スピナーベイト おすすめ。 2017年初めてのスピナーベイトおすすめランキング5選

スピナーベイトおすすめ人気ランキングTOP15!おすすめの収納ケースも【2018年最新版】

スピナーベイト おすすめ

がBasser誌で紹介していて、猛烈に気になっていた マイクロスピナーベイトを数種類仕入れてきました。 相対的な大きさがわかるように集合写真です。 上段左から プロズファクトリー プロズミニスピン、フラッシュユニオン バイブススピナーベイト、ティムコ クリッタータックル ネクロマンサー 下段左から ジャッカル デラスピン、ラッキークラフト エリアス、エバーグリーン Dゾーンフライ です。 今年はH-1GPXにも参戦する予定で、この手のルアーでキーパーサイズをしっかり拾っていきたい…という思いもあります。 もちろん、 小さければ釣れる、という簡単なモノでもないのですが.. また、意外とコンパクトスピナーベイトって持ってなかった!のであります。 というわけで、各社の マイクロスピナーベイト[コンパクトスピナーベイト]の特徴をご紹介していきたいと思います。 結構数社からリリースされておりまして、それぞれかなり個性的な仕上がりですよ。 エバーグリーンのDゾーンフライです。 集合写真をみてもらえるとわかるのですが、もっともシルエットが大きいです。 ご紹介するのはシングルウィロータイプですね。 マイクロスピナーベイト、というより 小型スピナーベイトというカテゴリーかもしれません。 とはいえフルサイズのスピナーベイトと比べればかなりコンパクト。 一誠からリリースされているもかなりコンパクト。 しかしヘッドがもっとも軽いモデルで8gと、マイクロスピナーベイトにラインナップするのは迷うところです。 ワイヤーのサイズ感も、O. Pのハイピッチャーより一回り小さいぐらいのスピナーベイトです。 しかしマイクロスピナーベイトと、ハイピッチャーなどの小さめスピナーベイト、の間を埋める希少な存在かもしれないですね。 まとめ 以上、マイクロスピナーベイトについてでした。 根こそぎ釣れるだろうな(妄想)、ってところももちろんですが、お値段も控え目なのも嬉しいところです。 ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

①スピナーベイト ②ロッド

スピナーベイト おすすめ

07 使い方 How to スピナーは基本「ただ巻き」で使います。 水温が低く活性が低い場合は、魚が追いつけるようにゆっくりリトリーブします。 深さがある場合は、ストップ&ゴーでフォールさせるのも効果的です。 ブレードをしっかり立ち上げる スピナーのブレードは、水流のスピードとリトリーブで手前に引くスピードによる抵抗でパフォーマンスを発揮します。 上流にキャストする場合は水流の抵抗なく流されるため、水流のスピードより早くスピナーを泳がせます。 下流にキャストする場合は水流とリトリーブの抵抗が加わり、リトリーブを速くすると浮き上がりやすいため、ゆっくりとリトリーブして調整するとよいです。 浅瀬や上層を狙う 着水後、すぐ巻きます。 リトリーブを一定の速さにキープしてレンジを維持します。 底を狙う 着水後、すぐ巻かずフォールさせロッド先を倒しぎみにしてリトリーブして底を探ります。 このフォール中のブレードの回転が効果的になります。 ステイさせる 下流へキャスティング後、巻かずに水流でブレードを回転させ、その場でアピールします。

次の

2017年初めてのスピナーベイトおすすめランキング5選

スピナーベイト おすすめ

07 使い方 How to スピナーは基本「ただ巻き」で使います。 水温が低く活性が低い場合は、魚が追いつけるようにゆっくりリトリーブします。 深さがある場合は、ストップ&ゴーでフォールさせるのも効果的です。 ブレードをしっかり立ち上げる スピナーのブレードは、水流のスピードとリトリーブで手前に引くスピードによる抵抗でパフォーマンスを発揮します。 上流にキャストする場合は水流の抵抗なく流されるため、水流のスピードより早くスピナーを泳がせます。 下流にキャストする場合は水流とリトリーブの抵抗が加わり、リトリーブを速くすると浮き上がりやすいため、ゆっくりとリトリーブして調整するとよいです。 浅瀬や上層を狙う 着水後、すぐ巻きます。 リトリーブを一定の速さにキープしてレンジを維持します。 底を狙う 着水後、すぐ巻かずフォールさせロッド先を倒しぎみにしてリトリーブして底を探ります。 このフォール中のブレードの回転が効果的になります。 ステイさせる 下流へキャスティング後、巻かずに水流でブレードを回転させ、その場でアピールします。

次の