シンフォギア2 調フラッシュ。 『CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア』覚えておきたい絶唱法則13連発!!

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2|ボーダー スペック 演出信頼度 保留 最終決戦 キャロル

シンフォギア2 調フラッシュ

絶唱予告発生時などに可動。 当落時に可動すれば大チャンス。 電チュー当たり時は10R時のみ電サポ振り分けが複数あり。 00円 18. 4 19. 3 3. 57円 19 20 3. 33円 20 21 3. 03円 20 21 2. 50円 21. 7 22. 00円 14. 7 15. 5 0. 92円 15 16 0. 89円 15 16 0. 75円 16 17 0. 60円 17. 8 18. 電チューの下にスルーポケットがあるので、 こぼれ球が出にくい設計になってますが、 ・アタッカーの右上のOUT穴 ・愛ポケットの右上のOUT穴 の二つのこぼしがあるため、 打ち出す球は最小限度に抑えた方がいいでしょう。 特にアタッカー右上のOUT穴は 広げている店もありそうなので注意が必要です。 今作はアタッカーが電チューより上にあるので、 電サポ作動中の小当たり当選時も、 パンクしづらい設計になっています。 アタッカーからこぼれた玉のほとんどは、 賞球1個のスルーポケットに入賞するため、 玉減りしにくくなってます。 V入賞してから2R目以降が始まるまで ラウンド告知演出が発生し、 その間はアタッカーが開かないので打ち出しを止めましょう。 アタッカーが開くときに、 「フルオープンだー!」みたいなことを言ってくれます。 V入賞時と同じ場所。 デュランダル保留に変化すれば激アツ! 今作は手紙保留出現時は、 台枠右側の手紙ランプがフラッシュ。 全手紙保留なら高速点滅する。 赤くフラッシュすれば大チャンス。 エクスドライブなら激アツ。 連続予告は3回発生するとチャンス。 金文字なら期待大。 赤・金文字なら期待。 左・右に3・9が停止すると発生。 パネルを破壊して発展先を決定。 ルーレットでSPリーチを決定。 GXパターンなら抜剣リーチに発展。 金セリフなら大チャンス。 約15回転ほど滞在。 前回と同じキャラに発展すると上位リーチ発展濃厚。 響・キャロルならチャンス。 前半に抜剣演出発生で抜剣or絶唱リーチ発展。 絶唱煽り後に役物落下で後半or絶唱リーチ発展。 タイトル・当落デバイスなどにチャンスアップあり。 6話verと11話verの2パターンあり。 11話verなら大チャンス。 ライン数が増えるほどチャンス。 ロングリーチ・装者前半中の抜剣演出や、 抜剣 イグナイト モードから発展。 絶唱演出から発展する激アツリーチ。 Vのオーラは緑以外なら10Rに期待。 今作は突入時に2種類のタイプの中から演出タイプを選択。 バトルタイプは前作同様バトル演出が発生。 振動タイプはデバイスを押し続けて図柄揃いを狙うゲーム性。 パネルの色で期待度示唆。 キャラ登場時の文字やハズレ後の画面にも注目。 大当たり獲得ごとに演出タイプは変更できる。 内部的に時短11回・99回の場合は告知が発生する。 6回転目~10回転目は抜剣演出がメイン。 11回転目以降はバトル演出が発生。 告知発生後は変動速度が速くなり 即当たりメインの演出が展開。 赤文字ならチャンス。 G指令室予告 S. 対戦相手・技に注目。 対戦相手は5種類。 技は4種類。 大当たり図柄の数に注目。 回想チャンスアップ発生でチャンス。 SPリーチ中にボタンを連打するとイルミ色が変化。 赤になればチャンス。 絶唱リーチ・装者後半・抜剣リーチが多い。

次の

【戦姫絶唱シンフォギア】演出期待度一覧!保留変化・三大キー演出・先読み・レバブル・リーチなど

シンフォギア2 調フラッシュ

右打ち中の性能が改善されており、こぼしポイントは1箇所あるものの、最終的にほぼ愛ポケットに行き着くので玉減りの心配がなくなっている。 これによって、電チューに玉を入れ続けることによって発生する最終決戦のパネル色変化や、シンフォギアチャンス中のギミックエフェクト変化などの要素を気兼ねなく楽しむことができるぞ。 トイレはヘソ、電チュー共に保留がない時のみ行っても問題ない。 また、大当り中は捻り打ちが有効。 10カウント目の玉の勢いを落として11個目を強く打ち出せば、比較的容易にオーバー入賞が見込める。 ただし、下記のような注意点がある為、誤ってヘソに玉が入賞してしまう可能性があるデメリットもある。 最終決戦で5回転目の当否が分かるまでにヘソ保留を貯めてしまったり、シンフォギアチャンスGX中にヘソ保留を貯めないように注意しよう。 初代の「フィーバー戦姫絶唱シンフォギア」と比べ、3大キーポイント演出は内容も同じで信頼度もほぼ同じ。 絶唱ゾーン煽りガセから強リーチ発展で絶唱ゾーン突入扱いになる点も変わっていない。 また、絶唱ゾーンに大当り濃厚の絶勝ゾーンが加わっている、絶唱演出に分岐が追加されているなどの新規要素もある。 なお、絶勝ゾーンは煽り後、変動開始時、リーチ後どれでも発生の可能性あり。 絶唱演出に関しては初めに響1人の絶唱から始まり、カメラアングルが引いた後に響1人なのか装者6人(全員)なのかに分かれるという演出の魅せ方に工夫がされていたり、響1人でも絶唱のフレーズを完唱すれば直当りなどのシビれるパターンも存在する。 通常保留から右下サブ画面の 保留変化ミッション失敗 デュランダルorダインスレイフ保留 変化濃厚 保留変化の基本的な流れは初代と同じ。 色変化に関しては、入賞時点で赤保留に変化するパターンが追加されている。 てがみ保留に関しては筐体右下に「てがみランプ」が追加され、てがみ保留出現時に点滅or点灯。 いつもは低速点滅だが、高速点滅になれば信頼度大幅アップ! 全てがみ保留の時は高速点滅または絶唱点灯となる。 また、ギアペンダントはてがみの中身ではなく単体の保留として出現。 聖詠ボーナスチャンス対応ではなくなっているが、聖詠ボーナスチャンス以上のリーチに発展しやすい(発展濃厚ではない)。 聖遺物系の保留では、アニメ3期で登場したダインスレイフが追加。 こちらは出現時点で大当り濃厚。 保留変化していない状態で右下の小窓で保留変化煽りを失敗した場合は聖遺物に変化濃厚となる。 また、通常保留や白保留から変化アイコンが停止して聖遺物に変化するパターンも確認済み。 ) SP濃厚 各キャラ(抜剣ver. ) 抜剣以上発展!? 各キャラ (エクスドライブver. ) 絶唱系発展!? 装者6人 95. 演出内容は異なるが、色やアイコンの内容に注目。 「抜剣」や「絶唱」は発展先を示唆している。 保留変化ミッションも存在するが、初代に比べて成功率は低くなっている模様。 ただし、全部通常保留の状態で保留変化ミッション発生がガセるとデュランダルやダインスレイフ保留への変化が濃厚となる。 戦姫絶唱しないシンフォギアの演出は初代だと賑やかしの演出だったが、本機では予告の役割をするようになっている。 その場合は他のサブ予告よりもチャンスとなっているので要注目。 右下に調が滞在するとチャンスとなり、滞在している間は連続予告が継続!? また、ここでは回転数の表示をしているが、赤文字になるパターンがある。 変動開始時にしれっと変化し、発生時点で激アツなのでよく見ておこう。 まさかの展開がッ!」 大当り濃厚 変動開始時アクション予告 装者変身変動 (図柄拡大) 6. この時、エルフナインロングリーチを経由している時はテンパイ図柄と抜剣キャラが異なる場合がある。 絶唱系には発展するが、大当り濃厚という訳ではない点に注意しよう。 このリーチは初代のエピソードリーチに代わる演出となっているが、ロングリーチから発展するパターンが増えている。 主なチャンスアップとしてはキャラの種類、タイトル色、テロップ色、ウェハースビジョンの有無で、いずれも絡まないと厳しい印象。 キャラは響であればキャロルとのエピソードとなり大当り濃厚だ。 ちなみに、シンフォギアチャンスGX中の響抜剣リーチは大当り濃厚ではないようなので注意。 響1人は「70億の絶唱リーチ」に対応しており、装者6人は「繋ぐこの手がわたしのアームドギアだッ!」リーチに対応。 この法則が矛盾すると大当り濃厚だ。 また、絶唱文字が出現し暗転してから響が登場するまでの時間に法則があり、実戦上4秒なら1人、5秒なら6人が出現する模様。 5秒暗転で1人のまま進行した場合は、キャラの金フラッシュが出現後に普段なら6人絶唱の際に出現する最後の響がパンチする動作を行って70億の絶唱リーチへ。 このパターンだと大当り濃厚だ。 裏ボタン要素として、絶唱演出時は筐体上部の絶唱響ギミックが上昇し、「絶唱」と書かれた羽根が開放、アームドギア作動時にボタンを押すと色が変化することがある。 赤なら灼熱、虹なら大当り濃厚だ。 信頼度 発展パターン ロングリーチから発展 45. リーチ トータル 75. 前者は該当でクリスや翼なら大当り濃厚、昇格した場合は絶唱パネルに変化する。 パネル昇格でのオール翼はハズレ報告が何件かある為、例外の可能性が高い。 他にもキャラパネル回転などの追加要素もあるが、ハズレ時キャロルではなく未来が出現するパターンが増えている。 この場合は次変動大当り濃厚となる為、喜びが大きいぞ。 チャンスアップの複合に関しては細かい信頼度は分からず。 基本的に重なれば重なるほど信頼度がアップしていると認識していればOK。 信頼度 オーラ色(保留内全体の信頼度) 青 大当り濃厚 (電チュー入賞させ続けていることが前提、 ハズレ報告はあるが色昇格はシビアなので参考程度 緑 32. 響はライン数変動タイプ、翼はボタン一撃決着タイプ、マリアは愛チャージからのガングニールデバイス一撃タイプ、クリスはボタン連打タイプ、切歌・調は一発告知タイプで、10連チャン以上続くとキャロルが選択可能になる。 裏ボタン機能で、ガングニールデバイスを引き続けると特殊な効果音が鳴って最初からキャロルが選択できる模様。 最終決戦で5回転目の当否が分かる前やシンフォギアチャンスGX中にヘソ保留を貯めてしまわないように注意しよう。 信頼度 ロゴエフェクト吸い込み予告 SU3 ロゴ発光 21. 司令室予告 弦十郎 白文字 3. のみ発生) テンパイ図柄 2・4・6図柄 約45. 敵キャラはミカが基本だが、それ以外なら大当り濃厚だ。 流れ星演出は健在で、いつもは保留消化時に流れ星が発生するが、リザルト画面になっている時にすでに流れ星が流れていることもある。 また、当演出発生時は未来のボイスが流れるが、キャロルモードだとエルフナインのボイスになるというモードに合わせた内容に変化するようになっている。 この振り分けを先察知する方法としては ・右打ちランプが点灯している ・リザルト画面中に玉を打ち続けて電チューが高速開閉しない ・枠上部にある絶唱響ギミックの羽根が点灯している(流れ星演出の可能性もあり) という方法がある。 エクスドライブパターン出現 絶唱系リーチに発展濃厚!?

次の

P FEVER戦姫絶唱シンフォギア2 ボーダー/スペック/演出信頼度/法則/裏ボタン

シンフォギア2 調フラッシュ

2020年4月20日、ついに導入された新台パチンコ「P FEVER戦姫絶唱シンフォギア2 」の初打ち報告・感想・評価などをまとめています。 シンフォギア2初打ちしたんだけど結構通常時暇だった。 空いてたからやってみたけど、初代同様の普通のパチンコのシンフォギアだから焦って打つ必要は無いですね。 デュランダルが、結構外れる 赤石保留も暑いのかわからぬ 全手紙は、信頼出来そう。 となりの台が爆発しまくる。 こんな感じだった。 — 夢見りあむ yun39c 不謹慎でしょうけどシンフォ2初打ち終了。 大雑把な感想としては打った感じは初代と変わらず。 ただ、今の台故に変動は遅い。 後、通常の絶唱は弱くなったね!それと、戦姫絶唱チャンスに通常と抜剣仕様あり。 結論から言うけど、重い事態宣言地域では解除後でもいいと思う。 無駄な演出や、発展が少なくなってる。 その分通常時くそ暇。 信頼度事態前作と変わらんのにまったく発展しないので熱いリーチまじで外せない。 今日1日打っての感想です。 バランスも前作より改善されてると思う。 ・音も改善されていて、うるさくない。 ・脳汁いっぱいでる! ・パーフェクトフェイスオブ響!!! 万人に優しい機種なのか。 打つことができた幸運で心優しい方の感想をお待ちしております。 アタッカー手前のアウトは調整可能なため、必要以上に打ち出すのはよくないがラウンド中は止めうち不要といった具合です。 三回目の盤面ランプ追従に合わせて打ち出すと、2球ほど余裕を持って入賞し、実践上全て10c入りました。 打ちすぎても愛ポケットが働きますし、デメリットはほぼないです。 恒例の遊技紹介が出た瞬間に4発右打ち、これだけ。 運が良ければ4球、打ち出しが遅れても2球は入ります。 純増約35球、一騎当千3より?甘いです。 体感ですが、小当たり確率は重くなったように思います。 めちゃくちゃ糞台みたいないことはないようです。 打ってみたい・・・.

次の