アルカ ラスト キャラ。 【アルカラスト】リセマラ当たりランキング【最新版】

【アルカラスト(アルカス)】リセマラ当たり最強星2キャラランキング

アルカ ラスト キャラ

-アルカラスト関連記事- ・ 星3キャラ最強ランキング 1位:エルネスト【黄昏】 キャラ性能&個別評価 防御性能に特化したキャラ。 その他、 スタンや 回復能力も保有しておりタンク役としての性能を逸脱した性能を誇る。 単体性能もさることながら、絆スキルでも強力な効果を得られるのでアレクサンドラ【黄昏】をセットで狙うのも有り。 2位:バルタザール【漆黒】 キャラ性能&個別評価 高威力の範囲攻撃+自己バフを付与出来る強力なキャラ。 ノックバック効果を持つ範囲攻撃等、戦闘では非常に頼りになる存在。 他にも範囲攻撃持ちのキャラを編成しておけば雑魚殲滅の際に頼りになるのでオススメ。 アレクサンドラ【漆黒】との絆スキルも高威力単体攻撃となっており、大いに役立つ。 バルタザールを獲得する場合にはアレクサンドラ【漆黒】を狙うのも有り。 3位:ネクルネクア【凍土】 キャラ性能&個別評価 物理攻撃+SP回復のバフ効果を持ち、 単体~複数体に対して攻撃を行えるキャラ。 アタッカーとして優秀な性能を誇っているので、獲得しておいて損は無い。 尚且つ、 絆スキルが複数のキャラと対応しているのでパーティ編成時に選択の幅が広いのも魅力。 色々な場面で幅広く運用が出来る絆スキルも多く、使い勝手が良い。 4位:エルソル【漆黒】 キャラ性能&個別評価 味方全体に防御バフ+リジェネ効果を付与出来る貴重なサポーター。 持続回復を行える点は非常に優秀且つ、被ダメージも同時に抑えられる点は大きなメリット。 ただ、即時回復ではない為油断は禁物。 サポート能力だけでなく 広範囲の魔法攻撃も行えたりダメージソースもあるので使い勝手が良いキャラ。 生存率を高めたいなら是非とも狙っておきたいキャラの1人。 5位:ラドロ【灼熱】 キャラ性能&個別評価 自身と前後の範囲の味方を物理攻撃吸収に出来るスキルが強力。 その上、 同一範囲に対して物理攻撃バフを付与する事が出来るので火力の高いキャラと非常に相性が良い。 ノックバックスキルを持ってはいるが、範囲攻撃を持っていないので得られる恩恵は若干少な目。 サポートメインでの運用で高い効果を発揮するタイプ。 6位:トライゾン【黄昏】 キャラ性能&個別評価 単体魔法攻撃が得意なアタッカー。 自身に対して魔法攻撃バフを付与し、 敵に対して魔法防御デバフを付与。 その為、思った以上に高い火力を発揮出来る。 反面やはり 複数体の敵と対峙する場合には効果を発揮出来ないデメリットも。 ボス戦等では重宝するが、複数を相手にする場合は全体攻撃が得意なキャラを編成しておきたい。 7位:アレクサンドラ【漆黒】 キャラ性能&個別評価 物理攻撃バフを自身に付与出来る単体アタッカー。 そこまで突出した性能は無いものの、バルタザール【漆黒】を既に入手しているのなら強力な絆スキルを使用出来るので使えない事も無い。 非常に高い火力を誇る為、ボスや強敵等に対して有利になれる。 8位:ジネット【凍土】 キャラ性能&個別評価 自分の魔法攻撃をアップし、敵の魔法防御を下げるキャラ。 単体~範囲攻撃も保有しており使い易い性能となっている。 ただ、 ダメージ倍率がそこまで高くないのでメインアタッカーにするには少し頼りない。 ネクルネクア【凍土】との絆スキルで高威力のダメージを付与しつつ物理防御を下げられる為、セットで獲得するなら有り。 9位:シャルロッテ【黄昏】 キャラ性能&個別評価 全体攻撃+全体誘惑、広範囲攻撃、最も物理攻撃力が高い敵の行動速度をダウンさせたりと様々な場で活躍してくれるキャラ。 火力はそこまで高くは無いものの敵の行動を邪魔するのが得意なキャラとなっており、後半になればなるほどその効果を発揮する。 絆スキルで回復を行ったり、バフを行ったりとキャラによって様々な効果を得られるので パーティに足りない部分を絆スキルで補うのも有り。 10位:サナルサナイ【灼熱】 キャラ性能&個別評価 範囲攻撃+防御デバフを付与するアクションスキルに 敵全体に攻撃デバフを付与するオートスキルを保有。 尚且つ スタンをさせたりと高い汎用性を保有しているキャラ。 被ダメージ軽減から与ダメージアップまで幅広く運用出来る為、あらゆるパーティ編成に対応可能。 絆スキルでもバフ効果や状態異常効果を付与するものが多いので、使い勝手も良い。 11位:アルヴァロ【漆黒】 キャラ性能&個別評価 範囲回復や単体攻撃、 自身に攻撃力バフを付与出来るアタッカー。 火力が高く、単体でも十分に通用する性能を誇る。 ボス戦等に対して強力な単体攻撃、さらにピンチ時に重宝する範囲回復など汎用性は高め。 ランキング上位のキャラ程高い性能を持っているわけではないが、十分に活躍出来るキャラ。 12位:タスガタスタ【漆黒】 キャラ性能&個別評価 全スキルで攻撃を行える単体アタッカー。 尚且つ、 自身に対して攻撃バフも行える為火力面では申し分ない性能。 アルヴァロ【漆黒】との絆スキルでは非常に高威力の範囲攻撃を行える上に自身の攻撃力バフも行える。 上位キャラのように何か一つ突出したものが欲しい。 13位:エリク【灼熱】 キャラ性能&個別評価 複数の引き寄せスキルや範囲攻撃を持つ為、殲滅力が高いキャラ。 パーティに高火力キャラがいると殲滅力がより高まるので、是非ともそこを気を付けて編成したい。 その上、 敵の行動速度を下げる効果も持ち合わせておりサポート面でも優秀な性能。 イネイド【灼熱】との絆スキルで範囲ダメージ+気絶を付与出来るのも有難いが上位キャラに比べると全体的に見劣りしてしまう点がネック。 14位:ヨアキム【凍土】 キャラ性能&個別評価 広範囲への攻撃+スタンのアクティブスキルが優秀。 尚且つ、 自分の物理攻撃とクリティカル率をアップ出来る為アタッカーとしての性能は中々。 火力の高いキャラが居ない場合には十分代わりを担える性能。 勿論、火力が高いキャラが居る場合にはサブアタッカーとしても運用出来る。 火力は見劣りするもののスタン効果や攻撃範囲の広さが魅力なキャラ。 15位:ミツキ【灼熱】 キャラ性能&個別評価 範囲攻撃を多く持つスキル構成。 高火力の範囲攻撃を持つキャラと編成する事で殲滅力をサポート出来る。 尚、 ノエミ【灼熱】との絆スキルで範囲攻撃+範囲回復の効果も。 攻撃面は期待が出来ないが、回復能力は非常に高いのでもしもミツキ【灼熱】を編成する場合はノエミ【灼熱】も同時に編成しておきたい。 16位:オレリア【凍土】 キャラ性能&個別評価 スキル全てでダメージを与えられ、尚且つ 暗闇や 敵の魔法攻撃を下げたりとサポート能力も保有。 火力自体はそこまで頼りになる訳では無いものの、 自身の攻撃力を上げる効果も保有しているのである程度は期待出来る。 攻撃とサポートの両方の性能を備えているが、そこまで突出している訳では無いので正直器用貧乏といったところ。 あえて狙ってまで獲得する価値はない。 17位:カサドラ【凍土】 キャラ性能&個別評価 クリティカル率アップのバフや 自己回復のスキル効果を持つキャラ。 火力面のバフは有難いが、 スキル威力の倍率自体がそこまで高くないのでアタッカーとしての運用は見送った方が良い。 アクティブスキルで 範囲攻撃を行えるものの、 自身のHPを減少してしまうデメリット等もあるのであまり性能が高いキャラではない。 総合評価 上位キャラに関しては唯一無二の性能を持っているキャラが多く、獲得する事で序盤がグッと楽になります。 勿論、絆スキル等の部分もあるので一概に単体キャラが強力とは言えないものの狙う価値は十分にあるでしょう。 絆スキルに関しては狙ったキャラ+絆スキルを使えるキャラを更に狙わなければならない為、リセマラの時間が大幅に増えてしまいます…。 なるべく性能の良い単体で使えるランク上位のキャラを獲得するのがオススメです。

次の

アルカラストの引き直しでお勧めのキャラを再検討する

アルカ ラスト キャラ

Contents• スキル・ステータスはLv. 1 初期状態 の情報です。 リセマラの参考にしていただければ幸いです。 O:最低HPの味方のHP119回復• R:自分の物防3上昇 戦争スキル• O:最低HPの味方のHP36回復• O:敵1体に魔法ダメ62• O:自分の魔攻14上昇• R:自分の魔攻34上昇 戦争スキル• O:敵1部隊に魔法ダメ62• O:自分の魔攻17上昇• O:中範囲の敵に魔法ダメ4• R:自分のHP48上昇 戦争スキル• O:近くの敵1部隊を中心に魔法ダメ10• O:自分を中心とした範囲内のHP25回復• R:自分の物攻34上昇 戦争スキル• O:小範囲の味方のHP13回復• O:敵1体に物理ダメ30• O:自分が攻撃する度に最大5回までダメが4上昇• R:自分の物攻34上昇 戦争スキル• O:敵1部隊に物理ダメ17• O:自分が攻撃する度に最大5回までダメが3上昇• O:敵1体に物理ダメ30• R:自分の物攻34上昇 戦争スキル• O:敵1部隊に物理ダメ17• A:小範囲の敵に物理ダメ218• R:自分の物攻34上昇 戦争スキル• A:小範囲の敵に物理ダメ118• O:味方全体の物攻6上昇• O:味方全体の物防2と魔防2上昇• R:自分のHP48上昇 戦争スキル• O:味方全部隊の物攻8上昇• O:味方全部隊の物防2と魔防2上昇• A:近くの敵1体を中心とした範囲に物理ダメ136• R:自分のHP48上昇 戦争スキル• A:近くの敵1部隊を中心とした範囲に物理ダメ198• R:自分の物攻34上昇 戦争スキル• A:敵1体に物理ダメ417• R:自分の物攻34上昇 戦争スキル• A:敵1部隊に物理ダメ585• O:敵1体に魔法ダメ47• O:敵1体の魔防1減少• R:自分の魔攻34上昇 戦争スキル• O:敵1部隊に魔法ダメ19• O:近くの敵1部隊の魔防1減少• O:自分の物攻11とクリ率20上昇• O:敵1体に物理ダメ49• R:自分の物攻34上昇 戦争スキル• O:自分の物攻14とクリ率24上昇• O:敵1部隊に物理ダメ76• R:自分のHP48上昇 戦争スキル• O:近くの敵1部隊に物理ダメ28• O:近くの敵1部隊に物理ダメ20• O:自分を中心とした範囲内に物攻無効状態付与 1ダメ無効• O:自分を中心とした範囲内の物攻13上昇• R:自分のHP48上昇 戦争スキル• O:小範囲の味方に物攻吸収状態付与 1ダメ吸収• O:小範囲の味方の物攻4上昇• A:中範囲の敵に魔法ダメ100• O:敵1体に魔法ダメ53• R:自分の魔攻34上昇 戦争スキル• A:近くの敵1部隊を中心とした範囲に魔法ダメ220• O:敵1部隊に魔法ダメ66• O:敵1体に暗闇と毒 毎秒2ダメ 付与• R:自分のHP48上昇 戦争スキル• O:近くの敵1部隊に暗闇と毒 毎秒1ダメ 付与• 引き直し込み リセマラでは星3キャラを狙いましょう! ガチャ11回で最高レア星3キャラが出る確率は以下の通りです。 星3キャラが1体以上:28. 星3キャラが2体以上:4. ここで狙いのキャラをしっかり入手してから始めましょう! おすすめキャラは、 HP・物防・魔防ステが全キャラトップのタンク役「エルネスト」です。

次の

【アルカラスト】ガチャ当たり星3キャラのスキル・ステータス一覧

アルカ ラスト キャラ

・2、3、4列目の灼熱キャラへの魔攻と魔防上昇バフを所持。 ・2つの物理攻撃力減少スキルを所持。 「ライトニングソード」で自身の行動速度を上げられるので、スキルの回転率が高く星2ながらトップクラスの壁性能を持っている。 アレクサンドラ【黄昏】は無敵、自己回復、自身のスキル回転率向上と非常に高い壁性能を持つので、ストーリーや闘技場など場所を問わず最高の活躍をするだろう。 イロンデール【東方】の評価 最後列から攻撃する遠距離魔法アタッカー イロンデール【東方】は、最後列から敵前衛の防御力を下げながら全体攻撃の「桜華抜刀術・八重霞」と単体攻撃の「オーラ・ブレイド」で戦うアタッカーだ。 通常バトルの配置場所が最後列のため、敵の範囲攻撃に巻き込まれづらく、最後までダメージを出すことが可能だ。 イロンデール【東方】は全体攻撃アタッカーとしてストーリーよりも闘技場で活躍可能するだろう。 闘技場で役立つ全体アタッカーが必要ならイロンデール【東方】を育成しよう。 ミツキ【漆黒】の評価 物攻バフ特攻スキル持ちの範囲アタッカー ミツキ【漆黒】は3列範囲内を攻撃可能なスキル2つと、物理攻撃力アップ状態の敵へのダメージが上昇するオートスキルを持つ物理アタッカーだ。 オートスキル2の「パワーアサルト」は、高頻度で3列範囲攻撃と3列目の味方に行動速度増加バフを付与できる強力なスキルだ。 ミツキ【漆黒】は、3列範囲攻撃と物理攻撃力バフ持ちへの追加ダメージを活かせる闘技場や物理攻撃力バフを持つボス、範囲攻撃による雑魚戦で活躍するだろう。 強力な範囲物理アタッカーが欲しい場合は、ミツキ【漆黒】を育成しよう。 コルネイユの評価 単体クリティカルアタッカー コルネイユは、スキル「レイヴン・ビーク」「黒翼の一矢」で確定クリティカルダメージを敵単体に与えるクリティカルアタッカーだ。 ボス戦など強力な敵が単体で出現するステージや、敵単体に攻撃を集中して倒したい場合に活躍するだろう。 コルネイユは強力な物理アタッカーとしてストーリー、闘技場共に活躍可能だ。 後列のアタッカーが必要ならコルネイユを育成しよう。 ミツキ【黄昏】の評価 自己回復を持つ物理寄りタンク ミツキ【黄昏】は、スキル「蒼竜の咆哮」で物理と魔法防御を「チャクラ」で物理防御を上昇できるタンクだ。 「チャクラ」には自己回復効果もある為、星1の配布キャラながらメインタンクとして十分な活躍が可能だ。 ミツキ【黄昏】は物理、魔法両方の防御力上昇スキルを持つ非常に優秀なタンクなので、ストーリーから闘技場まで場所を問わず活躍可能だ。 フォルカー【黄昏】の評価 気絶と防御力アップを持つ攻撃寄りのサポート フォルカー【黄昏】は「獣王斬」と「ブレイド・バッシュ」によるスタンと「獣王の守り」による範囲防御力アップが可能なアタッカーよりのサポートだ。 2つの攻撃スキルを持つが、気絶付与の追加効果があるため攻撃倍率があまり高くないので、フォルカーを使用する場合はあくまでサポートとして運用しよう。 フォルカー【黄昏】は防御力上昇キャラとしてストーリー、闘技場共に活躍可能だ。 前衛キャラの耐久力をあげられるキャラが必要なら、フォルカー【黄昏】を育成、編成しよう。 物理魔法両方に効果があるのでパーティの編成問わず採用できるので非常に便利なキャラだ。 ジネット【黄昏】は強力なバッファーとしてストーリー、闘技場共に活躍可能だ。 味方全体の物理、魔法攻撃力を増加できるキャラが必要ならジネット【黄昏】を育成しよう。 リースべット【凍土】の評価 攻守に優れたバフ持ちヒーラー リースベット【凍土】は「聖母の祈り」で味方全体の魔法攻撃力と物理防御を上げられ、「闇の誘い」で敵単体の魔防減少と暗闇付与が可能なサポート兼ヒーラーだ。 オートスキル1「聖母の微笑み」でHPが低い味方の回復、アクションスキル「聖母の祈り」で味方全体の回復ができる為、安定して味方を回復できるので、ヒーラーとしても十分活躍可能だ。 リースベット【凍土】はヒーラー兼サポートとして闘技場よりもストーリーで活躍するだろう。 魔法攻撃パーティを組む際のヒーラー兼サポートとして編成すれば活躍間違いなしだ。 ブリッタ【黄昏】の評価 物理吸収と物理無効付与が可能な対物理サポート ブリッタは「不死鳥斬」で範囲内に物理吸収を付与でき「光の盾」で範囲内に物理無効を付与できる対物理のエキスパートだ。 魔法攻撃を行う敵には全く役に立たない、対物理に特化したキャラなので初心者にはお勧めできないが、非常に優秀なキャラなので中級者以上のユーザーは是非とも育成しておこう。 エルオンズ【凍土】の評価 2つの全体攻撃スキルを持つ魔法アタッカー エルオンズ【凍土】は「因果流転の理」「因果応報の理」2つの全体魔法攻撃スキルを持つアタッカーだ。 オートスキルによる全体攻撃スキルを持つので、素早い後列の敵への攻撃が重要な闘技場での活躍する。 エルオンズ【凍土】は2つの全体攻撃スキルを活かしたアタッカーとしてストーリーよりも闘技場で活躍可能だ。 闘技場で後列のアタッカーを素早く処理できるアタッカーが必要ならエルオンズ【凍土】を育成、編成しよう。 星2・星1キャラについて 全キャラ星5まで育成可能 アルカラストでは初期レアリティに関係なく全てのキャラを星5まで育成可能だ。 最終ステータスに差がないのでスキル性能で育成するキャラを選択しよう。 覚醒難度に差は無い 覚醒に必要な幻結晶の数やショップでの交換レートに違いはなく、ガチャ被りでの入手量もガチャ確率を考慮されている。 そのため、初期星2・星1キャラの方が初期星3キャラよりも覚醒しやすい訳では無い。 初期ステータスには差がある 期星2・星1と初期星3キャラでは、初期ステータスに覚醒分の差がある。 最序盤や覚醒が行えるようになるまでは、ステータス面は初期星3キャラの方が圧倒的に高いのでパーティを編成する際には注意が必要だ。

次の