野菜炒め こつ。 新発見! もやし炒めをシャキッと仕上げる裏ワザ【オレンジページnet】プロに教わる簡単おいしい献立レシピ

おいしい肉野菜炒めのレシピ/作り方:白ごはん.com

野菜炒め こつ

ボリュームたっぷりのなすと豚肉の炒め物。 今回は人気の味付け5選と、料理家が実践する炒め方のコツを矢島南弥子先生に教えてもらいました。 炒め方はすべて同じ。 先に調味料を合わせて、なすと豚肉と炒めるだけです。 材料は全て2人分です。 材料(2人分)• なす…4本• 豚こま切れ肉…150g• 小麦粉…小さじ1• サラダ油…大さじ1+小さじ1 合わせ調味料A• 酒、砂糖、味噌…各大さじ1• お子さまにもおすすめです。 材料(2人分)• なす…4本• 豚こま切れ肉…150g• 小麦粉…小さじ1• サラダ油…大さじ1+小さじ1 合わせ調味料A• ありそうでなかった新しい組み合わせです。 材料(2人分)• なす…4本• 豚こま切れ肉…150g• 小麦粉…小さじ1• サラダ油…大さじ1+小さじ1 合わせ調味料A• 酒、マヨネーズ…各大さじ1• おつまみとしてもおすすめです。 刻んだパクチーを添えれば、エスニック風になります。 材料(2人分)• なす…4本• 豚こま切れ肉…150g• 小麦粉…小さじ1• サラダ油…大さじ1+小さじ1 合わせ調味料A• 酒、砂糖…各小さじ2• 暑い季節にぴったりの一品です。 材料(2人分)• なす…4本• 豚こま切れ肉…150g• 小麦粉…小さじ1• サラダ油…大さじ1+小さじ1 合わせ調味料A• 梅干し…10g(正味量) *梅干しは種を取って果肉をたたいたもの。 市販の梅チューブ(10g)で代用可。 いくつかのコツをおさえるだけで、美味しく作ることができますよ。 *写真は「韓国風焼肉味」です コツ1 なすは水にさらす、肉は小麦粉が必須! なすは乱切りにし、アク抜きと変色防止のために8分ほど水にさらす。 ペーパータオルでしっかりと水けを拭きとる。 豚肉は小麦粉をまぶすことで調味料が絡みやすくなる。 コツ2 火をつける前になすと油を絡める フライパンにサラダ油大さじ1となすを入れ、ヘラで全体をよく絡めてから火をつける。 強めの中火で加熱し「ジュージュー」と焼ける音がしたらふたをして2分蒸す。 コツ3 豚肉は片面をこんがり焼く なすをフライパンの端に寄せ、空いたスペースにサラダ油小さじ1を熱し、豚肉を加える。 菜箸でほぐしながら広げ、片面にこんがりと焼き目がつくまで加熱する。 コツ4 合わせ調味料は豚肉にかける 豚肉の片面がこんがり焼けたら、合わせ調味料Aを豚肉にかける。 豚肉の表面についた小麦粉と絡み、とろみが出る。 コツ5 最後に全体を絡める 肉からとろみが出たら、全体を混ぜてさらに炒める。 なすは調味料を吸いやすいため、最後に絡めて味を均一にする。 お弁当に入れるときのポイント お弁当に入れるときは、次のポイントを守りましょう。 冷めても美味しくいただけます。 ・小麦粉を片栗粉にする 冷めてもしっとりとした食感が続きます。 ・豚肉の脂をペーパータオルでふき取る 脂は冷えると食感が悪くなります。 加熱時に豚肉から出る油を、ペーパータオルでふき取りましょう。

次の

時間にしてわずか10秒。「もやし炒め」が超シャキシャキになる下ごしらえって?【筋肉料理人】

野菜炒め こつ

お給料前でお財布がピンチ!そんなとき重宝するのが野菜炒め。 いろいろな野菜が食べられて、しかも経済的。 作り方も材料を炒めるだけで簡単と、まさに3拍子揃ったレシピ。 水っぽくなりがちな野菜炒め 5月12日放映の「あさイチ」をご覧になった人はいらっしゃいますか?おなじみ「スゴ技Q」は、人気の定番料理特集でした。 今回テーマとして取り上げられたのは、簡単で経済的な「野菜炒め」。 定番中の定番メニューですが、あさイチアンケートによれば実はたくさんのお悩みが寄せられているそうです。 中でも多かったのが「水っぽくなる」という悩み。 番組では、そんなお悩みを解消するためのテクニックが紹介されました。 水っぽくなるという悩みを解決するテクニックとは? 科学的な調理法を研修して15年の料理研究家・水島弘史さんが伝授してくれるのは、野菜炒めが決して水っぽくならないスゴ技。 ポイントは野菜の切り方と炒め方の二つです。 普通の切り方をしてしまうと細胞が壊れて水が出てしまい、ベチャベチャしてしまう原因に。 そこで力を発揮するのが達人の切り方です。 包丁を持つ手とまな板が平行になるようにするのがポイント。 姿勢が悪いと体の重さが包丁に伝わるので、細胞がつぶれる原因にもなるのだとか。 だから姿勢正しく切ることが大事なんだそうです。 具体的には親指と人さし指で挟むように持ち、中指で支えます。 ちょっと角度をつけ、刃先を上げながら、刃の真ん中まで使うのがコツ。 一度で切れなかったら、同じ動きを繰り返せばOK。 水島さんいわく、包丁の刃先から指2本分ぐらいのところがスイートスポットといって一番切れやすいのだとか。 そこに野菜をつけて切るようにするとグッド。 炒め方にもコツがあった!?最強の炒めテク さあどんどんいきますよ。 お次は炒め方のテクニック。 野菜炒めといえば、フライパンを熱して油をひき、強火でサッと炒めるというのが王道と思われていますが、達人いわくそのやり方ではダメ。 火加減はなんと弱火!実は野菜は、急激に加熱すると細胞が壊れてしまうのだとか。 だから弱火がベストなんだそうです。 混ぜ続けてしまうと熱が逃げてしまい野菜に火が通らないのだとか。 最後にしょうゆ、ごま油、コショウをくわえて強火で20秒間炒めて、香りを立たせます。 これで冷めても水っぽくならない絶品の野菜炒めの出来上がりです。 いつもやっている作業の順番を変えるだけでいいなんてビックリですね。 クックパッドにもシャキシャキで美味しい野菜炒めのレシピがいっぱい。 役立ちそうなレシピを一緒にご紹介しておきますね。

次の

特集「中華の“炒め”を極める」│キリンレシピノート

野菜炒め こつ

プロの技を伝授!材料を炒める順番や火加減などのコツが分かります 野菜炒めにありがちな失敗は、水っぽくなってしまったり、べたべたになってしまったり、肉が硬くなってしまったりすること。 でも、プロの野菜炒めはシャキシャキ食感で肉はやわらかく、味もしっかりついています。 プロのレシピからさまざまなテクニックを教えてもらいましょう。 こうすることで肉も固くなりません。 火が通りにくいにんじんは水を加えて炒めるなど、小さなポイントを丁寧におさえていくと美味しく作ることができます。 弱めの火でゆっくり炒め、最後に味つけをすることで野菜から水分が出るのを防ぎます。 卵は先に炒めて取り出しておき、肉と野菜を炒めた後に加えることでふんわり仕上がります。 味つけでこんなに変わる!野菜炒めの調味料バリエーション どんな調味料を使うかで大きく変わる野菜炒めの味つけ。 さっぱり味から濃厚な味まで、同じ材料でも全く違う味を楽しめます。 その秘密は醤油と同量のオイスターソースに加え、ゼラチンを使うことです。 スパイシーにしたい時は、最後にブラックペッパーとレッドペッパーを多めにふります。 中華風の味付けで作ったあんが八宝菜風の炒め物です。 冷蔵庫の半端に残った野菜で作りましょう。 具材もトマトやきゅうりでさっぱりと食べられます。 少し濃い味がお好みの方は鶏がらスープの素を入れても。

次の