ふるさと納税 ふっこう割。 「ふっこう割」とは|国の宿泊助成制度・Go Toキャンペーンなど、新型コロナの観光復興支援情報も紹介

過度な返礼品がブームに 忘れ去られた「ふるさと納税」本来の意義

ふるさと納税 ふっこう割

被災地農家応援レシピとは? 被災地農家応援レシピのはじまりは、南仏ニース在住の神谷シェフのツイート。 本当に本当にできれば、でよいのですが、お菓子教室取られてる皆さまも、そうでない人も。 被害に遭われた農園のりんごをまだ買えるならそこで買ってタルトタタン作ってくれたらちょっと嬉しいです。 たくさん消費できるので。 もれなくレシピ渡したいとこだけど確認できないしどうしようw — Takayuki KAMIYA Taka09KMY このツイートが広がったことで、プロの料理人やパティシエの方々が「 被災地農家応援レシピ」のタグを付けて被災地の特産品を使ったレシピを投稿するようになりました。 りんごのレシピが多いですが、落花生やカブなどのレシピもあります。 神谷シェフのポトフを作ってみたら美味しすぎた…!! 野菜ってこんなに美味しかったっけ😳素材の味が溶け込んだスープが最強に美味しい。 お肉もほろっほろ。 わけあり農作物を買えるの? 「被災地農家応援」と聞くと、被災して売り物にならなくなった作物を買って支援しようという話かと思うかもしれません。 しかしこの「被災地農家応援レシピ」はそういう主旨ではなく、「被災地の特産品をたくさん買ってたくさん消費しよう」という動きです。 そのため、被災地農家応援レシピのお料理やお菓子を作ることが、いますぐ被災地の方への支援になるわけではありません。 しかし、特産品がたくさん売れれば被災地に入るお金は増えていきますし、「 被災地農家応援レシピ」のタグに美味しそうなお料理やお菓子が並ぶことは被災地の農家の方々を勇気づけることになると思います。 やっぱり直接応援したい! ニュースを見ていると、売り物にならない大量の野菜や果物が廃棄されている様子を目にします。 それを見ると、 やっぱり買って応援したい! 傷があってもいいから、出荷できない農作物を直接売ってほしい! と思うのですが、やはり直接取引は難しいです。 農家さん側の契約の問題や詐欺のリスクもありますし、「傷があってもいい」の認識の違いでトラブルになることも考えられるからです。 募金・ボランティア以外の方法で直接支援したい場合は、下記のような方法があります。 ふるさと納税 (画像出典)shutterstock 返礼品がもらえるお得な節税方法として知られる「ふるさと納税」ですが、本来は応援したい自治体に寄付する制度。 被災地の自治体へふるさと納税することは、被災地にお金を直接届ける支援と言えます。 また、「代理寄付」といって被災していない自治体が被災している自治体の代わりに寄付を受け付けて届ける仕組みのふるさと納税もあります。 民間のふるさと納税サイトに特設ページがありますので、そちらで確認してください。 ふるさとチョイス災害支援 ふるなび災害支援 さとふる災害支援寄付 被災地を旅する 宮城・松島海岸(画像出典)shutterstock ライフラインは復旧して日常を取り戻しているのに、観光客が戻ってこない。 地域によっては、そんな悩みを抱えている被災地もあります。 ですから、被災地を旅先に選ぶことも直接支援のひとつです。 さきほど紹介したふるさと納税を利用して旅することもできますよ。 また、政府が被災地への旅が安くなる「ふっこう割」を実施することもあります。 などの旅行サイトで配布されます。 お得なクーポンはあっという間になくなってしまいますので、ふっこう割を利用したい場合は各社のメルマガを購読するなど普段から情報収集しておきましょう。 クラウドファンディング(CF) 沖縄・首里城(画像出典)shutterstock クラウドファンディング(CF)は、最も直接的に被災者の方を支援する方法。 クラウドファンディングのサイトで「被災」で検索すると、かなりの数の募集が見つかります。 CAMPFIRE しかし直接支援する分、誰にいくら支援するのかを見極める必要があります。 クラウドファンディング(CF)についてはサイトの運営者の審査が入るとはいえ、本当に信頼できる人かどうかの最終的な判断は支援者自身に委ねられます。 クラウドファンディングの意図がきちんと説明されているか• オーナー(募集している人)の素性がわかるか• リターン(お返し)の設定を妥当だと思えるか などをまずはチェックしましょう。 慣れないうちは、すでに多くの支援者がいるクラウドファンディングを選ぶ、というのもひとつの目安になります。 自然災害ではないですが、先日焼失した首里城再建のクラウドファンディングは、「ふるさと納税」として那覇市が募集しています。 自治体主催も、安心ですね。 復興支援と同時に災害への備えを (画像出典)shutterstock 被災地の特産品を、食べて応援。 美しい景色のある被災地へ、旅して応援。 支援者側にもおいしく楽しいメリットのある、応援方法です。 しかし、自分もいつ被災者になるのかわからないのが今の日本。 支援すると同時に、災害に備えた準備も重要です。 ちなみに台風被害を受けた千葉県の木更津市のふるさと納税は、真空パックのお米が返礼品。 同じく千葉県の八千代市は、非常食のリゾット。 熊本地震で被災した宇城市は、フリーズドライのお味噌汁です。 非常食を返礼品にしている自治体にふるさと納税するのも、いいかもしれません。 1日も早い被災地の復興と、新たな大災害がないことを祈ります。

次の

2019年3月 北海道復興割引・ふるさと割・プレミアム旅行券・宿泊クーポン一覧:全国プレミアム付き宿泊券ナビ

ふるさと納税 ふっこう割

ふるさと納税でお得な返礼品が揃うことでも有名な宮崎県都城市は、市内の名物グルメ・特産品を通販サイト「極上!みやこのじょう」にて10%割引で販売します。 新型コロナウイルスの感染拡大や「緊急事態宣言」の発出により、観光客を失ったホテルや飲食店の休業が相次ぐなか、本来販売や納入されるはずの多くの特産品が販路を失っています。 都城市は、通販サイトにて1割引クーポンを配布し、これらの商品を詰め合わせて市場の復興を願った「福袋」ならぬ『復袋』を全国に向けて販売し、生産者や食品製造事業者への支援を行います。 本記事では、復興商品の紹介と合わせて都城市のふるさと納税についても合わせて紹介します。 「極上!みやこのじょう」公式サイトより 長引く新型コロナウイルスの影響は、ホテルや飲食店を直撃、多くの店舗が自粛休業に追いやられています。 本来であればそこに納入されるはずだった肉や野菜、果物など多くの特産品が行き場を失いました。 食べ物には「旬」があるため、このまま売れなければ廃棄せざるを得ません。 都城市は、できる限り廃棄をなくして、長い歳月をかけて育ててきた生産者や食品関連事業者を救いたい。 そんな想いで復興支援に動き出しました。 新型コロナウイルスの影響でイベント中止や外出自粛が続く中、宮崎県都城市でも、行き先のない過剰在庫の大量発生により困っている生産者や食品関連企業が増えています。 困っているがんばる事業者を助けたい。 心をこめてつくられた都城の美味しいものを味わってほしい。 そんな思いから、「みやこのじょう!復袋!」をつくりました。

次の

「九州ふっこう割」

ふるさと納税 ふっこう割

この LINEポイントというのは先程と同じウォレットの中にある LINEポイントから利用でき、様々なサービスに交換することができます。 察しのいい皆さんはもうお気づきかもしれませんが、今回の裏ワザは、 ふるさと納税をする際に LINEショッピングを経由する これだけです。 ふるさと納税の還元率は驚異の 70 %に! LINEショッピングでは、定期的に下記のようなサービスが行われています。 こちらのようなバナーが出ているときに、リンク先をタップすると、キャンペーンのボーナスポイントを獲得することができます。 このボーナスポイントが尋常じゃないんです。 このキャンペーンではなんと、10万円の利用をすると2万ポイントがバックされます。 10万円を納税すれば5万円相当の返礼品と2万ポイントのバックで、なんと70%も税金を取り返すことが出来るんです。 キャンペーン利用時の注意点 LINEショッピングはこのように定期的に大型キャンペーンを実施しています。 しかし、この条件を満たすには注意点があるので注意してください。 ふるさと納税は納税であり、消費税はかかりませんので、記載金額のとおりに購入すれば問題ありません。 しかし、金額が足りなかったり、ふるさと納税の控除額上限で目標利用額に届かない場合は、 Yahooショッピング等で決済する不足分を補う必要があります。 上記同様、Yahooショッピング等で不足分を補う場合には、 購入時にポイントを利用してしまうと、その金額は利用金額に含まれませんので十分に注意してください。 楽天以外のサービスで利用金額を満たす必要があります。 個人的にはYahooショッピングがおすすめです。 お得な情報を活用して、自分のために使えるお金を創る! いかがでしょうか。 私もこの方法を用いて10万円分のふるさと納税を行い、 5万円のギフトカードと 2万LINEポイントをGETできました。 こちらの方法はまた別記事にてまとめたいと思います。 この知識を利用するだけで、ふるさと納税をしない場合と比べて、5万円の商品券と沖縄往復のチケットをタダでゲットできてしまいます。 ちょっとの行動で大きなリターンを得ることができるふるさと納税、みなさんもぜひやってみてくださいね! それでは!.

次の