マスク カバー 手作り 簡単。 使い捨てマスクを洗わずに何度も使える!マスクカバーの作り方を解説

マスクカバーの作り方①プリーツ使い捨てマスクのヨコ入れタイプ

マスク カバー 手作り 簡単

簡単プリーツマスクカバーの作り方 使い捨てマスクで定番人気のプリーツ型は、マスクカバーでも人気の型です。 手作りするには難しそうに見えますが、手縫いでも出来るんですよ! プリーツの仕組みがわかりにくい場合は、コピー用紙などの薄い紙を蛇腹のように折り、その紙に合わせて生地を畳むと簡単にプリーツを作れます。 プリーツの向きは上から下へと段になる向きが正しいので、縫い合わせる前に向きのチェックをお忘れなく! 手縫いマスクカバーの作り方 マスクの上に被せて使うマスクカバーは直に肌に触れるため、手作りする際にはソフトで優しい生地を選ぶのもポイント。 内側に肌触りの良い人気のダブルガーゼを使用したマスクカバーの作り方も基本的な筒状のマスクカバーと同じです。 柔らかい素材は針を刺しやすいので、ミシンの出番はなく、全て手縫いで完成します。 マジックテープ付きマスクカバーの作り方 筒型のマスクカバーはマスクの耳ゴムを使用するので、サイドからマスクをスライドさせるだけでセット完了です。 中にマスクを入れるとマスクカバーが若干膨らむため、サイドがパカっと広がってしまうことも。 サイドをマジックテープで取り付けてしっかり閉じることで、広がりを抑えたり、マスクがズレてしまったりと、小さなストレスを軽減できる手作りアイデアです。 マスクにもなるマスクカバーの作り方 せっかく手作りするなら、機能的なマスクがいいですよね!こちらはマスクとしてもマスクカバーとしても使える、2WAYマスクの作り方。 ベーシックな筒状のマスクカバーに、耳ゴムを通す部分をプラスしています。 マスクとして使いたい時は、耳ゴムを通せばOK!筒状なので中にフィルターなどを差し込んで使える、画期的な手作りマスクカバーです。 ポケット型マスクカバーの作り方 使い捨てマスクを丸ごと入れられるマスクカバーなら、何度も使ってヨレてしまった使い捨てマスクでもまだまだ頑張ってもらえますよ! 上部から出し入れ出来るポケット型は、マスクがスムーズにセットできます。 またマスク中心からプリーツがスタートするタックタイプなので、見た目は市販マスクのようですね。 少し大きめのサイズなので、小さめの布マスクを入れて使用してもOKです。 こちらは布用両面テープで貼るだけの、小さめマスクカバーの作り方。 マスクカバーは使用後は洗いたいので、必ず洗濯可能な両面テープを使いましょう。 生地には100均の手拭いを使っています。 手拭いは薄手で扱いやすく、マスクカバーとしても人気の素材です。 針を使わないマスクカバーの作り方 小さな子供がいるご家庭では、針を使ってマスクカバーを手作りする作業はとても気を使いますよね。 立体型マスクカバーの作り方 マスクには平面型、プリーツ型、立体型、折り上げ型などがあり、見た目だけでなく着用感にもそれぞれ個性があります。 息のしやすさで人気の立体型マスクがお好みの場合、手作りマスクカバーも立体型がいいですよね!こちらはどんなタイプのマスクも立体型マスクとして使える、マスクカバーの作り方。 1枚のマスクカバーで2パターンを楽しめるので、その日の気分によって使い分けができます。 こちらは工程の簡単さと、着け心地の良さから人気の高いマスクカバー作り方。 生地を筒状に縫い合わせた後、両サイドをそれぞれぐるりと手縫いし、玉留めする前にキュッと絞ります。 絞ることで自然とギャザーになり、立体的なマスクカバーにが簡単に仕上がります。 型紙なしマスクカバーの作り方 まずはじめに行う作業がマスクカバーのサイズ決めです。 手作りマスクカバーのサイズは、使い捨てマスクや布マスクなどがスムーズに収まるサイズがベスト。 耳ひもを好きな長さに調節できるので、長時間つけていても耳が痛くなりません。 着用中にちょっと耳が痛くなってきたなと思ったら、緩めることもできますよ! 着け心地の良さを追求できるのも手作りマスクカバーの魅力ですね。 子供用マスクカバーの作り方 子供にとってマスクの着用は煩わしいものですよね。 少しでもマスクの着用を楽しむためにも、マスクカバーが大活躍します。 こちらはカラフルな色やデザインの生地を使用した、子供用マスクカバーの作り方。 無地のシンプルな使い捨てマスクも、手作りマスクカバーで覆うことで、可愛いマスクに変身します。 使用後はクッキングペーパーはゴミ箱へ捨て、中の不織布マスクを手洗いすればOKです。 唾液やファンデーションなどが直接マスクに付くことを防げるため、マスク本体の汚れるのを最小限にとどめることができます。 裁縫をしたくない方に人気のアイデアレシピです! ネクタイマスクカバーの作り方 家にある物をリメイクしたマスクカバーの作り方は、生地を買いに出かける時間と手間をカットでき、出番がなくなっていたアイテムを再利用できることから、なんだか得した気分になりますね! こちらはなんとネクタイをリメイクした、ユニークな発想のマスクカバーの作り方。 カットクロスやハンカチなどにはない、ネクタイならではの柄やデザインが楽しめると人気です。 簡単マスクカバーの作り方まとめ 工夫やアイデアが詰まったマスクカバーの手作り方法がたくさんありましたね。 手縫いやテープでの接着など、自分に合った手作り方法でトライしてみて下さい。 マスクカバーを使うことで、ごわつきが気になる不織布マスクや小さめな布マスクなど、質感やサイズが合わないマスクでも自分好みのマスクにチェンジできます。

次の

使い捨てマスクのカバーを手作りして何回も使いたい方必見!口紅の付着も防げる!

マスク カバー 手作り 簡単

手前のグレーはシングルガーゼ、後ろの黒は手ぬぐいで作りました 使い捨てマスクに付けて使う、布製の「マスクカバー」。 着脱が簡単にできる筒状の形をしています。 考案したのは、デザイナーでパタンナーの森岡リエさんです。 「マスク不足で花粉症の私も含め、周りの方たちが困っていらっしゃったので作りました。 転売や争奪戦などが横行しているのは悲しい。 このようなときだからこそ、思いやりの気持ちを持ちたいものです。 自分用だけでなく、マスクがなくて困っている方や、作れない方にはぜひ作って差し上げてくださいね」 型紙は不要、A4サイズの布を用意しましょう では早速、作っていきましょう。 5cm)での作り方をご紹介します。 生地は、ガーゼや綿ボイルといった薄手の生地を用意しましょう。 使い捨てマスクにかぶせるため、厚い生地だと息苦しくなる可能性があります。 7cm)を目安にするといいでしょう。 縫い代は上下とも1cmです。 横の長さは、<マスクの横幅(17. 5cm)>と縫い代左右とも1. 7cmです。 【編集部も作ってみました!】レディースサイズやお子様サイズのマスクのカバーを作る場合は、A4サイズの布で作ると大き過ぎるので、マスクのサイズを測って、合わせて作った方がおしゃれに仕上がります。 「マスクカバー」の作り方 ほぼ直線縫いだけで完成します。 手縫い、ミシン、どちらでも作れます。 【1】長辺を三つ折りにして縫う まず、左右の長い辺の端を縫います(三つ折り始末)。 三つ折りの仕方 まず、7~8mm折る。 さらに、もう一度折る。 ピンがなければ、手で折り目をつけるだけでもOK。 アイロンがあればアイロンをかけると、縫うのが楽です。 反対も同様に縫います。 【2】筒状にして、縫い代を始末する 表面を内側(裏面を外側)にして、長辺を半分に折ります。 筒状になるように、短辺を2枚一緒に縫います。 縫い代を始末します。 手縫いなら写真のようにかがります。 ミシンの場合は、ジグザグミシンや、ロックミシンを使います。 【3】筒状にしたら、ぐるりと一周なみ縫いする 縫い代の始末が終わったら、2本どりで、ぐるりと一周なみ縫いで縫います。 【編集部も作ってみました!】薄手のガーゼの場合、なみ縫いをしてギャザーを寄せるときに目から糸が抜けてしまうことも。 三つ折りの分厚い部分でなみ縫いをするといいでしょう。 【4】ギャザーを寄せて、マスクの縦幅と同じにする マスクの縦幅の長さになるまで、糸を引きギャザーを寄せます。 ちょうどよいところで玉止めし、もう一方も同様にギャザーを寄せます。 表側にひっくり返したら、完成です。 完成!使い捨てマスクに装着して使います。 【編集部も作ってみました!】 直線縫いがほとんどなので、ミシンで作る方が楽です。 また、手芸屋には布用ボンドやアイロン接着できるテープも販売されているので、【1】長辺を三つ折りにして縫う、【2】筒状にして、縫い代を始末するときの行程で利用すると、簡単に作れるでしょう。 しかしカバーをつけても、唾や菌はマスクに付着すると思われるので、マスクは定期的に殺菌、取り替えることをおすすめします。 「マスクがなくて困っている友人やその家族、さらにはその知り合いの方々が、少しでも安心できればと思って。 一方でニュースを見ていると、マスクを高額転売をする輩がいたり、トイレットペーパーを飲食店などのトイレから持ち去ったりと、聞いていると耳をふさぎたくなるような、自分さえよければいいという考えの人がとても多いように感じます。 人として大切なことを伝えたいという気持ちもあり、無料配布をしていました」 非常時だからこそ、思いやりの気持ちや、助け合い、譲り合う気持ちを大切にしたいという森岡さんの思いが詰まったマスクカバーです。 ぜひ、作ってみてください。

次の

マスクカバーの作り方!簡単で手縫いでも出来る方法を紹介します!

マスク カバー 手作り 簡単

夏マスクを作りたい!暑い時期になってきて、マスクをつけるということが、予想以上にストレスだということを感じています。 マスク作りが定番の時代になってきていますが、普段裁縫をしない私にとって、マスクを手作りすることは難しい!と苦手意識を持っていました。 でも、このおさかなマスクは、こんな私でも「できるかも!」と思うぐらいの簡単さ! おさかなマスクの考案者は、はまくまさんという方です。 プロフィールを拝見すると、元デザイナー、手作りが大好きということで、このマスクを考案されたようです。 医療用マスクとしても使える「HKマスク」の作り方はコチラ 【おさかなマスクの特徴】 ・縫い目が外側から見えない 不器用でも、糸の色が何色でも大丈夫! ・真ん中に縫い目がない 柄合わせの必要がないので簡単! ・内側に挟む紙のサイズを気にしなくてOK 両側から畳んで挟む方式なので挟む紙の大きさを考えなくていい! ・ノーズワイヤー無し! ノーズワイヤーがないので上下を気にせず使え、洗濯も簡単にできます! すごいです! 縫い目が外側から見えないと針仕事に自信がなくても、糸の色に悩まなくても大丈夫ですし、縫い目が無いと縫うところも少なくて済みますね。 なぜおさかなマスクというのでしょうか? 考案者のはまくまさんによると、 「こんな機能があったらいいな」を追加して型紙作ったら、なんだかお魚みたいだったので、そう名付けました。 仕上がった時の形はおさかなじゃないので、マスクだけ見ると「おさかな?なんで?」ですが 笑 なるほど。 型紙がお魚みたいだったということなんですね! おさかなマスクの作り方 おさかなマスクの作り方についてです。 まずは用意するものから見ていきましょう。 【作り方】 1. 「わ」の上下を縫う おもて布・うら布を、中心をわにして中表でカットし、わの上下を縫う。 左右を折って縫う おもて布の左右を5mm折って端を縫う うら布の左右を1cm折って端を縫う 3. おもて布とうら布を合わせて縫う おもて布とうら布の中心を合わせて、中表で重ねる。 裏布の端に沿っておもて布を仕上がり線で折る。 上下1cmの部分を縫う。 この時左右は1cm空けて縫い端まで縫わない 4. ゴムを通してから表に返す 使うときは、三つ折りにしたキッチンペーパーや二つ折りのティッシュをセットしてから使う。 めちゃくちゃ簡単ですね! 今までの手作りマスクの概念がひっくり返りました! お魚マスクの作り方ダウンロードはコチラからできます。 これでバッチリですね! おさかなマスクの型紙ダウンロード おさかなマスクには、ぴったりフィットタイプとゆったり使えるタイプの2種類が用意されており、どちらも大人女性向けとなっています。 下をクリックするとPDF画像がダウンロードできます。 引用元:martさんより おさかなマスク おさかなマスク わかりやく簡単に書かれています! 布マスクの配布が始まったようですが、布マスクは使い捨てマスクに比べて小さいし、息がしにくい、洗うと縮むなどの声… おさかなマスクを作った人の声 実際におさかなマスクを作った人の反応はどうなのでしょうか? ツイッターから拾ってみました。 何より真ん中が「わ」にしてあるから柄によっては綺麗に出る。 ゴムは棄てるのを再利用。 ガーゼをはさんでましたが、中でぐちゃぐちゃになるので。 型紙はおさかなマスクを使わせていただきました。 パッと見ではあまり違いが分からないかもですが💦 つけてみたら名前の通りだった…気がします。 — ゆみこ。 miiko1117 インナーマスクにも利用する方まで!みなさん、簡単にできたようですね! 超簡単! おさかなマスクとは?特徴は?誰でもできる作り方や型紙のダウンロードまとめ おさかなマスクは縫うところが少なく、縫い目が外に出ないため、裁縫初心者でも簡単に作ることができます。 間に挟む布の大きさも気にしなくてもく、ノーズワイヤーも無いため洗濯が楽にできるなど良いところがたくさん! マスクには、布タイプ、不織布タイプなど、色々な種類があり、それぞれ特徴があるので、自分がこだわるポイントを満たしてくれるマスクを探して快適に使いたいですね。 これから夏に向けて、麻や絹の布を使うと、涼しい夏マスクができますので、挑戦してみたいです。 これで、今後のインフルエンザや花粉症シーズンでも可愛いマスクで乗り切ることができそうです! その他のマスク記事.

次の