くせ毛 スタイリング メンズ。 くせ毛におすすめのスタイリング方法3選!!くせ毛を生かしたい方は必見!

【くせ毛×ツーブロック×ベリーショート】メンズカットのプロに天パを切ってもらった結果…!

くせ毛 スタイリング メンズ

実は、日本人の約8割が「くせ毛」なんですよ。 知ってました? くせ毛になるのかストレートになるのかは、 毛穴の形の違いです。 ストレートの人の毛穴は円形です。 ですので、髪は抵抗を受けずにまっすぐの状態で生えてきます。 それに比べて くせ毛の場合は毛穴が楕円だったり、一部が歪んでいたりとさまざまな形をしています。 ですので、生えてくるときに抵抗を受けて曲がったり、ねじれたりするのです。 また、 日本人の7〜8割にはくせ毛があるって知っていましたか?サラサラのストレートだと思っていたあなたの知り合いも、もしかしたらくせ毛なのかもしれませんよ。 くせ毛の種類は4タイプ ひとことにくせ毛と言っても実は4タイプの種類があるということを知っていましたか? 自分のくせ毛に照らし合わせながらどのタイプに当てはまるのか見ていきましょう! くせ毛にも色々とタイプがあるんです。 あなたは何タイプ?• 波状毛 はじょうもう ・・・うねりタイプ 日本人に多いS字にうねるくせ毛• 捻転毛 ねんてんもう ・・・ねじれタイプ ヨーロッパ人に多いらせん状のくるくるとしたくせ毛• 縮毛 しゅくもう ・・・ちぢれタイプ 黒人に多い細かく強くちぢれているくせ毛• ただ、ほとんどのくせ毛の人が どれかひとつのタイプではなく、ミックスした状態です。 また強さもそれぞれ違います。 前髪だけくせの強い人もいれば、襟足だけ強い人もいますよね。 おわかりでしょうか? くせ毛のパターンは無限にあると言っても過言ではありません! してみたいヘアスタイルによってカットなのか、パーマなのか、縮毛矯正なのかを決めていきます。 ストレートパーマでくせ毛をまっすぐサラサラにはできません。 必ずストレートアイロンによってくせを伸ばす熱処理をしなければなりません。 髪を水に濡らして「くせが弱くなる?」「強くなる?」でタイプが分かれます。 ですが、まれにストレートパーマだけでサラサラのストレートヘアになる人もいます。 髪はくせ毛であってもストレートであっても、水素結合なのかシスチン結合なのか、2種類に分かれます。 髪はほとんどたんぱく質でできているのですが、このたんぱく質がどのように結合をしているかによって、水素結合なのかシスチン結合なのかに分かれます。 わかりやすく説明すると、 水にぬらしてくせが弱くなる水素結合の髪で、水にぬらしてくせが強くなるのはシスチン結合の髪です。 「私の髪はどうなのかな」と思ったら、ぜひ美容師に聞いてみてくださいね。 そのくせ毛、もしかして改善できるかも 最も多い原因が「毛穴の詰まり」です。 自分の毛穴…見たことありますか? くせ毛になる原因でとても多いのがこの毛穴詰まりです。 汚れの詰まった毛穴だと、もとの毛穴よりも楕円になったり歪んだりするためにくせが強くなります。 地肌に合っていないシャンプーを使っていたり、毛穴を詰まらせてしまうトリートメントを使っていると起こりやすいです。 また、地肌に合うシャンプーとトリートメントを使っていても、 適当にシャンプーしたり、しっかり流しきれていないなど1日の汚れを取れきれていないときもこの毛穴詰まりは起こります。 ぜひ担当の美容師にどのタイプのシャンプーとトリートメントがあなたの肌と髪に合っているのか相談してみてくださいね。 ホルモンバランスは、髪にも影響を与えるのです! 妊娠中や、授乳中、また薬の服用をしている人にみられます。 ホルモンバランスは、体にとても影響を与えます。 産後くせがもとに戻る人もいれば、そのままの人もいます。 薬の服用後も同じです。 このように、ホルモンバランスは人によってさまざま。 短期間でしたらそこまで影響を与えないのですが、半年〜数年にわたってホルモンバランスが乱れると自分自身でも、「髪質が変わったな」と感じやすいです。 髪は1カ月で約1cm伸びるので、半年だと約6cmです。 S字カールとなって見える長さなのでこのように感じやすいです。 毛穴がストレスによって縮んだり広がったりするので、髪は太くなったり細くなったりします。 仕事で忙しいときや、家事や育児に追われているとどうしても生活リズムは乱れてしまいがちですが、休めるときはできるだけ休んでなるべくストレスの少ない生活が送れるといいですね。 そうは言ってもなかなか難しいのが現代ですよね。 あなただけではありません。 これによってくせが強くなったと感じやすいのは髪のはえぎわ1周です。 まぶたや頬がたるむように地肌も同じようにたるみます。 地肌はほかの皮膚と繋がっているので、たるんだ状態からさらに前からも後ろからも引っ張られているのです。 ですので、毛穴が歪んだり押し潰されたりしてくせの強い髪にしてしまうのです。 特に女性にとっては「嫌ー!!」と叫びたくなるのですが、これも事実です。 効果的なのはマッサージですが、 毎日コツコツと丁寧にすることによって、皮膚のたるみを遅らせることは可能です。 ストレートヘアを楽しむのももちろんステキですが、30代以降の年齢の人は「くせ毛を生かしつつ自分に似合うヘアスタイルを見つけたい」と思っている人が多くいます。 肩にちょうど着かない長さです。 ポイントとしては、 スタイリングしたときにちょうど良い重さに見えるように少しだけ軽くしてもらうことです。 くせ毛はボワボワと膨らんで見えるので、やや軽いくらいがちょうど良いですよ! 襟足ギリギリのボブもおしゃれですが、肩ギリギリの長さはいざとなったら後ろで縛れる長さなので忙しい日やアレンジしたいときでも対応できます。 あまりにもレイヤーが高く入りすぎていると毛先が軽くなりすぎてまとまりにくくまってしまいます。 ミディアムでもロングでも扱いやすいのは5〜10cmのレイヤーの入ったスタイルです。 このスタイルだと、 毛先はやや軽くなるのでくせを生かしてパーマスタイルやコテで巻いたような雰囲気になります!アレンジをよくする人にもおすすめです。 「今日のくせはすごい!スタイリングなんてできない!」という日でもぱぱっとおだんごにしたり編み込みにしたりくせ毛を隠すアレンジができるので、とっても楽ちんですよ。 根元のお手入れしにくい部分だけをストレートにしてしまえば家で簡単にスタイリングができるようになりますよね。 雨の日でも、「頭が爆発して見える」なんてこともありません。 毛先にカールのパーマをかけるのと逆転の発想です。 さて、自分のくせに合ったヘアスタイルにしたし、「これでバッチリ!お出かけするぞー!」とはりきって外出しても、ものの数時間でスタイルが崩れてしまった…なんていう経験はありませんか?朝しっかりブローをしても、ヘアアイロンでスタイリングをしてもどうしてすぐ崩れてしまうのでしょうか?「くせ毛だから」と諦めていませんか? これにはくせ毛ならではの理由があります! そもそもくせ毛は傷んでいない髪であっても、もともと水分量が少ない状態です。 生まれながらに少しパサついているのです。 ドライヤーやヘアアイロンでしっかりスタイリングをしても、数時間で髪が湿気を吸ってもとのくせ毛に戻ってしまいます。 ムルムルバターとは、アマゾンに生息しているヤシの木の実から取れたオイルのことですよ。 とても保湿効果が高いのでしっかりとパサつきを抑えて、髪にツヤを与えてくれます。 天然オイルですが、固形になっているのでワックスのように使うことができるのもうれしいですね。 少量を手にとって、手の中で溶かすようになじませてから髪にもみ込みます。 カールととても相性が良いので、カールをキープしながらふんわりとした仕上がりになります。 5 — 2017年 2月月23日午前12時39分PST ダマスクローズオイル、ライスワックス、コメ胚芽油が配合されている軽いつけ心地のワックスです。 ハードタイプのワックスをくせ毛につけるとゴワゴワになってスタイリングも長持ちしないのですが、こちらのワックスは 滑らかで軽いつけ心地なのでふんわりとやわらかくくせを出すことができます。 ワックスを髪につけるときは手のひらにしっかり伸ばしてからもみ込んでください。 たまに指先だけにつけてスタイリングをする人がいますが、それだと全体に均一につかず、うまくくせ毛が生かせないので必ず手のひら全体で伸ばすようにしてからつけてくださいね。 パーマやくせを出したり、寝ぐせ直しにも使えてとても便利です。 ワックスとムースの中間のような質感になるので、 ムースが乾いた後にパサパサになってしまうこともなく、潤ったまましっかりとスタイルをキープしてくれます。 また、固まることもないのではふんわりと軽い仕上がりです。 きちんと水分の入っているムースなので、スタイリングをするときは髪をぬらしてつけなくてもOKです。 手に泡を出してクシュクシュ全体になじませてください。 ムースをつけるときは、 1度にたくさんの泡をつけようとしないで、少しずつ出した泡をもみ込んでつけていくとうまくスタイリングができますよ。 あなたのキレイの幅を広げよう 写真は名古屋の美容室のスタイルより 髪の量も、ある程度は軽くしないとスタイリングがしにくいのですが、軽すぎても逆に広がってまとまりにくくなってしまいます。 絶妙にすべてのバランスが取れたカットをすると、自宅でのくせを生かしたスタイリングも本当に楽にできます。 ひとりひとりの髪の流れを理解して、その人に合ったヘアスタイルにするのはとても難しいのです。 ひと言に「くせ毛を生かしたカット」といってもさまざまなことを学ばないとできません。 ベストサロンレポートではこのように高い技術を持った上質な美容室を多数紹介していますので、どこの美容室に行こうか迷っている方はぜひ参考にしてみてください!あなたにとびきり合う美容師が見つかりますよ! おわりに.

次の

髪型のセットの仕方とは。メンズヘアをキメる方法【総集編】

くせ毛 スタイリング メンズ

毛髪の量も非常に多く、くせ毛なので全体的にうねっていたり、波うったような状態が特徴です。 髪の毛が太くて量も多いため、スタイリングしても上手くまとまらなかったり、横に広がることでボリューム感が出てしまうという特徴があります。 ちなみに剛毛とよく似た「多毛」は、剛毛のように髪の量は多いものの、ゴワゴワとした手触りもなく髪質も比較的柔らかです。 ただ剛毛と多毛を一緒に併発している方が多く、間違えやすい髪質の一つですので気になる方は、一度美容師さんにみてもらうと安心です。 剛毛の原因 剛毛の原因は、主に 『遺伝』です。 髪の毛には、一本一本を覆っている「キューティクル」と呼ばれるうろこ状になった層があります。 この層が一般的な髪質の方と比べて厚いため、太くて硬い髪質になっています。 ゴワゴワとした手触りになるのは、キューティクルが厚く剥がれやすいからです。 何とかしようとヘアアイロンやドライヤーを過度にあてすぎる場合が多く、キューティクルが剥がれ剛毛の原因になってしまうのです。 そして剛毛だけならまだしも、くせ毛なのでとても厄介です。 くせ毛もほとんどが遺伝によるものなので、どうしようもありません。 剛毛の悩み 髪の毛一本一本が太くて硬く、量が多いのでとにかく手入れが大変です。 さらにくせ毛なので、 朝頑張ってセットしても昼にはうねってしまう…なんてこともしょっちゅうです。 髪の毛を抜いてみると分かるのですが、まるでタコ糸かと思うほど一本一本が太く、更にところどころ太さが異なります。 一部分はストレートなのに、毛先に近づくにつれて平坦になっていたり波うっている毛もチラホラ…。 それでいて量が多いので、とにかくゴワゴワして全体的にもっさりしてしまうのです。 剛毛でくせ毛なのでとにかくまとまらない、カットした直後はいいけど少し経つと髪型が手入れがしずらい…という方が多いのではないでしょうか。 またなんとかしようと 縮毛矯正をかけるも、もつのは一ヵ月ほどでその後は根本からうねりが出てきてしまうのです。 結局、根本のくせ毛をなんとかするために、また縮毛矯正をかけなければならずお金もかかります。 また縮毛矯正は時間もかかります。 一ヵ月に一回のペースで縮毛矯正をかけていては、髪もすぐにボロボロになってしまいます。 ヘアアイロンやドライヤーも充てすぎるとパサつくし、もうどうしたらいいのか分からない…! さらにくせ毛だからとっても面倒…、何とかしたいのに正しいケアの仕方が分からず、結果髪を痛めしてしまうという悪循環なのです。 これが剛毛でくせ毛の悩みです。 梅雨の季節は最悪! 梅雨の季節になると、気温も高くなり雨がふることで湿度が上がります。 そうなると、おでこに汗をかきやすくなるので、 くせ毛の前髪がうねりだす…。 はっきり言ってもう最悪です! 特にメンズの前髪は、短いのでうねりだすと半端ないのです。 更にくせ毛で剛毛なので、セットするにも一苦労…。 髪のうねりで梅雨の時訪れを感じる…、くせ毛あるあるです。 この時期はただでさえ、じめじめして暑苦しいです。 スタイリングにも時間がかかります。 湿度の高い梅雨の時期、このうねりをどうするか? が一番の悩みだという方が多いです。 ヘアスタイルがキマらない! くせ毛の剛毛は、全体的に量が多く一本一本が硬く太いため、 ふんわりとした動きのあるスタイルにしたくても出来ません。 ワックスを使ってセットするのですが、すぐにゴワゴワとした元の状態に戻ってしまう…という方が多いです。 パーマをかけたくても、剛毛でくせ毛なのでかかりにくかったり、思うようなスタイリングにならないといったことがあります。 オシャレな髪型にしたいのに、剛毛でくせ毛だからもう諦めている…なんて方も少なくありません。 くせ毛の剛毛が扱いにくい理由! 『油分』と『水分』が不足しやすい! 剛毛・くせ毛の髪質は、 基本的に乾燥しやすいといった性質があります。 そのため、 見た目がパサついて、全体的に傷んでいるように見えてしまうのです。 指で触った時の手触りもゴワゴワとして傷んでいるかのように感じます。 これはくせ毛・剛毛の特徴で、髪の毛の水分と油分が不足しやすいためこのような状態になってしまうのです。 特にヘアカラーやパーマをかけている方は、さらに深刻な髪の状態になっています。 水分や油分が不足してしまうのは、髪の毛が歪んだ状態で生えてくるため、キューティクルが剥がれやすくなっているからです。 また直毛の方と比較すると髪の毛同士の空間が広いため、水分量が少なくなりどうしても乾燥してしまうのです。 そうなると髪の毛は、水分を補おうと水を吸収するのですがくせ毛は、 水分を含むとより強くクセが出てしまうのです。 こうした理由から、くせ毛の剛毛は非常に扱いにくいのです。 ただでさえくせ毛で剛毛は、水分量が少なくパサつき傷んで見えてしまうことが多いので、乾燥を防ぐことが大切です。 水分を補う方法 髪の毛の不足しやすい水分を補う方法としては、シャンプーを変えてみると良いでしょう。 市販で売られているシャンプーは、髪や頭皮についた汚れを落とすために作られているので、必要以上に皮脂を取り除いてしまうことがあります。 皮脂がなくなると乾燥しやすくなるので、 毛髪の乾燥や頭皮の乾燥を防いでくれる薬用シャンプーがおすすめです。 中には、水分補給のためのシャンプーも売られているので、是非ドラッグストアなどで一度みてみましょう。 ただし、くせ毛の剛毛といっても人それぞれ髪質が異なるので、自分に合ったものを選んでくださいね。 油分とは? 油分とは、皮脂のことを指します。 髪が生えてくる頭皮の皮脂が十分に足りていないと乾燥の原因になります。 何もしていなくても、髪の毛の水分が失われやすいので、油分が不足しないように注意が必要です。 ただし皮脂が多すぎる場合も毛穴を詰まらせる原因となるので多すぎも禁物です。 もし皮脂が多くべたつきが気になる方は、シャンプーをする際に頭皮マッサージをしてみてください。 シャンプーをする際に、指で頭皮を優しくなでるように洗うと血流が良くなり、過剰な皮脂分泌を防いでくれます。 <油分が足りない場合の補給方法>~体の 内側編~ 逆に油分が不足し、どうしても乾燥してしまう…という場合には、 体の内側から油分を補給してあげることが大切です。 豚肉や牛肉のような動物性の油は、血液を酸化させてしまうので毛穴の詰まりの原因になります。 男性の方は、どうしてもこうした肉類を多く摂取してしまう方が多いのですが、これは毛穴を詰まらせる原因となります。 なるべく食事から食物性の油を摂るように心がけましょう。 例としては、菜種油や紅油を使った揚げ物や黒ゴマのあえものなどがおすすめです。 野菜や肉をバランス良く摂ることも、油分を適正な状態に保ち、健康な髪をつくるためにはとても大切です。 乾燥が気になる方は、この機会に食生活の見直しをしてみるといいですね。 <油分が足りない場合の補給方法>~体の 外側編~ 油分が足りない場合は、身体の外側からも補ってあげるといいですね。 例えばメンズの方がよく利用している、ヘアワックスやヘアクリームがあります。 一般的には髪をセットするためのスタイリング剤として使われることが多いのですが、中にはくせ毛や剛毛でお悩みの方に嬉しい、 髪一本一本をコーティングして保護してくれるクリームもあります。 これなら水分や油分が不足しやすいくせ毛さんでも安心して使うことができます。 ここで、髪の構造についてもう一度詳しくみていきましょう。 私達の髪の毛は、 外側から順に「キューティクル」「コルテックス」「メデュラ」の三層からできています。 剛毛の方は、この一番外側のキューティクルの層が厚く、コルテックスの密度が非常に高いです。 このような髪質からシャンプーをした後や、乾燥した季節にはキューティクルが剥がれやすくなるので、パサついたり乾燥してしまうのです。 この広がりや乾燥を防いでくれるのが、髪をセットしながらコーティングしてくれるヘアクリームです。 髪一本一本をヘアクリームで覆うことで、水分の蒸発を防ぎ油分を補給してくれるのです。 ただし、市販で売っているヘアクリームやワックスには、油分の他に界面活性剤やアルコールが含まれていることが多く、髪をコーティングしたり保護してくれる役割はほとんどないので注意が必要です。 どうしてもヘアクリームで油分を補いたい時には、必ずくせ毛用の保護クリームかどうか?確認してみてくださいね。 髪質に合わせて、 『シャンプー』 や 『トリートメント』を変えることで、くせ毛を抑えたり今よりも改善することは十分可能です。 ここでは、剛毛やくせ毛でお悩みの方におすすめしたいシャンプーやトリートメントの 選び方をご紹介致します。 メンズのくせ毛でお悩みの方、剛毛すぎてどんなケアをしたらいいか分からない方、是非参考にしてみてくださいね! シャンプーの選び方 基本的に市販のシャンプーは、 髪に付着した汚れを落とすために作られているので洗浄力が高く、髪の毛に強い刺激を与えることでスッキリとした洗い心地になるように作られています。 くせ毛で剛毛の方が、このような市販のシャンプーを使ってしまうと、キューティクルの損傷だけでなく、髪全体の水分が減り、潤いを保つためには欠かせない皮脂まで洗い流してしまう恐れがあります。 そのような理由から、くせ毛で剛毛の方は洗浄力の強いシャンプーは避けた方が良いのです。 それでは、くせ毛で剛毛の方にはどのようなシャンプーがおすすめなのでしょうか? メンズのくせ毛でお悩みの方には、以下で紹介する 3つのポイントを抑えておきましょう。 『弱酸性』のアミノ酸シャンプーであること• 『保湿効果』の高いシャンプーを選ぶこと• 『補修効果』が高いシャンプーを選ぶこと これがとても大切です。 それでは、具体的にどんなシャンプーなのか?それぞれ特徴をみていきましょう。 1、弱酸性のアミノ酸シャンプーとは? アミノ酸シャンプーとは、ココイル系やメチルアラニン系のアミノ酸が配合された肌にも髪にも優しいシャンプーです。 ココイル系のシャンプーは、肌に優しく刺激も弱いのですが洗浄力も低いのが特徴です。 特徴として、泡立ちが少ないため、シャンプーした後の洗いあがりが洗浄力の強いものと比較すると、やや物足りないかなと感じる方も多いです。 ただ、髪へ刺激や肌への負担を考えるとくせ毛や剛毛の方には、このくらい低刺激なシャンプーがおすすめです。 もう一つ、メチルアラニン系のアミノ酸シャンプーがあります。 こちらは 肌や髪に優しい成分でありながら、洗浄力も高いです。 ただし 値段が非常に高いため、使い続けるにはコストがかかるといったデメリットもあります。 2、保湿効果の高いシャンプーとは? 保湿効果の高いシャンプーとは、美容成分にも含まれる ヒアルロン酸・グリセリン・大豆エキスが含まれたシャンプーのことを指します。 これらの成分は、髪を洗うだけでなく乾燥から髪を守り保湿してくれるからです。 乾燥はくせ毛の大敵です。 髪が乾燥してしまうとうねりが悪化しやすくなります。 髪をしっかり保湿してあげることで、静電気の予防にも繋がり、キューティクルを破壊から守ってくれます。 3、補修効果の高いシャンプーとは? 補修効果の高い成分とされる 「ケラチン」をはじめ、「コラーゲン」や「グルタミン酸」が配合されたシャンプーです。 カラーやパーマで痛んだ髪を修復し、キレイな状態に戻します。 くせ毛の方は、こうしたシャンプーを選ぶようにしてくださいね。 トリートメントの選び方 メンズのトリートメントは、クリームタイプだけでなく、スプレータイプや寝る前につける洗い流さないトリートメントなど、最近では様々なものがあります。 その中でも、くせ毛で剛毛の方には しっとりタイプがおすすめです。 理由としては、 髪全体をしっかり保湿することで潤いを与えセットしやすくしてくれるからです。 ただ髪質や毛量、くせの度合いによって使い心地も変わってくるので、どんなトリートメントが一番髪質に合っているか? 一度試してみるといいですね。 どうしても、自分に合ったトリートメントが分からない方は、美容師に相談してみましょう! ワックスを使うなら? メンズのワックスは、種類によって使われている成分が異なります。 油分が多く含まれ、髪にツヤや潤いを与えるものもあれば、繊維成分を豊富に含み粘り毛を出すことで、スタイリング力をアップさせているものもあります。 セット力の違いによって「ハード」と「ソフト」があり、さらに質感の違いによっていくつか種類があります。 ここではファイバータイプ、ジェルタイプ、クリームタイプ、グリースタイプについてご紹介致します。 ご自身の髪質や、スタイリングしたい髪型に合わせて使い分けてくださいね。 特にくせ毛の剛毛となるとセットしずらい髪質なので、ワックスも特徴をしっかり抑えた上で選んでいきましょう。 まずは、四種類のワックスについてみていきます。 ファイバー…繊維状のワックスで伸びやすく、整髪力も高いのでスタイリングしやすい。 ジェル…髪型のキープ力が非常に高くツヤ感とウェット感があるのでオールバックなどの髪型に最適。 クリーム…キープ力、ツヤ感、伸びは平均的で使いやすい。 くせ毛の方におすすめ。 グリース…キープ力はやや低めですが、ツヤ感が優れている。 このような特徴があります。 続いてセット力の違いですが、• ハード…キープ力に優れ、時間が経っても崩れにくい。 ソフト…毛先だけにつけて動きをだしたり、自然な仕上がりにしたい時におすすめ。 といった特徴があります。 どんな髪型にしたいのか?髪質やスタイリングしたい髪型に合わせて、お好きなワックスを選んでみてください。 ただ、くせ毛で剛毛の方にはセット力の高いハードワックスやヘアクリームなどの硬い髪質の方や、初心者でもセットしやすいワックスが使いやすくておすすめです。 前髪を立てることで動きをだし、くせ毛の剛毛を生かしたヘアスタイルにするとかっこ良くキマります。 剛毛でくせ毛の方は、くせ毛をなんとかしようとパーマを充てたり縮毛矯正をする方も多いのですが、画像のように剛毛やくせ毛を生かしたスタイリングにすると動きが出てとても綺麗にまとまります。 スタイリングのポイント まず髪型ですが サイドの髪は短く、トップにボリュームを持たせるようなヘアスタイルにしましょう。 くせが強くうねりがある方は、サイドは刈り上げてしまってもいいですね。 トップの長さもあまり長すぎるとセットにくくなるので、カットしてもらう際は自分でスタイリングしやすい長さにしてもらうと良いでしょう。 どうしても不安な方や、似合う髪型が分からない場合は美容師に髪質をみてもらい、カットしてもらうと安心ですね。 それからスタイリングに欠かせないワックスですが、くせ毛で剛毛の方は朝セットしても昼には崩れている…なんてことがよくあるので、 キープ力の高いハードワックスを使うと長時間もちます。 ゴワゴワとした印象の前髪も立たせることですっきりとした印象になります。 髪全体のくせ毛もワックスを使って生かした動きのあるスタイルにするといいですね。 髪全体を横に流してもオシャレ! また、男のくせ毛で剛毛ならではの髪質を生かした横に流したスタイルもオシャレで素敵です。 剛毛だからこそボリュームを生かし、ワックスで形を整えれば綺麗にまとまります。 くせ毛は、パーマをかけなくても自然に動きが出るので時間がない日や、髪全体が横になっている…という時には、こんな風に横に流してスタイリングしてみるといいですね。 ポイントは、 前髪をすっきりとまとめることです。 メンズのショートスタイルは、前髪が命です。 雨や湿気で前髪がうねりだしたりするともう大変なことになります。 汗で濡れてしまうとべたつきも気になるので、しっかりと上に立ててセットしましょう。 もしスタイリングしていて、ツヤ感を出したいなという時にはグリースタイプやジェルタイプのワックスを使うと綺麗にまとまります。 ただくせ毛で剛毛の方は、べたつきが気になる…という方も多いのでご自身の髪質に合わせて使い分けしてみてください。 こうした髪型をいくつか試してみることで、自分にぴったりの髪型が見えてきます。 ソフトモヒカンもおすすめ! 髪全体をドライヤーで乾かした後に、ヘアクリームやワックスでセットします。 ショートスタイルの中でも、サイドをあまり刈り上げず 自然な流れになるようにカットしてもらうことがポイントです。 全体のバランスをみて、トップの毛先を上手く立たせたまとまりのあるヘアスタイルです。 カットしてもらう際に、モヒカンだけどそんなにハードなものではなく、自然な流れにしたいと伝えると良いですね。 あとは、髪質やくせ毛の強さに合わせて長さを調整してもらいましょう。 ワックスもワードタイプよりは、クリームタイプのように初心者でも使いやすいものを選ぶとスタイリングも簡単です。 毛先を立てて動きを出したスタイル! こちらは、くせ毛全体の動きと剛毛ならではの硬い髪質を生かしたヘアスタイルです。 ポイントは、毛先にワックスをつけて動きのあるスタイルにまとめている点です。 髪全体にワックスを軽くつけたら、毛先をしっかり伸ばしていきます。 サイドとトップのバランスを考え、全体的にシャープになるようにカットしてもらいましょう。 クセの度合いにもよりますが、毛の流れや方向、髪質に合わせてまとめてみてください。 無理やり方向を決めなくても大丈夫です。 くせ毛の流れに沿って優しくまとめてあげましょう。 またサイドを刈り上げたり、短くカットするのはちょっと勇気がいる…という方にもおすすめのヘアスタイルです。 剛毛の方は、髪質が硬いので逆にこうしたショートスタイルにして、毛先だけしっかりまとめてあげるとスッキリとまとまります。 まとめ いかがでしたでしょうか。 くせ毛で剛毛の方の悩みや原因、ケア方法からスタイリングまで様々な切り口から書いてみました。 くせ毛で剛毛は少し扱いづらいかもしれませんが、やり方次第で改善することができると思います! この記事があなたのお役に立てましたら幸いです!.

次の

くせ毛を活かしたい!40代くせ毛メンズにおススメのヘアスタイルとスタイリング剤徹底解説◎

くせ毛 スタイリング メンズ

今回のテーマはくせ毛のスタイリング剤選びについてです。 そもそも、くせ毛に合うスタイリング剤とは何なのでしょうか? 実はただ単に「このスタイリング剤がくせ毛に合いますよ」 とは簡単に言えません。 それはなぜか? くせ毛にとってスタイリング剤を使う目的は大きく2つに分かれる からです。 ですから、 あなたの作りたい髪型によって、何のスタイリング剤を選べば良いのか決まるわけです。 もちろんその目的に合わせたスタイリング剤を選んでも、痒くなったり、ベタつきが嫌いだったり人それぞれですから使用感は大切です。 くせ毛を 活かすスタイリング剤ってどういうこと? 先ほども述べたように、くせ毛をあえて隠さずさらに動きをつけることで 『パーマをかけているように見せる』 ことに適したスタイリング剤です。 捻りやすさ、形のつけやすさ、キープ力、ツヤ。 これが大前提で、あとは付け心地の差になります。 くせ毛を動かすスタイリング剤は? 上記の画像のように、くせ毛を活かそうとする場合、ショートよりも、ある程度の長さがある『ミディアムヘアー』の方が、パーマっぽく見えます。 くせ毛のミディアムヘアーのスタイリング剤に求める条件は、 1、毛先を遊ばせてあげること 2、髪にツヤを与えてあげること この2つの条件が満たせている商品はたくさんありますが、実際使用するにあたっては、使用感がものを言います。 くせ毛で僕がくせ毛で悩んでいた時の意見なのですが、 軽いつけ心地で、ベタつきが少なめのワックスが理想です。 理想のくせ毛を活かすスタイリング剤ではありますが、セット力を求めるとベタつきや引っかかりは必ず起きてしまう・・・ ということで今回は、数あるスタイリング剤の中から、こちらの『ナンバースリー』というメーカーのスタイリング剤について書いていきたいと思います。 種類が豊富で、自分の髪質にあったスタイリング剤を見つけるのに役立つシリーズです。 セット力重視というよりは、どちらかというと 固まりにくいので扱いやすいスタイリング剤です。 くせ毛をパーマに見せるには束感を作る必要があります。 束感はワックスを髪につけて捻ることで作り出されます。 猫っ毛などの軟毛よりも剛毛の方が合います。 そもそも束感はスタイリング剤でしか作れません(誤解されている方も多いですが、カットで束感を出す・・・というのは不可能です) このスタイリング剤の特徴は、 セット力を持ちながら軽い仕上がりなところです。 ただし、ちょっとツヤや、セット力が足りない場合は、同シリーズの6か後に紹介しています6Gを混ぜて使用してみましょう。 さらに柔らかさ、軽さを重視したスタイリング剤。 エアリー感のある軽い動きをスムースにキープするミディアムワックスです。 上記で紹介したワックスよりも艶っとしてやわらかめで、 ナチュラルで軽い動きをつけやすいです。 剛毛の方は物足りなさを感じますが、油分が少ないので猫っ毛のくせ毛に動きを出すのにおすすめです。 毛先にだけ、少量ずつけましょう。 目的は『髪を動かす』『捻る』ものなので、頭皮にはつけないようにしましょう。 逆にくせ毛を抑えるスタイリング剤は? 次は、くせ毛を抑え込むスタイリング剤をご紹介します。 このチリついたくせ毛にプリュム・デュールをつけていきます。 軽くヘアアイロンを通すとこんか感じにストレートになります。 くせ毛を活かすより、抑え込みたいという方はおすすめなヘアワックスです。 まとめ いかがでしたか? 今回はくせ毛に合うスタイリング剤についてご紹介しました。

次の