし、母父モンジューという血統背景からも今の馬場も相対的にこなしてきそう。 今回は逃げられるにしても今のタフな馬場がどうかとは思うが、安田調教師曰くこの馬は夏馬とのこと。 明らかに以前よりもこの時期になってコメントが強気になっているのを見ても状態は上がってきているか。 馬場をこなせるかはやってみなければわからないが、今の阪神の馬場で単騎逃げ濃厚の馬となれば抑えておいた方がいい気がします。 ただここ2戦は田辺騎手に戻って普通の馬に戻ってしまった感じも。 今回は幸騎手なら積極的な騎乗を仕掛けてきそうですし、今の阪神の馬場への適性も高そう。 若干前走のレースぶりが物足りない感じはあるが、中山での2戦の強いレースぶりをここで見せられれば穴として面白い。 【消7 ケイアイノーテック】 マイルでじっくり脚を溜める競馬なら強い馬で、近走でようやくそのことに陣営が気付いたおかげで成績上昇中。 ただ前走で安田記念好走とはいえ、今の阪神の馬場で同じようなことをやると厳しそう。 津村騎手が完璧に乗っていただけに乗り変わりもマイナスに見える。 【消12 ミッキーブリランテ】 こういう特殊な馬場では強調できる福永騎手ではあるが、この馬に関しては相当に乗り難しいイメージ。 とにかく折り合いに専念しなければダメなタイプで、前走は内枠でじっと脚を溜めてハマった部分はあるか。 今の阪神の馬場は前走に比べてもかなり差しにくくなっていると思いますし、前走の内枠から外枠に変わるとなるとなかなか評価しづらい。 【消13 ラセット】 モンテロッソ産駒でタフ馬場自体は不問だが、本質的に1400mがベストという印象。 使える脚が本当に一瞬しかないのでマイル条件となるととにかく溜めなきゃダメな印象で、前走は溜めに溜めてインを突く戦法がドンピシャでハマった感じ。 そういう戦法の馬だけに内枠のほうが良いと思いますし、前走時よりもかなりタフになって差しが決まりにくくなっている馬場となると評価しづらい。 【消15 ギルデッドミラー】 つばき賞ではガツンとかかっていましたし、1勝クラス勝ちでも1400mのハイペース戦で行きたがっていたような馬。 ここ2戦はアーリントンCがハイペースになったことと地力上位で何とかなった感じで、NHKマイルカップは内枠で福永騎手が完璧な競馬をしての3着という感じだった。 折り合い面を考えても強すぎた1勝クラス勝ちのレースぶりを見てもベストは1400mに見えますし、マイル戦で前に壁を作れない可能性ある外枠はマイナス。 テン乗りというのもマイナスに見えますし、北村友一騎手ならある程度は溜める競馬を選びそう。 この枠で中途半端に構えるとガツンとかかりそうな感じも・・・今の阪神の馬場で外枠から差す競馬も厳しそうですし、そもそもNHKマイルカップ好走組というのは人気になって全く信頼ならない。 それでいて人気ならばバッサリ消してみる。 個人的には得意としている夏競馬シーズン。 なんとかいい季節にできるように、暑さに負けずに頑張っていきたいと思います。 当メルマガ「競馬をビジネスにする」では、、、 初月無料キャンペーンを実施しております! まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。 当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。 ご購読は以下のリンクよりお進みください。 徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」 徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」 徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介 さて、2020年も7月になりました。 月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。 今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。 外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。 その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。 正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。 それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。 そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。 恐らくですが、、、 毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います 週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。 ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。 そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。 当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております 正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。 その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。 もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。 ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。 おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、 メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。 購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。 この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。 小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。 もちろんこれだけでは満足せず、、、 圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!! さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。 【火曜日】先週の重賞回顧 火曜日に先週の重賞回顧を配信します。 後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。 【水曜日】地方競馬の重賞予想 地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。 だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。 各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。 そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、 エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています! 正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、 中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。 これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。 ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。 こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。 【金曜日】重賞まとめデータ配布 金曜日は重賞のまとめデータを配布します。 この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。 このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。 また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。 また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。 【不定期】海外競馬のレース予想の配信 最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。 海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。 こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。 これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!! サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。 今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。 競馬予想の真髄をお見せいたします。 なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、 初月無料キャンペーンを実施しております! 当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。 ご購読は以下のリンクよりお進みください。 徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」 徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」 阪神カップ2019 阪神芝1400m の考察です。 12月21日に阪神競馬場で開催され発走時刻 中山金杯2019 中山芝2000m の考察です。 1月5日に中山競馬場で開催され発走時刻は15 フラワーカップ2020 中山芝1800m の予想です。 3月20日に中山競馬場で開催され発走時 京都牝馬ステークス2020 京都芝1400m の予想です。 2月22日に京都競馬場で開催され発 マイラーズカップ2019 京都芝1600m の考察です。 日曜日は平場が勝負 京都金杯2020 京都芝1600m の考察です。 阪神芝2000mで行われるGI スプリングステークス2018(中山芝1800m の考察です。 3月18日に中山競馬場で開催され 今日はちょっと御殿場に用事でお出かけ。 車が今ちょうどないもんで電車で行かなければならないので.

次の

楽ちん!!競馬場に行かずインターネットを使って馬券を買う方法3選

南関競馬モバイル

概要 [ ] 開催 [ ] で行われると競合することもあり、現在は原則としてからにかけてのウィークデイに開催されている。 またおおむね半ばからにかけては、では トゥインクルレース、では スパーキングナイターと名付けられたが施行され、2015年からはでも ハートビートナイターという愛称でナイター開催が始まった。 施行者間の協議機関である(関地協)により開催日程の調整や人員の共通化が図られ、そのほか、に代表される重賞戦線の一体化、A1クラスからC3クラスまでの競走馬の格付け基準の統一的な整備、馬券発売の合理化(による馬券発売システムの共通化と相互場間発売・払戻、)などを展開している。 結果としてとしての施行者こそそれぞれ異なるものの、概ね一体的なのシステム構築を実現している。 競走 [ ] 人口の多い首都圏にあることなどに支えられ地方競馬の中では売上規模が突出しており 、賞金水準も比較して高い。 についても、となっている12個のうち• () と、実にその半数が施行されている。 での持ち回り開催となっているについても、開催予定を含むまでの18回の開催のうち11回が南関東での施行となっている。 またよりに準じて独自に重賞競走を施行しており 、からはとのとは別に南関東独自のを設けた。 との混同を避けるためにグレードの数字はを用いた「GI・GII・GIII」という表記ではなく、を用いた「G1・G2・G3」という表記を採用していたが、日本が国際パートI国になった2007年3月より「SI・SII・SIII」(Sは「South(南関東)・Superの意味」)に変更された。 売上の低迷により近年は削減傾向が続いているものの、 度の1着賞金4200万円 を筆頭に南関東競馬限定の重賞であってものオープンクラスに匹敵する賞金規模を誇る競走も存在する。 競走馬・騎手・調教師 [ ] 永久登録となった元騎手の勝負服 赤・黄山形一文字 、、は原則としていずれかのに所属する。 とはに隣接する厩舎地区があるほか、は小林にを、は野田に、についてはにそれぞれ独自のを有している。 原則的には以上のいずれかで馬房を借りを管理することとなるが、より調教師個人が民間より調教施設を借り受け調教することができる認定厩舎制度 外厩制度 が導入され 、もとはのであったを始め、現在で合計202の馬房が外部に存在している。 競走馬の格付け(クラス分け)に関しては、原則として1着賞金だけが基準となると異なり 競走により獲得した全賞金を一部補正して算出される番組賞金に基づいて、A1・A2・B1・B2・B3・C1・C2・C3の全8クラスのいずれかに格付けされる。 各馬は毎年とに、馬齢ごとに定められた基準賞金に基づいてクラスが決まる。 2歳馬・3歳馬はそれぞれ馬齢限定で獲得賞金額による条件競走(「2歳80万円以下」「3歳185万円以下」など)を行なっていき、3歳2月にA1、3月にA2、4月にA3……というように各クラスの基準賞金に達した馬から順に格付けされていく(つまり強い馬ほど古馬との対戦が早く始まる)。 そして4歳1月にC2の基準賞金に達していない馬がC3となる。 なおまではA3クラスと4歳条件戦も設けられていたが、より廃止となっている。 また2014年現在、地方競馬の他地区から4歳以降に転入してくる競走馬については、実際の獲得賞金にかかわらず強制的に番組賞金を変更する規定も存在する。 この格付けは4場共通であるが、出走奨励金の問題などにより条件馬については自場開催を中心に出走することが多い。 開催毎に出走登録されたは、など一部の競走を除けば 各クラスごとに番組賞金と馬齢を考慮し上位の馬から「組」として分割され、これが番組編成の基本単位となる。 組は漢数字で表され、またB3(三)C1(一)、C3(十三)(十四)(十五)のように、複数の組を組み合わせて競走を編成することも多い。 またB3とC1のように複数のクラスで編成されるレースでは、低いクラスの馬は負担重量が2kg軽くなる。 については、馬主服制度のとは異なり 騎手ごとに定められた騎手服を着用し騎乗する。 長らく厩舎への所属を義務づけられていたが、より中央競馬のに相当する制度が導入された。 また、他地区の若手騎手やリーディング上位騎手、外国人騎手や海外の競馬を主戦としている日本人騎手を短期免許で受け入れている 詳しくは を参照。 歴史 [ ] 4競馬場の開設と発展 [ ] 南関東公営競馬の売得金額推移 1950年〜2013年 南関東公営競馬を構成している4競馬場は、いずれも終結後に建設されたものである。 それぞれ直接の前身としては• これらは少なくとも戦中のに基づいて競馬を施行し、戦後もによる公営化以前の時代には各都県のによって競馬が執り行われたが、概して交通の便が悪く開催成績は低迷していた。 新興のであるやが比較的中心部に立地していたこともあり、までにによるアクセスが容易な現在の位置への競馬場移転が進められる。 また早くもにはが設立され、主催者間の調整が進められる下地となった。 これにより、とりわけ八王子時代は1800万円程度だった開催1日当たりの売上が大井移転後は8600万円まで急増するなど、南関東公営競馬は順調に発展を続けていく。 には4場合わせて90億円ほどだった売上は5年後のには200億円近くと倍増し、度にはついに1000億円の大台を突破した。 また、この黎明期の時代には様々な進取の施策が取り入れられている。 一例として、にはスターティングゲートを、にはパトロール・フィルムをに先駆けて導入。 競馬施行の公平性をいち早く担保した。 馬券発売におけるトータリゼーターの導入も、のの例が本邦初である。 また戦後直後は食糧増産のために馬産の再開が遅れたことから、はよりに牝馬30頭、翌にも同じく牡馬6頭・牝馬14頭のを独自に輸入。 これらのからはに転じて天皇賞を制した、らの強豪が現れた。 またそれ以前にものやののように独自に特別レースを制定していた例はあったが、より南関東競馬として重賞制度の運用を開始する。 やのような現在まで60回近い回次を数えるたちが、その後の数年間で相次いで創設された。 人材の面でも従来の各競馬場や系はもとより、大井競馬場では高崎出身の塩野七郎門下が一大派閥を形成し 、また戦前は東海地方を拠点にらに対して「 東の山本」 と謳われたも大井で厩舎を開業するなど、関東一円、さらには全国各地から人材が集まった。 さきほど挙げた濠サラ購買に当たって実地に飛んだも、出身の元中佐であり、戦前は軍馬購買にその手腕を発揮した人物である。 さらにはの創業者であったは戦前に引き続き地方競馬との繋がりを保ち、よりのの南関東版といえるを制定するなどしている。 についても、は高額の賞金を狙う、からの移籍馬がおおむね上位を形成していたが 、早くもにはの抽選馬出身のがへ移籍しを制している。 その後は、、、などがへと移籍して華々しい戦績を残したほか、の調教師が管理した、らは生え抜きのサラブレッドとしてとを制覇するなど活躍。 からはが創設されたことでが成立したが、にこれを初めて達成したは翌年中央競馬へ移籍すると、で2. 8秒差の大差勝ちを収めている。 またでは早々に、の活躍によりにの自由購買馬が参戦できなくなったことから、全国の地方競馬場の強豪らが賞金の高い南関東へと集まった。 、、、などがその代表例である。 中には、のように、サラブレッド系競走へと挑戦し勝利する名馬も表れた。 ハイセイコーと低迷の時代 [ ] ハイセイコーの銅像 、でのちに国民的アイドルホースとしてを担うがデビューする。 6戦6勝でを制したのちにへと移籍していったこのハイセイコーの活躍に推されて南関東競馬も売上を伸ばし、1973年度には総売上が2000億円を突破した。 ところが、これ以後は70年代を通じてのによるインフレにもかかわらず額面上の売上増は鈍化し、の約2445億円をひとつのピークとして減少に転じる。 そしてには、1800億円を割るまでに落ち込んだ。 これに前後する時期は、南関東競馬にとっては難問が続いた。 1961年の川崎事件 のような騒擾事件は過去にもあったとはいえ、にはに浦和で、穴馬同士の決着にもかかわらず異常な低配当であったことに端を発する300人規模の騒擾事件が発生したと思うと 、その翌日には当時23歳ながらリーディング上位につけていたが別件の八百長による競馬法違反で逮捕されている。 には大井でやはり若手騎手による八百長事件が発覚し、これ以後でに導入された調整ルームと同様の施策が南関東競馬でも採られることとなった。 さらにには延長を続けていたら指定市分の開催権が消滅し、には都知事が 都営ギャンブルを「社会的公害」として、都営の大井競馬開催を含めたその廃止を発表している。 実際のところ、1980年代初頭のなどは、特観席 指定席 をが占領しているようなことすらある有様であった。 競走馬についても、への移籍はが成功した程度であり、、、ら南関東三冠馬や、などもパッとしない戦績に終わっている。 より中央側でが、でが施行されたが、お互いに地元では勝ち星を挙げるも相手側に乗り込むと奮わなかった。 については、1960年代後半には他地区の地方競馬場も売上を伸ばし、とりわけのみで競馬を施行していたの賞金水準は南関東競馬のアラブ競走を上回るまでになった。 にはの1冠目・を目前に控えながら、が2000万円もの高額でへと引き抜かれている。 そのほかやに代表されるようにや東海地区所属馬の強豪も登場し、はより全国交流の 全日本アラブ大賞典となって、その対決の場を提供した。 一方で、より同じく全国交流化されたで行われるへ南関東公営競馬所属馬も遠征しており、、らがこの時期の同競走を制している。 打ち出される振興策 [ ] ナイター開催の大井競馬場 には大井で特別区公営競技振興対策協議会が 、に川崎でも競馬存廃検討委員会が組織される状況を受け 、南関東公営競馬でもいくつかの振興策が打ち出された。 昼休みのサラリーマンを狙った外向き発売口の設置 、浦和競馬場での6枠連勝単式馬券の復活 、における電話投票の開始 などがその例である。 そしてには「大井競馬場の総合レジャーランド化」「イメージチェンジ」を目指し 、 大井で日本初となるナイター競馬が開催された。 またには川崎と船橋の間で相互場外発売が始まり 、1998年までに4場間での全開催場外発売が実現した。 1987年には、都心部の場外としてが開設されている。 競走面では、が「ハイセイコーの再来」と騒がれ中央競馬で活躍したのを皮切りとし、のをが制すると、そのをで破りへと出走したがの2着となる大健闘。 その後もへ移籍し平成三強の一角を担ったや、牝馬ながらを制したといった活躍馬が出現している。 またには川崎の、が地方競馬全国交流に、そしてからはが距離を2000mに短縮した上で中央競馬招待・地方競馬全国交流競走となるなど、他地区との交流も進展した。 所属のがのを制したほか、側で地方競馬所属馬に解放されたでは大井・厩舎所属のが勝利を納めている。 そのほか、を目指してより短期移籍で挑戦したや、、、など、地方競馬の他地区から有力馬が南関東へと転入して活躍した。 一方で、競走馬はその在厩数が年々減少していった。 かつてはと並び立った川崎のがを最後に廃止されるなど、競走面での縮小も続き、には、を構成していた、も廃止されている。 から転じてサラブレッドを相手に気を吐いたらの活躍馬も出たものの、中央競馬が限りでアングロアラブ競馬を廃止したのと間を置かずして、大井が限りでのアングロアラブ競走からの撤退を発表。 1996年には他3場もアングロアラブ系の重賞競走を全廃し、98年より3歳馬の新規入厩を停止。 1999年をもって、アングロアラブによる競走は南関東から姿を消した。 「開放元年」以後 [ ] より、「 開放元年」と称される中央競馬・地方競馬間での大幅な交流開放が始まった。 南関東でもを始め多くの重賞が交流競走に指定され、からは同競走はと併せてによるGI競走となっている。 これ以後、やを皮切りに、数多くの中央競馬の強豪が南関東を舞台として活躍するようになった。 また・のような所属馬、や、、といった南関東の名馬らも覇を争った。 から始まったについても、にが地方競馬所属馬で初の勝利を挙げている。 またアングロアラブ競走の廃止と統一グレード競走の新設で競走体系が大きく変動する中 、を構成していたが廃止されるなどしている。 競馬の国際化へも対応すべく、大井はにのと提携 、には海外の既走競走馬の出走を実験的に認めた。 にはを国際GIとした上でに海外より招待馬を招待し 、からはのとの間で互いにを実施している。 廃止となったから移籍しリーディングを獲得した騎手 馬券発売 [ ] 馬券発売種類 [ ]• 単勝式• 複勝式• 枠番連勝複式(8枠制)• 枠番連勝単式(8枠制)• 馬番連勝複式• 馬番連勝単式• 拡大馬番連勝複式(ワイド)• 三連勝複式(3連複)• 三連勝単式(3連単)• 三重勝馬番号二連勝単式 の前身であるがフォーカス馬券を導入して以来、単勝・複勝に枠番連勝式の3種類が発売されていたが 、1995年4月より馬番連勝複式の発売を開始。 以後1996年には馬番連勝単式・枠番連勝単式、1997年には拡大馬番連勝複式を導入。 には三連勝式の馬券も発売された。 トリプル馬単 [ ] 、「SPAT4」のうち、インターネット投票限定での「三重勝馬番号二連勝単式」重勝式勝馬投票券『SPAT4 LOTO「トリプル馬単」』の発売くを同年6月1日の大井競馬開催から開始すると発表した。 公式サイトの"www. nankankeiba. com"にその略称が使われている• 山口瞳『草競馬流浪記』第5章冒頭「……これを南関東四競馬場、略して南関四場と称す。 に関しては、大井競馬のナイター開催で2013年度で5日間の開催実績がある(年末を除く)「南関競馬公式2013年度4~9月開催日程」 「南関競馬公式2013年度10~3月開催日程」• 2013年度の数字で、地方競馬全体の総売得金額のうち南関4場が占める割合は6割近い。 ただし、過去にはやが、南関の各場に匹敵しうる売上規模を誇っていた時期もあった。 NAR公式:「2013年4月~2014年3月地方競馬開催成績」• 2014年度の南関東の古馬最下級C3級の1着賞金は80万円であるのに対し、全地方競馬中で2番目に高いのは・の20万円である。 地方競馬全国協会『地方競馬史 第2巻』地方競馬全国協会、1974年、60頁。 南関公式「南関東地区認定厩舎馬房数状況」 2014年5月5日閲覧• 南関公式「番組について」• ただし、4歳馬については4歳3月末までは基準を満たしていなくともC3級で出走が可能となる救済措置が執られた。 南関公式:「格付基準表及び競馬番組の一部改正について」• 他地区の賞金水準の急落により転入の基準に番組賞金が満たなくとも、勝利数による例外規定が設けられたため。 一例として、2013年の大井競馬では6勝を上げてさえいれば獲得賞金にかかわらず4歳馬は転入できるが、番組賞金は600万円に設定され当年中はC1より下には落ちない。 特別区競馬組合「大井競馬場平成25年度競馬組合」 27-28頁。 おおむね、他場所属馬は6〜7割の金額となる。 一例として同上30頁。 また、により定められた開催回数でほぼ月2度のペースで開催が可能な所属馬は、他場所属馬と比較しても遠征の比率は格段に低い。 また、そもそも番組として遠征馬を受け入れないこともある。 TCKガイド• 前者の例として。 この開催のB3級は二組のみが単独で1レースをなし、一組と三組はそれぞれB2級三組、C1級一組と組むために1競走あたりの半数で組が分けられている。 後者の例として。 この日の第2・第3競走も同名の競走が計3つ組まれており、それぞれの組を混在させて番組を成立させている。 1953年より導入。 記念出版特別委員会編『社団法人東京都馬主会30年史』東京都馬主会、1997年、219頁。 南関HP 2012年3月30日付• 競馬開催は1950年2月まで。 競馬開催は1950年まで。 地方競馬全国協会『地方競馬史 第2巻』地方競馬全国協会、1974年、336-369頁。 三好円『バクチと自治体』集英社、2009年、46-48頁• 地方競馬全国協会『地方競馬史 第2巻』地方競馬全国協会、1974年、363頁。 地方競馬全国協会『地方競馬史 第3巻』地方競馬全国協会、1974年。 地方競馬全国協会『地方競馬史 第2巻』地方競馬全国協会、1974年、59-60頁。 同上60頁• 同上363-364頁• 啓衆社『競週地方競馬』1955年7月号。 養子入り前の旧姓が山本だったことによる• 啓衆社『競週地方競馬』1961年4月号。 著名な移籍馬として、、、、など。 地方競馬全国協会『地方競馬史 第2巻』地方競馬全国協会、1974年、59頁。 地方競馬全国協会『地方競馬史 第4巻』地方競馬全国協会、1993年。 1961年3月2日、川崎競馬場にて1番人気がレース前に出走を取り消したことが周知されず、知らずに買ったファンがレース後に暴徒化。 機動隊1000人が出動する事態となり、同年の「」に同枠除外に関する是正勧告が盛り込まれるきっかけとなった。 啓衆社『競週地方競馬』1961年3月号、9月号。 日刊スポーツ社『日刊スポーツ 東京 』1968年7月31日分。 中央競馬の、と大井所属のは実の兄弟。 同上1968年8月1日分。 同上1972年8月10日分• 三好円『バクチと自治体』集英社、2009年、117-118頁• 山口瞳『競馬放浪記』新潮社、1984年。 当時の南関東競馬は、総賞金のうちアングロアラブに回していたのは4割ほどだったことも格差の理由である。 啓衆社『競週地方競馬』1972年5月号。 同上1972年4月号。 ただし、同馬は直後に関西の馬主のまま再び南関東入りしている。 公営競馬社『公営競馬』1984年11月号。 大井競馬場での物が競馬では初。 同上1984年2月号。 ただし、売上増の効果が無かったことから1984年内に再び8枠連勝複式へと戻している。 同上1984年6月号、12月号。 地方競馬場では笠松競馬場 1984年6月 を皮切りに5番目の開始。 同上1985年9月号。 同上1985年10月号。 同上1986年9月号• 川崎競馬公認ファンサイト「川崎競馬倶楽部:川崎競馬年表」• 特別区競馬組合編『大井競馬のあゆみ : 特別区競馬組合50年史』特別区競馬組合、2001年、245頁。 同上196頁。 「TOPICS:アラブ廃止が正式決定」地方競馬全国協会『frulong』1997年7月号、61頁。 NAR公式「ダートグレード競走とは?」• 特別区競馬組合編『大井競馬のあゆみ : 特別区競馬組合50年史』特別区競馬組合、2001年、258頁。 TCK公式「サンタアニタトロフィー」• TCK公式「サンタアニタトロフィー」• 1962年までは6枠制の連勝単式。 菅沼答申を受けて大井競馬場のみ1963年より8枠制で連勝複式、ほか3場は6枠制の複式・単式を併用。 1970年より全場全レース8枠制連勝複式。 特別区競馬組合編『大井競馬のあゆみ : 特別区競馬組合50年史』特別区競馬組合、2001年、240頁。 関連項目 [ ]• - かつて北関東に存在した地方競馬場の総称。 現在ではすべて廃止となっている。 - 中央競馬とのクラス比較など。 、、、 - 専門紙• - で放映中の専門チャンネル• - かつて放送されていたラジオの情報番組 外部リンク [ ]•

次の