カメックス。 【ポケモンGO】カメックスのおすすめ技と色違い情報

カメックス

カメックス

「きあいのタスキ」持たせることで、「からをやぶる」使用後の行動を、保証させています。 同じ戦い型をする「パルシェン」と比較すると、特殊アタッカーであるため、火傷の影響を受けずに攻撃できます。 またカメックスの方が素早さが高く、 「からをやぶる」使用後は、「こだわりスカーフ」持ちの「サザンドラ」より先に行動できる違いがあります。 命中率は低いが、鋼タイプへ役割をもてる。 相手が先制技を持っている場合に活躍する。 エスパーやゴーストタイプへの打点になる。 ドラパルトやミミッキュには、他の技で対処できるので優先度は低い。 「じしん」を採用する際は、性格を「うっかりや」にして、HPの努力値を攻撃に振りましょう。 その場合は「からをやぶる」使用後に、HB特化ドヒドイデを乱数2発で倒せます。 これにより、 最速のドラパルトより先に行動することができます。 また、高威力技の「しおふき」を先手で打つ動きが強力です。 「しおふき」は、残HP割合によって威力が変化しますが、ダイマックス時の威力は150固定なので、「なみのり」と使い分けて戦いましょう。 技の通りが良く、ダイドラグーンによる攻撃ダウンも優秀。 悪や鋼タイプへの打点になる。 ゴーストに無効かつ、ダイナックルの恩恵が無いため、優先度は低い。 主にフェアリータイプに有効である。 ダイスチルにより防御を強化できる。 カメックスの役割と立ち回り 「からをやぶる」始動で相手を倒すエース 「からをやぶる」で自分の能力を上げて戦う立ち回りが強力です。 技範囲が広く、物理型と特殊型どちらも採用できる能力をもっているため、自分のパーティーに合わせて型を選べます。 「からをやぶる」の使用前後でHPを削られても、特性「げきりゅう」によって、さらに水技の威力を上げることができます。 耐久力を兼ね備えたアタッカー 物理と特殊どちらにも平均以上の耐久を持っており、殴り合いに向いています。 弱点をつかれるタイプも、水と草のみであり倒れにくいのが特徴です。 また補助技と攻撃技どちらも豊富なので、幅広い選択肢で戦うことができます。 カメックスの対策 タイプ相性の有利なポケモンで戦う 弱点をつける電気や草タイプのポケモンがおすすめです。 「カメックス」は、「からをやぶる」などの補助技を活用しなければダメージを伸ばしにくいため、タイプ相性の有利なポケモンで対処しましょう。 「ミロカロス」や「ドヒドイデ」は、「くろいきり」で、カメックスの「からをやぶる」の効果をリセットしつつ有利に戦えます。 また特性によって、水技の攻撃を無効化するポケモンは、カメックスに受け出しして戦うことが可能です。

次の

【ピカブイ】カメックスの性格と技と個体値の厳選について!ワザ構成に悩まれている方は必見です。

カメックス

みずでっぽう 派生技が豊富で甲羅構えにも移行可能。 主に牽制したい時に使用する。 しかし発生27fと結構発生が遅いので近距離、中距離で多用するのは控えたほうが良い。 みずでっぽう〜はどうだん はどうだんヒットでフェイズチェンジ。 こちらは主に遠距離からの牽制またはフェイズチェンジ狙いの時に使用するが他の派生技が優秀なため、多用はおすすめしない。 みずでっぽう〜あくのはどう あくのはどうヒットでブロック貫通&ダウン。 ブロック攻撃、ブロック属性の技を多用する相手に刺さる。 共鳴バースト時かき消し出来なくなり着弾速度も上がる。 みずでっぽう〜りゅうのはどう 主に動き回る相手、ジャンプを多用する相手に刺さる。 範囲が広く強度も結構あるがリーチが短いので間合いに注意しながら撃ったほうが良い。 サイドシュート 威力、強度は低いが非常に優秀な飛び道具。 ためると3方向に射出し、牽制や移動手段としても使用する。 サイドシュートを撃ったあとに を押すことで甲羅構えに移行し、これにより歩行速度の遅さを補える。 また、サイドシュートを撃ったあとに各種ポケモン技へ移行可能。 高速スピン ブロック属性で、弾消し性能も兼ね備えてる。 ヒット時フェイズチェンジ。 この技も優秀で弾を消しながら突撃することができ、 を押していると甲羅構えに移行可能。 仮にガードされたとしても甲羅構えに移行することで後隙を消す事ができ、相手が掴もうとしたところに を押して強攻撃に派生して相手の掴み攻撃を逆にこちらが狩ることが出来る。 フロントシュート こちらも優秀な技。 主に動き回る相手に有効。 判定は地上だが非常に範囲が広くヒット時フェイズチェンジ。 間合い管理が重要。 バックシュート 主に足止めに使う。 長押しで性能変化。 相手が壁を背負っているときに相手の足元に設置し、壁とバックシュートで挟んだ後、みずでっぽう〜りゅうのはどうで相手の体力を削る戦法が強力。 からにこもる (長押し) ブロック属性の技。 使用すると時間は短いが防御のバフが付く。 主に相手の飛び道具や、通常攻撃を受け止めるために使用する。 また相手の攻撃に合わせて使用することで攻撃を受け流しつつ強攻撃に派生してフェイズチェンジさせることが可能。 空中強攻撃 相手に急接近する技。 ただし発生が48fと物凄く遅い。 途中で を押すとブロック属性が付与された甲羅構えへと移行する。 潮吹き ブロック貫通。 非常に強力な技で相手のブロック攻撃やブロック属性の技に刺さる。 コンボの始動やブロック潰し、対空などいろいろな使用用途がある。 ただし近距離、遠距離には判定がないので間合い管理が必須。 みずのはどう 掴み属性の技。 リスクはあるが主に牽制、奇襲狙いで使用する。 自身にバフが付いてると技の出始めにブロック属性が付与される。 ブロックを多様する相手、ガードで固めてる相手に刺さる。 ハイドロポンプ 主に対空、コンボパーツとして使用する。 主に中距離、遠距離の対空に使用する。 地上にいる相手には当たらないが対空としては優秀な技。 フィールドの端まで届き中上段無敵が付与されている。 高速スピン 基本的な用途はFPとほぼ変わらないがDPだとクリティカルヒットまたは空中ヒットでコンボ始動できる。 構え弱攻撃 対空、暴れ性能が優秀な技。 こちらも中上段無敵が付与されており近距離での対空に優れている。 主にコンボパーツ、起き攻めとして使う。 構え強攻撃 対掴み、暴れとして優秀な技。 下段無敵が付与されており、対下段の技としても優秀。 ただし2段目の攻撃をガードされると確反を取られるので相手がガードしてたら一段目で止めたほうが良い。 あわ 足止めとして非常に優秀な技だが強度が非常に低く、更に着地硬直も狩られやすい。 主に起き攻めや、空対空に使用する。 属性: N=アタック ・ B=ブロック ・ T=つかみ バーストアタック 属性 アクション名 コマンド 用途 備考 外見・考察・詳細 N 豪砲デストラクション 共鳴バースト状態で 相手に接近、ガードさせて強制的にジャンケンさせる。 ブロック貫通 発生15fでFPは8fから、DPは6fから無敵が付与される。 飛び読み、暴れでヒットした場合に使用する。 火力が高く、使う場面も多いコンボ。 8xを一段止めすることでDPを維持することが可能。 ただし地上ヒットからでしかコンボにならない。 ただし火力が低い。 最後のハイドロポンプがヒットした時フェイズチェンジする。 弱攻撃 始動 ダメージなど 技1 技2 技3 技4 技5 148ダメージ 弱攻撃 ハイドロポンプ あくのはどう派生 133ダメ やはどうだん派生 143ダメ よりも強くなる 158ダメージ ポケコンボ2 キャンセルで甲羅構え 甲羅構え強攻撃派生 甲羅構え中に さらにがんばってみることも可能 242ダメージ 弱攻撃 壁ドン発生 ハイドロポンプ:ため 長押し 伏せ弱攻撃 壁際専用、これだけではフェイズチェンジさせられない 強攻撃 始動 ダメージなど 技1 技2 技3 技4 技5 165ダメージ 強攻撃 ハイドロポンプ:ため 長押し ポケコンボ4 の場合 160ダメ よりも少しだけダメージが大きい 193ダメージ 強攻撃 壁ドン発生 ハイドロポンプ:ため 長押し 壁際専用、強攻撃で壁ドンする位置取りだとしおふきが当たらないためこれを用いる 構え弱攻撃 始動 ダメージなど 技1 技2 技3 技4 技5 139ダメージ ポケコンボ3 キャンセルで甲羅構え 甲羅構え強攻撃派生 甲羅構え中に 前入れ弱攻撃 コンボ道場収録技、これだけでフェイズチェンジする 145ダメージ ポケコンボ3 キャンセルで甲羅構え 甲羅構え弱攻撃派生 甲羅構え中に 後ろ入れ弱攻撃 構え強攻撃 これだけでフェイズチェンジする フェイズチェンジ値が少しでもたまっている場合は中断されてしまうため上のコンボの方がダメージが大きくなる これに限らず甲羅構え弱〜構え強のコンボは中途半端に途切れると甲羅構え強のコンボよりも弱くなってしまうので使い分けること 220ダメージ 構え弱攻撃 壁ドン発生 ハイドロポンプ:ため 長押し 伏せ弱攻撃 壁際専用、壁ドンの都合で、甲羅構え強攻撃以降のコンボがつながらなくなるためこちらを用いる 後ろ入れ弱攻撃 始動 ダメージなど 技1 技2 技3 技4 技5 212ダメージ 後ろ入れ弱攻撃 クリティカル ポケコンボ4 コンボ道場収録技、これだけでフェイズチェンジする 前入れ強攻撃 始動 ダメージなど 技1 技2 技3 技4 技5 219ダメージ 前入れ強攻撃 ハイドロポンプ:ため 長押し 簡単に出せるタイプのコンボ フェイズチェンジ値が少しでも溜まっている場合はこちらを用いる。 つかみ攻撃も最速じゃないよ。 一番早く出せる技は伏せ弱攻撃だけど他のキャラの弱攻撃相当• 2020-05-22• by 名無し• 2020-04-23• by 名無し ID:0VyNvz0exg• 2020-03-05• by 名無し ID:qClVpe326g• 2020-02-25• by 名無し• 2020-02-11• 2020-02-04• 2020-01-30• by 名無し ID:VNtI6BiRPg• 2020-01-22• by 名無し ID:DfUBuxx4sA• 2020-01-01• 2019-12-22• by 名無し ID:Atm4LuABqw.

次の

カメックス

カメックス

5倍になる。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 第7世代までは威力20 Lv. 連続で使うと失敗しやすくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 水中にいる間は『なみのり』『うずしお』以外の技を受けない。 ダイマックス技や第7世代のZワザもタイプが変わる。 投げつけた道具はなくなる。 必ず後攻になる 優先度:-4。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 ただし最大威力は150。 小数点以下は切り捨て。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 また、相手の『こおり』状態を治す。 交代しても効果は続く。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『あく』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 ただし、出た最初のターンしか成功しない。 ただし、そのポケモンが交代されると効果は消える。 特性『ちょすい』『よびみず』の味方は特性が発動するため、この技の効果は無効。 3倍の効果もさらに加わる。 『グラスフィールド』の時は『くさ』タイプ、『ミストフィールド』の時は『フェアリー』タイプ、『エレキフィールド』の時は『でんき』タイプ、『サイコフィールド』の時は『エスパー』タイプの技となる。 また、威力が150になる。 この技は、特性『よびみず』の攻撃対象を変更する効果の影響を受けずに攻撃できる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 レイドでは相手の不思議なバリアのゲージを2つ減らす。 36 ピカブイ ,技01 ピカブイ ,技02 金銀ク ,教え技 HS ,カメール:Lv. 46 ピカブイ ,Lv. [ゼニガメ:Lv. 27 ピカブイ ,技11 赤緑青ピ ,Lv. [Lv. 7 BW2〜金銀ク ,Lv. 13 USUM〜XY ,Lv. 8 赤緑青ピ ,Lv. 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 事前に技『まるくなる』を使っていると威力が2倍になる。 最大102。 最大102。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックスしている相手には無効。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 『ひこう』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 ダイマックスしている相手には無効。 また、技『そらをとぶ』『とびはねる』『でんじふゆう』『テレキネシス』の効果が解除され、『でんじふゆう』『テレキネシス』は使用できなくなる。 『フリーフォール』状態の相手にも命中する。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 ダイマックスしている相手には追加効果は無効。 相手が『ゴースト』タイプの時、『ノーマル』『かくとう』タイプの技が当たるようになる。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 自分が場を離れると効果は消える。 そのターンの相手の技をすべて自分が受ける。 ただし、全体技には効果がない。 ダブルバトル用。

次の