自転車 マップ アプリ。 自転車ナビアプリのおすすめ人気ランキング9選【初心者から上級者向けまで】

自転車ナビアプリのおすすめ人気ランキング9選【初心者から上級者向けまで】

自転車 マップ アプリ

マイル表示をキロメートル表示に変更するぐらい設定項目から変更できるだろうと思ったけど、僕が見てみた限りではそういう設定項目もなく。 機能的には良い感じだからこのマイル表示だけが(無料版については)残念なポイントでした。 有料版が高い! 無料版だとどうしても広告が入ったり機能が制限されたりするので、気に入れば有料版にしたいと思うのですが、このストラバに関しては有料版がとても高いです。 なんと、月額960円。 これは本気の人しか割に合わない価格だなと思います。 ただビジネス的にはこれが正しいやり方なんでしょうね。 買い切りで数百円の有料アプリを売るより、ごくごく一部のハマっている人に月額960円を淡々と毎月払い続けてもらう方が運営も楽だし儲けもはるかに大きそうです。 次にサイクルメーターを使ってみました。 正直、このアプリには使用中に何度かイライラしちゃいました。 過去の記録を見返しているような場面で全面広告が出るならまだ許せます。 そういう時というのは落ち着いてアプリを操作している時ですから。 でも「さあこれからスタートだ」という、記録を開始しようかというタイミングでいきなり操作の途中に全面広告が出てくるのは「うざっ!!」度がかなり大きいです。 「ストップウォッチが動き出したの確認してからスタートしたのに何だこれ!」というイライラ感がここでも湧いてしまいました。 そして最後、走った後に記録を見返してみると、そこでも一点気になることが。 『最高スピード』の項目が『時速40. 00km』となっていた点。 これが絶対に間違いだとは言えない、確かに距離30mぐらいの、速度の出る下り坂は途中にあったはあったんですが、ん〜どうだろう。 あんな橋の下をくぐるだけの短い距離で時速40kmにも達するものなのかどうか??? ちょっと精度に疑問を感じちゃっています。 もしかしたら正確だったのかもしれないけれど。 個人的にはこれが一番気に入りました。 機能面で不足なく、無料版で出る広告も操作の邪魔にならず、さらに有料版も他に比べたら激安で、一度使ってみて「これ一択だな」という感じがしました。 有料版の価格で比べて一番安いと、機能面で他に劣るかのような印象を受けてしまうかもしれません。 でも、そもそもサイクリングの記録をする上で求められる機能なんてそんなにあれこれあるわけじゃなく、機能面に関しては今回使ってみた3アプリで特に違いがありませんでした。 (細かいところを見ていけば違いはあるでしょうけれども、おおよそ同じ機能が揃っているように見えました) むしろ、このランタスティックの方が優れている点が目につきました。 それは地図表示の選択の多さです。 ストラバの地図表示には「標準」「サテライト」「ハイブリッド」の3種類の表示形式があって、特に「ハイブリッド」がいいな、これ便利だなと思ったのですが、それがこの ランタスティックの場合はその3種類の表示に加えてさらに「サイクルマップ」「ストリートマップ」「オフライン地図」がありました。 このどうってことないように思える、当たり前に表示されていてほしい情報が、他のアプリでは表示されませんでした。 さらに、それぞれの走行記録に対して「ちょっとしたメモ」もランタスティックだと書き添えておくことができます。 走りやすい道だったかどうかとか、危険の有無とか。 記憶だけに頼らずメモを残しておけるのは、長い目で見たときにきっとサイクリングライフに役立つんじゃないかなと想像します。 有料版が買い切り500円という激安 無料版の時点で一番良いと感じたこのランタスティックが、有料版においても価格面で他を圧倒していました。 他がサブスクリプション形式の課金なのに対し、このランタスティックは一度きりの課金で、しかもその価格自体も他のアプリの月額・年額よりも安い「500円(記事執筆時点)」です。 『Runtastic』という一種のブランドがこの種のアプリの中で確立されていて、兄弟アプリでの収益もあるからこそできる安い価格設定なのでしょうか。 とにかく先に他のアプリの高い料金を見ていたせいもあってこの安い価格設定には驚きました。 ライトユーザーにとっては一番嬉しい料金設定じゃないでしょうか。

次の

自転車大好きマップ サイクリング情報を誰でも書き込める地図

自転車 マップ アプリ

Googleマップ ナビ開始 徒歩ルートで自転車移動をするなら 徒歩ルートを選んだ場合、時間予測は正確ではありません。 実際に上記の画像を参考にすると、5. 1kmで1時間かかる計算になっています。。。 ですのでこの時間を基準に自転車での所要時間を計算しましょう。 また注意点として徒歩の場合は階段や横断歩道橋などが入っている場合がありますのでその点は注意しましょう。 徒歩ルートを自転車の時間に換算するには 徒歩の場合時速5km程度で計算がされています。 つまり上画像を参考にすると、徒歩で1時間なので自転車だと20分程度で到着を見積もりとします。 もちろん道路の状況によって前後はしますが大きくずれた時間にはならないかと思います。 徒歩ルートで自転車移動をするときの注意点 自転車に乗りながらスマホの操作はやめましょう 自転車に乗りながらスマホを操作は道路交通法上違反となります。 スマホをハンドルに固定するものもありますのでそういったアイテムを手に入れてナビを使うようにしましょう。 以下のような商品だったら1000円代〜2000円程度で購入ができます。 Googleマップ以外で自転車ルート検索できるアプリやサイト Googleマップが無料にも関わらずあまりにも便利すぎるため、ほとんどのケースでGoogleマップを利用することになるかもしれませんが、他にも世の中には自転車ルートを検索する方法が存在します。 Navitime URL: NAVITIMEには自転車版のルート検索アプリがあります。 ただ無料会員ではルートの表示のみとなりますので、月額200円の有料会員になると豊富なルートパターンの表示と推奨ルートの表示ができます。 また距離が短い、坂道が多い、少ない、大通り優先、裏通り優先などかなり細かくルートを検索することも可能。 ゼンリンいつもNAVI カーナビや徒歩、電車、バス移動に役立つアプリとしての認知が広いですが、自転車用のルート案内もできるアプリです。 同じく月額300円の有料会員になる必要はありますが、瞬時に推奨ルートの表示を行ってくれナビもしてくれます。 また音声ガイドだけではなく、バイブレーション機能もあるのでスマホ画面をチェックする必要もありません。 ルートラボ URL: サイクリングコースや自転車のルート検索をウェブ上の地図に描けるサービス。 リアルタイムに使うというよりはツーリングのコース予習に重宝されています。 ルート上にコメントを残したりできます。 untastic Road Bike こちらはサイクリング通には有名なアプリです。 無料版と有料版が存在します。 無料版は現在地、走行距離、走行ログ、最高速度や平均速度、消費カロリーなどサイクルコンピューターが出してくれるような数字を出します。 有料版に関しては、30㎞範囲のオフライン地図やスマホとの連携、自動一時停止や紅梅殿計測など嬉しい機能が盛りだくさん。 自転車大好きマップ 全国版 URL: 地図情報が圧倒的な自転車乗り向け用の地図サイドです。 自転車乗りには嬉しい、駐輪場やトイレ、坂や公園を表すアイコンが晴れたり自分なりのサイクリングマップを作れます。 またサイクリングの記録をして他ユーザーとの共有もできるなど、掲示板も活発なのでサイクリング仲間を見つけるのにも良いです。 bikemap. net URL: 世界中のマップを対象に自転車用のルートを作成/検索できるサービスです。 自転車ルートは61万件を検索できるのですが、基本的には海外を走る人にとって使い勝手の良いサービス。 キョリ測 キョリ測は簡単に目的地までの距離と所要時間を計測してくれるものです。 初心者の方で気軽に距離だけを測りたい方にはオススメです。 Googleマップが便利だが他のアプリとの併用でもっと便利に Googleマップが無料な上に豊富な機能があるのでベストな選択肢と言えますが、他のアプリと併用することでもっと便利に使うことも可能です。 また有料版でもよければ一気に選択肢は広がりますので、どのような用途でナビ機能を使いたいかでサービスを選んでください。

次の

自転車大好きマップ サイクリング情報を誰でも書き込める地図

自転車 マップ アプリ

ご意見・ご感想も多くいただき、改めて地図サービスは注目されるコンテンツだと実感した。 同時に自転車乗りと地図の関係も、昔と大きく変わったなぁと思ってしまった。 たとえば子どもの頃、ちょっと遠くの街にサイクリングしに行ったとき。 僕は小ぶりだけど丈夫な地図を携えていった記憶がある。 でもそれは、そんなに懐かしいものでもない。 ガーミンの「Edge 705」が登場するまで、ロングツーリングに出かけるときはコピーした地図を折りたたんで走っていたのだ。 いまだってGPSサイコンを持たずに200~300km走れる人は走り慣れている人だろう。 行く先々、コンビニで地図帳を立ち読みという猛者もいるのはさておき、多くの人は、事前の予習でルートを引き、道中はそのルートにアクセスでき、事後はログ管理が行える地図サービスを使いたがるものである。 ツーリングの予習/復習に重宝されている。 GPSデータをインポートしたり、ルート上にコメントや写真を貼ることが可能。 また、公開されているルートは地名から検索したり、自分がルートに含めたいエリアを地図上で指定すると、そのエリアを通過するルートが探せる「地図から検索」機能もあり、コースプランに悩んだら使ってみたくなるだろう。 サイクリングコースや道案内などのルートをウェブ上の地図に描ける。 ドライブ URL: Yahoo! JAPANの自動車/ドライバー向けサービス。 「ルート作成」機能では、出発地から到着地までの道順をクリックで繋ぐことができる。 投稿されたルートは「みんなのルート」として検索でき、よく検索されているワード欄に「サイクリング」「自転車」がある。 ちなみに「自転車」で検索すると1760件ヒット(2012年1月現在)。 おおよそのルートはルートラボで網羅してしまうとは思うが、もし気になる場合はこちらも参考に。 Yahoo! 電車、車、徒歩のルートが選べるが、ロードバイクならば車の走行に設定しよう。 オプションを表示して高速/有料道路を使わないように指定しておくことも忘れずに。 目的地まではテキストによるルート案内があり、距離の目安がわかるのも便利。 また、到着地の天気を知りたいなら、世界各地に設置されているウェブカメラにより、現地で過去1時間以内に撮影された画像を見ることも可能だ。 方法としては、地図右上の囲みをクリックして「ウェブカメラ」という項目を選択すると、付近に設置された画像が表示される。 北海道から沖縄まで、全国の都道府県道を地図上に表示するサイトだが、シティライドでもツーリング先でも、行く先々の道を確認できる。 操作方法としては都道府県を選択し、任意の号線をクリックすれば地図上にルートが浮き出る。 ただそれだけの機能だが、まだ訪れたことがない道を散歩するように走りたいときは指標になるだろう。 また、普段何気なく走っている道の正式名称を知る機会になるかもしれない。 まさかいないと思うが、これら日本の都道府県道をコンプリートで走ろうとしている人がいたら相当なチャレンジャー! トップ画面。 「日本の県道ルートを地図上に表示するだけのサイト」と銘打つ潔さに好感が持てる。 主な活用先は土木関係だろうか? 東京都道5号「新宿青梅線」を表示した画面。 ペンをあしらったカーソルでルートを引いたり、駐輪場やトイレ、坂や公園を表すアイコンを貼れるなど、誰でも自分自身のサイクリングマップを作れる。 ショップや飲食店、休憩スポットなど、ポタリングの走行予定/記録を描き、参加ユーザーと共有できる。 サイクリストのための情報交流の場として、コミュニティ情報や掲示板も充実。 まずは自分のテリトリーや自転車通勤のルートを描き、仲間を探してみてはいかが? トップ画面には「環境、健康、観光にいい町を作ろう!」とある。 自転車によるタウンコミュニケーションを実践しようという試みから運営されている 多彩な編集パレット。 のんびり「寄り道」したくなるルートや自転車通勤コースが寄せられている。 走行ルートの距離は、CO2削減量に換算して「ペダルマイレージ」としてマップに表示。 そのほか、各種スポットも写真とともに登録でき、ユーザーの投稿と編集が織りなすクチコミサイトと呼んでもいいだろう。 いまのところアーカイブされているのは関東がメインで、その他の地域の情報が少ないのが残念だが、こうした草の根のサービスが全国に広がるのを応援したい。 名前の通り、グリーンで統一されたトップ画面。 自転車=エコというメッセージは掲げられやすいが、地図という形でアクティブに発信している団体は希少だ ユーザーから投稿された「多摩川サイクリングロード~東京湾」ルート。 com Track creator URL: iPhoneアプリ「GPSies」をリリースしているメーカーが提供するクラウドサービス。 サイトの一部は日本語化されている。 ルートを描くのは「ルートラボ」が扱える人なら簡単。 速度とペースを設定したり、地図も航空写真を使えたりと機能も豊富だ。 エクスポートする際にはさまざまなファイル形式(Edge 500対応のCRS形式など)を選べる。 ちなみにルートラボはGPSポイント8000点以上のファイルは保存できないが、GPSies. comではポイント数が多い場合、自動的に間引いて取り込んでくれる。 そのため、超ロングライドの記録を残したいときにはオススメだ。 net URL: 世界中のルートを作成/検索できるサービス。 自転車ルートは61万件を検索できるほか、ジョギング、ハイキング、インラインスケート、オートバイでの移動ルートにサイトが分かれている。 海外を走る人は使い勝手がいいと思う。 エリア別に分けた台湾の地図から目的地へとクローズアップしたところ iPhoneアプリ画面。 現在地がピンで表示される。

次の