うっかり 類語。 うっかり八兵衛

うっかり八兵衛

うっかり 類語

スポンサーリンク 「失念(しつねん)」の意味は? まず最初に 「失念(しつねん)」の意味について見ていきましょう。 「失念」は 「しつねん」と読む名詞ですが、通常は 「失念する」という動詞の形で用いられます。 次に「失念」を構成する漢字をみていきましょう。 「失」は形声文字で、人の手と「乙」という意味を示す字形からなっています。 「乙」は「逸」と同じく、「ある場所から抜け出す」という意味を持ちます。 すなわち「失」は「手から物が抜け落ちる」という意味を示す字です。 ここから「失う」、「なくす」といった意味に推移したと考えられます。 なおこの字の音は元来は「イツ」でしたが、次第に「シツ」に変化したとされています。 ただ一説には、「失」は「乙」という意味が最初にあった会意文字だとも考えられるそうです。 一方「念」は形声文字です。 「今」という字が音を、「心」が形を表しています。 「今」という字には、そもそも「時間を止めて、押さえている状態」という意味があるとされます。 このため「念」は、「昔から現在まで、いつも心にかけて、固くとどめている」状態を示す漢字です。 ここから転じて、「考え」や「思い」、「心にとどめ置くこと」や「心を込めて読むこと」といった意味合いを示すようになりました。 このように 「失念」は、 「考えや思いがなくなる」という趣旨を表します。 すなわち 「覚えていたはずのことを思い出せないこと」や 「うっかり忘れること」といった意味合いの言葉です。 このほかに、「失念」には仏教用語としての意味もあります。 これは仏教でいう「煩悩」のひとつとされ、「物を忘れ、気づきを失った心であり、仏法の理論や仏法の言葉を忘れたりすること」や「心を散乱させてしまうこと」、あるいは「記憶を妨げる心の作用」を示すとされます。 いずれにしても 「覚えていたことを忘れる」という大本の意味合いとしては同じ用法だといえるでしょう。 「失念(しつねん)」の使い方は? 次に 「失念」の正しい使い方について見ていきましょう。 「失念」はビジネスシーンや一般的なやり取りでは、 「忘れてしまった」ことを表す敬語の表現だといえます。 スポンサーリンク 取引先などと申し合わせた約束や、持参するべき資料を忘れた際などに、相手に対して丁寧に謝罪する場合に使用されます。 口上でも文章でも用いられる表現ですね。 ビジネスの場では 「うっかり忘れた」、「不注意でミスしてしまった」ことをわびる言い方が一般的です。 例えば「サンプルを持参するのを失念しておりました。 すぐに別の者に持ってこさせます」といった用法です。 「ものごとの記憶をなくす」といった表現では、非常に普遍的に使われる「忘れる」がありますが、「失念」との違いは何でしょうか。 「忘れる」は、「さっきまで覚えていたのだが、うっかり頭から消えてしまった」というニュアンスと、「あることを意識の中に置かず、意図的に気にかけない状態」という意味合いと、両方の場合で用いることができます。 つまりは「記憶をなくす」ことを幅広く示す最も平易な言い方だといえます。 例えば、前者では「あ、傘を電車に忘れてきてしまった」、後者では「楽しすぎて時がたつのを忘れた」といった用法です。 これに対し「失念」は「うっかり忘れ」の意味合いが強い表現です。 そしてそのことを丁寧に、あらたまった形で言い表す言葉だといえます。 「失念(しつねん)」の類語と例文を教えて? 最後に 「失念」の類語と例文をご紹介したいと思います。 まず「失念」の類語には次のようなものがあります。 ど忘れ• 置き忘れ• 物忘れ• 見忘れ• 見逃し• 聞き逃し• うっかりした• ぼんやりした• 気づかず などがありますね。 「失念」の例文としては次のようなものが挙げられます。 お名前を失念してしまい、まことに失礼いたしました。 お約束を失念していたわけではないのですが、急用が立て込んでしまいお伺いできず、申し訳ありませんでした。 「失念」の類語と例文をまとめてご紹介しました。 ビジネスシーンなどで活用する場合は是非、参考にしてください。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「失念(しつねん)」の 意味と正しい使い方、そして類語と例文について詳しくご紹介しました。 主にビジネスシーンなどで凡ミスをしてしまったり物事を忘れてしまった場合にお詫びをする意味で使う言葉ということが分かりました。 職場などで出来ることなら使うのは避けたい言葉だと思いますが、もしそのような場面になった際は参考にして頂けたらと思います。

次の

うっかり八兵衛

うっかり 類語

「ついうっかりやってしまった」なんて表現をされるうっかりですが、この言葉は現代日本でも多用されるのでなんとなく意味と使い方を幼いうちから理解して周りの人たちと同じように多用するようになってしまう単語の一つなっています。 しかし、当たり前のように使う言葉なので、改めて辞書を使って意味を調べたりする人も少ないでしょう。 「うっかり」の意味について 「うっかり」の意味は注意不足で意識することなく行動をとってしまう様子や放心している様子を意味しています。 非常にわかりやすく説明文も1行か2行あれば終わってしまうような内容です。 このように簡単な意味なので幼いうちから当たり前のように使うことができるのでしょう。 また、辞書によっては心を惹かれて見とれてしまう様子という意味を記載していることもあり、私たちが使ううっかりとは多少異なる意味もあると説明しているものもあります。 今では悪いイメージが強い 昔は何か素晴らしいものを発見したときに心が奪われている様子を表す言葉としてもこの「うっかり」が使われていましたが、現代日本では心が離れてしまうことで何らかの悪いことが発生してしまうときの言葉として使われるのが主流です。 実際の使われ方でも「ついうっかり寝坊してしまって遅刻してしまった」とか「本に夢中になってうっかり電車に乗り遅れてしまった」とか「カッとなってうっかり殴ってしまった」といった何らかの問題が発生したときの言い訳で使うようになってしまいました。 このような使われ方から人によっては「うっかり=悪い何かが起きている」というイメージが定着しているので、この言葉そのものを嫌っている人もいます。 そのため謝るときについつい使ってしまうとそれだけで心証が悪くなるケースもあります。 注意しましょう。 「うっかり」の使い方について 使い方もシンプルで「うっかり口を滑らせてしまった」とか「ゲームに夢中になっていたらうっかりして時間に遅れてしまった」とか「ついうっかりしている間に回答権が自分に回ってきていた」という何かに注目した結果、本来やるべきものをおろそかにしていた様子を表すときに使います。 何かやらかしたことがあったときの理由付けとして「ついうっかり乗り越してしまって」とか「油断していたのかうっかりと秘密をしゃべってしまって」という表現をすることもありますが、何かをおろそかにした時に使う表現だと理解しておけばそれだけで使いこなすことができる言葉となっています。 「うっかり」の類語・言い換え 「うっかり」という表現は何かやらかしたことがあったときの理由付けとして用いられることもかなり多いので、この言葉そのものを嫌っている人もいます。 悪印象を最初から持たれている言葉は使い勝手がいいとは言えないので、置き換えてやり過ごすといいでしょう。 置き換えることができれば、悪いイメージも多少薄らぎます。 勢いで言葉に発する前に頭の中で整理して類語に置き換えてから発するトレーニングをすると人生がほんの少しだけ楽になります。 思わず 「うっかり」とは説明したように注意不足で意識することなく行動をとってしまう様子や放心している様子です。 そして使い方は「うっかり口を滑らせてしまった」となりますのでこれをそのまま言い換えれば「思わず口を滑らせてしまった」となります。 同じようなニュアンスになりますので、言い換えとしては適切でしょう。 いわゆる注意不足のために意図せずに物事が進んでしまうさまになりますので、「思わず~してしまった」という表現は「うっかり~してしまった」という表現と一致します。 ただし、思わずには「そのつもりではないのに」という意味のほかに「無意識に」という意味がありますので、その場合は「うっかり」とは多少意味が違います。 「ゲームに夢中になっていたら思わず時間に遅れてしまった」という表現は無意識ではないので、適切とは言えません。 あくまで「そのつもりではないのに」という意味の「思わず」が類語となります。 ついなど 副詞である「つい」もそのつもりがないのに実行してしまうさまを表しますのでうっかりの類語となっています。 辞書で調べてみても「つい」の説明文には思わずやうっかりという言葉で端的に表現されていることがあります。 使い方は「つい話し込んでしまった」となりますので「うっかり話し込んでしまった」という表現は問題なくフィットすることができます。 ただし、「ついさっき連絡があった」といったごく最近発生した何かを表すときに使う「つい」とは異なりますので、注意してください。 類語は大量にある それ以外には、ぼんやりして・ボーっとして・注意不足で・勢いあまって・思いがけず・悪気なく・偶然に・意図せず・誤って・知らずに・何気なくなどが類語となりますので、ぴったりするような言い回しを自分で考えて言葉を拾っていきましょう。 「うっかり」の漢字 浮くからの変化 うっかりは「浮く」という動詞からの変化なので、漢字で書く場合には「浮っかり」となるのでしょう。 しかし、このような言葉は登録されていないので漢字変換はできないと考えたほうがいいです。 特に後者は「たらたら」や「ふらふら」という言葉と同じような変化となっていますので、納得できる変わり方でしょう。 この「浮く」という言葉も浮ついてフワフワしていて安定していない様子を表しているので、うっかりへの変化も納得できるものがあります。 「周囲から浮く」という言葉も周りの人たちと馴染んでいないさまを表す言葉なので「うっかり」に近いものがあります。 浮くという言葉の使い方から考える このように「うっかり」という言葉はわかりやすく使うタイミングもつかみやすいのですが、この言葉を敬語にすることは可能なのでしょうか。 丁寧語 「うっかり」という表現を変化させることはできないので、丁寧語に変化させる場合にはその前後でどうにかするしかありません。 「うっかり」は「うっかりする」という使い方になりますので、「する」を丁寧語の「します」に変換する必要があるでしょう。 ただし、この「うっかりする」という表現は現在起こったことに対して用いるものではないので基本的には過去系の変化として用いる必要があります。 具体的には「うっかりしてしまった」という表現です。 通常の「する」ならば「連絡する」を「連絡します」という変化でいいのですが、「うっかりする」を「うっかりします」と変換しても、これからわざと「うっかりする」という意味不明な表現になるので使えません。 意図せず引き起こすから「うっかり」なのであって、意識していたらそれは別の言葉です。 「うっかり」という言葉を使っていることわざはほぼほぼ存在しませんが、うっかりしている状態を注意するためのことわざやその状態を表すことわざは大量に存在します。 ので一例を紹介します。 うっかりしている人への注意 例えば、うっかりしている人を注意するために「揚げ足をとられるぞ」ということわざを使うことがあります。 これは「ちょっとした失敗を取り上げて相手を責める」という意味で、ボーっとしている人を注意するときに使われることがあります。 うっかりしてミスをしていることわざ また、「問うに落ちず語るに落ちる」ということわざは人からいくら聞かれても秘密をもらさないと努力していても、自分からいろいろと語っているうちにうっかり秘密をもらしてしまうという意味で、うっかりしている人に当てはまることわざとなっています。 「うっかり」は使いやすい.

次の

「失念(しつねん)」の意味と使い方は?類語と例文も気になる!

うっかり 類語

仕事における単純なケアレスミスをなくす方法を考える前に、ケアレスミスとなる原因を探しましょう。 ケアレスミスとなる原因の中には、メールのタイピングミス、仕事に必要な備品の忘れ物、単純な伝達ミスなどあります。 これらが原因で起こるケアレスミスは、いつ起こるかは解りません。 笑って許されるうっかりミスなら良いですが、それが重大なミスを呼んでしまうかもしれません。 こうしたうっかりミスが起きてしまうのは、何が原因なのでしょうか。 ケアレスミスをなくす方法を見る前に、まずはその原因を知りましょう。 ケアレスミスの原因は複数案件の同時進行が多数 仕事でのケアレスミスの原因は「うっかり」という心の油断から起きてしまうケースがほとんどです。 普通にしていれば何なくできる事なのに、あれこれ自分で仕事を抱えていることが原因で、うっかりミスになるのです。 そうしたミスが起きる原因の一番は、やはり「仕事量」ですよね。 仕事の案件をあまり多く抱えすぎるのもミスが増える原因ですので、仕事量を少なくすることも考えましょう。 そうすれば、うっかりミスも見落とすことが減るでしょう。 仕事でケアレスミスをしてしまう人の特徴とは? 仕事のケアレスミスは笑って許されるミスもあるかもしれません。 が、ケアレスミスをなくすことなく、小さなミスが積み重なってしまうと「またアイツか!」と言われるようになってしまいます。 結果的にケアレスミスが原因となって信頼を失ってしまうかもしれません。 うっかりケアレスミスをしてしまう人には、どのような特徴があるのでしょうか。 上司からの指示などを後周しにする人は、結果的にそれを忘れてしまう場合が多く見られます。 ケアレスミスをなくすためには、効率を重視するのも確かに大事な事ですが、言われた事は、できる事からサクサク片付けた方が良いケースもあるという事です。 例えば、朝の時間にギリギリの時間まで寝ているなど、忘れ物や寝過ごしなどのケアレスミスをしやすいです。 時間の余裕、心の余裕があるほど、ケアレスミスは少なくなるものです。 ケアレスミスをなくすためにも、日頃から余裕を持つよう心がけましょう。 例えばクライアントにメールを送る時には、タイピングミスが無いかどうかをチェックすると思いますが、それと一緒です。 細かくメモを取る、声に出して再確認をする。 基本的な事ですが、そういう事がケアレスミスをなくす結果につながります。 まだあった!ケアレスミスを犯す人の典型的な5つの特徴! 上記以外の特徴にも、ケアレスミスをする人の典型的特徴があります。 仕事でケアレスミスをなくす方法は? ケアレスミスをしてしまう人の特徴について見ていきました。 それでは最後に、仕事でケアレスミスをなくす方法について見ていきます。 これを参考に、仕事でよくケアレスミスをしてしまう人などはなくすように行動していきましょう。 ケアレスミスをなくすことで、指摘を受ける回数も減り、仕事の評価も上がりますよ。 例えばクライアントにメールを送る時には、タイピングミスが無いかどうかをチェックすると思いますが、それと一緒です。 確認することで、ケアレスミスをなくしていきましょう。 細かくメモを取る、声に出して再確認をする。 基本的な事ですが、そういう事がミスをなくす方法につながります。 社会人としてやってはいけないのは、同じケアレスミスを二度以上繰り返す事です。 それを防ぐ為には、一度してしまったミスを覚えておく事です。 また、ケアレスミスをなくすためには、何かのメモなどに書き留めておくのが効果的でしょう。 もちろん、他の人がしたミスを書き留めておくのもケアレスミスをなくすためには効果的です。 このうっかりミスをなくす方法も、いろいろな場面で応用してみてください。 気にしすぎないことが大事!万一ケアレスミスをした場合は事後対処を ケアレスミスをすると、その分だけ信頼が下がってしまいます。 スピード重視のタイプ、正確さ重視のタイプ、バランス型のタイプ。 自分に求められている仕事のスタイルは何なのかを把握する事も非常に大切です。 ケアレスミスはしないに越した事はありませんので、うっかりミスをなくす方法を知る事は大切です。 しかし、ケアレスミスが起きてしまう事はあります。 そうした時には、その後の対応もしっかりする事が大切だと覚えておきましょう。 仕事でのうっかりミス・ケアレスミスをなくす方法は「マメな再確認」と「メモを工夫する」の2点! 仕事における単純なうっかりミス・ケアレスミスをなくす方法を見ていきましたが、いかがでしょうか。 ケアレスミスが発生するのには、いくつかの原因がありますが、それを引き起こす人にも共通の特徴があることが分かりました。 ケアレスミスをしてしまうと周りに迷惑がかかってしまいますし、上司からため息がもれてしまいますのでなくす努力をしていきましょう。 またケアレスミスをなくすには、日常から時間や気持ちに余裕を持つ事が大切になってきます。 確認とメモの2点に注意して仕事を進めましょう。

次の