東京ラブストーリー 最終回 あらすじ。 東京ラブストーリーあらすじネタバレ感想まとめ!平成・令和両方無料視聴する方法とは?

『東京ラブストーリー(2020)』最終回あらすじ・ネタバレ感想

東京ラブストーリー 最終回 あらすじ

Contents• 仕事もでき、ツンとした雰囲気なのに「カンチ」とあだ名をつけ振り回すリカに完治はリズムを狂わせられてしまいます。 気になる態度をとるリカですが、会社の同僚に完治は釘を刺されます。 「 リカとは付き合わない方がいい、悪い噂がある」と。 一方、親友の三上健一と、高校の同級生で好意を感じていた関口さとみの3人で完治は「同級生飲み」を行います。 その最中、会社に財布を忘れた完治はリカに届けてもらい、4人で飲むことに・・・。 その後 リカの計らいで完治とさとみはデートをすることになります。 完治とリカの初対面は空港ではなく会社• 二人で港で話すシーンはなくなった• リカの奔放な男性関係がわかるシーンが入る• それでいて三上は完治の家を訪れ、 関口は自分がもらうと宣言します。 職場の飲み会でリカは上司の石川に酒をかけて騒ぎを起こし、翌日部長に呼ばれますが、チームからはずされたのは以前からパワハラやセクハラがひどいとうわさのあった石川のほうでした。 後に完治はリカが石川に酒をかけた原因が、完治の事を悪く言われたせいだったと知ります。 三上から連絡が来ず、今更関係が変わるのが怖くなってヤキモキする関口の元に三上から付き合ってくれと連絡が来ます。 関口は今までどおりがいいと断りますが、三上は家まで訪ねてきて他の女とは全部関係を切ったと言って真剣な様子だったので、関口は受け入れました。 完治、リカ、三上、関口の 4人で飲みに行った時に三上と関口が交際していることを完治とリカは知らされます。 おめでとうと言いながら、明らかに動揺していて笑顔が引きつる完治を、リカは職場から呼び出しだとウソをついて店から連れ出し、公園で花火をしたり、それを見つけたおまわりさんから手をつないで逃げたりすることで、一時現実を忘れさせて元気付けようとします。 一方家に帰った三上は関口に 完治のような純粋で真っ直ぐな男に嫉妬してびびってている事を告げ、弱さを見せた三上に関口は心動かされて私のことはちゃんと信じてと言いいます。 リカと一緒におまわりさんから逃げ切った完治が、関口と三上の事を思い出して落ち込みはじめたところでリカはかの有名なセリフを放りなげてきて二人は一夜を共にします。 リカがパワハラ・セクハラを受けトラブルに• 営業部長とリカの関係を匂わすシーンがある• 順調そうに交際をしている三上と関口の間には、三上のチャラい行いなどもあり早くも不穏な空気が流れています。 そんな中、完治、三上、関口、リカは四人で飲みに行くのですが、そこでリカと完治の仲良さそうな様子を見た三上と関口から付き合えばいいのにと言われ、完治は絶対無いと強めに言ってしまいます。 リカはこれまでの二人の事、無かった事にしてあげると完治に言い、そのまま翌日から出張に出ていきました。 完治はリカと不倫しているというウワサのある和田部長に飲みに誘われ、昔女に入れ込んだ事で妻と別居中であることを打ち明けられ、その女というのがリカなのではと気になりますが確かめられません。 完治はリカにメッセージを送っても返してもらえず、毎日不安な気持ちで過ごす中、リカはようやく出張から帰って来ましたが、完治と顔を合わせることなく今度は旅行に行ってしまったため、完治は引き続きモヤモヤしながら過ごします。 関口は、医大のテスト勉強中の三上にメッセージを送りますが全て未読スルーされ、電話にも出てもらえずに不安な日々を過ごしますが、三上はそんな関口をほったらかしすし屋で同じ大学の長崎と飲んでいます。 完治は、送ろうと思いながらなかなか勇気が出なくて送れなかった「会いたい」という言葉をようやく送り、リカの帰国を空港で出迎え、 2人のことを無かったことになんかできないと言って告白しました。 リカは満面の笑顔で完治を抱きしめました。 リカと完治が一夜を過ごしているところに関口から着信がありますが、気づかれることはありませんでした。 メモ 東京ラブストーリーは全話無料視聴が可能! FODプレミアムの2週間無料トライアルで1話から最終話までフル動画を見ることができます > 東京ラブストーリー4話 リカと完治はすっかり仲良し。 翌日に夕飯を一緒に食べる約束をして一緒に出社します。 テスト期間が終わった三上はようやく関口の家に行きますが、そこで三上の電話に長崎から一緒に寿司を食べたことがわかるメッセージが入るのを関口は見てしまいます。 翌日、リカは完治と待ち合わせした店でワクワクして待っていますが、完治がリカとの待ち合わせ場所に向かっている途中に、関口から今から会えないかという連絡が入り、完治はリカに仕事の会食が入ったとウソをつき、関口に会いに行ってしまいます。 完治は、長崎と三上のことを悩んでいる関口を喫茶店で励まし、帰りに雨が降ったので傘を貸しました。 そのころリカは一人雨に濡れて帰りました。 関口はその後飲み会に行って酔いつぶれ、三上に迎えにきてもらって長崎との事を問い詰めますが、三上の甘い言葉にいいくるめられます。 休日完治は三上から車を借りて、リカとドタキャンした食事の埋め合わせデートをします。 鎌倉で座禅を組んだり、刀体験をしたり、景色のいい浜辺で会話をしたりと楽しそう。 デートの後は三上の家で関口が作った手料理を振舞われ、 4人で楽しく過ごしますが、帰り際、関口が完治に傘を返した事で、 リカにウソをついたことがばれてしまいます。 いつも笑顔のリカが、目に涙をいっぱい溜めて怒ってしまい、電話をかけても出てくれません。 三上の家でも、同じことで三上と関口がケンカしていました。 飛び出した関口を追いもせず、 三上は別の女を家に呼びます。 東京ラブストーリー5話 完治は大阪日帰り出張から帰ってきたリカを出迎え、リカの好きなご飯やデザート、ガチャガチャを手渡して必死で謝り、愛を伝えました。 その様子にずっと怒っていたリカも笑ってしまって、ようやく機嫌を直してもらうことができました。 三上と関口も、三上が関口を職場まで迎えに行く事で仲直りできました。 ある朝完治の家で目覚めたリカは、天気良いからサボろうとすごい事を言って完治を連れ出し、ペンキを買ってよく行くビルの屋上にある処分予定の看板にペンキをぶちまけました。 関口は家に三上が忘れて行ったケータイを病院まで届けに行き、ちょうど三上が長崎にふざけて顔と顔を近づけているのを目撃。 あまりのショックに三上にケータイを渡して駆け出します。 夜になり、看板にはリカが描いた美しい二羽の白い鳥の絵が完成していました。 同じ方向を向いて飛んでいる二羽をこれは私達だとリカは言います。 完治はリカは東京に似てる、最初は怖かったけど、今は俺もリカが欲しくなったと言い、リカを抱えて 2人は楽しそうに笑いました。 関口の家には三上が来て部屋の鍵を渡し、一緒に暮らそうと言いますが、返事を悩む関口は翌日急に倒れ、三上のいる病院に運ばれます。 盲腸でそのまま入院する事になった関口は、長崎から自分と三上は何でもないし、 自分には婚約者もいると言われます。 和田部長とリカがランチに行くのを見た完治が夜、リカに部長との事や別れた理由を聞くと、私を所有しようとしたから別れたという答えが返ってきました。 好きなら自分だけのものにしたくなるものだと思う完治は戸惑います。 三上は長崎と飲み、婚約は親の勧めでした事を知ります。 そしてその帰り、 長崎は酔って泣きながら結婚なんかしたくないと三上にすがるのでした。 東京ラブストーリー6話 関口の見舞いに行った完治は、三上と同棲して三上の帰れる場所になるつもりだと言う関口の様子を見て、三上に怒り心頭。 自分と関口の状況を重ね合わせているのもあるのか、永遠に自分のものにならない相手を好きになる気持ち分かるのかと三上に言い放ちました。 その後完治はリカに付き合ってリカの知り合いの芸術家のレセプションパーティーに出席します。 そしてドレスアップしたリカが、雑誌にも載っているような外国の芸術家と当たり前のように英語で会話しているのを見て圧倒されます。 二人で夕飯を食べながら今日完治がリカをすごいと思った気持ちを述べると、そう言った後みんな私から離れて行くとつまらなそうな顔をするリカ。 完治は、自分は特に何もない平凡な人間だけど、リカへの愛だけは誰にも負けない、と言ってまたリカを笑顔にするのでした。 関口は退院し、三上と同棲し始めました。 三上は長崎に呼ばれて高級そうな店で食事をしますが、そこに現れた店のオーナーを長崎が婚約者だといって紹介すると、気分を害して帰ってしまいます。 そして帰宅し、家でご飯を食べていた関口をやみくもに押し倒したのです。 関口は家を出て行きました。 そんな頃、完治は誕生日を迎えます。 リカが先に完治の家に行って二人きりのパーティーの準備をしつつ、完治に仕事のトラブルで遅くなるから先に家に帰っててとウソの連絡を入れます。 帰ってきたところを脅かしてサプライズしようと思ったのでしょう。 しかしその時完治に、関口が帰ってこないと三上から連絡が。 完治は関口に電話をかけて関口のいる東京タワーに向かってしまいます。 リカは一人でずっと完治が帰ってきたら驚かしてやろうと待っているのに。 東京ラブストーリー7話 関口を励ましたした完治が夜遅く家に帰ると、サプライズパーティーのセッティングをされた暗い部屋でリカが寝おちしていましたが、正直に事情を話すと、リカは完治に顔面ケーキをお見舞いし、深夜にはなりましたが二人は無事誕生日パーティーができました。 翌日リカはレセプションパーティーで知り合った外国の芸術家アルヴィンと仕事の話をしていて、その頃職場では完治が和田部長に呼ばれ、 リカが退職願いを出したと聞かされます。 夜、完治は辞表を出す前にリカが自分に相談してくれなかった事や、大事なことを本人じゃなくて和田部長から知らされた事がショックでカンカンに怒りますが、リカは大事なことは一人で決めたいと言います。 言い合いになったところで完治から出た、リカは俺じゃなくても良かったんじゃないのという言葉がきっかけで二人は大喧嘩してしまいました。 一方関口の家に行っても追い返され、なかなか話が出来ない日が続いていた三上は、関口を呼び出し、高校の入学式から好きだった事を伝えますが、関口は三上にさよならを告げ、三上はいつになく必死に食い下がりましたが取り合ってもらえませんでした。 三上はリカに関口とのことを相談し、自分がどれだけ良くないことをしたかようやく理解して泣き崩れます。 そして家に帰り、関口に渡そうと思っていた婚姻届を破りました。 一方ケンカがこじれてメッセージに返事ももらえず日々悶々としていた完治はリカを待ち伏せて、リカはぜったい俺じゃなきゃだめだし、俺もぜったいリカじゃなきゃだめなんだと大声で思いをぶつけ、二人は抱き合い、ようやく仲直りできました。 その後、リカはニューヨークに行ってアルヴィンのアシスタントをすると言い出します。 東京ラブストーリー8話 リカのニューヨーク行きを、完治は止めることが出来ません。 リカは、人を愛するには物理的な距離や時間は問題ではなく、お互いの心が離れないことが大事だと言います。 会社で完治は、リカの代わりにジュールという取引先との大きな仕事を任されてやる気満々で、苦戦しながらも頑張ります。 リカはアルヴィンに、出発を早めて欲しいと言われますが、出発までの時間は自分にとってとても大事なものだからと言って断りました。 父親が亡くなり葬式のために実家に行っていた三上が帰ってきた頃、完治は三上を励ますために集まろうと関口を誘い、関口は迷った末に顔を出しますが、三上の父親の話をしているうちに場の雰囲気は悪くなり、三上は帰ってしまいます。 完治は、関口に三上の元に戻って欲しいと言い、三上にもあとで電話をかけて、なんとか二人を復縁させようと尽力します。 しかしそんな時、長崎が泣きながら三上の家を訪ねます。 完治が仕切っているジュールとの仕事が難航し、完治はリカと約束した愛媛旅行に行けなくなってしましました。 リカはその事を仕方ないと言ってくれるけど、ムチャ振りをしてきたジュールに対する意見が分かれて、それが発端でリカと完治はまたケンカしてしまいます。 リカには無理させられる方の気持ちはわからない、俺だってリカに無理させられてる、リカがニューヨークに行く事だって、無理して止めないんだという完治の言葉にリカは傷ついて、ニューヨークに行くと言って出て行ってしまいました。 永尾完治(伊藤健太郎) 愛媛支部から東京本社へ異動したサラリーマン。 リカとは同じ「広告代理店」に勤めます。 学生時代からさとみが好きですが、一方で自由で自分を振り回す「都会の女」のリカにも惹かれていきます。 さとみと三上が付き合い始めたことを知りひどく動揺した際に、助け舟を出してくれたリカといい感じになりますが・・・。 赤名リカ(石橋静河) 完治の勤める高校代理店の同僚でバリバリのキャリアウーマン。 東京生まれ、東京育ちで東京から出た経験はありません(原作・前作は海外育ち設定)。 男性との関係に奔放な一面を見せつつ、職場では自分の「仕事」への信念のために立場が上の人物にも強く噛み付くことも。 営業部長の和田と関係を持っていることが噂になっており、完治の耳にも入ることに。 三上健一(清原翔) 完治の幼馴染で医大生。 完治とは小学生時代からの付き合いで、唯一の友達だと思っている。 その反面、素直で自分に持っていない物を持っているの完治に強烈なコンプレックスを抱いている様子。 さとみのことが学生時代から好きだったが、完治が東京に来るまで連絡を取っていなかった。 関口さとみ(石井杏奈) 完治、三上同様愛媛から東京に出てきた。 愛媛では家業のせいで肩身の狭い思いをしており、その反面で男女関係の対して潔癖で、三上の女関係に対し嫌悪感をあらわにする。 最初は完治のことを好ましく思っていたようだが、三上のどんどん惹かれていくこととなる。 東京ラブストーリー2020年と1991年版の違いは? 東京ラブストーリー(1991年)が放送された年は、バブルの終わり〜不況の入り口の時代です。 ディスコが流行し、主な連絡ツールは固定電話やポケベル。 携帯電話はあるものの、個人で持つようなものではなくサイズもとても大きいものでした。 そのせいか1991年版ではリカ(鈴木保奈美)が自分のものだとして完治(織田裕二)に渡した電話番号が実はさとみ(有森也実)の固定番号で、知らずにかけた完治はそこでデートの約束を取り付ける・・・。 など、 時代を覗かせてくれる特徴的なエピソードが散見されます。 特に東京ラブストーリー2020の2話では、三上がさとみに電話で告白。 さとみは断腸の想いで告白を断り電話を切りますが、その時家のインターホンがなって三上が現れる・・・。 などは携帯電話が普及している今だからできるエピソードで、特徴的でした。 また、完治とリカの勤め先は「スポーツ会社」でしたが2020年版では「広告代理店」となっており、リカはより仕事をバリバリ行う「令和の女性」らしさを表に出しています。 また1991年版では「海外育ち」で自由奔放なリカとされていましたが、2020年版はリカは東京生まれ、東京育ち。 大人の自立した女性として恋に仕事に自由に生きる様が描かれています。 20年以上たち、時代背景も大きく変化しているだけあって、リメイクといえど 今しかできないエピソードがたくさんある「東京ラブストーリー2020」、ぜひ1991年版と比較して視聴してみてくださいね。

次の

東京ラブストーリーの最終回結末、漫画(原作)では?漫画の結末を大公開!

東京ラブストーリー 最終回 あらすじ

もくじ• 東京ラブストーリー第十話 あらすじ(ネタバレ) 約束 翌日会社で 完治(織田裕二)と リカ(鈴木保奈美)はすれ違ったが リカは悲しい顔をするだけで 言葉は交わさなかった。 完治は 三上(江口洋介)に リカにちゃんと話をできなかった言うと、 『けじめだけはつけろ』と三上に言われる。 三上は大学で一晩一緒に過ごした 尚子(千堂あきほ)に声をかけるが、 『結婚式の準備があるから忙しいの』と言う。 そして、 あれは遊びだと三上に言う。 三上は リカと会って、 完治がリカに話があるらしいと言っても、 リカは言うことはわかっていると言う。 さとみ(有森也美)を喫茶店に呼び出した 完治は、 リカがロスへ行けば、自動的に別れるというわけでもないので リカとちゃんと話をするまでは、さとみへの返事はできないと話す。 夜、会社に寄った 完治は一人で仕事をしている リカを見つける。 話があると切り出すが、自分はもうすぐロスに行っていなくなるだからもういい、 この間話を聞こうと待っていたのに、 来なかったのが答えだとリカは言う。 何も言えず黙っている 完治に「じゃあ、私がふってあげる」と言いリカは帰ってしまう。 完治は リカより先に リカの家の前で待っていた。 完治はロスへ行く前にきっちり別れを告げたくて、 「このままリカとやっていく自信がない」と伝えるも、 リカは「絶対別れない、別れたりしない」と、走り去っていった。 家に戻った完治に さとみから電話がかかってくる。 今、 リカと別れてきたと告げながら、リカとの思い出を語り始めた。 リカの気持ちにこたえられなかった自分を責める言葉を並べる完治。 そして受話器の向こうで黙って聞いてるさとみの耳に、 完治の泣く声が聞こえてくる。 翌日会社へ行くと、 完治は 部長(西岡徳馬)に呼ばれ、 リカが常務にロス行きを断りいなくなったと聞かされる。 完治は三上の家などを探すが見つからない。 完治は リカが自分の故郷に行きたがっていたことを思い出し、 飛行機で地元の愛媛に向かった。 前に 小学校の柱に完治の名前を彫ったことを話した時、 その隣に自分の名前を彫りたいとリカは言っていた。 それを 完治は思い出し、 小学校にあるその柱のところへ行き 「永尾完治」の文字を見つけると、 その横に「赤名リカ」の名前があった。 リカが愛媛にいることを確信して、 完治は街中の宿を捜索するが見つからず、 へとへとになり、もう一度 小学校のグラウンドに戻るとそこにはリカがいた。 東京ラブストーリー第十話 動画、視聴率 東京ラブストーリー 第10話約束 — ドキドキモーニング noradionolife5 <視聴率> 第1話 出会いと再会(1991年1月7日放送) 20. スポーツ用品メーカー「ハートスポーツ」の事業部所属の社員。 愛媛県から上京してきた永尾を東京国際空港まで迎えに行き一目惚れ、その後、さとみに失恋し傷心の永尾と交際する事になったが・・・さっぱりした気性で明朗快活な性格で、はっきりした物言いをする。 永尾完治:織田裕二 ハートスポーツの社員。 出身地は愛媛で、さとみと三上とは愛媛東高校での同級生だった。 就職を機に上京し2人と再会するが、永尾が想いを寄せていたさとみは三上と付き合う事になり、失恋した永尾は先輩のリカと交際するが、三上とさとみが別れた事を知ると心が揺れて・・性格に優柔不断な面が見られる。 リカからは「カンチ」と呼ばれる。 関口さとみ:有森也実 永尾の高校の同級生。 清楚な印象で男子からは人気が高かったが、女子からは実家がラブホテルを経営していることを理由に、机に落書きされるなどのいじめに遭う。 落書きを消してくれたのが当時、片想いをしていた永尾だと思い続けていたが・・・三上と同棲するが破綻。 永尾と次第に接近してゆく。 基本的には心優しい性格だが、依存心の強さなどで周囲を翻弄することがある。 元麻布幼稚園に勤務している幼稚園教諭。 三上健一:江口洋介 永尾の高校の同級生。 文京大学医学部入学と同時に上京。 実家からは送金してもらっているが、他は絶縁に近い状態。 軽薄な印象で、特に異性関連のトラブルが多い。 長崎尚子:千堂あきほ 三上の大学の同級生で、資産家の娘。 さとみと破綻した三上と交際するも、大学卒業の頃に実家の方から結婚を決められてしまう。 しかし挙式後、自らの意思で相手の男の元から逃げ出し、三上と復縁。 和賀夏樹(部長):西岡徳馬 永尾とリカの上司で既婚者。 ハートスポーツの営業部長で、永尾がやって来る前はリカと不倫関係にあった。 別れた後もリカの事は気にかかるようで、永尾に時々苦言を呈したりお節介を焼いている。

次の

【東京ラブストーリー第10話】あらすじ、ネタバレ!相関図キャストまとめ

東京ラブストーリー 最終回 あらすじ

この記事の目次• ドラマ「東京ラブストーリー2020」第11話 最終回 のあらすじ リカから妊娠の話を聞き、言葉を失ってしまった完治。 自分がどういう行動をとることが正解なのかわからずにいた。 数日後、完治のケータイに和賀から着信が。 話があると呼びだされ、和賀が働く会社に向かうことに。 「 単刀直入に聞く。 リカのこと愛してるのか?」 リカが今自分の家にいること、プロポーズをしたこと、春ごろにリカを抱いていてお腹の子供が自分の子かもしれないということを話す。 完治は興奮し掴みかかっていくが、和賀の真剣な思いに言葉がでないのだった。 その日の夜、リカからも着信があり会うことに。 「 私ね、和賀さんと結婚するんだ。 」 お腹の子も完治の子ではなかったということで、2人の関係は本当に終わってしまうのだった…。 ある日、三上が働く病院に尚子が姿が。 「花嫁姿、見に来てよ。 そしたらあきらめもつくでしょ?」 そう言って結婚式の招待状を渡してきた尚子に、三上が呟く。 「誰のあきらめ?」 尚子は何も言わず去っていくのだった…。 リカとの関係も終わり、少しスッキリしていた完治の家に和賀が慌てた様子でおとずれる。 部屋に入るや否やリカはどこだとまくしたてる和賀に、何があったのかわかわずにいた完治。 話を聞くと、完治とよりを戻すことになったと書いたメモをおいて、 リカがいなくなってしまったということだった! \ 2週間 無料視聴可能!/ 2週間以内の解約で料金が一切かかりません ドラマ「東京ラブストーリー2020」第11話 最終回 の見どころ ドラマ「東京ラブストーリー2020」第11話 最終回 の見どころについてご紹介します。 最終回ということで、結局は言ってしまえばすべてが見どころなんですが。 笑 それでもやはり1番の見どころは リカと完治の恋の結末ですよね。 神父の前で2人が永遠の愛を誓おうとしているその前に三上が現れて、こう伝えるのだった。 「 花嫁姿見せたぐらいで、あきらめてもらえると思うなよ!」 心を決めた尚子は、婚約者をおいて三上のもとへ。 「私が私の意思で、あなたと生きていくの。 」 そういって2人は、式場をあとにするのだった…。 リカがいなくなったと聞き、完治は綿あめを一緒に食べると約束していたお祭りに向かう。 海岸で浴衣姿のリカを発見する。 和賀との結婚も一瞬考えたが、やっぱりお腹の子供と2人で生きていくことを決めたというリカ。 そんなリカに、完治も最後の告白をする。 「リカのこと愛してる。 」 そう言って、リカを抱きしめるのだった。 2人は約束のお祭りにいくことに。 これまでの事はすべてなかったかのように昔に戻って祭りを楽しんだリカと完治。 最後に約束の綿あめを買ってくると言い出したリカ。 一緒に行こうとする完治に対して、ニコニコしながら「一人で行きたいの」と。 完治は座って待つのだったが、 そこにリカが帰ってくることはなかった…。 そこから時は流れ、数年後。 三上と尚子が愛媛から東京に帰ってきていた。 完治は大事な報告があるということで、2人をカフェに呼び出す。 そこにさとみもあらわれて、結婚することを伝える。 「やっとかよ。 どんだけ遠まわりしてんだよ 笑 」と祝福する三上と尚子。 カフェからの帰り道で、三上が完治に聞く。 「あ、そう言えばリカって今何してんの?」 「こないだ雑誌で見たよ。 注目の現代アーティストって紹介されてた。 」 すると三上が 「へ〜、じゃあ長尾がリカをニューヨークに行かせたのも間違いじゃなかったってことか…。 」 リカは子供と2人ニューヨークに渡り、有名アーティストとなって活動しているそうだ。 「 世界のどっかで、毎日ワクワクしながら生きてるよ。 そうじゃなきゃ、赤名リカじゃないから。 」 別の地にて、リカが浜辺で小さな子供とくつろいでいる…。 子供がリカに尋ねる 「リカ!(太陽を指さして)あれって何〜?」 「あれはね、太陽だよ。 世界中どこにいても、必ずそこにあるもの…。 」 ドラマ「東京ラブストーリー2020」第11話 最終回 のまとめ.

次の