ドラパルト 卵グループ。 タマゴグループ別ポケモン一覧

【ポケモン剣盾】最強パーティ構築とおすすめコンビ【ソードシールド】

ドラパルト 卵グループ

種族値は素早さが高く、全体的な素早さラインが下がった今作では上位に位置する。 などの100族や準速120族 の居る帯域を抜けることは強み。 特攻は並程度だが、特性「」によりかみなりをメインに採用できるため、電気技に限れば数値以上に火力が出る。 耐久力の都合上試行回数は稼ぎづらいものの、追加効果の麻痺3割もそこそこ貢献する。 あくまで数値以上の火力が出しやすいだけで特別高火力なわけではなく、電気技以外の火力も貧相である。 また、耐久は脆く等倍だと性格補正なしA252のドラゴンアローで中乱数1発。 優秀な複合タイプではあるが、攻守ともその性質を活かしきれていないのが実情。 ダイジェットにより素早さを上げてくるポケモンが多い現環境ではS108では、先手を取られる場面も増えている。 これといった技の追加こそないものの、現環境でのダイジェットの使用率を鑑みるとエレキネットやいとをはく、ねばねばネットの有用性が増した。 でんじはの命中率低下もふくがんで補える。 また、同じタイプ複合・こちらより高い特攻を持つは鈍足なので、高速アタッカーのこちらとは運用が異なる。 ユニークな特性や高い素早さからのサポートなどこちらにしかない強さもあり、差別化は不要。 ねばねばネット使いの中ではに次いで2番目に速く、読まれやすいが阻止されにくい。 ねばねばネットは飛行に無効だが、デンチュラ自体が飛行を牽制できるので設置要員としてはかなり優秀と言える。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 特性のおかげでかみなりを気楽に採用できる貴重なポケモン。 追加効果の3割麻痺により後続サポートや誤魔化しも狙える場合があり使いやすい。 明確な目的があるなら他の特性も採用候補となるが、一致かみなりが使えるだけでもデンチュラの十分な採用理由になる。 きんちょうかん オボンのみやフィラのみ系統による確定数ズレを防げたり、ラムのみ貫通ででんじはを撃てたりする点が有用。 メガ石やZクリスタルがなくなった今作では、代わりにきのみをもたせることが増えたため発動機会は前作よりは多い。 しかし、に対面から打ち勝てる火力はこちらにはない。 は場にいる間しか効果がないので、デンチュラが交代or倒されると即きのみが発動してしまう。 よって後続に託すことが前提となるサポート型での採用は非推奨。 自身で倒し切るための布石として利用したい。 なお登場時のアナウンスは素早さに関係なく先に発動するため、素早さ判定には使えない。 むしのしらせ 隠れ特性。 低耐久なのできあいのタスキと合わせれば容易に発動が狙える。 ただし、ならかみなりの3割麻痺と合わせて誤魔化しを狙える場面もあるので、あくまで一長一短である。 威力・追加効果発生率ともに高い。 ふくがんなら命中率を上げられるが過信は禁物。 ふくがん以外でも空振り保険発動には使える。 性能安定。 ふくがん以外で使う場合はこちら。 ダブルバトル用。 特性がひらいしんやでんきエンジンのポケモンと組ませると強力。 ボルトチェンジ 電 70 105 100 自分交代 タイプ一致技。 攻撃しつつ撤退可能。 無効タイプ・特性に注意。 とんぼがえりは覚えない。 追加効果が優秀。 ダブルでは相手全体攻撃。 性能安定。 みがわり貫通。 追加効果が優秀。 やなどの水地面にも。 ギガドレイン 草 75 100 HP吸収 回復効果付きだが威力は半減かみなり以下。 等倍範囲に優れる。 物理技 タイプ 威力 命中 複眼 追加効果 備考 きゅうけつ 虫 80 120 100 HP吸収 回復効果付き。 むしのしらせと相性が良い。 むしくい 虫 60 90 100 - 火力はないが、きんちょうかんと併せると相手の木の実戦術を破壊できる。 下降補正ふいうちで無振りドラパルトに3割ほど入る。 主に追加効果目当てで。 タマゴ技。 命中率も補完される。 かみなりに強いがぼうふうやうちおとすには注意。 じごくづき 悪 80 100 音技封印 みがわり戦術のお供に。 効果は2ターンなので注意。 変化技 タイプ 命中 複眼 備考 ねばねばネット 虫 - サポート用。 飛行を牽制しつつ最速で設置できる。 でんじは 電 90 100 サポート用。 ふくがんなら命中安定。 きんちょうかんならラム無効。 みがわり 無 - 補助技対策。 いとをはく 虫 95 100 相手の素早さランク-2。 無効タイプ無し。 ダブルでは相手全体対象。 こらえる 無 100 ダイマックス枯らしに。 追加効果で疑似特殊耐久強化。 ダイサンダー かみなり 140 210 場:EF 一致技。 追加効果で電気技1. 10まんボルト ほうでん 130 195 ボルトチェンジ 120 180 エレキネット 110 165 ダイソウゲン エナジーボール ギガドレイン 130 場:GF 対地面。 地震半減できるが、エレキフィールドとの相性は悪め。 追加効果で加速。 最速で実数値264、準速で実数値240 抜き。 ダイウォール 変化技 - まもる状態 相手のダイマックスのターン切れ狙いに。 特殊火力補強。 特殊火力補強。 との差別化点はふくがん+かみなりとむしのさざめき。 電気半減のタイプにもむしのさざめきで一致弱点を突ける。 みがわりに強いのも利点。 ドラパルトに抜群で入り、ミミッキュにも通る不意打ちの使用感が良かった。 不意打ちの火力を少しでも上げるため、Aに下降補正をかけないむじゃきも選択肢に入ると思い追記。 持ち物は安定して遂行できるタスキが基本。 スカーフの場合、最速で設置し、終盤の再登場時に掃除役を兼ねることができる。 特性はきあいのタスキと相性の良いむしのしらせも候補。 クリアボディのドラパルトにはでんじはを入れて素早さを奪おう。 対デンチュラ 注意すべき点 こちらの素早さを下げる技を多数覚え、サポートに長ける。 ねばねばネット使いの中でも高速であり、 素早いポケモンが多い飛行タイプには電気タイプの技が刺さるため、設置を阻止しにくい。 さざめきによりタイプやみがわりで止まらないため、アタッカーとしても優秀。 対策方法 耐久が低いので倒すのは容易だが、後続の起点にされないように注意。 トリパや重火力アタッカーなら素早さ低下の影響が小さい。 一致技+草に強く、でんじは無効でふゆう持ちのは有利。 火力がそこまであるポケモンではないので、弱点保険の起点にすることも可能だろう。 技マシン No.

次の

【ポケモン剣盾】ドラパルトの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ドラパルト 卵グループ

オーロンゲの壁張りでサポートからのトゲキッスのわるだくみダイマックスで、ポットデスのからやぶバトンからのダイマックスパッチラゴンで全抜きを狙いに行けます。 ブラッキーはあくびで相手を流したり、相手のダイマックスターンを消費させる起点作りとして活躍が可能です。 オーロンゲ特性「いたずらこころ」で 先制して壁を張れるのが優秀ですが、読まれることが多いため、相手の先制攻撃封じも可能なイエッサンなどもおすすめです。 単体で強力な2体が組んで弱い訳がなく、攻撃的なテンプレ構成での 対面構築から、ドラパルトが おにびで起点を作り、ミミッキュの剣舞から全抜きを狙う 積み構築など、コンビながら型は様々です。 パーティに入れ得の最強タッグ 前提として対策が必須になるこの2体は、パーティに入れるだけで 相手の選出を強烈に誘導できます。 そこからある程度投げられるポケモンを読みやすく、そこに対してカウンターになるポケモンを用意しておけば、選出段階から有利を取れるパーティに入れ得のコンビと言えます。 バンギラスの《すなおこし》でドリュウズの《すなかき》を発動させ、あらゆるポケモンを上から殴ります。 通称:バンドリ 性質上「アーマーガア」を投げられる可能性が非常に高いため、対策となるロトム、高火力の炎技を打てるポケモンなどを残りの1枠として選出したいところです。 単体性能が高く、偽装でも使われる バンギラスがドリュウズのサポーターとしてだけでなく、単体としての性能が凄まじいため、「さらさらいわ」を持たせて砂役になるだけでなく、「 弱点保険」で自身が抜きエースとして機能することもできます。 また、ドリュウズも、環境上ミミッキュ、ロトムが非常に多いため、特性をすなかきではなく「かたやぶり」を採用する型も多いです。 バンギドリュウズの並びだからとはいえ、 一概に戦法が読めないのも強力な部分になります。 そこで物理耐久振り 鬼火祟り目ドラパルトを投げ、ミミッキュの機能停止&祟り目でそのまま仕留めます。 また、同じく環境トップメタのドラパルトはブラッキーでほぼ完封することができ、 ドラパミミッキュの並びに強いタッグともいえます。 また、環境にいる多くの物理アタッカーも見ることができます。 ブラッキーの苦手なかくとう技をドラパルトで空かせる点や、ドラパルトでは受けが効かない対象は、ブラッキーで受けやすい点なども高相性です。 通称:ロンゲキッス 後ろの抜きエースが積み技 剣舞、悪だくみなど を使用できるタイミングを作り、ダイマックス技の能力上昇も合わせて全抜きを狙う積み構築です。 抜きエースは高耐久で高火力のポケモンが望ましい オーロンゲは、起点作成次第倒れる前提で立ち回るため、数的不利な状況で積みエースに繋ぐことになります。 残っている相手のポケモン3体を全抜きができるエースは、壁込で耐久力が高く、且つ 《火力》《素早さ》《技範囲》が優秀なポケモンである必要があります。

次の

パッチラゴン

ドラパルト 卵グループ

今回の育成論はドラパルトです。 基本データ No. 887 分類 ステルス 英語名 Dragapult タイプ ドラゴン ゴースト H88 A120 B75 C100 D75 S142 高さ 3. 0m 重さ 50. 、、アーマーガア、、などが主な役割対象。 性格は無邪気。 特性 すり抜けで確定。 ドヒドナットに強い身代わりに強く出られるため。 持ち物 スカーフで確定。 サイクル戦をすることも多いため珠は不採用です 技構成 確定技 ドラゴンアロー 物理の一致技。 確定技。 無振り 107. 7~129. H252 90. 4~108. H252 37. 6~44. 無振り 32. 4~38. 無振りFC 62. 4~73. H252FC 49. 6~58. H252 39. 6~48. 無振り 137. 7~162. H252 115. 5~136. H252 46. 8~55. 無振りFC 80. 0~94. H252FC 63. 6~75. H252 51. 4~61. 無振り 50. 2~59. H252 42. 2~50. H252 33. 8~40. 無振りドラパルト 14. 7~17. H252アーマーガア 58. 5~69. 特化アーマーガア 40. 9~48. H252アーマーガア 87. 8~103. 特化アーマーガア 61. 4~73. H252アーマーガア 74. 1~87. 特化アーマーガア 52. 6~62. H252アーマーガア 111. 2~131. 特化アーマーガア 79. 0~93. 無振り 225. 5~267. H252 83. 9~99. H252アーマーガア 47. 8~56. 特化アーマーガア 33. 1~40. 無振り 65. 9~77. H252チョッキ 37. 7~45. 無振りD-1 95. 2~112. H252アーマーガア 71. 2~84. 特化アーマーガア 49. 7~59. H252 121. 5~143. H252アーマーガア 69. 2~81. 特化アーマーガア 48. 7~57. H252アーマーガア 104. 3~122. 特化アーマーガア 72. 1~85. 無振りD-1 23. 153-213 39. 2~47. 153-213 58. 8~69. 153-213 49. 6~58. 153-213 73. 2~87. 無振り 126. 4~148. 無振りD-1 190. 4~225. 無振り 101. 1~120. H252 85. 1~100. 153-213 32. 6~39. 153-213 48. 3~57. 153-213 45. 7~54. 153-213 67. 9~81. 特化の 74. 2~88. 無振りのジャイロボール 62. 5~74. 無振りの熱湯 11. 0~12. C252ドラパルトの祟り目 威力65 71. 1~85. さらに足が速い為、それらの技を相手よりも早く撃てる。 祟り目が刺さりやすい。 相手の身代わりが効かなくなる。 持ち物 食べ残しで確定。 耐久をカモる時のHP管理を楽にするため。 技構成 確定技 祟り目 異常祟り目• 無振り 55. 7-66. 25%• H252 35. 7-42. H252アーマーガア 41. 0-48. 8% 鬼火 相手を火傷にする。 身代わり 常態異常や致命傷を防ぐ。 選択技 金縛り 身代わりと合わせて使うことで、ドラパルトへの有効打が一つしかない(悪波FC等)やこだわりアイテム持ちを完封できる。 電磁波 鬼火の効かない相手、エースバーンやあたりに祟り目でダメージを出すために撃つ。 あるいは相手のエースの足を奪う手段。 まとわりつく こっちのドラパルトを物理型だと思い込んで飛んで火にいるアーマーガアやなどを拘束して逃がさずに狩れる。 竜の波動 祟り目の効かないノーマルへの打点。 元が異常祟り目頼りの型なので火力はイマイチ。 3%-18. 3% 流星群 やミラーでなるべく隙を見せたくないのならこちら。 無振りが81. 3%の高乱数。 0-115. 0% (81. 3%) は鬼火身代わり祟り目を駆使すればどうとでもなるので、ほぼピンポ。 8-130. 8% 10万ボルト ギャラピンポ。 ックスされると確3にされるのでこちらもックスしないと勝てない。 5-95. 9% 被ダメ 物理は基本やけど前提。 4%-30. 4%-48. 1-37. 7%-21. C252・悪の波動 87. 0-103. 6% 乱1(18. そこでダイサイコで先制技を縛ることにより高いすばやさを生かし上から倒すことも可能になった。 高火力による削り性能 相手が交代したとしても基本的に初手ックスを使うため後続へ負担をかけやすい。 調整意図 持ち物 で確定。 環境にドラパルドがうじゃうじゃいるので他の持ち物達との差をつけたり、ドラパルト抜き調整しているスカーフ持ちに強く出るため。 今作のこだわり系持ち物の仕様としてックス中は持ち物なし状態になり、ックスが切れると最初にこだわった技しか出せなくなる。 特性、、性格について 性格はミラー意識で最速になり、今回使わない特殊を下げるようきで確定。 特性はックス対面することが多い型で能力をさげられたくないので確定。 はミラー意識でS極振り確定。 ックスでHPは確保できるため火力が出るようにA極振り。 技構成 確定技 今回の育成論のメイン技。 基本的にックス後に使う。 通常使用でも相手のックスターンを稼げる便利技。 相手のタスキを潰しつつ交代できる強みがある。 今回はこれを採用。 ックス運用なのでBを上げられるこの技はあり。 オーロンゲなどのフェアリー打点にもなる。 被ダメ 特殊耐久• これで紹介を終えます。 KOKUBANLEMON.

次の