七夕 飾り方。 折り紙で作る七夕の飾りに使える簡単な星とモビール飾りの折り方・作り方

七夕を子供と楽しむためのまとめ!飾りの意味から折り紙まで | 教えたがりダッシュ!

七夕 飾り方

天の川 あみかざり) 幼稚園児でも簡単に作れる天の川です。 網飾りは、大漁を願って放たれる魚の網を表し、魚が沢山とれる事や豊作を意味します。 笹の葉は、邪気を追い払う力があると言われ、 災いを寄せ付けないようにという意味が込められています。 短冊は、 願い事を書いて笹の葉に飾る事で、願い事が天に届くと言われています。 短冊の色は5色(青・赤・黄・白・紫)あり、短冊の色によって願い事の意味が変わってきます。 途中ハサミを使用するので、幼稚園や保育園の子どもさんが作るときは、注意して下さい。 沢山の平面の小さな星が完成するので、吊るして飾るよりは、何かに貼り付けて飾るのにオススメです。 星飾りには、願いが星に届き、お星さまが願いをかなえてくれますようにという意味があります。 短冊と合わせて星飾りも作ってみて下さいね。 しっかりと厚みのあるお星さまなので、 吊るして飾るのにもオススメです。 沢山の星飾りで、願い事がお星さまに届きますように^^ 立体の提灯 ちょうちん) 立体の提灯 ちょうちん)です。 提灯は、織姫と彦星にあかりを捧げるための物で、 心を明るく照らしてくれますようにという意味が込められています。 幼稚園、年長、5歳の娘も簡単に作る事が出来た提灯なので、良かったら作ってみて下さいね。 立体の巻貝 貝殻) 立体でかわいい貝殻です。 貝飾りは、 海の恵みが沢山得られますようにという意味が込められています。 吹き流しは、織姫が織る糸を表していて、 織姫のように裁縫や機織りが上手になりますようにという意味が込められています。 スイカには豊作を願う意味があります。 その他にも、ナス等の夏の食べ物を飾るのもオススメです。 七夕飾りにはその他にも、 輪飾り、菱飾り ひしかざり)、くす玉等、沢山の飾りがあります。 輪飾り、菱飾りは簡単に作れそうでも、くす玉っていうとちょっと難しそうですよね。 そこで、ユーチューブの動画で、 簡単に作れるかわいいくす玉を見つけたので、良かったらご覧になって下さいね。

次の

折り紙で作る七夕の飾りに使える簡単な星とモビール飾りの折り方・作り方

七夕 飾り方

【目次】 ・ ・ ・ ・ 「七夕」や「飾り」の意味と由来 七夕の行事の由来 c Shutterstock. com 7月7日といえば「七夕」ですね。 「七夕」の日には願い事を書いた短冊を笹に飾ったり、天の川を見たりして過ごす方も多いのでは。 ところで皆さんは「七夕」の行事の始まりについてご存知でしょうか? 「七夕」の有名な物語といえば、織姫と彦星の物語ですよね。 実はこの織姫と彦星の物語は、「七夕」の行事の由来にもなっています。 天の川の西岸に住む織姫は天帝の娘であり、機織りの名手でした。 織姫の結婚相手を探していた天帝は、東岸に住む働き者の牛使いである彦星と織姫を引き合わせます。 無事、夫婦となった2人でしたが、結婚後は仕事もせずに仲よく遊んでばかり。 それに怒った天帝が天の川を隔て、2人を東西に引き離しました。 引き離された悲しみに明け暮れる2人は、満足に働けません。 これに困った天帝は「毎日真面目に働くなら、7月7日だけは会わせよう」と約束をしました。 以降、2人は真面目に働き、毎年7月7日の夜だけデートをするようになったのです。 以上が織姫と彦星の物語のあらましです。 この物語があったからこそ、「七夕」の行事が始まりました。 c Shutterstock. com 「七夕」の行事の起こりは、中国。 中国では織姫と彦星の再会を祝い、「乞巧奠(きっこうでん)」という行事が催されます。 この「乞巧奠」という名前には、行事に込められた思いが凝縮されているんですよ。 「乞」の意味は「願う」、「巧」は「上達する」、「奠」は「祀る」。 「機織りの名手であった織姫にあやかって機織りの技が上手になるように、様々な手習い事が上達するように」と願う行事でした。 「乞巧奠」が伝わる前、日本には「棚機(たなばた)」という行事がありました。 この棚機は旧暦の7月に行われていた穢れを清める行事。 この棚機と奈良時代に中国から伝わった「乞巧奠」とが融合し、「七夕(しちせき)」と呼ばれる宮中行事となりました。 「七夕」は、織姫と彦星の再会を喜び、詩歌や裁縫の上達を願って星に祈りを捧げる日。 5色の糸や金銀の針、海や山の幸を供える行事でした。 供物の祭壇の横には5色の糸がかけられた笹が立てられ、和歌をしたためた梶の葉を祀ります。 この「七夕(しちせき)」と織姫、彦星の物語は、室町時代に民間へと伝わりました。 その際、農村でも広く行われていた「棚機」にちなみ、「七夕」を「たなばた」と呼ぶようになったと言われています。 七夕の飾りの意味 七夕の飾りには、5色の短冊や吹き流し、網飾りなど様々なものがあります。 それぞれの飾りには、願いが込められていることをご存知ですか? それぞれご紹介していきましょう。 5色の短冊は「願い事が叶うように」、吹き流しは「魔除け」。 網飾りは「幸せを掬い上げる」という意味があります。 他にも「金運上昇」を意味する巾着や「手芸の上達や厄払い、着るものに困らなくなるように」という意味を持つ紙衣(かみこ)などもあります。 実はこれらの飾りは、折り紙で簡単に作ることができます。 それでは、基本的な七夕飾りから、ちょっとおしゃれな七夕飾りの作り方までをご紹介していきましょう。 折り紙を使った七夕飾りの作り方【基本の作品編】 c Shutterstock. 今は特に決まりはないので、好きな色で作りましょう。 1:はさみを使って折り紙を三等分に切ります。 2:それぞれの上端を1cmくらい折り、折った部分の真ん中を穴あけパンチで穴をあけます。 あとはできた短冊に願い事を書いて完成です。 とても簡単ですね。 飾るときは穴に紐を通して、笹などにつるしましょう。 c Shutterstock. 七夕飾りの定番でもありますよね。 吹き流しもとても簡単に作ることができますよ。 1:折り紙の上端を2cmほど手前に折ります。 2:縦半分に折って、折り目をつけたら開きます。 3:開いた両端を中心線に向けております。 さらにもう一度、両端を中心線に向けて折ります。 4:[3]の折り目を開きます。 開いたら、折り目に沿って蛇腹状(山折り、谷折りと交互に)に折りましょう。 5:折りたたんだまま、縦にはさみを2箇所切り込みます。 この時、[1]の折り目から5mmほど下まで切り込みを入れると綺麗に仕上がります。 6:[5]を開き、[1]の折り目の両端をのりもしくはテープでとめて、輪っか状にします。 基本的な吹き流しの完成です。 こよりやひもを付けて、笹などに飾ってくださいね。 風になびく姿は、風情がありますよ。 com 「幸せを掬い上げる」網飾り。 細かく切られているので難しそうに見えますが、実は吹き流しより簡単に作れますよ。 1:折り紙を半分に折ります。 2:さらに同じ方向に半分に折ります。 3:1cm幅で切り込みを入れます。 あくまでも切り込みですので、最後までカットしないようにしましょう。 4:反対側からも[3]で入れた切り込みの間に切り込みを入れます。 5:破れないよう丁寧に開きます。 6:上端と下端を持って、軽く引っ張ります。 これで網飾りの完成です。 切り込みの幅によって見た目も大きく変わるので、幅を変えて作るのも楽しいかもしれませんね。 また、折り紙ではなく和紙で作るのもテイストが変わるので、おすすめですよ。 以上が代表的な七夕飾りの作り方です。 幼い頃に作ったことがある方も、多いのではないでしょうか。 次は七夕飾りのアクセントになる、少しおしゃれな作品の作り方をご紹介していきます。 折り紙を使った七夕飾りの作り方【おしゃれな作品編】 c Shutterstock. 2:折り紙をダイヤ型の向きに置き、上の角を真ん中の折り目に合わせて折ります。 3:下の角を上の辺に合わせるように折ります。 4:左右の下の辺を中心線に向けて、折ります。 5:上と左右のとがっているところを、少し後ろに折り込めば、ハートの出来上がりです。 子どもとも一緒に折ることのできる、簡単なハート飾りです。 織姫と彦星のストーリーともリンクするハート飾りを、七夕の飾りの一つとして加えてみるのもいいですね。 c Shutterstock. 2:右下の角を上辺にあわせて折ります。 3:[2]でできた三角形をさらに半分に折って、折り線をつけます。 折り線をつけたら、[1]の状態に戻してください。 4:左下の角を[3]でつけた折り線の中心に向けて折ります。 5:さらに左下の角だった部分を、左辺にあわせて折ります。 6:右角を真ん中の折り重なった部分との境界線に向けて折ります。 7:[5]と[6]の折り目の中心線で、裏側になるように折ります。 8:小さな三角形が手前に来るように置きます。 すべての折り紙が重なっている部分を、左下から右上に切ります。 9:広げて形を整えたら、星の完成です。 はさみを使う際は、折り紙が重なり、分厚くなっているのでご注意ください。 星をたくさん作って、のりで頂点をりつなげていけば、より見栄えがする飾りとなりますよ。 com 1:縦半分と横半分に1回ずつ折ります。 2:袋を開いて三角形になるように折ります。 3:裏返して、同様に袋を開いて三角形になるように折ります。 4:左右の角を中心線に沿って折ります(上側の三角形のみ)。 5:逆三角形になるように裏返し、手前に来ている三角形の頂点が、上に少しはみ出るように折ります。 6:[5]のはみ出ている三角形を、後ろに折ります。 7:中心線に沿って半分に軽く折ります。 これでちょうちょうの完成です。 湾曲するので、立体的になりますよ。 柄のついた折り紙だとより可愛く作れます。 また、サイズの異なる折り紙で複数作るのもいいですね。 最後に c Shutterstock. com 折り紙で作ることのできる七夕飾りのご紹介をしてきましたが、いかがでしたか? 折り紙で作る七夕飾りには、簡単なものから難易度の高いものまで様々あります。 今年は手作りの七夕飾りに挑戦してみるのもいいですね。 TOP画像/ c Shutterstock. com.

次の

七夕飾りの 折り紙 (素材型紙) ・ 作り方 無料ダウンロード・印刷|幼児教材・知育プリント|ちびむすドリル【幼児の学習素材館】

七夕 飾り方

五節句の1つに数えられる七夕は、日本古来の年中行事である「棚機(たなばた)」と、中国から伝わった「乞巧奠(きこうでん)」が由来していると考えられています。 古代日本の禊の行事・棚機 棚機(たなばた)は古代日本における禊(みそぎ)の行事、つまり 穢れ(けがれ)を清める行事です。 毎年稲の開花時期に合わせて、主に農村部で盛んに行われていたと言われています。 棚機行事では、まず村の乙女が水辺の小屋にこもり、着物を織って棚に供えます。 神様を迎えて豊作を祈り、村の人々の穢れを清めるのです。 着物を織る際に使用されたものが、棚機という機織り機でした。 やがて日本に仏教が伝えられ、棚機はお盆を迎える準備のための行事として旧暦7月に行われるようになりました。 機織りや裁縫の上達を祈る中国の行事・乞巧奠 乞巧奠(きこうでん)は、織姫にあやかり 機織りや裁縫の上達を祈る中国の行事です。 7月7日に庭先の祭壇に針や五色の糸を供え、星に祈りを捧げます。 後の世には、機織りや手芸だけではなく芸事や書道といった手習い事の上達を願う行事となりました。 棚機と乞巧奠が融合し、七夕へ 乞巧奠が奈良時代に日本に伝わると、日本にあった棚機と融合し、七夕(しちせき)と呼ばれる宮中行事になりました。 七夕(しちせき)は、織姫と彦星の逢瀬と詩歌・裁縫の上達を願って星に祈りを捧げ、五色の糸や金銀の針、山海の幸を供える行事です。 供物の祭壇の左右には笹が立てられ、五色の糸がかけられたと言われています。 また、梶の葉に和歌をしたため祀りました。 この五色の糸と梶の葉が、笹飾りの始まりと伝えられています。 室町時代になると、宮中行事である七夕、そして織姫と彦星の物語が民間に伝わりました。 そして、 農村で古来より広く行われていた棚機にちなみ、七夕(たなばた)と読むようになったと言われています。 七夕飾りの意味 七夕飾りに込められた願いは、それぞれの形により異なります。 飾り1つ1つの意味や願いを知ると、より七夕を楽しく過ごせるかもしれません。 折鶴(千羽鶴) 長寿を表す鶴を折り紙で折り、長生きできるように願います。 吹き流し 吹き流しは、織姫に供えた織り糸を表しています。 紙風船やくす玉に五色のテープを貼り付けたものです。 折り紙を輪にし、等間隔に切れ込みを入れて作る場合もあります。 織姫にちなみ、裁縫が上達するように願います。 網飾り 網飾りは魚を捕る漁網(ぎょもう)を表し、大漁を願います。 財布(巾着) 折り紙を財布や巾着の形に折って飾ります。 また、本物の財布を下げることもあります。 金運の上昇を願います。 神衣・紙衣(かみこ) 神衣・紙衣(かみこ)は、紙で作った人形、もしくは着物を飾ったものです。 裁縫が上達し、着るものに困らないように願います。 人形に災いや穢れの身代わりになってもらう意味もあります。 くずかご 七夕飾りを作るときに出た紙くずを、折り紙で折ったかごに入れてつるします。 整理整頓や倹約の心を育む意味があります。 短冊 五色の短冊に願い事を書いて飾ります。 七夕はもともと機織りや裁縫の上達を願う行事のため、物が欲しいという願い事ではなく手習い事の上達を願う方が良いとされています。 五色の短冊の意味 初めは五色の糸を飾っていたことから、江戸時代に転じて五色の短冊が使われるようになりました。 五色は、 「青・赤・黄・ 白・黒(紫)」のことを指し、古代中国の陰陽五行説に基づいた色です。 陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の相反する2つの側面を持ち、 「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とする説です。 「木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)」を表しています。 この五色を短冊や吹き流しに使用することにより、魔除けの意味を持たせたと言われています。 江戸時代の短冊には、主に文芸の上達に関する願い事が書かれました。 また、願い事の他に「天の川」など七夕にちなんだ言葉や絵を書くこともありました。 おわりに 現在では、七夕は季節の変わり目を祝う年中行事として広く知られています。 しかし最近では、伝統的な方法で四季の移ろいを愛でることは少なくなってきました。 夏の訪れを感じる七夕の夜に七夕飾りと短冊で彩を添え、夜空を見上げながら星に祈りを捧げてみてはいかがでしょうか。 この記事もチェック• 関連特集•

次の