戴く 頂く。 「頂く」と「戴く」の違い!使い分け方

頂く(イタダク)とは

戴く 頂く

頂くと戴くの違いについて 頂くとは まず、「頂く」を辞書で調べると「『戴く』を表記する際に書かれている言葉。 」となっています。 つまり、 「戴く」の表記は「頂く」でも良いとなっています。 ただ、「頂く」の意味の記載がなかったため、「頂」を調べました。 「頂」には「頭のてっぺん。 」と「その物のてっぺん。 」という意味があり、「頂点」「頂上」等という言葉にもあるように「てっぺん」という意味合いが強い言葉といえます。 ただ、 一般的に「頂く」は、「自分の行動や飲食をする際に謙譲語(丁寧語)として使われている」言葉であり、「お茶を頂く」や「ご連絡を頂く」等のように使われています。 戴くとは 次に、「戴く」を辞書で調べると「頭の上にのせる。 」、「枉げて自分たちの長(代表)となってもらう。 」、「もらうの謙譲語(丁寧語)。 」、「〔飲む・食べる〕の謙譲語(丁寧語)。 『戴きます』の形で、飲食をする前に述べる挨拶の言葉としても用いられる。 」、「〔お+動詞連用形+~等の形で接尾語的に〕目の上の人に自分から願ってそうしてもらうことを表す。 」、「〔補助的な形での〕もらうの謙譲語 丁寧語)。 」等、多くの意味がありました。 「戴く」は常用漢字ではなく普段はあまり目にしない言葉であるため、多くの場合で「頂く」が使われているようです。 ただ、 一般的に「戴く」は「目上の方から目に見える物品をもらう際に使われる」ことが多く、「表彰状を戴く」「お土産を戴く」という感じで使われています。 つまり、「頂く」は「自分の行動や飲食をする際に謙譲語(丁寧語)として使われている」言葉であり、「戴く」は「目上の方から目に見える物品をもらう際に使われる」言葉といえます。 「頂く」は日常的な文書で使われ、「戴く」は改まった文書で使われる言葉だと認識しておくとよいでしょう。 スポンサードリンク 「いただく」との違い 「頂く」と「戴く」の違いを見てきましたが、両者が使われるのは動詞としてであり、動詞ではなく補助動詞として使われる際には、平仮名の「いただく」を使う必要があります。 例えば、「本日はお越しいただきましてありがとうございます。 」や「メールを送っていただきます」等という場合は、平仮名の「いただく」が正しい表記となります。 何となく「頂く」を使ってしまいそうですが、 「いただく」が主要な行動・行為を表していない場合は平仮名表記が正しいといえます。 逆に「ご飯を頂きます」「帽子を頂きます」など「頂く」が主要な行動・行為を表している場合には漢字表記が正しいといえます。 それゆえ、冒頭の「~を御覧いただきます」の「いただきます」は、平仮名表記が正しいということになります。 まとめ 今回は頂くと戴くの違いについてご紹介しました。 頂くは、自分の行動や飲食をする際に謙譲語(丁寧語)として使われている言葉であり、戴くは目上の方から目に見える物品をもらう際に使われる言葉となります。 頂くを使うことが一般的ではありますが、戴くやいただくも使われることがあるため、表記する際には注意が必要です。 今回は以上になります。 ご参考になれば幸いです。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の

頂く(イタダク)とは

戴く 頂く

web国語辞典のgoo辞書では、いただくは「頂く・戴く」と両方記載され、「頭にのせる」「かぶる」の意味と、「敬意を表して高くささげる」「頭上におしいただく」の意味があり、他に「敬って自分の上の者として迎える」「あがめ仕える」の意味を持っていると記載されています。 先ほどの意味以外にも「もらう」「食う」「飲む」の謙譲語であると記載されています。 また、補助動詞として使う場合には、話し手または動作の受け手にとって恩恵となる行為を他者から受ける意を表すとして用いられます。 1 頭にのせる。 かぶる。 また、頭上にあるようにする。 頭上におしいただく。 それぞれに意味がありますので注意が必要です。 たとえば「お茶を頂く」、「食事を頂く」他、動詞としての役割や、「食べる、飲む」の謙譲語として使われる場合は漢字の「頂く」を使います。 片や「ご覧いただく」、「お越しいただく」他、補助動詞の役割や、「〇〇してもらう」の尊敬語として使われる場合は、ひら仮名の「いただく」を使います。 たとえば、「お教えいただけますでしょうか」の場合は補助動詞の役割をしているので、「お教えいただけますでしょうか」としてひらがな表記が正しい使い方です。 補助動詞ではひらがなで 漢字で「頂く」と書き表すのは、「食べる・飲む」の謙譲語と、「もらう」の謙譲語として使用する場合で、ひらがなの「いただく」の場合は、「ご覧いただく」「お越しいただく」など補助動詞としての役割のときに使用します。 この、補助動詞の「いただく」は文部科学省の決まりがあり、ひらがなで表記することとなっています。 動詞に付属して「いただく」とつける場合はひらがなで表記するのが正しい標記です。 多くの場合、「ご覧頂く」、「お越し頂く」と漢字で表記されますが、本来正しくは「ご覧いただく」、「お越しいただく」と表記するのが適切な表記です。 くださる 基本的に、「いただく」の意味は、「(自分が)もらう」ことを言っていて、「もらう」の謙譲語になっています。 そして、「くださる」の意味は「(相手が)与える」ことを言っていて、「くれる」の尊敬語になっています。 そもそもの意味が違いますので、使い分けをするべきです。 自分が主語び場合は「いただく」を使いますが、相手が主語の場合は「くださる」を使うのが正しい使い方です。 しかし実際の現場では混同しやすく、自分を主語にしても相手を主語にしても、文章として使えてしまうことがあるためです。 たとえば、「社長から給料をいただいた」と「社長が給料をくださった」では、同じ意味で「給料をもらった」ことを言っていますが、誰を主語にするかで、使い方が変わります。 「自分が社長からもらう」となると「いただく」を使って、「社長がくれる」となると「くださる」を使います。 ビジネスでは 簡単に言えば、「くださる」はビジネスシーンでは使わない方が無難で、「いただく」を使った表現にすべて言い換えることをおすすめします。 「くださる」は「相手がくれた」ということです。 したがって、自分が欲しくはないが相手が勝手にくれた意味合いを含みます。 反対に「いただく」は「自分がもらった」という意味なので、相手からの申し出を自分が受けたという意味合いを含みます。 感謝する気持ちが表れているのは後者の方なので、日本の商習慣では相手を立てる方が良いのでこちらを使うことをおすすめします。 戴く 「頂く」と書くよりも「戴く」は漢字が難しくなります。 「戴く」は常用漢字には入っていないくらいなので普通の生活ではあまり見られません。 そして、「戴く」には「頂く」とは異なる意味合いを持っていて、「ありがたく受ける」の意味を持ち、「もらう」の謙譲語になっています。 漢字からの意味合い もらう場合にも「戴く」は目に見える物品を貰う時に使うのが正しい使い方です。 「戴」という漢字は「頭の上にのせる」、「うやうやしく上にささげて持つ」意味を持っていて、これは即位する際に王冠を頭にのせる「戴冠」他に使われます。 一方「頂」という漢字は、「物の一番高いところ」という意味を持っていて、「山頂」、「頂点」他に使われます。 「頂く」よりも「戴く」の方が、よりうやうやしい意味合いを持っています。 このような使い分けは大事ですが、「戴く」は常用外漢字ですから、個人的なメールやお礼状などでの使用にとどめた方がおすすめで、ビジネス文書や公文書では常用漢字である「頂く」を使うべきで、「戴く」は使われません。 「頂く」の敬語での使い方 「頂く」は「受け取る」、「もらう」の敬語であって謙譲語の分類になります。 「受け取る」と「もらう」という言葉の謙譲ですが、「頂く」以外にも「頂戴する」という言い方もあります。 さらに、もっと丁寧になると「賜る」、「拝受する」という言い方もできます。 敬語は行動の主体が誰かにより使い方が変わる言葉です。 尊敬語の主体は相手になります。 相手の行動や相手の物を敬った言い方の敬語表現が尊敬語となります。 基本的に「頂く」に対しては、「くださる」という使い方です。 敬語の中で謙譲語の主体は自分になります。 「自分を相手よりも下位にして、へりくだった言い方」をする時の敬語表現が謙譲語になります。 基本的に「頂く」に対しては「させていただく」という使い方です。 敬語のうち丁寧語は話し相手に対して、丁寧で綺麗な表現をする敬語になります。 行動の主体はどちらでもなく、基本的に「です」や「ます」で終わる口調になります。 尊敬語 「して頂く」は謙譲語として使われるのですが、「して頂く」の尊敬語にあたる表現については、「してくださる」という言葉になります。 目上の方が何らかの行動を、自ら進んでやってくれるときに使われる言い方です。 使い方としては、「御社が弊社の新規事業に参加してくださることに感謝いたします」と使いますが、この場合も相手の会社が新規事業に自ら進んで参加してくれることに感謝する意味合いになります。 丁寧語 「いただく」は「食べる」の謙譲語ですが、自分の食事について「いただく」という言葉を使いだし、食べることの丁寧な言い方であるという意識が強くなっています。 同じことが「食う」の謙譲語の「たまわる」が丁寧な表現となっていった例にあります。 この例は、謙譲語が丁寧語化しています。 謙譲語 謙譲語は、自分や自分の側にあるものをへりくだって言う言葉で、相対的に自分より相手側に敬意を示す言葉です。 謙譲語の特徴として、相手に対してへりくだるので相手がいなくては使えません。 「いただく」は、動詞でも補助動詞でも、自分がもらう行為の謙譲語ですので、もらうのは自分の行為をへりくだっている使い方です。 使い方としては、「お手伝いいただき、ありがとうございます」として使います。 相手の行為をうやまう場合は「くれる」の尊敬語として「くださる」を使います。 使い方としては、「お手伝いしてくださり、ありがとうございます」として使います。 「頂く」の類語 「頂く」の例文をいくつか紹介します。 「頂く」は常用漢字なので、常用漢字を用いる必要のある教科書や公文書などで使われることが多くなっています。 ビジネスシーンにおける文書でも、常用漢字である「頂く」が使われ、常用漢字ではない「戴く」はあまり使われません。 「頂く」の例文としては、「先輩からお志を頂いた」として使われます。 頂く所存ですの例文 この場合は「頂く」も「所存です」も両方とも敬語で、謙譲語になっていますし基本的に目上の方に対して使います。 また、所存の意味は「つもりです」とか「考えです」であって、丁寧語の「です」を語尾に付けて敬語にしています。 例文としては「このような過ちを二度と繰り返さないよう気持ちを改めて業務に当たらせて頂く所存です」があります。 頂くべくの例文 助動詞「べし」の連用形が「べく」ですが、「べし」は「~しよう」他の用法(推量や意思表示)があります。 文語ですが今でも「べく」は副詞的に行動を強調する意味合いがあり、古い感じでの文脈で使われています。 しかし、「頂く」は謙譲語として使われますので、目上に対して行動の強調をする「べく」を付けるのは押し付ける形になり適切な表現とは言えません。 例文としては、「目標を達成させて頂くべく、一生懸命取り組む」があります。 「くださる」の例文 相手にお礼を言う場合、「くださる」と「いただく」の両方の使い方をすることがあります。 「くださる」と「いただく」の言葉の意味からは、「くださる」と「いただく」は、「くれる」と「もらう」の敬語にあたります。 さらに「くださる」は「くれる」の尊敬語であって、「いただく」は「もらう」の謙譲語です。 相手が「くださる」のは、自分からすると自分が「いただく」のであって立ち位置が違うだけで、内容としては同じことになります。 「くださる」は相手が暮れる尊敬語ですので、例文とすると「とても素晴らしいお手紙をくださり、身に余る光栄です」として使います。 そして、観点は渡す相手方になります。 「戴く」の例文 戴くには、ありがたく受けるとした意味合いがありますが、常用漢字ではありませんから、公文書やビジネス文書で使うのには向きません。 口頭で使う他の例文があり、「社長賞を戴き、とても光栄に存じます」のように使われます。 ほかにも「著名な方から著書にサインを戴きました」と使われます。 両方とも相手に対してありがたさを示す使い方でしょうす。 ひらがなでの「いただく」の例文 ひらがなでの「いただく」は補助動詞のときに使われますので、「理事会に出席いただきまして、誠にありがとうございます」として使われます。 ほかにも、「お褒めの言葉をいただき、とてもうれしく感激しました」と使われます。 「頂く」の使い方 「頂く」の意味合いや言い回しによって使い方が変わってきます。 「食物を取る」意味合いでの使用では、例文として「朝食にバナナを頂いた=食べた」が挙げられるでしょう。 そして、「取得する」意味合いでの使用では、例文として「ヒットラーがフランスを電撃で占領した」と「頂いた」意味合いを持ちます。 「指定された処置を受ける」意味合いでの使用では、例文として「表現も素晴らしく彼の監督した映画は、世間から好評を博した=好評を頂いた」と好評を「頂いた」意味合いを持ちます。 「液体を中に入れる」意味合いでの使用では、例文として「暑い夏は外で活動する人は、毎日数リットルの水を飲まなくてはいけない=頂かなくてはいけない」と水分を「頂く」として使います。 ほかにも例文として「子供は甘いジュースを飲むのが好きです=頂くのが好きです」と「頂く」意味で使います。 熟語としての「頂く」 「頂く」に相当する熟語としては、敬語的な表現では受け取ることをへりくだって表現する「拝受」が挙げられるでしょう。 他に「受領」もありますが、こちらは「物や金を受け取ること」なので、一方的に受け取るのではなくこちらから依頼後にしてもらう意味合いではなく、「頂く」意味合いがあります。 聞きなれませんが、いただきものを「頂く」場合の表記ならば「頂戴」という表現があります。 漢字では「頂戴物」(ちょうだいもの)という言葉もあり、頂戴した物=いただきものという意味です。 頂くや戴くの使い方ができるようになろう いただくは「頂く・戴く」と国語辞典で併記されているように、ほぼ同じ意味です。 しかし、「戴く」の方がやや恭しい意味合いを持っています。 両者の大きな違いは「頂く」が常用漢字であるのに対して、「戴く」は常用漢字に入っていません。 そのため、公用文やビジネス文で使うときは、「頂く」の方が適しています。 「戴く」の方は「ありがたく受ける」の意味を持ち口語体でより敬語的に使いましょう。 なお、ひらがなで「いただく」と書く場合は、漢字での「頂く」と使い分けが必要で、「頂く」の場合は動詞として使われます。 例として「お茶を頂く」として動詞のときは漢字表記です。 ひらがなの「いただく」の場合は補助動詞として使われ、「お越しいただく」の例のときにはひらがなの「いただく」が正しい標記になります。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

「していただく」の意味と使い方、敬語、「してくださる/させていただく」の違い

戴く 頂く

例えば、以下のように使います。 お菓子を 頂く。 ごちそうを 頂く。 時間を 頂く。 「頂く」を覚える上で大事なのは、 「 何かの行為に対して 謙譲語が使われる」ということです。 「謙譲語」とは、 自分の行為を下げる敬語のことだと考えてください。 つまり、自分の地位を下げることによって、 相手のことを敬うということですね。 「頂く」という字は元々、 「頂上」「山頂」などがある通り、 「 頭のてっぺん」という意味があります。 すなわち、 相手を自分の頭のてっぺんに持っていくくらい高くして、 敬意を表するということです。 戴くの意味 続いて、「戴く」の意味です。 例えば、以下のよう使います。 お中元を 戴く。 お菓子を 戴く。 優勝旗を 戴く。 「戴く」の語源も確認しておくと、 「 戴」という字は「 戴冠(たいかん)」という言葉からきています。 「 戴冠」とは「 王様の冠を頭の上にのせること」で、 おごそかで神聖な儀式をするときに行われるものです。 よって、「戴く」の方は 相手に対して大変敬意をもった言葉だということが分かるかと思います。 ちなみに、 「戴く」という漢字は常用漢字ではありません。 「常用漢字」とは、 「社会生活において、この程度は使う」 という目安を国が示した漢字です。 したがって、 「戴く」は一般的にはあまり使われない言葉となります。 スポンサーリンク 頂くと戴くの違い 「頂く」と「戴く」の違いは、 2つの点から比較すると分かりやすいです。 1つめは、「いただく」対象が 「 目にみえるかどうか」です。 「 頂く」は、 目に見えるもの・見えないもの両方に対して使います。 例えば、 「ワインを 頂く」「時間を 頂く」などです。 一方で、 「 戴く」は「冠(かんむり)」の例からも分かる通り、 目に見える物に対して使います。 したがって、 「時間」のような目に見えない物をもらう場合は、 「戴く」は使えないのです。 2つ目は、 「 敬意の大きさ」です。 先ほど、「戴く」は、 王様の頭に冠をのせる儀式からきていると説明しました。 つまり、「戴く」は「頂く」よりも、 より丁寧で相手を敬うときに使われるのです。 例えば、普通のお菓子ではなく、 とても高級なお菓子を「いただく」ような場合に 「戴く」を使うわけですね。 まとめると、 「 頂く」= 目に見える物・見えない物、両方に使う。 「 戴く」= 目に見える物にだけ使う。 また、より相手を敬う場合に使う。 となります。 スポンサーリンク いただくの使い方 ここまで、「頂く」と「戴く」 について解説してきました。 ここで注意すべきは、 ひらがなで「 いただく」と表記する場合もあるということです。 ひらがなで「いただく」と書くのは、 「 補助動詞」として使う場合です。 「補助動詞」とは、 「 動詞の後ろに補助的につける動詞のこと」です。 例えば、「 参考にして いただく」という文があった場合、 参考に「する」という動詞に対して「いただく」が補助動詞となります。 補助動詞として使う場合は、 もちろん漢字では表記できません。 そのため、「 参考にして頂く」ではなく、 「参考にして いただく」が正しい使い方です。 逆に、補助動詞ではなく普通の敬語として使う場合は、 ひらがなではなく必ず漢字を使うようにしましょう。 このように、日本語の文法は 「 動詞は漢字で書き、補助動詞はひらがなで書く」 というルールがありますので注意が必要です。 使い方・例文 では最後に、「いただく」の使い方を 実際の例文で確認しておきましょう。 【頂くの使い方】• 帰り際に飲み物を 頂くのは、いつものことだ。 とても面白そうな本を 頂いたので、さっそく読もう。 30分という貴重な時間を 頂くのは、申し訳ない。 お客さんから要望を 頂いたので、参考にしたい。 専門家からアドバイスを 頂くことにした。 【戴くの使い方】• 国のトップである総理大臣から、直筆の手紙を 戴く。 会社の上司から、とても高価なお菓子を 戴いた。 高校野球で全国制覇したため、優勝旗を 戴いた。 無事に大学の卒業証書を 戴くことができた。 社長から今年1年の表彰状を 戴くことになった。 関連: まとめ 以上、今回の内容をまとめると、 「 頂く」= 目に見えるもの・見えないもの両方に対して使う。 「 戴く」= 目に見える物に対して使う。 「戴く」のほうが、 より丁寧で相手を敬うときに使う。 ということでした。 どちらもビジネスや冠婚葬祭などでよく使われるなので、 使いこなせるようにしましょう。 では今回は以上です。

次の