かつおけんごう。 即席水属性カツオ剣豪PT【古戦場用】

鰹剣豪1T2000万編成(ヴァジラなし)で3ポチで達成したのご紹介

かつおけんごう

理想で言うのであれば入ります。 テュロスビネットは必殺以外の部分はヴァルナ編成では加護が乗らず、別枠と考えても1本以上採用すると通常火力の低下が大きいです。 大してゴットフリートは攻刃、秘奥に加護が乗るため火力の上昇期待値は大きいです。 また、3本で28. 5%の上限上昇のビネットと違い2本で済むゴットフリートは装備枠削減という意味合いでも価値があります。 ただ、この武器にサプチケ枠やダマスカスの使用をする価値はないと思います。 特にダマスカス使用は論外、欲しいキャラがいるのであればサプチケ枠も論外です。 次のサプチケはアニバチケになるかなと思いますので、欲しいものがなくてもリミ武器か限定武器を取るべきです。 理由として現状のスフィア3ビネット3でも奥義上限は58. 5%出せ、通常火力も終末が5凸になっていればそこまで低くないため、リソースを消費してまで作る武器ではないです。 奥義は現状の編成で減衰に届きますので継続戦闘における通常火力が上がるだけです。 現状の水パは継続戦闘ならクリパのほうが強いため、重要なリソースを消費してまで鰹剣豪の通常火力を上げる必要性が薄いです。 仮に作るとしても個人的にはこの武器がたくさんあまっているという状況でないならテュロスビネット1、ゴットフリート1でもOKかなと思います(一応ビネットは方陣枠としても作用しますので).

次の

【グラブル 】鰹剣豪の2つの理想編成とおすすめキャラ!必要武器解説!

かつおけんごう

水と言ったらカツオ剣豪の時代があった こんにちは、あさひなです。 今回はみなさまおなじみ「カツオ剣豪」の話。 これを利用して奥義をブッパする瞬間火力に優れた戦術がありました。 「ヴァジラ」や「水着グレア」と言った奥義キャラ、「ブルースフィア」や「テュロスビネット」と言った「必殺持ち武器」に恵まれ、水は長い間、奥義軸編成が覇権を握っています。 奥義軸を支える「剣豪」 カツオ剣豪では主人公のジョブに「剣豪」が使われます。 「渾身オメガ刀」をメインに据え、瞬間火力に特化するスタイルでは刀得意のヴァジラが輝きます。 「無銘金重」に魔獄のエンブレムを付け、味方の奥義ゲージ支援を行うスタイルも主流です。 こちらは長期戦でも安定して奥義を回転させることができます。 「ドラムマスター」を踏襲したジョブということもあり、奥義特化のその性能は水必殺と相性バッチリ。 シヴァ連戦なんかでは上位勢がみんなライジングフォースだというのも珍しくありません。 剣豪、お前終わるのか・・・? ということで今回は剣豪とライジングフォースを比較し、状況に応じどちらが使いやすいかを検討していきます。 「剣豪」と「ライジングフォース」 今回はカツオが話のベースということもあり、 水属性における両ジョブの比較とします。 他の属性だとまた話が違うからね。 メイン武器 「剣豪」ではオメガ刀、無銘金重を握るのがメジャーという話をしましたが、水の「ライジングフォース」では何を持つか。 オススメ武器は「ダンテ・アリギエーリ」 水ライジングフォースのメイン武器筆頭候補は「ダンテ・アリギエーリ」です。 コキュ琴って言ったほうがわかりやすいか。 六道武器の一つで、奥義効果に味方全体への「弱体成功率UP」、「ストレングス」がついています。 また、金重の代わりに持つということで編成に「EX攻刃特大」が一本増やせることにつながります。 ライジングフォースのJMPである「ヘルムホルツ」を持つという選択肢もありますが、コキュ琴の恩恵がデカいためこちらを持つのがいいと思います。 楽器によりソウルピルファーが使える 無属性ボスに挑む際には楽器装備ができる点を生かし「ソウルピルファー」を担当することができます。 「ダンテ・アリギエーリ」の奥義効果である「弱体成功率UP」と合わせることで、無属性相手に対しても安心してデバフを打ちやすくなります。 これも剣豪との差別化点ですね。 アビリティ 全体奥義強化のライジングフォース 「ライジングフォース」には同名のアビ「ライジングフォース」が確定枠で入っています。 シンプルに• これを開幕カツウォヌスと合わせることでいきなり簡単に大ダメージを稼ぐことができます。 主人公特化の剣豪 一方「剣豪」にも「烈刀一閃」というアビリティがあります。 主人公だけ見ると増加量が大きいですが、「ライジングフォース」は味方全体なので、カツオに添えるならライジングフォースの方が火力が伸びそうです。 効果が3ターンですが、剣豪ならばその間でも十分に奥義の回数を稼げるため恩恵を受けることが可能。 違った魅力があり「ライジングフォース」と単純比較は難しいです。 「魂の解放」の恩恵で長期戦に強い また、ライジングフォースはサポアビ「魂の解放」があります。 奥義を使用したキャラに特殊強化を付与。 これが溜まるごとに連撃率がアップするため奥義の回転率に貢献。 さらに「魂の解放」が3つある場合、それを消費することで致死量のダメージを耐えることが可能。 剣豪にはない 長期戦での生存力を有します。 もう一つのサポアビは 楽 器 の ニ ュ ー ウ ェ ー ブ 楽器得意キャラに自動で攻防UPがつくサポートです。 今のところ水属性かつSSRに絞ると 水着ディアンサ、リルルしか楽器得意がいません。 ニューウェーブが来るまではニューウェーブは死にスキルです。 楽 器 の ニ ュ ー ウ ェ ー ブ 「ライジングフォース」と「剣豪」を検証してみる というようにざっくりですが解説しました。 では実際に何パターンか試してみます。 1ターン勝負 1ターンでより多いダメージを出せるのはどっちか試してみます。 あくまで僕の編成でのデータなので装備、ランク、メンバーで簡単に変わるものだと思います。 その辺よろしくお願いします。 メンバー メンバーはアルタイル、水着グレア、ヴァジラで固定します。 もう1年以上この編成にお世話になってます。 武器 武器はメイン以外固定。 見ればわかるけど大した武器はございません。 終末は絶対否定4凸奥義上限UP。 素材不足でSLv9。 悲しいね。 メインはそれぞれ金重、コキュ琴とします。 金重メインとコキュ琴メインではEX攻刃一本分差がつくので、金重のスキル効果でどれだけカバーできるかが肝ですね。 ちなみに1ターン勝負ならどう考えてもメインオメガ刀です。 でもないんで。 ごめんなさい。 召喚石 石も固定です。 ムーンSSRおりゃん。 高速化のためオーディンのスキン着せてるのが薄ら透けて見えます。 ヴァルナ x カツオでやっていきます。 コキュ琴奥義で ストレングス撒けるのが強い。 結果は 2961万。 ヴァジラが1人で1100万稼いでますね。 全体的にいい火力が出ています。 剣豪 剣豪では比較のため「烈刀一閃」と「無明斬」を使いたい。 しかしHPが半分減るためフィンブルの渾身火力が落ちます。 検証的にそれでは面白くない!! HP満タンの全力奥義が見たい!!! ということで今回は「トライアルエリクシール」でHPを満タンに戻しました。 つまりズルしてます。 渾身ぶんダメージ盛ってます。 ライジングフォースより高火力が出てますね。 「烈刀一閃」が効いてます。 結果は 2556万。 うわっ、全然足りない。 今度は主人公が900万稼いでいます。 アルタイルの場違い感がすごい。 1ターン勝負では「ライジングフォース」が優秀という結論で良さそうです。 全体奥義強化のアビでダメージが伸びているのがとても分かりやすかった。 10ターン勝負 では今度は同じ装備で10ターン回してみましょう。 ルールは• 1ターン勝負の際と同じ手順でアビを使用して開始• 2ターン目以降はフルオート です。 「再使用間隔が」とか「ゲージ効率が」とか考えなくて済むため、楽だし公平なルールと判断しました。 剣豪 まずは「剣豪」から。 ターン数が増えたことで「烈刃一閃」や「無銘金重」の恩恵が強くなります。 結果は 1億2737万!!! やはり主人公がダメージを稼げています。 ライジングフォース 「ライジングフォース」では主人公のアビリティに「ジェット・トゥ・ジェット」を追加。 これも1ターン目から発動させています。 と思ったら、 2ターン目にフルオートで解除されました。 そうだった。 これ以降リキャストのたびに毎回つけたり消したりします。 「再使用で解除」系はフルオートに難ありです。 結果は 1億1190万!!!! グレア、アルタイルの火力が底上げされているのが分かります。 比較してみる 画像を並べてみます。 剣豪側のジータ、ヴァジラの奥義回数が際立ちますね。 ヴァジラだけ比べると、奥義回数3回ぶんの差が「ライジングフォース」の火力支援でほとんど埋まっているのが分かります。

次の

【グラブル】土剣豪はそこまで強くない? 必殺がないと奥義硬直のデメリットが大きすぎるか

かつおけんごう

それぞれのメリット、デメリット 【最終八命切】 通常攻刃Lv10がついている。 主人公の奥義ゲージしか加速できないので、3ターン目以降の火力に伸び悩む。 【無銘金重】 魔獄 味方全体の奥義ゲージとゲージ上昇量を底上げできる。 連撃があまりでなくても奥義ゲージがガンガン貯まる 攻刃スキルがついていないので、素の火力は若干下がるかも。 大きな違い 無銘金重は味方全体の奥義加速ができるという点で、最終八命切を大きく突き放しています。 基本的に剣豪PTは連撃率が低くなりがちですが、一人の奥義によって連鎖的に味方の奥義ゲージが貯まっていくので、シングルアタックを連発していても充分奥義が回せるようになります。 特に主人公とヴァジラは奥義が200%以上貯められますのでゲージが腐りません。 常に誰か1人は奥義が撃てる状態になります。 3ターン以上戦闘が続くなら無銘金重一択だと思います。 実際に殴ってみた 武器編成 これでメイン武器だけ入れ替えて殴ってみます。 召喚石にザ・ムーン SR3凸 を使用しています。 スキル使用• 1ターン目デバフ、無銘斬、ウーノの2アビ、アルタイルのアビすべて• 特に4ターン目の差が顕著になります。 今回のスキル構成だと、無銘金重のほうは4ターン目に主人公の奥義が200%になっており、2回奥義を撃てたのが大きいです。 クリティカルの有無や連撃確率によってこの結果はブレますので、1ターン目に関しては最終八命切のほうが勝つこともあると思います。 ただ、3ターン目になると300万も差が出ておりますので、クリティカルや連撃確率が高いパターンを引いても、この差がひっくり返ることはまずないと考えられます。 ですので、3ターン以上殴れるなら無銘金重一択と結論づけました。 通常攻刃の有無は微々たるもの 無銘金重には通常攻刃がついていないので、最終八命切と比べて火力が落ちるかも?と思う方もいるかもしれません。 が、結果を見て分かる通り奥義加速がほとんど関係ない1ターン目すら 火力がほぼ互角です。 無銘金重はLv200まで上げられてステータスも高くなりますし、通常攻刃の有無は気にしなくていいレベルと言って良いのではないでしょうか。 水の最終八命切はわざわざ作らなくてOK 最終八命切が余っていて、且つ無銘金重を作る暇がない…という方は最終八命切で代用するのはアリですが、最終八命切はわざわざ作るレベルではないと思います。 短期決戦を考えるならオメガ刀を作ることを考慮するべきだと思います。

次の