デリート 英語。 削除って英語でなんて言うの?

削除って英語でなんて言うの?

デリート 英語

間違いだらけの野球英語を正す! 洗脳解脱講座 - トンデモ英語デリート辞典 間違いだらけの野球英語を正す! 間違いだらけの野球英語を正す! ここでは和製英語をデリートしつつ、正しい野球英語を示して見ましょう。 ただし、ボールを先にストライクを後に数える。 例:ツー・ツー=2 balls and 2 strikes 【フォア・ボール】 完全なトンデモ英語。 英語は単にwalk(歩き)。 【三振】 Kで表わす。 「三振する」はstrike out 【フル・ベース】 full house 【クリーン・アップ】 確かにcleanupはあるが、3,4,5番ではなく、4番打者のみに使う。 cleanup hitterが4番打者。 【盗塁】 steal a base 【ヘッド・スライディング】 headfirst slide 【ランニング・ホームラン】 ウソ英語。 inside-the-park home run 【ウエイティング・サークル】 on-deck batter's circle 【オープン戦】 exhibition game 【キャッチ・ボール】 こんな言い方は死刑もの。 play catchが正解。 【野手】 野手はfielder。 内野手はinfielder。 外野手はoutfielderで、1塁手、2塁手、3塁手はfirst second, third basemanと言う。 velocity and locaionと言う。 【ピッチング・カウント】 pitch count(球数) 【いい肩】 アメリカでは「いい腕」have an armと言う。 【ノーコン】 ノー・コントロールの略でしかも完璧ウソ英語。 コントロールが悪いことは、bad control。 抜群のコントロールはpinpoint control。 【リリーフ投手】 reliever/closer/stopper。 先発はstarting pitcher/starterで、中継ぎはmiddle reliever、抑えはclosing reliever/closerと呼ぶ。 火消し役はズバリfiremanと呼ばれる。 【イン・コース】、【アウト・コース】 どちらも和製英語。 Inside, outsideと言う。 【オーバー・スロー】 英語のoverthrowは暴投のこと。 overhand pitch 同じようにunderhand pitch。 【デッド・ボール】 サイテーの死刑インチキ英語(あるいは傑作か?)。 正しくはhit by the pitch 【コーナー・ワーク】 こんな英語はナシ。 誰がつくったのか? 【スピード・ボール】 英語のspeed ballは、なんと一種の麻薬のことで、野球とは無関係。 fastballと言う。 【ストレート】 直球のことをストレートstraightとは言わない。 これもfast ballで、これに対して変化球はchange-ups(チェンジアップ)と呼ばれる。 これが、球種の2つの大きな分け方で、chenge-upsの中に、curve(カーブ)、shoot(シュート 、reverse curve(スクリューボール)、fork(フォーク)、slider(スライダー)、knuckle ball(ナックル・ボール)がある。 【ナチュラル・カーブ】、【ナチュラル・シュート】 こんな言い方はない。 未経験可能な案件満載!日本最大級のお仕事探しサイト。 業界・職種の情報も充実!自分らしく働くなら、是非anで。 grounderと言う。 あるいはbouncer。 【ヒット】 hitでいいが、single hitなどとはあまり言わない。 単にsingleで、2塁打はdouble、3塁打はtripleサイクル・ヒットも単にcycle。 【トップ・バッター】 これは英語界では打撃ベストテンの1位のバッターのこと。 したがって正しくは、lead off man。 【チャンス・メーカー】 死刑級の和製英語。 heads-up player 【ピッチャー・ゴロ】 comebacker 【スリー・バント】 buntは正しい英語。 しかしスリー・バントはインチキ英語で、正しくは、bunt with 2 strikes。 【イレギュラー】 トンデモ英語。 予想外のはずみ方をすることは、hasty erratic hopで表わす。 The ball takes a nasty hop. と言う。 【ゲッツー】 double play 【タッチ】 ボールを走者にタッチすることは、tagと言う。 【打率と打点】 打率はbatting averageで略してBA。 打点はrun batted inで略してRBIと言う。 All rights reserved.

次の

デリートって英語でなんて言うの?

デリート 英語

間違いだらけの野球英語を正す! 洗脳解脱講座 - トンデモ英語デリート辞典 間違いだらけの野球英語を正す! 間違いだらけの野球英語を正す! ここでは和製英語をデリートしつつ、正しい野球英語を示して見ましょう。 ただし、ボールを先にストライクを後に数える。 例:ツー・ツー=2 balls and 2 strikes 【フォア・ボール】 完全なトンデモ英語。 英語は単にwalk(歩き)。 【三振】 Kで表わす。 「三振する」はstrike out 【フル・ベース】 full house 【クリーン・アップ】 確かにcleanupはあるが、3,4,5番ではなく、4番打者のみに使う。 cleanup hitterが4番打者。 【盗塁】 steal a base 【ヘッド・スライディング】 headfirst slide 【ランニング・ホームラン】 ウソ英語。 inside-the-park home run 【ウエイティング・サークル】 on-deck batter's circle 【オープン戦】 exhibition game 【キャッチ・ボール】 こんな言い方は死刑もの。 play catchが正解。 【野手】 野手はfielder。 内野手はinfielder。 外野手はoutfielderで、1塁手、2塁手、3塁手はfirst second, third basemanと言う。 velocity and locaionと言う。 【ピッチング・カウント】 pitch count(球数) 【いい肩】 アメリカでは「いい腕」have an armと言う。 【ノーコン】 ノー・コントロールの略でしかも完璧ウソ英語。 コントロールが悪いことは、bad control。 抜群のコントロールはpinpoint control。 【リリーフ投手】 reliever/closer/stopper。 先発はstarting pitcher/starterで、中継ぎはmiddle reliever、抑えはclosing reliever/closerと呼ぶ。 火消し役はズバリfiremanと呼ばれる。 【イン・コース】、【アウト・コース】 どちらも和製英語。 Inside, outsideと言う。 【オーバー・スロー】 英語のoverthrowは暴投のこと。 overhand pitch 同じようにunderhand pitch。 【デッド・ボール】 サイテーの死刑インチキ英語(あるいは傑作か?)。 正しくはhit by the pitch 【コーナー・ワーク】 こんな英語はナシ。 誰がつくったのか? 【スピード・ボール】 英語のspeed ballは、なんと一種の麻薬のことで、野球とは無関係。 fastballと言う。 【ストレート】 直球のことをストレートstraightとは言わない。 これもfast ballで、これに対して変化球はchange-ups(チェンジアップ)と呼ばれる。 これが、球種の2つの大きな分け方で、chenge-upsの中に、curve(カーブ)、shoot(シュート 、reverse curve(スクリューボール)、fork(フォーク)、slider(スライダー)、knuckle ball(ナックル・ボール)がある。 【ナチュラル・カーブ】、【ナチュラル・シュート】 こんな言い方はない。 未経験可能な案件満載!日本最大級のお仕事探しサイト。 業界・職種の情報も充実!自分らしく働くなら、是非anで。 grounderと言う。 あるいはbouncer。 【ヒット】 hitでいいが、single hitなどとはあまり言わない。 単にsingleで、2塁打はdouble、3塁打はtripleサイクル・ヒットも単にcycle。 【トップ・バッター】 これは英語界では打撃ベストテンの1位のバッターのこと。 したがって正しくは、lead off man。 【チャンス・メーカー】 死刑級の和製英語。 heads-up player 【ピッチャー・ゴロ】 comebacker 【スリー・バント】 buntは正しい英語。 しかしスリー・バントはインチキ英語で、正しくは、bunt with 2 strikes。 【イレギュラー】 トンデモ英語。 予想外のはずみ方をすることは、hasty erratic hopで表わす。 The ball takes a nasty hop. と言う。 【ゲッツー】 double play 【タッチ】 ボールを走者にタッチすることは、tagと言う。 【打率と打点】 打率はbatting averageで略してBA。 打点はrun batted inで略してRBIと言う。 All rights reserved.

次の

【Windows 10】できる人は知っているキーボードショートカット:Tech TIPS

デリート 英語

デリートキーの「デリート」は英語で「delete」と言います。 「削除する」という意味になります。 上記の言葉を使った例文を見てみましょう。 Press the delete key to delete characters. 文字を削除するためにデリートキーを押してください。 Delete old files to free up memory on your computer. 古いファイルを削除して、コンピューターのメモリーを解除しましょう。 Are you sure you want to delete me from your friends on Facebook? 本当にフェースブックの友達から私を削除してもいいんですか? ぜひご参考にしてみてください。 「デリート」は英語では「delete」とつづります。 英語の「delete」には「削除する/消去する」などの意味があります。 【例】 How do I delete my browsing history? How do I delete my account? I deleted a file by mistake. I deleted my Facebook account. ご質問ありがとうございました。

次の