メンマ 作り方 干す。 干したけのこの作り方

乳酸発酵メンマのレシピ

メンマ 作り方 干す

先月作った。 冷蔵庫に入れっぱなしで忘れてて、やっと先日メンマを作った。 茹でただけのタケノコとの違いやいかに。 メンマ作りの参考にしたのは。 もある(化学調味料が多すぎる気もするが)。 干しタケノコは流水で洗って塩を落とし、2時間ほど水でもどした。 これを熱湯で5分ほど茹でてザルで湯を切る。 ひとつ食べてみると、硬すぎず、良い感じの歯ごたえだ。 鍋に煮汁(鶏ガラスープ、酒、砂糖、醤油、オイスターソース、酢、輪切り唐辛子)を入れて沸かし、タケノコを加えて煮つめる。 汁気がなくなったら、ゴマ油を加えて火からおろす。 オイスターソースを加えたので少々色黒になったが、なかなかおいしそうな出来栄えだ。 食べてみると、干したタケノコはハリハリ、ジャクジャクした歯ごたえ。 味もよく染みていて後をひく。 これは干した甲斐があった。 手間はかかるけど、もっとたくさん干してもよかったなぁ。 しかし、やはり中華のメンマとは歯ごたえが違う。 茹でただけのタケノコよりはメンマに近づいたような気もするが、別の方向を目指しているようでもある。 メンマは麻竹のタケノコを茹でて発酵させ、塩漬けにしたものらしい。 繊維質でありながら柔らかいのは、発酵させていたからなのか。 孟宗竹のタケノコを茹でて干しただけのものとは、やはり根本的に違うのだ。 それでも、添加物などの心配をせず、おいしいメンマが食べられるのはうれしい。 残った干しタケノコは、炒め物などに使ってみよう。

次の

【みんなが作ってる】 メンマ 手作りのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

メンマ 作り方 干す

報道関係各位 2018年4月13日 株式会社タケマン 日本の竹がメンマに変わる! - メンマ作りの プロが 巻き起こす 放置竹林整備のトレンド- 全国の有名ラーメン店から多くの支持を集めているメンマ専門メーカー株式会社タケマン(本社:福岡県糸島市、代表取締役:吉野秋彦)は、メンマ作りに必要な製法・技術の普及に取り組んでいます。 日本では安い海外産メンマの需要が高く、また竹の種類の違いから今まで国産のメンマ作りが行われて来ませんでしたが、当社株式会社タケマンでは、全国的に問題視されている放置竹林の竹を使ってメンマを製造することに成功しました。 整備された竹林では上質なメンマ原料となる若竹が収穫でき、竹林所有者の収入源にもなっています。 収入につながる事で持続的に竹林を整備できるので、今、全国的にメンマ作りの輪が広がっています。 [URL] 竹林整備 とメンマ作り 講習 のご案内 メンマ作りと良質な原料確保のための竹林整備を全国各地多くの方々に取り組んで頂けるよう随時出張講習を行なっております。 費用は交通費実費のみご負担頂いております。 jp 株式会社タケマン吉野まで *メンマ原料は当社株式会社タケマンの方で買取を行っております。 当社株式会社タケマンでは取引先として数多くのラーメン店主と交流する中で、オール国産食材で作ったラーメンを提供したいというラーメン店主の想いを実現させるべく国産メンマの開発に着手しました。 今まで日本ではメンマの原料となる「麻竹」がほとんど採れず、また安い海外産が主流であっためラーメンを作る上でメンマだけが国産になり得なかったのです。 メンマは原来「麻竹」という竹を使用してきましたが、当社の国産メンマは、全国的に問題視されている放置竹林の「孟宗竹」という種類の竹を使用することで、竹林の環境整備にも結びつけています。 *当社株式会社タケマンの国産メンマ「糸島めんま」の2018年物発売は7月からを予定しております。 ・講習中は運営側および講師の指示に従って下さい。 ・録音、録画は禁止とさせて頂きます。 ・今後の資料として写真および動画撮影が入ります。 ・当日撮影した画像、動画をプロモーションに使用させて頂きます。 ・アンケートのご記入お願いしております。 講師プロフィール 株式会社タケマン 代表取締役 吉野秋彦(よしのあきひこ) 昭和56年福岡県生まれ 中国や台湾で本場のメンマ製造に15年以上従事した後、その技術を日本でのメンマ作りに応用し、メンマ市場に国産メンマを普及させるべく平成25年に株式会社タケマンを設立。 販売先は主にラーメン店で、取引店舗数を1400店舗(平成30年3月)に成長させる。 世界的なガイドブックの「星」獲得店やメディア等に度々紹介される有名ラーメン店等からの評価が高く、取り扱っているメンマ業務用では中国産原料を使用する傍、国産メンマの量産化に取り組んでおります。 当社の国産メンマ開発・製造の取り組みは、「地域産業資源活用事業計画」として2017年に農林水産省・経済産業省の認定を得ております。 株式会社タケマン について 福岡県糸島市にてメンマの製造販売に特化した事業を行う企業。 主にラーメン店への業務用商品の販売が中心で、ネット販売や百貨店等でも購入可能な 国産メンマを季節限定品として販売している。 【会社概要】 会社名:株式会社タケマン 所在地:〒819-1123 福岡県糸島市神在1301-7 代表者:吉野秋彦 設立:平成25年9月 URL: 事業内容:メンマ製品の製造 【お客様及び本リリースに関する報道関係者様お問い合わせ先】 株式会社タケマン TEL:092-332-7796(受付時間9:00〜17:00) e-mail:mail take-man.

次の

日本の竹がメンマに変わる!|株式会社タケマンのプレスリリース

メンマ 作り方 干す

報道関係各位 2018年4月13日 株式会社タケマン 日本の竹がメンマに変わる! - メンマ作りの プロが 巻き起こす 放置竹林整備のトレンド- 全国の有名ラーメン店から多くの支持を集めているメンマ専門メーカー株式会社タケマン(本社:福岡県糸島市、代表取締役:吉野秋彦)は、メンマ作りに必要な製法・技術の普及に取り組んでいます。 日本では安い海外産メンマの需要が高く、また竹の種類の違いから今まで国産のメンマ作りが行われて来ませんでしたが、当社株式会社タケマンでは、全国的に問題視されている放置竹林の竹を使ってメンマを製造することに成功しました。 整備された竹林では上質なメンマ原料となる若竹が収穫でき、竹林所有者の収入源にもなっています。 収入につながる事で持続的に竹林を整備できるので、今、全国的にメンマ作りの輪が広がっています。 [URL] 竹林整備 とメンマ作り 講習 のご案内 メンマ作りと良質な原料確保のための竹林整備を全国各地多くの方々に取り組んで頂けるよう随時出張講習を行なっております。 費用は交通費実費のみご負担頂いております。 jp 株式会社タケマン吉野まで *メンマ原料は当社株式会社タケマンの方で買取を行っております。 当社株式会社タケマンでは取引先として数多くのラーメン店主と交流する中で、オール国産食材で作ったラーメンを提供したいというラーメン店主の想いを実現させるべく国産メンマの開発に着手しました。 今まで日本ではメンマの原料となる「麻竹」がほとんど採れず、また安い海外産が主流であっためラーメンを作る上でメンマだけが国産になり得なかったのです。 メンマは原来「麻竹」という竹を使用してきましたが、当社の国産メンマは、全国的に問題視されている放置竹林の「孟宗竹」という種類の竹を使用することで、竹林の環境整備にも結びつけています。 *当社株式会社タケマンの国産メンマ「糸島めんま」の2018年物発売は7月からを予定しております。 ・講習中は運営側および講師の指示に従って下さい。 ・録音、録画は禁止とさせて頂きます。 ・今後の資料として写真および動画撮影が入ります。 ・当日撮影した画像、動画をプロモーションに使用させて頂きます。 ・アンケートのご記入お願いしております。 講師プロフィール 株式会社タケマン 代表取締役 吉野秋彦(よしのあきひこ) 昭和56年福岡県生まれ 中国や台湾で本場のメンマ製造に15年以上従事した後、その技術を日本でのメンマ作りに応用し、メンマ市場に国産メンマを普及させるべく平成25年に株式会社タケマンを設立。 販売先は主にラーメン店で、取引店舗数を1400店舗(平成30年3月)に成長させる。 世界的なガイドブックの「星」獲得店やメディア等に度々紹介される有名ラーメン店等からの評価が高く、取り扱っているメンマ業務用では中国産原料を使用する傍、国産メンマの量産化に取り組んでおります。 当社の国産メンマ開発・製造の取り組みは、「地域産業資源活用事業計画」として2017年に農林水産省・経済産業省の認定を得ております。 株式会社タケマン について 福岡県糸島市にてメンマの製造販売に特化した事業を行う企業。 主にラーメン店への業務用商品の販売が中心で、ネット販売や百貨店等でも購入可能な 国産メンマを季節限定品として販売している。 【会社概要】 会社名:株式会社タケマン 所在地:〒819-1123 福岡県糸島市神在1301-7 代表者:吉野秋彦 設立:平成25年9月 URL: 事業内容:メンマ製品の製造 【お客様及び本リリースに関する報道関係者様お問い合わせ先】 株式会社タケマン TEL:092-332-7796(受付時間9:00〜17:00) e-mail:mail take-man.

次の