喪中ハガキ どこまで。 喪中はがき範囲はどこまで? 親戚の場合対象は誰まで??

年賀状を喪中欠礼する範囲は?叔父叔母は?はがきは誰に出す?

喪中ハガキ どこまで

親族や身内に不幸があったとき、年末に発送準備をする年賀状を出すのではなく、喪中はがきを出さなくてはいけません。 喪中はがきを準備するときに悩むのが、自分から見て「どこまでの範囲の人が亡くなったときに喪中はがきを出さないと行けないのか?」ということです。 親族や身内に不幸があったときに、喪中はがきを送付する範囲を知らないと、喪中はがきを出すべきなのか、年賀状を出すべきなのか分かりません。 親族に不幸があったときとき喪中はがきを出す範囲、一般的に喪に服す期間・時期、喪中はがきを出す相手の範囲についてまとめました。 喪中はがきを出す習慣は新しい風習なので決まったマナーが確立されていないようで、地域によって違うことありますが、一般的には差し出す本人から見て二親等までに不幸があったとき喪中はがきを出すのがよいと言われています。 喪中はがきは、喪主になった人だけが出す訳ではなく、自分からみて二親等の範囲にある人が亡くなったときに出します。 二親等と言われても分かりにくいと思いますので、簡単な図を上記に準備しました。 一親等は配偶者、子供、両親、配偶者の両親になり、二親等は一親等を含め、祖父、祖母、兄弟姉妹、孫、配偶者である夫または妻、兄弟姉妹、配偶者の祖父母になります。 親戚の叔父や叔母に不幸があったときは、年賀欠礼はがきを出す範囲には含まれていません。 忌引きは神道の考えで死の穢れを移さないように外出を控えたりすることです。 会社での忌引きは浸透していて、亡くなった続柄によって休む日数が決まっています。 忌中の期間は一般的に四十九日と言われていて、神道では故人との関係によって日数が変わってきますが、最大で父母の50日になります。 喪に服すの「服」は儒教から来ている考えです。 悲しみで外に出る気も着飾ることも出来ないことを表しています。 ましてやお祝いごとなどそんな気になれないという気持ちの表れです。 喪に服す期間は一周忌までと言われ、忌中は四十九日、喪中は1年の期間喪に服すとされることが多いようです。 喪が明けるまでは、結婚式を挙げるのは待ったほうが良いとされています。 友人の父が鬼籍(きせき)に入り、そこで今の旦那さんがお葬式を手伝い、結婚の運びとなりましたが、式や籍を入れるのは喪が明けてから行なっていましたし、結婚式への参加も控えたほうがいいとされていますが、どうしても出ないといけない式には参加することもありますが、その際に「喪中です」と宣言する必要はありません。 続柄 忌日数 服喪日数 父母 50日 13カ月 養父母 30日 150日 夫 30日 13カ月 妻 20日 90日 嫡子(息子) 20日 90日 その他の子(娘) 10日 90日 養子 10日 30日 兄弟姉妹 20日 90日 祖父母(父方) 30日 150日 祖父母(母方) 30日 90日 おじ・おば 20日 90日 夫の父母 30日 150日 妻の父母 なし なし 曾祖父母 20日 90日 昭和22年に廃止された太政官布告『忌服令』の喪中期間の目安が仏事の慣例とされていますので、参考までにご覧ください。 喪中はがきをを出す相手の範囲 「年賀のご挨拶を失礼させていただきます」という挨拶状を年賀欠礼状や喪中はがきと言い、喪中なので年賀状を出さないときに使います。 そのため、毎年、年賀状をやり取りをしている人に送付するのが普通ですが、故人を知らない人には、喪中はがきを出すのではなく、年賀状を出す人が増えています。 仕事の関係者には喪中を知らせないという人も増えていて、仕事とプライベートを別に考えていることが伺えます。 個人としての場合 喪中はがきの送り先は、「近親者が鬼籍に入り、悲しいので新年のご挨拶が出来ません」とお知らせしたい人に出します。 基本は、年賀状をやり取りしている人に送るというのが喪中はがきを出す相手の範囲になります。 年賀状のやり取りをしていなくても、故人の友人関係やお葬式に来られなかった人にも出すほうがマナーとしては良いとされています。 両親や子供、義理の両親はお葬式に来ていることが多いので喪に服していることを知っていますし、お葬式に来ていただいた方も亡くなったことは知っているので、喪中はがきを出すことに疑問を覚える人もいると思います。 知っている人には喪中はがきを出さなくてもいいという考え方もありますが、個人的には、1つの習慣として、また、あの人には送って、私には来なかったというような差別的な反応をする人もいますので、みなさんに出すようにするといいと思います。 お葬式に来ていただいた人には、感謝の言葉を一言添えると温かみのある喪中はがきになりますし、改めて近親者が亡くなり悲しくてお祝いのあいさつが出来ませんという意思表示を喪中はがきでするといいです。 個人として喪中はがきを出す範囲 ・年賀状をやり取りしている人 ・故人の友人関係 ・お葬式に来られた人 会社としての場合 個人事業主の社長が故人になり、取引先に喪中はがきを出すとき、または、会社という組織として取引先・得意先に、社長が亡くなって悲しいですと伝える喪中はがきを出すことはビジネス上は必要ありません。 会社としてではなく、個人として送るほうがマナーにかなっています。 企業・会社・法人としてお亡くなりになったことを知らせるのは訃報という方法を取ります。 訃報は電話やメールなどで連絡します。 新聞でも訃報告知があり、そちらに掲載する企業もあります。 最近は、家族だけで葬儀をして、後で通知することが増え、葬儀のあとにお別れ会や偲ぶ会を行なうこともあり、亡くなられたことを知らないという人もいます。 死亡通知は、時候の挨拶は入れないで必要事項のみを書きますが、葬儀前でしたらこれでよいのですが、葬儀後に出す場合は身内だけで葬儀を済ませたこと、通知が後になってしまったことをお詫びする文章を載せます。 会社として亡くなられたことを知らせるのであれば訃報という形で連絡し、喪中はがきを出すのであれば、個人から個人宛や取引先・得意先など宛に送付するのがいいです。 二親等まで出すとマナーには書いてありますが、一つの目安としてなので、臨機応変にお知らせしたい人に出すのがいいです。 基本は、「鬼籍に入って悲しいので新年のご挨拶を遠慮させてもらいます」というお知らせのはがきです。 二親等には入らないけれど、義祖母や義祖父と同居しているなどの近しい人の場合は喪中はがきを出しても構いません。 兄弟の配偶者が鬼籍に入り、自分が喪中はがきを出したほうが良いのか迷うところですが、マナーとしては二親等までなので喪中はがきを出す必要は無いと考えて問題ありません。 しかし、個人的に悲しみが大きくて年賀状を出せないときは、年始状を出すと良いでしょう。 謹賀新年、新年のご挨拶を申し上げます、幸多き年でありますようになどの祝いの言葉を入れずに出し、祝いの言葉は入れられないけど新年の挨拶はしたいという絆の心の表れですね。

次の

喪中はがきはどこまで出す?親族や喪中の人に出す必要はある?

喪中ハガキ どこまで

この記事の目次• 年賀状の準備の前に、喪中の範囲がどこまでかチェック! 一般的には、 本人からみた2親等までは喪中の範囲で、3親等からは同居していなければ喪中としないケースが多いです。 《参考までに》 ・0親等 夫・妻 ・1親等 父母・配偶者の父母・子ども ・2親等 (自分の)兄弟・姉妹、兄弟・姉妹の配偶者、祖父母、孫 (配偶者の)兄弟・姉妹、兄弟・姉妹の配偶者、祖父母 ・3親等 (自分の)曾祖父母、伯叔父母、伯叔父母の配偶者、甥、姪 (配偶者の)曾祖父母、伯叔父母、伯叔父母の配偶者 ただし、あくまでも一般的な範囲ですので、宗教や それぞれの状況で判断しましょう。 また、近年は核家族が増えていることもあり、 離れて暮らしている場合はそこまでこだわらないケースもあります。 これは昭和22年に撤廃されていますが、現在の喪中の基準になっています。 《参考までに》 ・父母、義父母 12~13ヶ月 ・子ども 3ヶ月~12ヶ月 ・祖父母 3ヶ月~6ヶ月 ・兄弟姉妹 30日~6ヶ月 ・曾祖父母 伯叔父母 喪中としない このように 亡くなった方との関係によって、 喪中の期間は異なります。 ここも、期間に幅があるのはそれぞれの状況、故人との関係で判断するからです。 服喪期間中に新年を迎える場合は、 喪中欠礼の挨拶状を出しましょう。 喪主の場合には、故人が年賀状をやりとりしていた、友人、葬儀に参列してくださった相手(仕事・ビジネス上の取引の方も含む)となります。 喪中はがきを出す時期 喪中はがきは送る時期は、早ければ早い方がいいというわけではありません。 12月上旬~中旬に届くのが、ちょうどいい時期と覚えておきましょう。 12月上旬は、「年賀状をそろそろ書かなきゃ」と、年賀状を意識する季節ですからね。 でも、早すぎると相手も忙しくて忘れてしまうかもしれません。 なので、遅くても12 月上旬~中旬がベストの時期になります。 その際、年賀状に対するお礼と、故人を明らかにしたうえで喪中であったことを記載しましょう。 日付は投函日を入れ、 「賀」などのめでたい文字の使用は避けた方が安心です。 そんな時は、以下のような内容を案内状のはがきに書いておくと安心です。 《参考までに》 ・季節の挨拶 ・年賀状のお礼 ・本人が亡くなっていること ・知らせできなかったお詫び ・お付き合いのお礼 ・遺族(差出人)の名前 まとめ 家族が亡くなった時は、気持ちが落ち込むだけでなく、普段と違うことが多いので一層くたびれますよね。 また、あなたやパートナー(夫・嫁)の親戚に不幸があった場合も、どうすればいいのか判断に迷うことが多いでしょう。 ですが、亡くなった方が、あなたやパートナーにとってどういう関係だったのか、そこから 整理して考えていけば、することは 意外とシンプルですよね。 年末が近づいてくるにつれて忙しくなってきますので、早めに整理していきましょうね! Q.喪中の範囲は? 一般的には、本人からみた2親等までは喪中の範囲で、3親等からは同居していなければ喪中としないケースが多い。 Q.喪中の期間は? 亡くなった方との関係によって、喪中の期間は異なります。 ・父母、義父母(12~13ヶ月)・子ども(3ヶ月~12ヶ月)・祖父母(3ヶ月~6ヶ月) ・兄弟姉妹(30日~6ヶ月)・曾祖父母 伯叔父母(喪中としない) Q.喪中はがきを出す時期は? 一般的には送る時期は早ければ早い方が良いのではなく、12月中旬までに届くように手配し、誰が亡くなったのかを明記しましょう。 Q.喪中はがきを出す範囲は? 毎年、年賀状のやり取りをしている人(友人、同僚、上司、先生など)が喪中範囲です。 Q.もし、喪中に年賀状が届いたら?どう返す? 松が明けたら(一般的に1月7日過ぎ)、寒中見舞いや挨拶状として、普通のはがきに切手で送ります。

次の

喪中の範囲はどこまでの身内が対象?祖父母や叔父も入る?

喪中ハガキ どこまで

「大切な人が亡くなって新年のお祝いをする気持ちになれないので、新年のおめでたい挨拶は遠慮させていただきます。 今年はお世話になりました。 来年もよろしくおねがいします」 という内容の年賀欠礼の挨拶です。 なので、普段年賀状を交換している方々全員に出します。 たまに、喪中ハガキは身内が亡くなったことをお知らせするハガキだとか、年賀状を送らないでね!という意味合いだと思っていらっしゃる方がいますが、そういう事ではないので注意して下さいね! あくまで、 「自分が」喪中だからおめでとうを言えなくてごめんね、という挨拶になります。 しかしながら、近年では喪中ハガキを貰ったらその相手には年賀状は出さないという風潮になっています。 喪中のハガキは上記のような内容なので、本当は年賀状を出しても問題ないんです。 でも、喪中のハガキを出したのに年賀状を送って来るなんて非常識!と思う方が多いので、 喪中ハガキを貰ったら年賀状は出さないのが普通となっています。 悲しみの中で喪に服しているのに、おめでとうというハガキに良い印象を持てないという方もいらっしゃいます。 ただ、逆にこちらからは出せませんが年賀状は楽しみに待っていますというご家族もいらっしゃいます。 しかし、中には親族での話し合いで「お互い喪中はがきは出さない事にしましょう」と決めるご家族もあります。 なので少し遠目の親戚には出しておくのが良いでしょうが、近しい親族の場合は直接お伺いを立てて決めるのが良いですね! 現に、私は嫁に出ていますが、私の父方の祖父が亡くなった時は実家の両親とは普段よく行き来している事もあり、話し合って喪中ハガキをお互い出しませんでした。 例年は年賀状は出しています。 年に数回しか会いませんが仲の良い叔父叔母やいとこには出しました。 勿論、葬儀には出席してくれましたので、うちが喪中であることは知っています。 参考になるかは分かりませんが、一例という事で参照いただければです。 喪中はがきを喪中の人に出す意味 喪中はがきが「年賀状を送らないでね」の意味合いであれば、喪中葉書を貰ったらこちらから喪中葉書を出す意味はなかったのでしょうが、もうしつこいくらい何回も言いますが挨拶状なのでこちらから送らない理由はないですよね。 こちらからも、 「うちも喪中で年始の挨拶が出来ないので、このハガキをもって挨拶とさせていただきますね」 くらいの気持ちで喪中ハガキを送るのが良いでしょう。 まとめ いかがでしたか?喪中ハガキの意味をちゃんと理解すると迷う事も少ないのですが、なにぶん、普段あまり出す機会がないと難しい所ですよね。

次の