秋 の 七草 の 名前 覚え 方。 春の七草の種類と覚え方!テンポに乗せてリズムよく!セリ・ナズナ~♪

秋の七草の由来や意味は?何のために選ばれたのか?名前の覚え方は歌で

秋 の 七草 の 名前 覚え 方

秋の七草一覧 まず秋の七草をすべて、簡単に紹介したいと思います。 萩(はぎ)• 開花時期 : 6月~10月末・早ければ夏頃に花が咲くことも• 分類 : マメ科 萩と一言言っても 木萩(きはぎ)・蒔絵萩(まきえはぎ)と色々ありますが、よく見るのが山萩(やまはぎ)です。 花の形はとても面白くぷっくりと可愛いらしくなっていますが、見た目とは違い荒地に咲く花としても知られているので 頼もしい花となっています。 薄(すすき)• 開花時期 : 8月中旬~9月下旬頃• 分類 : イネ科 月見の際に月見団子とセットで欠かせないススキも、秋の七草のひとつになります。 他にも 尾花(おばな)とも呼ばれており、穂の部分が尻尾に似ていることに由来しています。 桔梗(ききょう)• 開花時期 : 6月~8月初旬頃• 分類 : キキョウ科 見た目にも繊細でかつ美しい花をしており、花言葉である「 清楚・ 気品」をそのまま形となったように思えます。 根の部分は、咳や喉の痛みを和らげる漢方としても使われています。 撫子(なでしこ)• 開花時期 : 6月~8月• 分類 : ナデシコ科 元は 我が子を撫でるように可愛い花をしていることから、名付けられました。 そして今はサッカー女子日本代表の愛称としても知られており、可愛いながらも大胆な姿を見せてくれています。 葛(くず)• 開花時期 : 8月中旬~9月末頃• 分類 : クズ科 生命力が非常に強い花としても知られ、ひと夏で10メートルも成長することがあります。 根は「 葛根」という漢方としても使われており、人々の健康をも守ってくれています。 しかし、 平安時代では別名・裏見草と呼ばれたことから、恨みに関する和歌を詠む祭に引き合いに出されていたそうですよ。 藤袴(ふじばかま)• 開花時期 : 10月~11月下旬頃• 分類 : キク科 藤色の花をしており、花びらが袴と似ていることから「藤袴」と名付けられました。 女郎花(おみなえし)• 開花時期 : 7月初旬~10月初旬頃• 黄色い花が特徴的でとても美しく、秋の野を鮮やかに彩ってくれています。 ちなみに、 男郎花(おとこえし)という花もあります。 花は白く小さい形をしていますが全体的にどっしりとしており、文字通り「男らしい花」となっています。 スポンサーリンク 秋の七草の由来とは? 秋の七草は、約1200年前に編成された 和歌集・万葉集に載っている山上憶良(やまのうえのおくら)の和歌からきているとされています。 和歌が詠まれてからは「 秋の七草」として親しまれるようになり、今日に至るというわけです。 秋の七草にまつわる和歌・万葉集には、現代語訳で、 秋の野原で咲いている花々を、指を折ってひとつひとつ数えてみると、 萩・尾花・葛花・撫子・女郎花・藤袴・朝貌 の七種類であった。 という一文があります。 朝貌は朝顔やムクゲではないかという説もありますが、桔梗が最も有力な説だと言われています。 秋の七草の覚え方 覚え方は色々ありますが、覚えやすい方法と言えば語呂合わせでしょう。 女郎花・尾花・桔梗・撫子・藤袴・萩・葛の頭文字をとって「 お好きな服は?」や、文字を入れ替えて「 ハスキーなお袋」と覚える方法がネットなどでは推奨されています。 また、元が短歌から来ているので 「五・七・五・七・七」の短歌にして覚える手もあります。 「ハギキキョウ・クズフジバカマ・オミナエシ・オバナナデシコ・秋の七草」とリズミカルに口ずさめば、ばっちり覚えられるはずです。 まとめ 「秋の」七草と言われているものの、ほとんどは夏に咲く花です。 ただ 8月の立秋を迎えれば秋になるので、強ち秋の花だとも言えなくはありませんよね。 秋の七草は原っぱなどへ行けばどこでも見ることができましたが、今はほとんど姿を見ることができなくなってしまいました。 どれをとっても綺麗な花をしているので、なんだか寂しい気がしますね。

次の

秋の七草とは?その時期はいつ?花言葉は?名前の覚え方や意味や由来についてご紹介します

秋 の 七草 の 名前 覚え 方

七草がゆ 画像 よみ 名称 現在の名称 英名 注 せり 芹 Water dropwort なずな 薺 (ぺんぺん草) Shepherd's Purse ごぎょう 御形 (母子草) Cudweed はこべら 繁縷 (繁縷、蘩蔞) chickweed (注1) ほとけのざ 仏の座 (小鬼田平子) Nipplewort キク科 (注2) すずな 菘 (蕪) Turnip アブラナ科 (注3) すずしろ 蘿蔔 (大根) Radish アブラナ科 (注3)• (注1)七草として市販されているものに含まれる「はこべら」は一般にが利用されている。 コハコベは明治時代になって日本に入ってきたといわれている。 2000年にコハコベは帰化植物とする研究者の見解が地方紙に出され生産農家に混乱が広がったが、コハコベが日本で江戸時代以前に畑などに生育していた可能性も指摘されている。 ミドリハコベはもともと日本に生育していた種とされ 、春の七草はミドリハコベとする文献もある。 (注2)「仏の座」はのとは別の種。 文化 [ ] この7種の野菜を刻んで入れたを といい、邪気を払い万病を除くとして食べる。 呪術的な意味ばかりでなく、で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もある。 七種は、前日の夜にまな板に乗せて囃し歌を歌いながら包丁で叩き、当日の朝に粥に入れる。 囃し歌は鳥追い歌に由来するものであり、これは七種がゆの行事と、豊作を祈る行事が結び付いたものと考えられている。 歌の歌詞は「七草なずな 唐土の鳥が、日本の土地に、渡らぬ先に、合わせて、バタクサバタクサ」など地方により多少の違いがある。 七種の行事は「子(ね)の日の遊び」とも呼ばれ、正月最初のに野原に出てを摘む風習があった。 『』にも、「七日の若菜を人の六日にもて騒ぎ……」とある。 覚え方と呼べるような語呂合わせは知られていないが、上記のとおりに並べると五七調になり覚えやすい。 歴史 [ ] 古代より日本では、年初に雪の間から芽を出した草を摘む「若菜摘み」という風習があり、これが七草の原点とされる。 またの中国の「」に「」(人を殺さない日)である旧暦1月7日に、「七種菜羹」という7種類の野菜を入れた羹(あつもの、とろみのある汁物)を食べて無病を祈る習慣が記載されており、「」には「七種のみくさ集むること人日菜羹を和すれば一歳の病患を逃るると申ためし古き文に侍るとかや」とある。 このことから今日行われている七草粥の風習は、中国の「七種菜羹」が日本において日本文化・日本の植生と習合することで生まれたものと考えられている。 日本では古くから七草を食す習慣が行われていたものの、特に古代において「七草」の詳細については記録によって違いが大きい。 『』には 餅がゆ( 望がゆ)という名称で「七種粥」が登場し、かゆに入れていたのは・・(きび)・(ひえ)・みの・・の七種の穀物で、これとは別に一般官人には、米に小豆を入れただけの「御粥」が振舞われていた。 この餅がゆは毎年に行われ、これを食すれば邪気を払えると考えられていた。 なお、餅がゆの由来については不明な点が多いが、『』にはに既に記載されていたと記され、は自らが年間に民間の風習を取り入れて宮中に導入したと記している(『』寛平2年2月30日条)。 この風習は『』・『』にも登場する。 その後、の正月(現在の1月~2月初旬ころ)に採れる野菜を入れるようになったが、その種類は諸説あり、また地方によっても異なっていた。 現在の7種は、1362年頃に書かれた『(かかいしょう)』(による『』の注釈書)の「芹、なづな、御行、はくべら、仏座、すずな、すずしろ、これぞ七種」が初見とされる(ただし、歌の作者は不詳とされている)。 これらはないし畑に出現するものばかりであり、今日における七種類の定義は日本の米作文化が遠因となっている。 頃には武家や庶民にも定着し、では公式行事として、以下全ての武士が七種がゆを食べる儀礼を行っていた。 秋の七草 [ ] の観月会に供えられた秋の七草。 の七草は以下の7種の野草のことである。 画像 よみ 名称 現在の名称 英名 科名 おみなえし 女郎花 Patrinia scabiosifolia おばな 尾花 Miscanthus sinensis ききょう 桔梗 Platycodon grandiflorus なでしこ 撫子 Dianthus ふじばかま 藤袴 Eupatorium fortunei くず 葛 Pueraria lobata はぎ 萩 Lespedeza マメ科 が詠んだ以下の2首の歌がその由来とされている(2首目は)。 秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花(万葉集・巻八 1537)• 萩の花 尾花 葛花 瞿麦(なでしこ)の花 姫部志(をみなへし) また藤袴 朝貌の花(万葉集・巻八 1538) 「朝貌の花」が何を指すかについては、、(むくげ)、、など諸説あるが、桔梗とする説が最も有力である。 文化 [ ] 春の七種と違い、秋の七草に直接何かをする行事は特にない。 秋の野の花が咲き乱れる野原を「花野」(はなの)といい、花野を散策してやを詠むことが古来より行われていた。 秋の七草はそれを摘んだり食べたりするものではなく観賞するためのものであり、ゆえに「秋の七草がゆ」というものも存在しない。 なお、それぞれの草花には以下の薬効成分がある。 ハギ:咳止、去痰、胃痛、下痢など。 ススキ:利尿。 クズ:として風邪薬に用いられる外、肩こりや神経痛にも効用がある。 ナデシコ:むくみ・高血圧。 オミナエシ:消炎・排膿。 フジバカマ:糖尿病・体のかゆみ。 キキョウ:咳止め、去痰、のどの痛み。 覚え方 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年4月)• 表の順による秋の七草の覚え方。 「 おみなえし」「 すすき」「 ききょう」「 なでしこ」「 ふじばかま」「 くず」「 はぎ」。 同様に下記の覚え方もある。 [ ] 画像 よみ 名称 現在の名称 英名 いね 稲 Rice あわ 粟 foxtail millet bengal grass イネ科 きび 黍、稷 millet イネ科 ひえ 稗 Japanese barnyard millet イネ科 ごま 胡麻 sesame あずき 小豆、荅 azuki bean adzuki bean aduki bean マメ科 みの 蓑米、葟 Glyceria acutiflora(学名) イネ科 夏の七草 [ ] 夏の七草には後述の三種類がある。 昭和初期にが詠んだ和歌「涼しさは よし い おもだか ひつじぐさ はちす かわほね さぎそうの花」による夏の七草。 画像 よみ 名称 現在の名称 英名 よし 葦 Phragmites い 藺 Common rush おもだか 沢瀉 Three-leaved arrowhead ひつじぐさ 未草 Pygmy waterlily はちす 蓮 Lotus かわほね 河骨 East Asian yellow water-lily スイレン科 さぎそう 鷺草 White Egret Flower 2. 、学術部・野生植物活用研究小委員会が、戦時中の食糧難の時節にも食べられる植物として、以下の7種類を「夏の七草」に選定している。 さらに、戦後の、雑誌と同じ内容のパンフレットが出版された。 画像 よみ 名称 現在の名称 英名 あかざ 藜 Fat Hen いのこづち 猪子槌 Achyranthes bidentata ひゆ 莧 (ハゲイトウ 葉鶏頭) Joseph's coat ヒユ科 すべりひゆ 滑莧 Common Purslane しろつめくさ 白詰草 (クローバー) White clover マメ科 ひめじょおん 姫女菀 annual fleabane eastern daisy fleabane キク科 つゆくさ 露草 Asiatic dayflower 3. 自然写真家のの著書「写真でわかる雑草の呼び名事典」にある夏の七草。 画像 よみ 名称 現在の名称 英名あるいは学名 ちがや 白茅 Imperata cylindrica var. koenigii; cogon grass ひるがお 昼顔 Calystegia japonica やぶかんぞう 藪萱草 Daylily どくだみ 蕺 Houttuynia cordata(学名であるが、英語では様々な呼び名がある) みつば 三葉 Cryptotaenia japonica のあざみ 野薊 Cirsium japonicum 冬の七草について [ ] 冬の七草については諸説あって明確なものはないが、一例として以下のものがある。 の七種(運が倍になるという意味で「ん」が2つ付く食べ物)• (なんきん)• (れんこん)• (にんじん)• (ぎんなん)• (きんかん)• (かんてん)• (うんどん) 脚注 [ ] []• 2019年9月23日閲覧。 2019年9月23日閲覧。 NPO法人 自然観察大学『子どもと一緒に見つける 草花さんぽ図鑑』永岡書店、2019年、21頁。 - インタレストニュースクリップHP、2017年3月31日閲覧。 七種中、唯一の野生植物であり、七種粥の衰微後にその実名すら不詳となった。 ・・らはこれを当時「蓑米」と呼ばれていた植物にこれを当てはめたが、は当時「蓑米」と呼ばれている植物が食用にならない事実を指摘して、七種の「蓑米」と別種であるとして替わりにムツオレグサを七種の「蓑米」に比定して、これまで「蓑米」と呼ばれていた植物にの和名を与えた。 - 開店祝い. com 2017年3月31日閲覧。 国立国会図書館 2011年6月17日. 2014年1月13日閲覧。 , p. , pp. 84-86• 日本学術振興会学術部・野生植物活用研究小委員会「」『週報』第447巻第8号、日本学術振興会、1945年6月20日。 , pp. 86-88• - 2017年4月1日閲覧。 参考文献 [ ]• 有岡利幸『』法政大学出版局〈ものと人間の文化史145〉、2008年10月10日。 有岡利幸『』法政大学出版局〈ものと人間の文化史146〉、2008年12月5日。 鋳方貞亮『日本古代穀物史の研究』吉川弘文館、1977年4月。 『私の植物散歩』筑摩書房、1987年4月、77頁。 木村陽二郎『』筑摩書房〈ちくま学芸文庫 キ21-1〉、2012年7月10日。 本田正次『』日本學術振興會第七十五小委員會 編、科學社〈國民科學叢書 1〉、1946年9月10日。 亀田龍吉『写真でわかる雑草の呼び名事典』、2012年2月7日。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 岡山理科大学 総合情報学部 生物地球システム学科、植物生態研究室(波田研)• (七草の効能と七草粥の作り方) - 漢方専門・健康薬局 八仙堂HP.

次の

見て楽しむ秋の七草の意味や花言葉と秋の七草の覚え方

秋 の 七草 の 名前 覚え 方

秋の七草は万葉集に収められている山上憶良の2首の歌が始まりです。 「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」 「萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花」 1つ目の歌で「秋の野に咲いている草花を指折り数えると7種類ある」とし、2つ目の歌で「それは萩の花、尾花、葛(くず)の花、撫子(なでしこ)の花、女郎花(おみなえし)、また藤袴(ふじばかま)、朝貌(あさがお)の花である」と述べています。 「朝貌」については諸説ありますが、現在では桔梗(ききょう)が定説です。 春の七草が七草粥にして無病息災を祈るものに対し、 秋の七草はその美しさを鑑賞して楽しむものです。 そのため、7種一緒に何かの祭祀などに使用されることはありません。 秋の七草の特徴は見て楽しめるだけではなく、薬用など実用的な草花として昔の日本人に親しまれたものが選ばれていることです。 秋の七草の花言葉 【1】萩(はぎ) 「草かんむり」に「秋」と書く、まさに秋を代表する花の1つです。 秋のお彼岸にお供えする「おはぎ」の名の由来にもなっています。 〈花言葉〉・・・思案、内気、想い、前向きな恋、柔軟な精神 【2】尾花(おばな) 尾花とは「すすき」の別名です。 すすきの穂が動物の尾に似ていることが、名前の由来と言われています。 お月見にはかかせない飾りの1つです。 〈花言葉〉・・・勢力、生命力、活力、隠退、悔いなき青春、心が通じる 【3】葛(くず) 葛湯、葛切り、葛餅など今でも親しみ深い植物の1つです。 葛の根を乾燥させた「葛根(かっこん)」は民間治療薬として、風邪や胃腸不良などの際に用いられます。 〈花言葉〉・・・治療、活力、根気、努力、芯の強さ、恋のため息 【4】撫子(なでしこ) 日本女性の清楚さを表現した「大和撫子」の「撫子」は、この花のことです。 可憐な淡紅色の花を咲かせます。 「枕草子」の中で、清少納言は撫子の美しさは草花の中で第1級品であるとしています。 〈花言葉〉・・・純愛、無邪気、思慕、貞節、才能、大胆、いつも愛して 【5】女郎花(おみなえし) 女郎花の名前の由来は、花の美しさが美女を圧倒するためという説があるほど、優雅で美しい花として古代の人に親しまれた花です。 そのため、多くの歌や句にも詠まれています。 また、女郎花の根と全草には解毒・鎮痛・利尿などの作用があります。 〈花言葉〉・・・美人、親切、はかない恋、心づくし、約束を守る 【6】藤袴(ふじばかま) 藤袴は、花の色が淡紫色で、弁の形が筒状で袴に似ていることからこの名前が付けられました。 乾燥させると桜餅の桜葉と同じ良い香りがするため、洗髪や香水にも用いられます。 現在では絶命危惧種に指定されており、野生の藤袴を見ることはほとんどできません。 〈花言葉〉・・・遅延、躊躇、思いやり、あの日を思い出す、優しい思い出 【7】桔梗(ききょう) 桔梗は、その形の良さから多くの武将の家紋に用いられました。 中でも明智光秀の水色桔梗の家紋は有名です。 桔梗の根を乾燥させ粉末にしたものは、痰や咳の薬として用いられています。 藤袴と同様、絶滅危惧種に指定されている花です。 〈花言葉〉・・・清楚、気品、誠実、従順、変わらぬ愛、優しい温かさ 秋の七草の覚え方 【1】「5・7・5・7」のリズムで覚える 今回は、秋の七草の覚え方を2通りご紹介します。 まず1つ目は「5・7・5・7」に合わせて、リズム良く覚える方法です。 秋の七草を下記の並び順で繰り返し口ずさみましょう。 何度も口ずさむことにより、自然と秋の七草の名前が身につきます。 「ハギ・キキョウ クズ・フジバカマ オミナエシ オバナ・ナデシコ」 【2】語呂合わせで覚える 2つ目は頭文字の語呂合わせで覚える方法です。 頭文字の語呂合わせには、代表的な覚え方が2通りあります。 好みの語呂合わせを覚えましょう。 また、他の語呂合わせを考えてみることもおすすめです。 野生では目にする機会の少ない秋の七草も、生花店では見つけられるでしょう。 本記事を参考にぜひ秋の七草を覚え、家に飾るなど秋の草花を楽しんでください。 この記事もチェック•

次の