金田 朋子。 金田朋子と森渉夫妻が衝撃的!なぜ結婚したかの理由が明らかに!?

金田朋子のドン引き伝説まとめ!元銀行員時代が可愛い【画像】|七花八裂

金田 朋子

もくじ• naver. その後、新規オープンした新宿高島屋へ転職し、おもちゃ売り場へ配属されました。 この頃、実姉から「声優になったらどう?」と勧められたことがきっかけで、夜間に青二塾(声優養成学校)へ通うようになりました。 しかし、高島屋の仕事と声優学校との時間がどうしても合わなかったため、三井住友銀行へ転職。 そんな努力の甲斐もあり、2000年には声優のオーディションに合格し、同年の7月にはOVA『伝心 まもって守護月天! 』の長沙役で声優デビューを果たしました。 2011年には、デビューより所属していた青二プロダクションを離れ、一時的にフリーとなったのち、現在も所属するアクロス・エンタテインメントへ移籍。 2013年には、10歳年下の俳優・森渉さんとの結婚が大きな話題となりました。 youtube. また150cmという小柄な身長や、年齢よりもかなり若く見える童顔から「発達障害なんじゃないか?」「何かの病気?」という噂が流れたこともありました。 もちろん、こういった噂は全くのデタラメで、少し変わった人物ではあるものの、障害や病気であるといった事実はなく、あくまでも噂が一人歩きした結果であるようです。 もしかすると、初めてTVで金田さんを見た人が、ビックリしてそう思ってしまっているのかもしれませんね。 twipple. naver. 過去に教材の電話セールスのバイトをしていた際には、お客さんに「あなた(機械か)何か付けて話しているの?」と言われたこともあったとか。 その後「この仕事は向いていない」と1日で辞めてしまったそうです。 また、高島屋でおもちゃ売り場を担当していたときには、子供から「おもちゃみた〜い!」とからかわれ、逃げられてしまったという少しかわいそうなエピソードも。 さらには就職やバイトの面接では、その独特の声が災いし、面接官から「その声はふざけているのか?」といわれてしまうことも多々あったようで、毎回、職に就くことには苦労していたといいます。 ラッキーエピソードとしては、お姉さんと一緒に不良に絡まれてカツアゲされそうになった際「やめてくださ〜い!」と叫んだところ相手が大爆笑。 その隙をついて逃げることができたというシュールな逸話もありました。 そんな金田さんの「ヘリウムガスを吸っても変わらない声」は、いろいろなところで弊害もあるようですが『声優』という仕事は、金田さんにとっての天職であるのかもしれません。 2013年には俳優の森渉さんと結婚したことが話題となりましたが、やはり世間が気になるのは「夜の方はどうなんだろう?」という点です。 そんな金田さんと森さんの夜の生活についてですが、かつて夫婦で出演したナカイの窓では「いつから無いんだろう?間接照明で雰囲気を作ったりと大変で・・」と、夜の夫婦関係はややセックスレス気味であることを打ち明けていました。 また、かぶりものを集める趣味があるという金田さんは、夜の営みの際、マリリン・モンローのコスプレをして場を盛り上げることもあるのだとか。 しかしそんな状況においても、旦那である森さんは「彼女を受け止める僕の器がまだまだ足りて無いんですよ」とコメントしており、夫婦仲は円満であることをアピールしていました。 はたから見ていると楽しげで素敵な夫婦なので、ぜひお2人には幸せになっていただきたいですね。 以上、今回は金田朋子さんにまつわるウワサやエピソードをお届けしました。

次の

金田朋子 足止めされた理由判明!イタリアで感染した!?

金田 朋子

金田朋子 プロフィール 本名:森朋子(もり ともこ) 生年月日:1973年5月29日 身長:150cm 血液型:B型 出身:神奈川県横浜市 大学:関東学院大学工学部建築学科 引用元:wikipedia 2015年現在すでに 40歳を超えているとは思えない容姿です。 大学を卒業していますがこれは小中高大一貫校です。 金田さんの親御さんが「この子に受験は難しいだろう」という理由で受験をさせたそうですが、建築関係のしごとは『1ミリの違いが結果に左右する業界』であり 自分には向いていないという理由で諦めたそうです。 本名が森となっているのは俳優の森渉さんとご結婚されているからです。 後ほど後述しますが、 番組でのドッキリ企画が原因で離婚の噂なんかも立っていましたが、実際はそんなことはなく仲の良いおしどり夫婦というのが事実のようです。 ではプロフィールはこの編で彼女の数々の伝説を見て行きたいと思います。 ちなみに彼女は声優になる前は一般企業でお仕事もされていたそうで、そちらのエピソードもまとめましたので御覧ください。 金朋地獄 伝説の数々 数が多すぎてまとめきれないので、厳選したエピソードを掲載いたします。 声優時代、一般職時代、プライベートの3つにわけて紹介しますね。 あまりの奇行の数々にネット上では 『金朋地獄』なんて呼ばれているようですよ笑納得です。 声優時代• キャラクター名を言えなくて、台本を書き換えさせた• 生放送中にスタッフに「オンエアーはいつですか?」と聞いた• 声優として心がけている事は「リポビタンD」• 同じセリフを間違えて3回繰り返した(でも、それでOKテイクになった) 他にも沢山ありますが、天然の域を軽く飛び越えている異常性が垣間見える気がしますwこれだけのことをしても周りがなにも言わないのはそれだけ声優としての才能が突出しているという事なのでしょう。 アメーバブログでは記事を何一つ書いていないのに声優ランキングで一位になったことがあるというすさまじい記録も有りますからね。 それだけの個性、いや、 超個性が彼女にはあるのでしょう。 一般職時代• 声がふざけていると思われて就職の面接ではかなり苦戦した• 銀行員時代にお客さんから飴やお菓子をもらっていた• 声が高すぎてお客さんの信頼を得られず新規のお客さんの契約が取れなかった• レジ打ちのバイトでも「レジがしゃべっている」と思われていた• おもちゃ売り場では子供に「おもちゃみたい」言われ逃げられた これだけを見ても普通のお仕事ではかなり厳しいものがあったようですね。 声優になったのは当時電通に勤めていた 彼女のお姉さんのアドバイスがきっかけだそうです。 青二プロダクションの夜間レッスンに通いながらオーディションに合格し声優になった、と。 お姉さん、グッジョブ! プライベート• 人間に聞き取れない高音を発している事実が発覚• 35歳の時に食べ放題へ行き「中学生ですか?」と聞かれ、違うと答えると「小学生ですか?」と言われた。 犬の餌を食べている• ガチャピンって黄色の方だよね?という謎のコメント• ボーっとして男子トイレや見知らぬ他人の車に乗り込む• 自信の41の誕生日には41本のチキンを完食するという企画を行う• 鼻くそを食べ続けている プライベートに関しては正直数えきれないくらいのエピソードがあります。 『あれ?この人頭やばいのかな?』って思うと思うんですけど、なんだか放っておけないというか、気になる存在なんですよね金田さん。 なんだか見ていて癒やされるというかなんというかw金田さんの声ってものすごい特徴的なんですけど、耳に残るだけじゃなくて、なんか中毒性がある気がするんですけど、僕だけですかね? 人間では聞き取る事の出来ない高音を発してるってつまり 超音波に近いものですよね?催眠効果でもあるのかもしれないですね、本当に。 なんかたまに聞きたくなるようなそんな感じの声なんですよね。 金田さんが好きとか嫌いとかじゃなくてテレビで金田さんが出ると「あ!あの音が聞こえてくるw」みたいな感覚になって少しワクワクしている自分がいるのです。 洗脳されているのか僕は!?不安です。 ご主人森渉さんとの関係 金田さんの夫はイケメン俳優の『森渉』さんです。 プロポーズは森さんから計3回もされたそうで(金田さんにプロポーズの意味が伝わらなかったとの噂)、とても仲の良いご夫婦で知られています。 森渉さんがインタビューで『なぜ、金田さんと結婚しようとおもったのですか?』ときかれた際 『結婚は何十年も一緒にいる事になるから、世界一美しい人より、世界一おもしろい人と結婚したいと思ったから』 爽やかすぎるコメントを残しています。 お互いの信頼関係もばっちりで最高の夫婦って感じですよね笑ただ、以前二人には離婚の噂が流れたことがありました。 それは番組の企画の 『森渉さんの携帯に知らない女の人から連絡がきたら金田朋子さんはどうするか?』という企画や 『森渉さんが金田さんに無断で高価な買い物をしたらどういう反応をするか?』が影響しているようです。 前者の企画は金田さんはまったく意に介さず携帯も見ず、『信頼をしているので浮気を疑う事はない』という結果だったのですが、後者の方は金田さんが普段のキャラとは思えないくらいの鬼の形相で森さんに説教するシーンが流れました。 この時から『不仲説』の噂がたち、離婚説に発展していったようですね。 ま、実際は全然そんな事ないようですから安心してくださいw寧ろ信頼関係がしっかりしている証拠だと僕は、思います。 金田さんの奇行は置いておいて、夫婦として理想の形だなぁって羨ましく思う人も多いかと思います。 銀行員時代の写真が可愛いと話題 現在40歳を超える年齢ですが見た目は子供のまま、一般企業に勤めていた時はどんな容姿をしていたのかきになりませんか?ネットで検索してみると、1枚だけ当時の写真がみつかったので披露したいと思います。 どうぞ。 三井住友銀行の貸し金庫係として勤務されていたようです。 服装や髪型だけみると清楚でおとなしそうな印象をうけますね笑 とても整った顔立ちでとてもじゃないけど、夜中に奇声をはっしたり、鼻くそをほじって食べる人には見えませんね。 人と見た目ってのはホントわかんないもんですわ。 現在彼女は40歳を超えていますが、一つの悩みがあるそうなんです。 それは 『人間の役がやりたい』 という切実な悩みです。 妖怪人間たちと同じ悩みですね。 実は彼女、その特徴的な甲高い声が災いして、宇宙人、虫(おしりかじり虫)、サッカーボールなど人間以外のキャラクターの声を演じるオファーしかこないそうなんです。 人間を演じても、『金田朋子さんだっ』と視聴者が気づいてしまうというのが原因だそうですが、たしかに一度聞いたら忘れない声ですもんねアレはw 彼女は人間になれるのか!?今後の活躍に期待しましょうw.

次の

金田朋子の出身や学歴は?経歴がスゴイ!旦那とのなれそめは?

金田 朋子

タレント活動もしています。 2017年2月9日に放送された、バラエティ番組『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBSテレビ系)内で、 第1子を妊娠していることを発表しました。 金田朋子さんの旦那さんは俳優で運動神経抜群の森渉さんです。 金田朋子さんの旦那さん、森渉さんのプロフィールを見ていきましょう。 また運動神経抜群でスポーツ系の番組出演がとても多いです。 その活躍からは、「アスリート俳優」としても知られています。 金田朋子さんと旦那の森渉さんの馴れ初めを見ていきましょう。 金田朋子さんと森渉さんの出会いは、 共通の友人の誕生日会があり参加したことがきっかけだったそうです。 この友人の誕生日会は100人ほど呼ばれていたそうです。 大規模なお誕生日会だったんですね。 100人もの参加者の中で、金田朋子さんに妙なオーラを感じて森渉さんから話しかけたそうです。 それが縁で交際がスタートしたようです。 金田朋子さんは、山と海と家で、計3回もプロポーズされていたそうです。 金田朋子さん 生年月日 1973年5月29日(46歳) 森渉さん 生年月日 1983年2月25日(36歳) 金田朋子さんと森渉さんの年の差は10歳!金田朋子さんの方が年下に見えますね(笑)森渉さんがしっかりしているためでしょうか。 oricon. jp 金田朋子さんの出産年齢について見ていきましょう。 出産予定日の2017年6月頃は金田朋子さんは44歳でした。 44歳での出産は高齢出産になりますね。 夫妻にとって良いタイミングの妊娠・出産だったようです。 高齢出産する方は年々増えてきているのではないでしょうか。 医療も発達しているので、子育ての体力面では大変な部分が出てくると思いますが、出産に関しては昔に比べると安全に出産できる可能性が高くなっています。 高齢で妊娠できたのは本当に奇跡だと思います。 40歳を過ぎたときの妊娠確率はどのくらいになるのか見ていきましょう。 40歳を過ぎたときの妊娠確率• 40歳 13%• 41歳 10%• 42歳 7%• 43歳 5%• 44歳 3%• 45歳 2% 妊娠確率を見てみても、金田朋子さんは44歳で妊娠しているので3%の妊娠確率だったんですね!本当に奇跡ですね!金田朋子さんは自然妊娠だったのでしょうか?詳しく見ていきましょう。 asahi. そんな中、 金田朋子さんは「不妊治療」をせずに、運の良さにかけて妊娠したそうです。 つまり、自然妊娠だったという事ですね。 なかなか子宝に恵まれず不妊治療をする方が多いですが、44歳で自然に妊娠できたことは奇跡ですよね。 奇跡の妊娠と出産に、金子朋子さんと旦那さんの森渉さんは喜びもひとしおだったと思います。 しかし、今回の出産の前の年に悲しい出来事があったそうです。 ふたりが結婚した3年後の2016年に金田朋子さんは一度妊娠しています。 そして11月22日のいい夫婦の日に生まれる予定だったのです。 yomiuri. jp 金田朋子さんと森渉さんは、 結婚した3年後の2016年にも実は一度妊娠していたそうです。 しかし、妊娠2ヶ月で残念ながら流産してしまいました。 その時期は、妊娠中という事もありイライラしていたためか 頻繁に夫婦喧嘩をしていたそうです。 金田朋子さんと森渉さんは夫婦で話し合い、「パパ、ママ仲良くしてね」と生まれてくるはずだった子が教えてくれたんじゃなかと思ったそうです。 それ以降は喧嘩をしないようになったそうです。 森渉さんは 「パパとママを選んで産まれてくるので、赤ちゃんに選んでもらえるような二人になりたい」と語っていました。 金田朋子さんは流産の経験があったんですね。 ご夫婦にとって、とてもつらい経験だったことと思います。 次は、金田朋子さんの子供の名前と現在の年齢を見ていきましょう。 さん watarumori. 育児も頑張っているようです。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

次の