足 の 指 しびれ。 足の親指にしびれがあるときに考えられる原因と治すための方法5つ

【要注意】足の親指のしびれが長引く3大原因と危険な病気7つ!

足 の 指 しびれ

気になる「足のしびれ」。 皆さんも一度は経験されたことがあるのではないでしょうか? 両足にしびれを感じる方、片足だけに感じる方、おしりから感じる方など感じる部位もさまざまです。 どちらにしましても、ビリビリと走り抜けるその感覚は決して気持ちのいいものではありませんし、不安になられる方も多いと思います。 その症状が長引いたり、日に日にしびれが大きくなるとなおさらです。 一口に「足のしびれ」といっても、考えられる原因は色々あり、その為対処方法も変わってきます。 もちろんそんなに心配しなくてもいい場合もありますが、思わぬ病気が潜んでいることもあるので、注意が必要です。 そう、 しびれが症状のサインというケースもあるのです。 そこで今日は足のしびれについて、皆さんと一緒に学んでいきたいと思います。 しびれについての理解を深め、症状の改善に繋がればと思います。 足のしびれの原因とは何なのでしょう? 「足のしびれ」というのは、神経症の一つで、感覚の低下、運動麻痺や異常知覚などの症状としてあらわれます。 「長い間正座をしてしびれた」という経験をされた方も多いと思いますが、その場合は一時的なものなので、時間が経てば治まりますので心配ありません。 ただし、両足ではなく、片側だけがしびれる、または急にしびれ、急に治まるといった不安定なしびれは病気が関係していることもあり、注意が必要です。 足だけがしびれる場合 足だけがしびれる場合は、 血流が悪くなったり、骨の変形などにより神経を圧迫した結果起こるケースが多いと言われています。 血流が悪くなる原因としては、 動脈硬化症、糖尿病、血管の閉塞などが考えられます。 動脈硬化が進行し、脳梗塞になることもありますので、注意が必要です。 骨の変形は背骨が変形することにより、手足の先に行く神経が圧迫されることによりしびれが起こる場合があります。 脊椎の椎骨(ついこつ)の間にある軟骨が飛び出して神経を圧迫する 腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニアや椎骨の形が変化し神経を通す空間(脊柱管)へせり出し、神経を圧迫し、腰から膝にかけて痛みや強いしびれが起きる 脊柱管狭窄(せきちゅうかんきょうさく)などが代表的です。 片足だけがしびれる 片足だけがしびれるという方は 足根管症候群(そくこんかんしょうこうぐん)といって、足のくるぶしの後ろにある足根管が神経を圧迫していることがあります。 足首の捻挫や骨折の後遺症、静脈瘤などが原因になることが多いようです。 またその他にも 外側大腿皮神経障害(がいそくだいたいひしんけいしょうがい)といって、ベルトやコルセットなどの締め付けが強すぎると、片足だけにしびれが発生することがあります。 おしりから太ももの後ろ、ふくらはぎに渡ってしびれる この場合は 座骨神経痛(ざこつしんけいつう)が考えられます。 年齢と共に筋肉が衰え、おしりから足にかけて痛みやしびれが起きやすくなります。 親指にしびれが出た場合は? 足のしびれといっても、特に 親指にしびれを感じる方も多くいらっしゃいます。 その場合はどういったことが考えられるのでしょうか? 足の親指がしびれている場合は、 腰に何らかの異常が起こっている場合が多、先程お伝えしました 椎間板ヘルニアである可能性があります。 また 糖尿病の初期症状として足の親指がしびれる場合があり、 高血糖により身体の神経がにぶくなっている為に症状が起こると言われています。 また きつい靴、自分の足に合っていない靴を履くことにより、親指が圧迫され、しびれることがあります。 こちらは 外反母趾の原因にもなります。 この場合は、自分のサイズに合った靴に変えることで、しびれは改善されます。 病気の治し方、ならない為には? いかがでしたでしょうか? 足のしびれといっても、一過性のものから手術や入院を必要とする大きな病気までさまざまで、驚かれたかと思います。 骨の変形によるヘルニアや糖尿病などの内臓疾患、動脈硬化による脳の病気などは、病院での治療が必要になります。 専門医師に相談しながら、改善するのが得策と思われます。 一方で、大きな事態にならないよう、日々気をつけることは私たちにも可能であり、逆に私たちにしかできないとも言えます。 しびれの大きな原因は、血流の悪化と骨の異常でしたから、予防策としては、 体、特に足を冷やさないようにし、改善に努めましょう。 靴下を履いたり、運動を習慣化したり、体型に合った服や下着に変えるだけでも、血流は著しく改善されます。 また喫煙されている方は 禁煙あるいは減煙されるだけでも変化しますので、見直すいいきっかけにしていただければと思います。 また骨の変形を防ぐ為にも、 正しい姿勢を意識するようにしましょう。 私たちを取り巻く現代社会は、姿勢を悪化する条件が非常に整っています。 パソコンやスマホ、テレビなどをする際は、ついつい姿勢は前のめり、首も傾いてしまっています。 このように悪い姿勢というのは、見た目だけの問題ではなく、身体に負担のかかる姿勢で、結果関節など身体の至るところを圧迫してしまいます。 ですので、使用する際は、姿勢も意識するようにして下さいね。

次の

【要注意】足の親指のしびれが長引く3大原因と危険な病気7つ!

足 の 指 しびれ

Sponsored Link 足の指のしびれは何故起こるの? 足や足の指がしびれることはあっても、どうして しびれるのか原因を詳しく知らない人が多いでしょう。 足に限らず、体のしびれは「血行不良」、「神経障害」 「脳などの疾患」のいずれかに原因があることが殆どです。 血行不良で足や足の指がしびれるのは、正座や足を組んで長時間体勢を 変えなかったときに起きるしびれが良く知られています。 上体の体重が下に敷いている足や指にかかり、 血管が圧迫されて血行が悪くなりしびれてしまうのですね。 神経障害の場合は、圧迫されているのが血管でなく神経で、主に首・背中・腰の大きな 骨の近くに通っている神経が何らかの原因で押されて、しびれが出てしまいます。 圧迫されている神経の位置によってしびれの出る場所が全身に分かれますので、 意外な場所の神経が圧迫されていることもしばしばあります。 脳などの疾患は脳梗塞や脳出血などの脳の機能に異常が出て、さまざまな場所にしびれが起こります。 脳梗塞が原因のしびれは手や腕に出るものと思われるかもしれませんが、 症状によっては足の指にも出ることは意外と知られていません。 最初にいずれかの原因とは書きましたが、ときには原因が複数重なってしびれになる場合もあります。 多いのは、神経障害が起きていてもしびれの症状が殆ど出ていない状態で正座をし、 神経が健康な人よりも重くしびれが出てしまうことがあるのです。 しばらくすると収まるしびれの多くは血行不良によるもの、 しびれが長く続くものは神経障害や脳などの疾患と思っていて良いでしょう。 Sponsored Link 人差し指や中指のしびれは? しびれの原因がわかったところで、人差し指や中指の指だけがしびれてしまう原因は何が考えられるでしょうか。 足の指のしびれで疑われる原因は、「足根管 そくこんかん 症候群」や「モートン病」などの病気が疑われます。 足根管症候群は足のくるぶしの後ろ側にある足根管の中を通る神経が圧迫されてしびれが起きます。 足首の捻挫やかかとの骨折などの外傷、または良性腫瘍・静脈瘤といった体内の異常が原因のことが 多いのですが、まれに原因不明のこともある病気です。 モートン病は足の中指・薬指の付け根にある神経が圧迫されて起こる病気です。 この病気はハイヒールやパンプスを履いて立ち続けることの多い人によく見られ、 指の神経に繰り返し衝撃が与えられることによって起こります。 長時間立っていたりハイヒールやパンプスのような不安定な靴を履いているだけでなく、 足の外側に体重をかけて歩く人や中腰で長くいる人、偏平足や外反母趾・土踏まずがない人にもよく見られます。 足根管症候群やモートン病になっている人は、足の指のしびれや違和感、痛みからひざや腰に 負担をかける歩き方をして大きな関節を痛めやすいので、あとあとに大きな病気の 予防としても足のしびれと放置しないようにしましょう。 指の付け根が痛いのは何なの? しびれだけでなく足の指の付け根に痛みがあるときは、足根管症候群やモートン病だけでなく、 大きな病気をしている可能性も多くあります。 痛みが強く出ていて、しびれよりも強い場合は「痛風」であるかも知れません。 痛風は中年男性が発症する病気に思われますが、食生活の変化で若い男性が、 ホルモンバランスが変わる更年期以降の女性が発症することも十分に考えられます。 血液中の尿酸が溜まることによって関節に炎症を起こす痛風は、多くの場合足の親指の付け根に 症状が出やすく、症状が落ち着いてくると痛みばかりではなくしびれも感じるようになるのです。 また、ほかには「糖尿病」にかかっているために足の指の付け根にしびれや痛みが出ることもあります。 糖尿病には多くの合併症が確認されていて、糖尿病性神経障害を発症するとしびれや痛み、 または常に靴下を履いているような感覚の鈍麻が起こります。 痛風も糖尿病も、足や足の指のしびれが出てきてしまうとそれなりに症状が進んでしまっているといえます。 足の指の付け根に痛みとしびれを感じたときは、早く病院で検査をすると良いでしょう。 まとめ 足のしびれの原因の多くは、血行不良・神経障害・脳などの疾患が疑われます。 人差し指や中指がしびれるのは、足根管症候群やモートン病の症状かも知れません。 指の付け根が痛むとき、足自体が原因ではなく痛風や糖尿病などの病気の可能性もあります。 Sponsored Link•

次の

足の先端がしびれる原因|手足のしびれをケース別に分析

足 の 指 しびれ

足の小指がしびれていませんか?歩くと靴の中で違和感があったり、寝起きに足の小指に感覚がなかったりしませんか?足の小指を手で触るとなんだか布を一枚挟んで触られたように感じませんか。 それはしびれがある証拠です。 しかし、足の小指のしびれなんて大したことないと思っていませんか? 足の小指のしびれは体のサイン 足の小指のしびれは体からのサインです。 末端だから血が通いにくいだけさと軽くみていると、後であの時ケアしていればということになりかねません。 命にかかわる重大疾患も潜んでいることがあります。 命に別状はなくとも、療養生活を強いられる病気が潜んでいることもあります。 放りっぱなしにするのは危険です。 これから一緒に足の小指のいびれ潜むサインを調べてみましょう。 足の小指のしびれは体のサイン しびれの症状 足の小指のしびれといってもどんな症状を指すのか分からないという方もいらっしゃることでしょう。 そこでどんな感じになるのかをお話します。 普通にしていてもなんとなくジーンとした痛みがある。 靴下を履いたり、歩いたりするとピリピリっとした痛みを感じる。 何か挟まっているような違和感がある。 感覚が鈍い。 正座したときようなシビレ痛で目が覚める。 直接触られた感じがしない。 おおよそこのような症状をしびれといいます。 椎間板ヘルニアの予兆 足の小指のしびれがある人は、脊椎が曲がっている可能性があります。 脊椎の中には神経が通っていますが、脊椎が曲がるとその神経が圧迫されてしびれを引き起こすことがあります。 猫背など姿勢が悪い人はまずそれを確認しましょう。 脊柱側弯症といって、後ろから見てSの字に曲がっていることがあります。 最近はかなり多くの方が脊柱側弯症を持っています。 姿勢の悪さにしても脊柱側弯症にしても脊椎に負担がかかりますので、椎間板ヘルニアに発展することがあります。 足の小指のしびれがあったら椎間板ヘルニアに成りかけていないか調べてみるのもよいでしょう。 末梢神経障害の疑い 足の小指のしびれは末梢神経障害も原因になります。 神経が圧迫された状態です。 放っておいて治るものではありません。 生活態度をあらためるなどの処置により治るることもありますが、進行すると痛みが強くなり日常生活に支障をきたすこともあります。 足の小指のしびれがあったら末梢神経障害を疑い、どこかで神経を圧迫していないか見直しましょう。 ゴムのきつい下着を付けていないか、姿勢はどうかといったことです。 生活態度を変えても変わらなければ専門家に相談するのも方法です。 痛風の可能性 足の小指のしびれと思っていても実は痛風の初期症状ということも考えられます。 痛風になる人は尿酸値の高い人です。 血液検査の時に尿酸値が高いといわれたことはありまりんか。 尿酸は誰にもあるものですが、痛風予備軍の方はこれを排出する力が何らかの原因で弱まったか、尿酸を沢山作る食生活をしているかです。 血液中の尿酸が排出されないと尿酸塩という結晶になり関節に溜まります。 これが痛みの原因となるのです。 足の小指の痛みが関節から来ているのなら痛風も疑ってみましょう。 糖尿病を疑ってみる 足の小指のしびれは糖尿病から発症した神経障害の可能性もあります。 血糖値が高い状態が続いていないか確認してみましよう。 また生活態度を思い起こしましょう。 暴飲暴食の運動不足は糖尿病の原因です。 血糖値が高くなるような生活を長く続けているならば、足の小指のしびれたときには糖尿病も疑ってみましょう。 ホルモンバランスの乱れ 更年期や過剰なダイエット、または強いストレスなど血液循環が悪くなり、手足がしびれることがあります。 歳を取ると皮膚がうすくなることから更年期のしびをより感じやすくなっていることもあります。 脳梗塞 足の小指のしびれは脳梗塞の前兆のことがあります。 ただ、直ぐに良くなることも多いので軽く見凄してしまいがちです。 脳の中で血液循環が悪くなったところが足の小指の感覚を担う部位のとき、足の小指はしびれます。 特に片側だけのしびれは脳梗塞の確率が高くなります。 強い痛みをともなうしびれではなく、手袋越しに触られているような感覚のしびれも要注意です。 足の小指がしびれているときに、ろれつが回らないなら脳梗塞の可能性が高いでしょう。 普段から血液どろどろと言われているのであれば脳梗塞を疑ってみる必要があります。 足の小指のしびれは意外にも大きな疾患とむすびついてるものです。 いかがだったでしょうか?あなたは足の小指のしびれを放っていませんか。 これを期に、ご自身の生活態度、食生活、、姿勢、血液の状態などを思い起こしてみませんか?糖尿病や痛風であれば直ぐに死んでしまうことはありませんが、脳梗塞だといっぺんに死んでしまうことがあります。 足の小指のしびれがでたらぜひ脳梗塞は調べてください。 足の小指のしびれを見逃さず脳梗塞が事前に防げたという事例は沢山あります。 たかが足の小指と馬鹿にしないでご自身の体を見直してみましょう。 まとめ 足の小指しびれに潜む重大疾患。 足の小指がしびれたら疑ってみよう。 椎間板ヘルニアの予兆 末梢神経障害の疑い 痛風の可能性 糖尿病を疑ってみる ホルモンバランスの乱れ 脳梗塞 100種類以上の無農薬無肥料の素材でつくる酵素の力.

次の