あつ森島クリエイターとは。 【あつ森】島クリエイターのコツ解説!島作りを自在にするテクニック

【あつ森】島クリエイターになる方法とできること【あつまれどうぶつの森】|ゲームエイト

あつ森島クリエイターとは

もくじ• 島を開発した際に気を付けた具体的なポイント まずは島全体を通して、僕が気を付けていたポイントを紹介します。 オシャレかつ動きやすい島を目指す ここは割と重要視したポイントなんですけど、 見栄えだけ意識して移動がしにくい島にならないようにしました。 極端な例ですけど、柵が乱立しまくってて移動しにくいとか、タヌキ商店に行くまでの道のりが無駄に険しいとか。 見栄えだけ意識して あつ森自体のゲーム性が微妙になっちゃう開発はしないように心がけました。 多分それをやると自分の島なのにストレスを抱えそうなので、 ある程度動きやすい島にするのもオススメかなと思います。 初っ端に道を整備するだけでもだいぶ変わると思いますね。 道の幅は4マス、最低でも3マスにする 道の舗装をした際、 メインとなる道はほぼ全て4マスで固定させました。 なんでこの幅にしたかって言うと、 4マスくらいあると道に余裕があるからなんですよね。 見栄えを意識して2マスくらいで作る人もいると思いますが、2マスって言いかえると人が2人分の幅ですよね。 現実に置き換えて考えると狭すぎませんか? すれ違うだけで肩が当たりそうで ちょっと密です。 1マスは狭すぎるし、3マスは奇数なので左右対称に設置しにくいんですよね。 好みの問題なのでオススメはしにくいんですけど、 個人的には4マスくらいで道を作るのがちょうどいいと思います。 道にマス目を使い過ぎて作れる施設が少なくなるのは難点ですが… なるべく道を曲げないようにする これも好みなんですが、ぐにゃぐにゃしている道だとメチャクチャ移動がしにくいので、僕は かなり真っすぐな道にしています。 例えば、飛行場を出てからの道。 右に真っすぐ行っても海にぶつかるまで真っすぐ走り抜けることが出来ます。 イメージとしては京都市内の碁盤の目みたいな感じ。 かなり移動がしやすい上にスッキリするので、個人的にはかなり好みです。 ごちゃっとした感じでオシャレに見せる手法もあるので「絶対コレがいい!」とは言えないんですが、 スッキリした見た目が好きな人にはオススメですね。 河口がある場所から川を伸ばす 島クリエイターの仕様上、普通の地面しか開発することが出来ません。 砂浜や地面と砂浜の境目などもクリエイト出来ないのですが、島に必ずある河口も開発することはできません。 別にここから川を伸ばさないといけないワケじゃないんですが、 河口付近を埋めちゃうとメチャクチャ見栄えが悪くなります。 この半端に埋まってる感がどうしても許せないので、僕は河口からは必ず川を伸ばしています。 島がオシャレに見える具体的なコツ 上では僕が島を開発した際のポイントを解説しましたが、次は テクニック的な部分に触れていきます。 階段の横に小さい滝 このテクニックは地味に気に入ってるやつなんですけど、 階段の横に1マスの滝を作るテクニックです。 これだけでなんとなくオシャレっぽくなるので、階段が殺風景だなって思ってる人はやってみてください。 ちなみに、 住人がこの小さい滝の部分でも釣りをしてしまうという欠点があります。 平地に柵で囲うのも良いんですが、 崖で囲うと閉鎖的になって特別感が出てくるのが好みですね。 ついでに言うと、針葉樹なんかも使うとされに自然感も増すのでオススメです。 置くだけでオシャレになる家具は置きまくる 僕の場合はマイルで買える「がいとう」を道の角に置いています。 マイルは割と貴重だったりするので大量に注文するとカツカツになってしまうのですが、これを置くだけで道が割とオシャレになります。 とりあえず困ったら街灯を設置しておけばいいかもしれません。 和風な島にしたい場合は「とうろう」とかもオススメですね。 灯ろうはDIYで作れる家具なので、街灯よりも敷居が低いです。 明るさはぼんやりって感じですが、大量に設置すると一気に和風になります。 まとめ:島クリエイターの参考に 僕もかなり初心者の部類なので、メチャクチャ魅力的な島ではないと思います。 ただ、初めて島クリエイターを使う方は僕と同じような意識で作ると割とそれっぽい島にはなります。 島の作り方はマジで無限大なので、「これが正解!」ってわけじゃないんですが、僕と同じような島を作る場合は割と参考になるかなと思います。 ちなみに、僕の島の紹介記事もありますので良ければ併せてご覧ください。

次の

【あつ森】島クリエイターの解放条件と使い方【あつまれどうぶつの森】

あつ森島クリエイターとは

では、何がここまであつ森に夢中にさせるのでしょうか? それはおそらく、シリーズ初実装となる「島クリエイト」機能が大きな要因だと思われす。 そこでこの記事では、あつ森で追加された新機能 「島クリエイト」について詳しくご紹介していきます! Contents• 理想の島をデザイン!「あつ森」の「島クリエイター」ってなに? あつ森最大の特徴が、島を自由にデザインできる 「島クリエイト」機能です。 そして 「島クリエイター」とは、 「島クリエイト」ができるようになる 「工事ライセンス」を得たプレイヤーのことを指します。 ゲーム開始直後は殺風景な無人島ですが、島クリエイターになることで、道を作ったり、川を引いたり、滝を作ったり、自分好みの島に作りかえることができるのです。 あつ森 島クリエイターになる道は遠い! 残念ながらゲーム開始直後は 島クリエイト機能を利用することができません。 ゲームを進行することで解禁されるのですが、実は島クリエイターになるまでの道のりはそう簡単なものではありません。 その上、博物館解放など、 1日ではクリアできない条件も混ざっています。 あつ森島クリエイターデビュー!デザイン方法紹介 長い道のりを経て、ついに 島クリエイターデビュー! この項目では、島クリエイターで実際にどんなことができるのか、何をデザインできるのかを解説していきます。 作れる道の種類は 9種類ありますが、マイデザインで自分の好きなデザインを地面に敷くこともできます。 あつ森では島クリエイターになると、崖を崩したり作ったりすることができるのです。 行動しやすいように道を平らにすることもできますし、逆に崖を拡張すれば高低差を利用した島デザインをすることも可能になります。 水辺があると島のお洒落さもぐっと増しますよね。 あつ森 島クリエイター・マイデザインまとめ どの島クリエイターさんも、個性を存分に生かして自分だけの島をデザインされていますね。 前の項目でも述べましたが、あつ森の島クリエイトの良いところは「絵心やデザインセンスがなくても、配布されているマイデザインを組み合わせることで自分だけの島をデザインできる」という点です。 また、 SNSではたくさんの島クリエイターさんが自身の島を公開されています。 現在、カリフォルニアのロサンゼルスに住んでいます。 私自身、アーティストとして、母として、ここロサンゼルスという地で、日々、様々な体験をさせて頂いております。 みなさんは、ロサンゼルスに行ったことがありますか? ロサンゼルスは、美味しいもの、素敵なもの、美しいもの、食や美のエンターテインな場所であり、訪れる人に刺激を与えますね。 日本人として見えるロサンゼルス、 女性として感じるロサンゼルス、 また、アーティストとして経験するロサンゼルスを、このブログを通して伝えていきたいです。 海外生活に憧れの方、パフォーマーやアーティストとしてご活躍の方々の何か参考になり、そして私のブログを楽しく読んでくださったら嬉しいです。 お気軽にメッセージをくださいね。

次の

<あつ森>島クリエイターアスレチック基礎

あつ森島クリエイターとは

スマホ関連リンク 島クリエイター はじめに• 初心者攻略• キャラ・セーブデータ• 住民キャラ攻略 住民との生活• 住民キャラ一覧• amiiboで好きな住民を呼ぶ• 島づくり攻略 島の基本要素• 理想の島開発• 島での生活攻略 自宅・拠点• DIY・家具• レジャー• タヌポート• 危険な生き物• イベント• スマホの機能• 攻略データベース 収集• その他の要素• 製品・グッズ情報• 掲示板• ピックアップ攻略• : 含め609種コンプリート! はじめに• 初心者攻略• キャラ・セーブデータ• 住民キャラ攻略 住民との生活• 住民キャラ一覧• 働く住民• 訪問住民• amiiboで好きな住民を呼ぶ• 島づくり攻略 島の基本要素• 理想の島開発• 島での生活攻略 自宅・拠点• DIY・家具• レジャー• タヌポート• カブの売買• 危険な生き物• イベント• (4月1日~12日)• (4月23日~5月4日)• スマホの機能• 攻略データベース 収集• その他の要素• 製品・グッズ情報• 掲示板• Wiki編集に困ったら• 外部リンク•

次の