帰省 赤ちゃん 寝る場所。 年末年始の帰省!赤ちゃんがいる場合の電車移動はどうする?

赤ちゃんの帰省はいつから?新幹線と飛行機どっちがいい?

帰省 赤ちゃん 寝る場所

帰省した時の赤ちゃんの寝る場所はどうする? 帰省した時の実家で赤ちゃんの寝る場所は、 リビングの横など目の届くところに部屋があればそこに寝かせておきましょう。 部屋は赤ちゃん専用にして柵などで区切るようにすると、ペットがいても安心です。 私も実家に帰省中は、リビング横の和室に布団を敷いて寝かせていました。 目の届く場所がリビングしかない場合は、 部屋の隅にスペースを作って長座布団やマットにバスタオルをかけて、赤ちゃんを寝かせておくスペースを作りましょう。 リビングにそんなスペースもないし、床に寝かせておく環境じゃないという時は、ベビーベッドをレンタルして置くこともできます。 どこに寝かせるにせよ、環境が変わって赤ちゃんが落ち着かないことがあります。 いつも使っている 抱っこひもを忘れずに持っていくようにしましょう。 帰省する時赤ちゃんの布団はどうする? 帰省に赤ちゃんの布団を持っていくのは大変ですよね。 帰省中は赤ちゃん用の布団を用意しなくても、実家にある大人用の布団に寝かせればOKです。 夜は一緒に寝ればいいですし、昼間はたたんで寝かせておけば大丈夫です。 赤ちゃんがじっと寝ている期間は短く、あっという間に寝返りをしたりハイハイをしたりするようになります。 普通の大人の布団が一組あれば十分でしょう。 実家に布団が足りない場合のみ、赤ちゃんのお昼寝マットなどを用意すればいいと思います。 日中は座布団をつなげたり、長座布団にバスタオルをかけたりして寝かせておくこともできます。 バスタオルだけ家から持っていけば、自宅の自分の匂いがして赤ちゃんが安心するかもしれませんね。 帰省する時赤ちゃんのベッドはどうする? 基本的には帰省中には布団があれば赤ちゃんを寝かせておけますが、状況によってはベッドが必要になることがあるでしょう。 普段からベビーベッドに寝かせていて赤ちゃんも慣れている場合や、犬や猫などのペットがいて床に寝かせられない場合、埃や住環境が赤ちゃんによくないと感じる場合などです。 帰省中にベビーベッドが必要なら、 レンタルにすることをおすすめします。 布団やマットレスなど寝具一式をまとめてレンタルすることができるので便利です。 また、ママが実家の家族に赤ちゃんを預ける時にも安心して寝かせておくことができますね。 帰省する期間が長かったりしょっちゅう帰省する場合など、レンタルより買った方が安いのでは・・という考えもあるかもしれません。 しかしベビー布団と一緒で、赤ちゃんがベビーベッドに静かに寝ている期間はそれほど長くはありません。 購入してすぐに持て余してしまうよりは、レンタルで必要な時だけ使った方が結局お得で便利ではないでしょうか。 どうせ買うならベビーベッドよりも、 ベビーチェアやバウンサーの方がおすすめです。 今は使えなくても、すぐに大きくなって食事の時や座らせておくのに重宝します。 私の両方の実家でもベビーチェアを用意してあって、帰省中にわりと長い期間活躍していました。 赤ちゃんの成長はあっという間です。 少し長い目で見て、帰省中の実家で必要なものをそろえていってくださいね。 終わりに 帰省中の赤ちゃんの寝る場所についてご紹介してきました。 実家とは言え、いつもと違う環境は赤ちゃんにとって大きな負担になることがあります。 好きなことは、字を読むこととたくさん寝ること。 活字中毒&スマホ中毒を活かして、いろいろな情報を徹底的に調査・発信していきます! 最近の人気記事一覧• カテゴリー• 最近のコメント• に まみこ より• に 零 より• に まみこ より• に すごい漢 より• に まみこ より メタ情報•

次の

年末年始の帰省!赤ちゃんがいる場合の電車移動はどうする?

帰省 赤ちゃん 寝る場所

Contents• 赤ちゃんがリビングルームで過ごす場所は? 実は赤ちゃんは寝室よりリビングで過ごす時間の方が長い? 赤ちゃんを家に迎え入れる準備となると、寝室が重要視されやすいですが、実は寝室と同じくらい大切なのが日中ママと一緒に過ごすリビングルームです。 赤ちゃんがリビングルームで過ごす時間はどれくらい? では赤ちゃんはリビングルームで過ごす時間はどれくらいなのでしょうか? 月齢によりますが、赤ちゃんは1日15〜20時間前後寝ているといわれています。 とはいえ、3・4時間おきに起きますし、基本お世話をするママの近くで寝たり起きたりすることになります。 つまりママがリビングルームにいる時間が=赤ちゃんが過ごす時間と考えた方がいいですね。 我が家の場合は、外出などをのぞいて、7時前後に起床して夜の8時くらいに寝かしつけるまで基本リビングルームに一緒にいました。 単純に計算すると13時間前後、かなり長い時間です。 赤ちゃんがいるリビングで注意するべきポイントは? そんな赤ちゃんが長い時間ママと過ごすリビングルームですが、こんなポイントに注意した方がいいですね。 家具やテーブルなどの角 これは本当に書く必要もないほど当たり前のことですが、家具やテーブルの角にぶつかって怪我をしないようにガードをしてあげてください。 あとは、マンションのカウンターの角も高さによっては危険なので注意が必要です。 扉やドア 扉やドアで遊んでそのまま自分の指を挟んでしまう子がいるので注意が必要です。 観葉植物 これ結構よく聞きます。 観葉植物のポットの土を食べてしまったり、土いじりをして気がついたら部屋中泥だらけになってたり… 高いところにある重いもの たとえば、テーブルの上のカメラ。 テーブルから紐が出ていたら赤ちゃんは引っ張ります。 そして頭や顔にカメラが落下。 手の届きそうな高いところに重いものを置かないようにしてくださいね。 テレビも注意して これも結構まわりで聞くので注意が必要です。 これは危険というより、やられるとパパママにとってかなりの痛手に… 赤ちゃんにおもちゃなどで、テレビの液晶を叩かれたり、傷つけられたりって結構あるんですよね。 テレビに映る動画にノリノリになってしまうんでしょうか… 我が家は念の為、アクリル板を液晶テレビの前につけていましたが、息子がかなりガンガンやっていたので本当に助かりました。 友人は娘ちゃんにかなりの高額テレビを食事用のフォークでやられて泣いてました。 アクリル板は購入もできますが、ホームセンターなどで手作りもできますよ。 液晶本当に簡単に壊されるので注意してくださいね。 テレビとは関係ありませんが、私はソファーに置いておいたノートパソコンに息子が乗って、液晶割られました… 赤ちゃんがいるリビングにあると便利なアイテムは? リビングルームはほとんどが固いフローリングですよね。 マンションなどマットレスが敷き詰められたリビングもあるかもしれませんが、どちらにしても赤ちゃんを直接床の上には寝かせられませんね。 赤ちゃんがいるリビングにあると便利なアイテムはこの2つを考えるといいですよ。 赤ちゃんがねんねするスペース• 赤ちゃんが遊ぶスペース• おすわりできるスペース 月齢が低く寝てばかりいる時期は1の「ねんねするスペース」だけでも大丈夫ですが、月齢が進むと「安全に遊ぶスペース」も必要です。 そして「おすわりできるスペース」ちょっとぐずった時に、まわりが見えてご機嫌になったり、離乳食が始まったときに便利です。 ここからは、赤ちゃんがいるリビングにあると便利なアイテムをご紹介していきます。 「ねんねのスペース」は赤ちゃんが安心に眠れる場所を 「コットンアンドスイーツ」のマットでおしゃれな部屋に 出典:cuna 次にご紹介するのがfarska(ファルスカ)のコンパクトベッドです。 デンマークの会社が販売している携帯用ベッドで北欧らしいすっきりとしたデザインです。 実はこのコンパクトベッド、ファルスかのベビーベッドの中にも使えるので夜はベビーベッドとして、日中はリビングルームに運んでと無駄なく便利に使えます。 しかもお布団も枕もシーツもすべて付属品としてついているので他に購入する必要がなく経済的です。 付属品はこんな感じで、かなり充実していますよね。 本体カバー• ヌード布団• 2WAY布団カバー• 敷きパッド• サイドパット• 傾斜クッション• ヌード枕• 枕カバー 出典:cuna 前の輪っか部分にはお気に入りのおもちゃを引っ掛けておくこともできるので、赤ちゃんが遊べる安全な空間を作ってあげれます。 我が家の娘がおすわりの時期はバンボチェアーが大流行したのですが、ぽっちゃりめの我が娘はなんと入らなかったんですよね… でもこのチェアーならクッションなのでそんな心配もなさそうです。 口コミもみてみましょう! ほんとにかわいい 5ヶ月になる息子のお座り練習に購入しました。 ずっとお座り練習用のチェアがほしくて、他の商品とも比較してたのですが、ハガブーにして大正解!!! 成長がはやく結構体が大きいため、他のチェアだと窮屈そうで座ってて少ししんどそうだなと思ったのですが、ハガブーだとやわらかくクッション性もあるため座らせてても安心。 わが家では非常に役立っています。 主にお座りの練習にしようしていますが、上の子と遊ぶ時に目線が同じになるのでとても楽しそうです。 キャンプや旅行に持って行っても重宝しそうなので、たくさん使えそうです!是非カバーだけの販売をしてほしいです!! Twitter でフォロー 今人気の記事はこれ!• ここでは赤ちゃんがいるリビングルームにあると便利なアイテムを... 37,590件のビュー• ベビーベッドは購入したものの結局あまり使わなかった赤ちゃん用... 16,465件のビュー• 出産予定日が近づいてくると迎え入れる赤ちゃんの準備で楽しく忙... 9,755件のビュー• 出産後の家族全員のお肌トラブルを一挙に引き受けてくれる頼もし... 7,468件のビュー• ここではおくるみの便利な使い方、そして今人気のおくるみについ... 3,278件のビュー• 最近人気のミニベビーベッド、小さいから邪魔にならないのだけで... 2,961件のビュー• ここでは産後の体重の戻し方について考えていきたいと思います。... 2,465件のビュー• ここではご自宅でお食い初めをお祝いするときにぴったりの食器を... 2,422件のビュー• 母乳育児に授乳ケープや授乳カバーは必要? 公共の場で授乳す... 2,323件のビュー• 出産も間近になってくると、赤ちゃんを迎えるためにいろいろな物... 2,268件のビュー.

次の

帰省しても部屋がない!実家に泊まらずホテルに泊まるのはあり?

帰省 赤ちゃん 寝る場所

赤ちゃんと一緒の帰省・里帰りは楽しみなようで、どのように用意をしたらよいのか迷うことも多いでしょう。 中でも、特に悩むのが赤ちゃんのベビー専用布団ですね。 これは、必要なのでしょうか、またレンタル代用できるのでしょうか。 我が家の場合には、里帰りの際には実家で赤ちゃんベビー専用布団を用意してくれていました。 やはり、普通の布団に赤ちゃんを寝かせると、布団に赤ちゃんがうもれたり掛布団が顔にかかりそうになり、心配になることが多かったです。 なので私としては、やはり赤ちゃんベビー専用布団は必要だと思います。 それなりに、赤ちゃんが大きく成長したら大人用の布団でもよいかもしれませんが最初の時には慣れるまでは赤ちゃん用のベビー布団があるほうが安心です。 自分の家とは、また使い勝手が違うので布団だけでも同じようなものを用意しておくと助かりますね。 赤ちゃんベビー専用布団のレンタルはしたことがありませんが、調べてみるとありました! このように手軽にレンタルして赤ちゃんも場所が変わっても心地よく過ごせるようにしてあげたいですね。 ベビー布団は「実家用・大人布団・座布団」で代用できる?注意点は? ベビー布団は実家用、大人布団、座布団などで代用できるのでしょうか。 先にも書きましたが実家用を用意しておくことも一つの案です。 私の場合には、実家の母が赤ちゃん用の布団はあったほうが良いということで用意してくれていました。 そのおかげで、ずいぶんと助かりました。 大人用布団は、普段赤ちゃん用の布団で寝ている赤ちゃんにとっては落ち着かないものです。 赤ちゃんの体のサイズより少し大きめですし、赤ちゃんも布団の中で動いて 布団で顔が覆われてしまう恐れもあるのです。 注意する点としては、 赤ちゃんのサイズに合っているものを選ぶことです。 赤ちゃんの安全を第一に考えた時には、やはりこの大人用の布団は少し危ないと思います。 また座布団で代用するのはどうでしょう。 無理をして赤ちゃん用の布団を用意することがないと思われる場合には座布団でも十分だと思います。 動きの少ない新生児ならば、 座布団にバスタオルを敷いたものでも十分です。 また、冬場はバスタオルを数枚重ねて毛布を敷くなどして、床から伝わる 寒さにも対策してあげましょう。 人によって考え方も違いますが、簡単に実家で赤ちゃんを寝かせたいというのならばこの方法でも代用は可能ですね。 帰省・里帰りで、赤ちゃんが寝る場所はどこがいい? 帰省や里帰りで、考えるのは赤ちゃんを寝させる場所です。 私は和室で ほこりが少ないような部屋を選びました。 普段は、大人だけで生活しているところなので私も少し掃除などをしていつもより念入りに掃除をしました。 赤ちゃんを寝かせるのですから、 清潔な場所を作っておきたいですね。 もう一つ気を付けたいのは、家で猫や犬を飼っているという場合。 はなるべく 赤ちゃんに毛がかからないような配慮も大切ですね。 調べてみると、折り畳み式のベビーサークルがありました。 これは赤ちゃんが入ってちょうどいいくらいの大きさで囲われたサークルで、床面に直接触れてないので、動物の毛やほこりからも赤ちゃんを守ってくれるのです。 なにより折り畳み式なので、 持ち運びにはちょうど良いです。 このような便利グッズを活用して、上手に赤ちゃんと帰省するようにしたいですね。 まとめ 今回は、帰省 赤ちゃん 布団について調べてみました。 帰省をするときには、まずは赤ちゃんと寝る場所を考えましょう。 布団は、できれば赤ちゃんベビー専用布団を用意するのが良いです。 しかし用意できない場合には代用物のでもOKです。 実家でも赤ちゃんと心地よく過ごせるようにしたいものですね。

次の