シバター へ ず ま。 桜鷹虎氏がシバター氏を訴えた件

アンジャ渡部建、芸能活動自粛にシバター「渡部を救いたい」…「お前が言うな」と批判も

シバター へ ず ま

「ヒカルが絡んでるってことは、ひょっとしてだけど...... 」 格闘家でYouTuberのシバターさんは2020年6月22日、自身のチャンネルで「ヒカル。 お前まさか手越にYouTubeやらせないよな?」とのタイトルの動画を公開。 この中でシバターさんは、手越さんが緊急事態宣言中に外出していたことなどジャニーズ退所までの顛末や、退所後に手越さんのものとみられるツイッターアカウントが出現し、そのアカウントをYouTuberのヒカルさんが本物であると認定したことなどに言及。 その上で、 「まさかとは思うんだけども、YouTubeやんないよな。 手越よ、お前、YouTube、ひょっとして来ないよな」 「ヒカルが絡んでるってことは、ひょっとしてだけど...... YouTube、考えてたりしないよな」 と、手越さんへの懸念を表明したのだ。 動画でシバターさんはこのほか、「(YouTubeを)やらかした芸能人の逃げ道にするな」「せめて、芸能界で禊をしてから(中略)こっちに来い」と、手越さんがYouTube進出を狙っているのではないかと指摘しつつ、重ねて手越さんへの忠告を列挙。 シバターさんといえば、以前では坂口杏里さん(29)、最近では沢尻エリカさん(34)や槇原敬之さん(51)といった、「過ちを犯してしまった芸能人」を励ますYouTuberとして知られ、海を背景に撮影した動画でこれらの芸能人をとうとうと諭してきたことで知られる。 しかし、今回の動画では、手越さんを諭すというよりは、終始、本人への懸念を並べつつ、重ねてYouTuberデビューすべきではないと指摘。 その理由として、YouTubeが問題を起こした芸能人の「避難所」となって、既存のYouTuberを押しのけることになってはいけないと忠告しており、これまでの動画とは一線を画すものとなっている。 「ヒカルとか、ラファエルとかに、助けてもらおうって腹なんだろ」 なお、シバターさんは今回の動画の前にも手越さんへの懸念を述べていた。 手越さんがジャニーズ事務所から活動休止処分を言い渡された翌日の5月27日、シバターさんは「手越は救わない」とのタイトルで動画をアップ。 今回の動画と同様に、手越さんが緊急事態宣言中に外出していたことについて、「勝手が過ぎるだろう!」「我慢できないとか、赤ちゃんかよ!」と批判。 加え、 「シバターから忠告がある。 YouTubeチャンネルは作るなよ。 手越、お前、もしかして、YouTubeやろうとか思ってないよな」 「手越、YouTubeを、やらかした芸能人の逃げ道にするな」 「どうせお前、YouTubeチャンネル作って、ヒカルとか、ラファエルとかに、助けてもらおうって腹なんだろ」 「手越よ、お前はしばらく反省しなさい。 俺は救わんからな」 と、厳しい論調で批判しつつ、「救わない」と宣言したのだった。 「芸能人の救済者」たるシバターさんが2度も突き放したメッセージを送ったところからして、手越さんは、その救済者でもさじを投げざるを得ない存在なのかもしれない。 (J-CASTニュース編集部 坂下朋永).

次の

「まさか手越にYouTubeやらせないよな?」シバターがヒカルに問いただす

シバター へ ず ま

「 まじでシバターだけは無理!」「 本当にうざいし消えて欲しい!」「 顔も見たくないユーチューバーだ!」など、シバターはユーチューブ界でも嫌われ者として有名であり、数多くのアンチがいます。 はっきりと言いますが、シバターは信者が多いユーチューバーでもあるため好かれる要素も多い人物であり、好き嫌いが最も別れやすいユーチューバーです。 シバターが嫌われる原因は様々なものが存在しますが、ここではアンケート調査による リアルな声も紹介していくことで、シバターにアンチが多い具体的な理由が見えてきます。 また好きだと思う人に多い意見もまとめていくことで、シバターを好きになる人と嫌いになる人の違いを知ることができる1ページでもあります。 あなたがこの記事を読むメリットは、「シバターアンチのリアルな声を知れること」「嫌いと主張する人に多い意見を知れること」「信者が評価している部分を知れること」の3つです。 タップできる目次• シバターが嫌われる理由 シバターと言えば、2016年嫌いなユーチューバーランキングの1位を獲得し、翌年の2107年では第4位にランクインするほどアンチが多いユーチューバーです。 実際にネットでも、「シバター嫌い」との検索数が年間で1000件以上されていることが確認でき、うざいと検索する人も年間で1000件を超える検索ボリュームがあります。 そんなシバターが嫌われる理由とは、他のユーチューバーに対して見下したような発言をしてきた過去があったり 、コンプレックスとも取れる部分を煽ることで炎上を繰り返すなど、とにかく炎上商法を繰り返してきたことが嫌われてしまった一番の原因です。 かなり昔の話で言えば、ヒカキンに対して攻撃的で煽るような発言を繰り返し炎上してきた彼は、ヒカキンの本を燃やしてしまうような過激すぎる企画をこなしていきました。 また自分の都合の良いように発言を繰り返し、 信者がシバターを持ち上げすぎていることも嫌われる大きな要因です。 以下に具体的な嫌われる理由を紹介していくことで、シバターアンチが心に抱く怒りの声を知ることができるでしょう。 シバターが嫌いな人に多い意見 文句や誹謗が多い シバターは元祖炎上系ユーチューバーであることに加えて、文句や誹謗とも取れる言葉を口にすることで様々なアンチを生み出してきました。 ヒカキンに始まりヒカルやラファエル、または同じく炎上系ユーチューバーをディスることで話題を作ってきた彼は、時には相手の容姿や過激な企画を立てることで広告収入を得てきた過去があります。 さらに過去には大阪人全員に喧嘩を売るような発言をしており、「 大阪人は犬猫と同じ」などと発言したことにより、大阪人全員を敵に回すような発言をしています。 中でも嫌われた発言は「ヒカキンは音の出るゴミだ」とディスったことが最も反響を呼び、シバターの名が通ると共にアンチが一斉に増えた瞬間でもあります。 近年でもヒカルに対して「アトピーだから」と容姿をディスることでバカにしたり、ジョーブログに対して「ちゃうねん」などと大阪弁をバカにする物言いをするなど、とにかく応援するファンの心も傷つけてきたのがシバターなのです。 嫌われるからこそシバターはここまで生き延びれたとも言えますが、純粋に応援する人にとってはシバターのディスりは快く思えるはずもなく、 自分を棚に上げて相手を批判するような姿勢に対して、多くの視聴者がうざい感情を抱いてしまったことがシバター嫌いな人に最も多い理由です。 相手を傷つける シバターは容姿や活動内容を批判することからも、「相手を傷つけてお金を稼いできた」ユーチューバーとも言えます。 ヒカルの場合は「アトピーだから」と発言した炎上事件が有名ですが、これはアトピーというコンプレックスを抱える人に対しても 深く傷つけるディスりですし、ヒカル自身も内心は「言われたくない」と感じているかもしれません。 アトピーが原因で様々なことに悩まされ続けた人にとっては、シバターの発言は心底腹立たしいものがあり、「 お前にアトピーの苦しさの何が分かるんだ!」と怒りをぶつけたくなる気持ちも分かります。 他にもヒカキンの本を燃やしたことに対しては、ヒカキン自身が心を込めて書いたはずの商品なのに対して、シバターはその心を踏みにじるような行為に出ているわけですから、ヒカキンファンから嫌われるのは当然のことです。 最近では過激な動画が少なくなってきている傾向にあるものの、昔から応援した人にとってはシバターに良いイメージを持つことができず、「 金のためならなんでもするゲスいやつだ」なんて思いを抱いている人もいることでしょう。 相手を傷つけることで注目を集める行為は、特に平和主義である女性にとっては好かない企画でありますし、多くの人を不快にする動画を作ること自体に反対であると思う人も珍しくありません。 見た目が苦手 こちらはシバター自身も傷つく理由かもしれませんが、「シバターの見た目が受け付けない」とか「清潔感がない」などの理由から嫌いになる人もいて、これはユーチューブを活動する上では避けれない道です。 おそらくシバター自身もそう理解しているかとは思いますが、見た目が好きな人もいれば嫌いな人もいて、そうした理由で嫌われる覚悟を持つのも人気ユーチューバーの定めです。

次の

へずまりゅう、シバターに“凸”。シバターの妻と赤ちゃんを動画で晒す

シバター へ ず ま

再生数を買う事は悪じゃない まずこの点がおかしい話となります。 youtubeは自分の動画を広告という形で関連動画などに乗せる事が可能です。 何らやましい行為ではありません。 パチンコ業界も一連の風評被害対策で動画を作ってyoutubeに流せばいいと思います。 僕もアルゴリズム研究目的に、実験的に自分の競馬動画を広告宣伝してみました。 その結果、 審査落ちで広告配信NGとなります・・・。 ちなみに パチ関係の動画広告の規制は見当たりませんので、おそらく大丈夫かとは思います。 話は逸れましたが、再生数を掲げてアピールして、企業案件を受けなければ、何ら問題ありません。 訴訟しても・・・ 今回の事例、シバターさんに勝てるかどうかも微妙ですし、 勝てたとしても過去の判例を考えれば数十万円程度だと推測出来ます(営業妨害による損失を立証するのは難しいと申しますか、営業妨害にあたらないはずなので)。 弁護士が数千万円と言っている根拠が全く解らないのですが、 ・弁護士が仕事欲しさにデタラメ言っている ・桜鷹虎さんがデタラメ言っている のどちらかです。 寄付というのも「取ってつけた感」満載であり、全額と書いてない所が嫌らしく感じます(それなら書くなという話)。 動画撮影の件は謝罪した上での話なので、今回桜鷹虎さんを批判する気は0であり、是非ともシバターさんをやっつけてほしいのですが、ボロが出ないことを祈りたいです。

次の