お前 ら お ひとり 様 の 俺 の こと 好き すぎ だろ。 『お前ら、おひとり様の俺のこと好きすぎだろ。』4巻について

お前ら、おひとり様の俺のこと好きすぎだろ。(凪木エコ@F文庫より『おひとり様』発売中)

お前 ら お ひとり 様 の 俺 の こと 好き すぎ だろ

それではいきます! まず最初に。 おひとり様シリーズ全4巻、完結とのことで凪木エコ先生、お疲れ様でした!! 1巻からかっこいいぼっち主人公として、清々しいほど貫徹した姿を描いていて、ラのラブとコメが共に強烈な作品であったように思います。 さて、そんなおひとり様シリーズ第4巻である、今回のお話は文化祭でした。 3巻ラストから少しだけ微妙な関係になってしまった主人公と羽島、そして文化祭をともにやっていく中で勝負することとなった主人公と美咲。 ヒロインとのギクシャクはぼっちラあるあるかなぁ、と思う僕でしたが、今作のギクシャクは不穏ではないというか、あくまでクラスメイトの関係として仲良くする中でのギクシャクだったのが幸せでよかったなぁ、と思いました。 シリアスはそれはそれで好きなんですけどね。 特に、美咲の心情は胸を打つものがありました。 とにかく凄くて、普通に美咲もむっちゃ凄いのに、どうしても『負けてる』と思ってしまうのは、相手を憧れているからこそのものだなぁと感じました。 それでも最後には負けて、勝って、引き分けということになって一歩前進した美咲の姿は感動しました。 主人公も基本的にはのらりくらりとしているのに、熱くなる時には一気に熱くなるのがかっこいいですよね。 よう実ほど主人公すげぇー! 感が強い訳では無いですが、それに似ていて、けれど別種のカッコ良さでした。 そんな主人公自身も、ほんの少しだけ変わっている。 あくまで日々を楽しみたい主人公にとって、仮に独り以外でも楽しいというのなら、それはそれで満更ではない。 そういう変化は微笑ましく思えました。 主人公とヒロインの間に生じている距離感への信頼というか、過ごしやすい距離感みたいなのはとてもいいなぁと思いました! これは前々から提唱してますが、可愛さを含有するかっこよさが一番かっこいいですからね!! あと、キャターとは別として、文章が面白かったです。 店舗がポンポン進んでいくので会話文がとても読みやすいです。 さて、今回はここまで! おひとり様シリーズは完結してしまいましたが、面白い作品であることに間違いはないので、ぜひ読んでみてくださいね! それでは読んでくださってありがとこーざいました! kurosirami.

次の

お前ら、おひとり様の俺のこと好きすぎだろ。

お前 ら お ひとり 様 の 俺 の こと 好き すぎ だろ

そんな彼が物語の中で挑むのは、本たちの様々なお願いを聞いてあげること。 まるで童話のような本の問いかけと主人公のやり取りに加え、本の種類毎変わるストーリーにメリハリがあって、1話進む毎に雰囲気に引き込まれていきます。 恋人同士のような会話を繰り広げる「夜長姫」との関係にも注目です! むすぶ君と本との触れ合いを追いかけていると、その出会いごとに全然違う感情や楽しさが味わえちゃいますよ。 はぁ~、素敵ですね。 うっとりしてしまいます。 皆さんも「むすぶと本。 」の世界観にどっぷり浸りましょう! これこそヒーロー! 異世界からの侵略者が現代日本に襲来するという絶望的な危機を、切り札となる兵器をまとった主人公が英雄的にひっくり返す! 思わず身体が熱くなるお話なんだ! 強靭な肉体と卓越した魔法を併せ持つトロウルに、軍の艦船すら焼き尽くすドラゴンと、ファンタジーの住人たちの力は、現代の文明が相手でも残酷なほど圧倒的。 軍は半ば崩壊し、人々には街からの自主的避難が呼びかけられと、まさに絶体絶命な状況が繰り広げられていたんだ。 そんな中でようやく現れるのが、主人公のユウが操る超常の兵器、アスラフレーム。 神話の奇跡すら体現するその鎧をまとって、ユウは異世界の強大な敵を蹴散らし、渡り合い、滅びの淵に追い込まれた戦況を覆していくんだ。 なすすべもなく敗北する軍、踏みにじられる人たち……そういう暗さを目にしていたぶん、そんな流れを一機で変えてくれるユウの活躍がたまらなく痛快だよ! 銃器や各兵器の名称や特徴がしっかり書かれてて、ミリタリー好きにもオススメ。 そんな燃えるような想いを持ちながら、主人公・ノエルの職業は最弱で支援特化の「話術士」。 でも、彼はそこで決して立ち止まらずに、最弱職の自分が最強へ至れる道を切り拓いていく。 持たざる環境に生まれた人が、それでもと力を尽くしてる姿って、やっぱり熱いものを感じるんだよね。 けれど、ノエルが最弱職っていうのは動かしようがなくて......。 力では敵わない相手は必ず出てくるんだ。 そんな苦境に対しては、彼の大きな武器のひとつ、大胆不敵な「話術」が光るんだよ。 対峙する敵の弱みを的確に突き、知略と胆力だけで相手を翻弄。 最弱職のノエルが大組織の幹部までも驚嘆させるのは、まさに痛快の一言だよ!.

次の

『お前ら、おひとり様の俺のこと好きすぎだろ。』について

お前 ら お ひとり 様 の 俺 の こと 好き すぎ だろ

新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• ・買い逃すことがありません!• 現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。 ご契約はページ右の「新刊自動購入を始める」からお手続きください。 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 ご契約中は自動的に販売を継続します。 不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です 続巻自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• ・買い逃すことがありません!• ・いつでも解約ができるから安心!• 現在発売中の最新巻を含め、既刊の巻は含まれません。 ご契約はページ右の「続巻自動購入を始める」からお手続きください。 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 ご契約中は自動的に販売を継続します。 不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:マイページの「予約自動購入設定」より、随時解約可能です Reader Store BOOK GIFT とは ご家族、ご友人などに電子書籍をギフトとしてプレゼントすることができる機能です。 贈りたい本を「プレゼントする」のボタンからご購入頂き、お受け取り用のリンクをメールなどでお知らせするだけでOK! ぜひお誕生日のお祝いや、おすすめしたい本をプレゼントしてみてください。 お受け取りされないまま期限を過ぎた場合、お受け取りや払い戻しはできませんのでご注意ください。

次の