あ つもり ながれ ぼ し。 「~するつもりです」を韓国語では?을 거예요(ウル コエヨ)ㄹ 거예요(ル コエヨ)

ながれ

あ つもり ながれ ぼ し

仮定の用法で、前件は実現していなかったり、事実ではないことを表します。 気持ちは 20歳の つもりだが、体力は40歳だ。 彼と 恋人の つもりだったが、彼は私のことを友達だと思っているようだ。 かばんに財布を 入れた つもりだったが、入っていなかった。 友達にメールを 送った つもりだったが、送れていなかった。 痩せている つもりだったが、体重が100kgもあった。 若い つもりだが、足が痛くて歩けない。 彼のことを 好きじゃない つもりだったが、いつの間にか好きになっていた。 類似文型との違い ~つもり• 予定を表す。 (例)将来、日本に 留学する つもりだ。

次の

【JLPT N3】文法・例文:〜つもりだ(実際とは異なる)

あ つもり ながれ ぼ し

「つもり」という言葉を普段口にしたことはありますでしょうか。 「~したつもり」や「~するつもり」など過程の上で想定するときに使う言葉であります。 しかしこの「つもり」という言葉は普段目上の方やビジネスシーンなどの相手に敬意を払うべき場では適切な言葉であると言えるのでしょうか。 言えないのであれば普段から失礼な言葉を上司に使っていたかも、なんてことになってしまいます。 手遅れになる前に、相手に言葉を伝える際は適切な言葉を選び、相手に不快感を与えずに自分の言葉を相手にしっかりと伝えられるように考えていきましょう。 丁寧語 丁寧語で「つもり」という言葉を用いる際はどのように使えることができるでしょうか。 丁寧語であれば「つもりです」と言うように変えるだけで相手に丁寧な印象を与えることができます。 もっと丁寧に伝える際は「おつもり」というように「お・ご」を単語頭につけて相手に伝えることができます。 そうすると「おつもりです」というようになります。 この場合、自分がそう考えている場合には「お・ご」を付けないようにしましょう。 相手に自分が偉いと言うように感じさせてしまいかねません。 相手が主語に当たる場合や第三者が「このようにするつもり」という事を相手に伝える際に「おつもりです」と使えると良いでしょう。 尊敬語 尊敬語で「つもり」という言葉を使う際、どのように言い伝えることができますでしょうか。 尊敬語を使う際は相手が想定している事なので、相手に対して聞く際に「つもり」という事を使うという事になります。 相手に対して「つもり」を使い際は尊敬語としては「おつもりですか」と言うように伝えてしまうと目線が同じとして捉われてしまい、失礼に聞こえてしまう言葉になります。 相手が主語として「つもり」を適切な形に直すのであれば、他の言い方で「このようにする予定ですか」と変えたりする必要が出てきます。 「つもり」という言葉自体、相手に対して使うのではなく、自分に対して想定できる範囲のことを聞くものなので少し相手に対して使うのは失礼と捉われかねない言葉になります。 謙譲語 想定を相手に伝える際はやはり自分の事が多い事でしょうから、相手には謙譲語で話す「つもり」はビジネスシーンでも使う頻度の高い言葉である事と言えます。 その際、「つもり」を「~したいと思っている」という考えから「思う」の謙譲語「存じる」を用いて「したいと思っている」=「つもり」とし、「所存」という言葉が適していると言えます。 「つもり」の敬語での使い方 ここまでで「つもり」をどのように敬語表現として表すことができるかを紹介していきました。 ではどのような定義で各敬語表現として今まで言い表すことができたのでしょうか。 その事を考えない限り、適した敬語表現に「つもり」を変化させることが難しくもなってきてしまいます。 敬語とは具体的にどのようなものなのか、どのような定義で言葉を変化させることができるのかを考えて、「つもり」という言葉を適切な敬語表現に変化させることができるのかを考えていきましょう。 敬語の種類 敬語とはどのようなものなのか、序盤で触れた通り「丁寧語・尊敬語・謙譲語」の3種類があります。 この3種類全てが敬語という枠になっています。 それぞれ定義分けがされていて、丁寧語は単語頭に「お・ご」を付けて単語そのものを丁寧に表し、語尾には「ですます」を付けることによって言葉全体を優しく締めくくるような言葉遣いを指します。 尊敬語・謙譲語は主語が相手側かこちら側かによって使い分ける必要があり、敬語の中でもこの「尊敬語・謙譲語」の使い分けが難しく、大切なものとなってきます。 相手が主語の場合は尊敬語を用いることで相手を敬い、持ち上げたような言い方で表現することができます。 逆に謙譲語はこちら側が主語になり、こちら側を下げた言い方をすることで相手の立場を上げるような言葉遣いの事を指します。 使い方 では実際に「つもり」を適切に使えるように場面別で考えていきましょう。 口頭で「つもり」を相手に伝える際は親しい仲であればそのままの形でも良い事でしょうが、知人などであれば最低でも丁寧語として使っていきたいところです。 口頭で「つもり」を丁寧語で相手に伝える際は「つもりです」と自分の事に対して伝えることができます。 相手のことに対して「つもり」という言葉を使うとなると、「こうするつもりですか」と言うようになり、相手に「浅はか」という印象を与えかねなくなってしまうので、注意が必要です。 メールでの使い方 メールにおいて「つもり」という言葉を用いるためにはどのように言葉を敬語表現として変化させることができますでしょうか。 メールにおいて「つもり」を使う際は相手に感情が伝わりにくいものとなるため、親しい仲以外には尊敬語・謙譲語を適切に使って相手に伝えることが重要になります。 その際はメールにおいての構成も忘れずに考え、挨拶から始まり相手に意思表明として「つもりです」と言うように伝えるようにしましょう。 相手本人の事に対して意思を問う「つもり」という言葉はメールでも避けることが望ましいです。 「つもり」を敬語表現するときの例文 丁寧語 丁寧語で「おつもりです」という言葉に直されることを敬語の使い方で知る事ができたことでしょう。 ではどのように文として丁寧語で作る事ができるのかを考えていきます。 「私は今日買い物をするつもりです」というように相手に丁寧に伝えることができます。 しかし「これからお昼休みにするつもりです」と上司に伝えるとなると、敬語表現に欠けることになります。 親しい仲や知人に壁を感じさせずに丁寧に伝える敬語が丁寧語に当たるため、いくらフレーズが敬語表現であるからと言っても使う場面は考えていきましょう。 尊敬語 では相手の想定「つもり」を敬語表現として言い伝えられる訳ですが、どのような文として構成することができるのか考えていきましょう。 「あなたはこうするおつもりですね」というような言葉や「このようにするおつもりですか」というような表現になってしまう訳ですが、意思まで問うてしまうこの表現はやはりこのままの言葉の使い方では失礼に当たる事がニュアンスとして感じることでしょう。 謙譲語 「つもり」と想定しているのこちら側で相手に伝える際はこちら側が主語であるので謙譲語として目上の方やビジネスシーンでは使う事ができます。 謙譲語で相手に「つもり」を用いる際は「所存」と直すことができるので、「この後帰宅する所存でございます。 」というような表現や、「お昼を取らせて頂く所存でございます」というように謙遜表現として相手に伝えることができます。 謙譲語で相手に伝える際は「こちらではこのようにする所存でございますが」と言うように相手には好都合である事柄を聞くことにも使える言葉にもなります。 「つもり」の別の敬語表現例 「つもり」という言葉を用いずに相手に「この後こうしよう」という事を伝える際に、「する予定でございます」という言葉で言い換えることができます。 この後の想定なので「予定」という言葉で言い換えることができる訳ですが、「する予定でございます」という表現では「予定していること」を謙譲語として相手に「ございます」で言い伝えることができます。 自分がどのようにするつもりなのかを相手に謙遜して伝える際に言い換えられる言葉であります。 こちら側に対して予定なので謙譲語として言い表すことができますので、この「予定」に丁寧語「お・ご」を単語頭につける必要もありません。 予定しております 「する予定でございます」に対して「予定しております」ではどのように変わってくるものでしょうか。 単語として分けると簡単ではありますが、「ございます」は「います・あります」の謙譲語でありますが、「おります」は「ございます」と同じ意味の「いる・ある」の尊敬語に当たります。 よって相手方の予定に対して尊敬語を用いて「予定」を伝える際には「予定しております」と言うように言い伝えられるという事になります。 主語がどちら側に当たるかによって動詞の伝え方も異なり、相手に「~する予定でございます」と伝えるか「~することを予定しております」と伝えるかで異なってくるのは日本語の難しい部分でもある事でしょう。 「つもり」を相手に適切に.

次の

~つもりです・その2

あ つもり ながれ ぼ し

仕事や学校で 前もって考えていることを伝える時や 何かをしようとした時、 「〜をするつもり」と言いますが、他にも 何か思い込んでいたり、 心がけている時など、様々な場面で 「つもり」という言い方をします。 また、結果を見て 「そうするつもりではなかった」や 「そんなつもりではなかった」ととっさに言う時もありますね。 本日は 「するつもり」の様々な 英語の言い方を始め、 「そうするつもりです!」まで、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が 30選紹介いたします。 「今からオフィスを出るつもりです。 」 He is about to say something. 「彼が今何かを言おうとしています。 I have the intention to succeed. I have the intention of succeeding. 「成功するつもりだよ。 I have the intention to go to Hawaii this summer. I have the intention of going to Hawaii this summer. 「今年の夏、ハワイに行くつもりです。 I have the intention to marry that woman. I have the intention of marrying that woman. 「彼女と結婚するつもりです。 「成功するつもりだよ。 」 I intend to go to Hawaii this summer. 「今年の夏、ハワイに行くつもりです。 」 I intend to marry that woman. 「彼女と結婚するつもりです。 「計画・予定している」というニュアンスになります。 plan toの方が若干「確か」に聞こえます。 I plan to succeed. 「成功するつもりだよ。 「今年の夏、ハワイに行くつもりです。 」 She is planning to do something for the holidays. She is planning on doing something for the holidays. 「彼女はこの休みの間何かを予定しているよ。 詳しくは 2 と 3 をお読みください! She means to win the game. 「彼女は試合に勝つつもりだよ。 」 She means to call you tomorrow. 「彼女は明日電話をするつもりだよ。 」 He means you no harm. 「彼は君に害を与えるつもりはないよ。 」 He means it as a joke. 「彼は冗談のつもりで言ってるんだよ。 」 I seriously mean it. 「私は真面目に言ってるつもりだよ。 「この夏ハワイに行くつもりだよ。 「会社を辞めるつもりだよ。 I aim to achieve my goals within 5 years. 「5年以内に目標を達成するつもりです。 」 We aim to offer the best services in the world. 「世界一のサービスを提供しているつもりです。 I aspire to become captain of the team this year. 「今年はチームキャプテンになるつもりです。 」 I aspire to attain greatness. 「大成するつもりです。 I am determined to work hard and get a promotion. 「死ぬ覚悟で仕事をして出席するつもりです。 」 She is determined to win the competition. 「彼女は優勝するつもりです。 I hope to enter this school next year. 「この学校へ入学するつもりです。 」 He hopes to get a promotion this year. 「彼は今年昇進するつもりです。 」 If everything goes as planned, they hope to get married next year. 「全て計画通りいけば、二人は来年結婚するつもりです。 」 If everything goes well, she hopes to graduate with honors. 「全てうまくいけば、彼女は優等で卒業するつもりです。 「近いうちに修士号を得るつもりです。 「たった今電話するつもりだったよ。 」 I was going to do it later. 「後でやるつもりでした。 」 I was only going to stay one year in Japan. I was only planning on staying in Japan for one year. 「日本には一年だけ住むつもりでした。 」 He was going to do to buy the groceries but it slipped his mind. 「彼は買い物をするつもりしたが、忘れたみたいです。 」 He was thinking about doing the laundry but then he decided not to. 「彼は洗濯をするつもりでしたが、結局やらないことにしました。 「ビーチに行くつもりでしたが、雨が降っています。 」 He said Sunday 12th but he meant the 13th. 「12日の日曜日と言っていましたが、13日のつもりでした。 」 I meant it as a joke. I intended it as a joke. 「冗談のつもりでした。 」 He aspired to attain greatness. 「彼は大成するつもりでした。 」 She aimed to achieve her goals within 5 years. 「彼女は5年以内に目標を達成するつもりでした。 「近いうちに修士号を得るつもりでした。 「今年の夏はハワイに行くつもりはなかった。 「こんなに長期間日本に滞在するつもりはなかった。 「今日はビーチに行くつもりはなかったが天気が晴れている。 「君に害を与えるつもりはなかったよ。 「真面目に言ったつもりじゃないよ。 「彼は医者になるつもりはなかったよ。 「修士号をこんなに早く得られるつもりはなかった。 」 4 実際はそうではないが,そうなっているような気持ちの「つもり」 He believes he is the smartest person in the room. He thinks he is the smartest person in the room. He is convinced he is the smartest person in the room. 「彼は自分がこの中で一番賢いつもりでいる。 He acted as if he was rich. He pretends to be rich in front of people. 「彼は人前では金持ちのつもりでいる。 Do it as if you were an actor. 「役者のつもりでやってごらん。 「お客さんのつもりで・立場から考えてごらん。 」 5 「そう思っている」・「そう思いっていた」時の「つもり」 I think of myself as hard working and patient. 「自分は働き者で忍耐強いつもりです。 」 I thought I had understood that. 「理解したつもりでした。 「メールを送っていたつもりでいました。 I thought I did. 「昨日メールを送らなかったっけ?送ったつもりだった。 」 I thought I put money in my wallet. 「ポケットに財布を入れたつもりだった。 」 6 「そうするつもりです」と英語で返す表現 That was my intention. I intend to do so. 日本語で便利な 「するつもり」や 「つもり」。 Thanks for reading until the end and see you next time!

次の