ファイヤー ストレージ。 firestorageのダウンロード

大容量のファイルを送信するには? (firestrage ファイヤーストレージ)

ファイヤー ストレージ

画像を圧縮しておく ファイヤーストレージでは様々なアップロード方法がありますが、沢山の画像(例えば、数十枚~)をアップロードする場合、画像を圧縮して行うことで大幅に時間を短縮できます。 画像の圧縮方法の流れ 今回は、参考例としてWindows7の場合の画像圧縮方法をご紹介します。 (Windows10でも同様の流れで可能です) 圧縮はそれほど難しい作業ではありません。 ご了承ください。 【1】アップロードしたい(相手に送りたい画像)写真を用意します。 【2】画像をまとめる為のフォルダを作成します。 フォルダの作成場所は、どこでも構いません。 以下では、わかりやすくするためデスクトップに作成しています。 【3】作成したフォルダの中に、画像を格納します。 【5】圧縮ファイルが作成されます。 【6】「ファイルをアップロード」にチェックをいれます。 にアクセスし、「ファイルをアップロード」にチェックをいれます。 【7】保存期間を設定します。 (必要であればパスワードも設定) 【8】「ファイルを選択してアップロード」を押して圧縮ファイルをアップロードします。 「ファイルを選択してアップロード」をクリック、または「ファイルをドロップ」で圧縮ファイルをアップロードします。 【9】作成した圧縮ファイルがアップロードされます。 【10】アップロード完了後、ダウンロードURLが発行されます。 アップロードが完了すると、ダウンロードURLが発行されるので、このURLをメール等で相手側に伝えればOKです。 動画での説明はこちら.

次の

無料大容量ファイル転送・オンラインストレージ GigaFile(ギガファイル)便

ファイヤー ストレージ

firestorageの「会員登録なし(無料)」、「会員登録あり(無料)」、「会員登録あり(有料)」の違いをお伝えします。 会員登録なし(無料)• 1ファイルの最大アップロードサービス:250MB• メールサポートあり• 無制限のアップロード数(最大7日間の預かり)• 写真をアップロードできる• photostorageに写真をアップロードできる枚数:150枚• アップロードできる写真のサイズ:15MB 会員登録あり(無料)• 1ファイルの最大アップロードサービス:250MB• メールサポートあり• 無制限のアップロード数(最大7日間の預かり)• photostorageに写真をアップロードできる枚数:500枚• アップロードできる写真のサイズ:15MB• firetoolsの利用が可能(最大4GBのデータの保管が可能)• 海外版とのやり取りが可能 会員登録あり(有料) 「会員登録あり(有料)」は「ライト会員」「プラス会員」「正会員」があり、会員のグレードが上がるごとに利用できる機能が増えます。 ここでは「会員登録あり(有料)」についての説明は省かせていただきます。 次は「」をご覧ください。

次の

ファイヤーストレージの基本的な使い方(写真圧縮~アップロードまでの流れ)

ファイヤー ストレージ

firestorageの「会員登録なし(無料)」、「会員登録あり(無料)」、「会員登録あり(有料)」の違いをお伝えします。 会員登録なし(無料)• 1ファイルの最大アップロードサービス:250MB• メールサポートあり• 無制限のアップロード数(最大7日間の預かり)• 写真をアップロードできる• photostorageに写真をアップロードできる枚数:150枚• アップロードできる写真のサイズ:15MB 会員登録あり(無料)• 1ファイルの最大アップロードサービス:250MB• メールサポートあり• 無制限のアップロード数(最大7日間の預かり)• photostorageに写真をアップロードできる枚数:500枚• アップロードできる写真のサイズ:15MB• firetoolsの利用が可能(最大4GBのデータの保管が可能)• 海外版とのやり取りが可能 会員登録あり(有料) 「会員登録あり(有料)」は「ライト会員」「プラス会員」「正会員」があり、会員のグレードが上がるごとに利用できる機能が増えます。 ここでは「会員登録あり(有料)」についての説明は省かせていただきます。 次は「」をご覧ください。

次の