ラタノプロスト 点眼 液。 PF点眼容器とNP点眼容器の(防腐剤無添加)目薬容器の違いは?

ラタノプロスト点眼液0.005%「わかもと」

ラタノプロスト 点眼 液

ラタノプロスト点眼液0.005%「コーワ」 ラタノプロストは、特に高温下では水中で分解しやすく、またプラスチック製容器の内面に吸着しやすい性質がある。 また、長期の旅行などで、未開封状態の同薬を複数本携行するような場合には、冷暗所保管が問題になる。 これに対し、2010年5月に発売したラタノプロスト点眼液0.005%「コーワ」は、開封か未開封かを問わず、冷蔵庫での保管が必要ない。 添付文書にも、貯法として「遮光、室温保存」と書かれている。 これは、ラタノプロストの容器への吸着を抑えるために、容器の材質を変更するとともに、添加剤を変更し、容器への吸着抑制効果のある非イオン界面活性剤(ポリソルベート80)を配合することによって実現している。 参考書籍:日経DI2011.6 室温保存でいいキサラタンのジェネリック ラタノプロストPF点眼液0.005%「日点」 ラタノプロスト点眼液0. 005%「NP」 ラタノプロスト点眼液0. 005%「CH」 ラタノプロスト点眼液0. 005%「NS」 ラタノプロスト点眼液0. 005%「サワイ」 ラタノプロスト点眼液0. 005%「タカタ」 ラタノプロスト点眼液0. 005%「トーワ」 ラタノプロスト点眼液0. 005%「ニッテン」 ラタノプロスト点眼液0. 005%「科研」 ラタノプロスト点眼液0. 005%「三和」 ラタノプロスト点眼液0. 005%「日医工」 ラタノプロスト点眼液0.005%「TOA」 ラタノプロスト点眼液0.005%「TS」 ラタノプロスト点眼液0.005%「ケミファ」 冷所保存のキサラタンのジェネリック ラタノプロスト点眼液0. 005%「わかもと」 ラタノプロスト点眼液0. 005%「アメル」 ラタノプロスト点眼液0. 005%「キッセイ」 ラタノプロスト点眼液0. 005%「杏林」 ラタノプロスト点眼液0.005%「AA」 ラタノプロスト点眼液0.005%「イセイ」 冷所保存しなくてもよい製品のほうが多いので、冷所保存のジェネリックをたまに扱うと、冷蔵庫に入れることを忘れがち。 気を付けよう。 686• 184• 257• 190• 251• 103• 284• 249• 128• 113• 240• 127• 177• 189• 116•

次の

ラタノプロストPF点眼液0.005%「日点」

ラタノプロスト 点眼 液

キサラタン点眼液~ラタノプロストの保管方法~ キサラタン点眼液は、緑内障の治療に用いられるPG系の目薬です。 緑内障治療の主力薬であるため、多くの会社からジェネリック医薬品が発売されています。 含まれる成分は、『ラタノプロスト』です。 キサラタンは冷所保管ですが、ジェネリック医薬品は冷所のものと室温保管のものが混在し、室温保管のものの方が多くなっています。 ジェネリックの商品名は、成分名+剤形+濃度+「メーカー名」で定められるため、最後のメーカー名以外の部分は共通名になります。 そのため、ジェネリックの商品は「」内のメーカー名のみの記載とさせていただきます。 保管の仕方について、以下の表にまとめました。 ラタノプロストとチモロールの2つの成分が配合された薬で、単剤で2つを用いたときに必要な点眼間隔を省略することができます。 ラタノプロストとチモロールの前部分をとって、『ラタチモ』という名前で発売されています。 キサラタンのジェネリックには、室温保管可能なものがあったのに対し、ザラカムではすべての薬が冷所保管です。 こちらについても、「」内以外の名前が共通になりますので、メーカー名のみの記載としました。 手術後など目に目に炎症がおきているときに使われます。 現在のジェネリック医薬品の商品名は、成分名+剤形+濃度+「メーカー名」が大多数ですが、ジクロードのジェネリックに関しては、オリジナルネームのものも存在します。 ジクロスターとジクロフェナックについては、メーカー名ではなく、オリジナルネームで記載しました。 TGとは、Thermosetting Gelの略で熱でゲル化をするため、長い時間効果を発揮することができます。 チモプトールXE点眼液とは、ゲル化をする点、主成分がチモロールである点で一致します。 しかし、チモプトールXEは涙と接触して反応することにより、ゲル化をするため温度による制約を受けず、室温での保管が可能です。 リズモンTGのジェネリック医薬品は、チモプトールXEに寄せて作られているため、すべてが室温保存可能になっています。 また、ゲル化をしない無印のリズモン点眼液、チモプトール点眼液も室温保存が可能です。 目薬に比べると使用頻度は少ないですが、鼻炎や手術後に点鼻薬として用いられることもあります。 この2つの薬品には、ジェネリック医薬品が存在せず、ともに冷所保管となっています。 まとめ 冷所保管が必要な目薬は少数ですが、だからこそ保管方法を間違えないようにすることが大事です。 特にキサラタン点眼液のジェネリック医薬品については、製造元によって保管方法が異なりますので、注意が必要です。

次の

キサラタン(ラタノプロスト)の作用機序:緑内障治療薬

ラタノプロスト 点眼 液

ラタノプロスト点眼液0.005%「コーワ」 ラタノプロストは、特に高温下では水中で分解しやすく、またプラスチック製容器の内面に吸着しやすい性質がある。 また、長期の旅行などで、未開封状態の同薬を複数本携行するような場合には、冷暗所保管が問題になる。 これに対し、2010年5月に発売したラタノプロスト点眼液0.005%「コーワ」は、開封か未開封かを問わず、冷蔵庫での保管が必要ない。 添付文書にも、貯法として「遮光、室温保存」と書かれている。 これは、ラタノプロストの容器への吸着を抑えるために、容器の材質を変更するとともに、添加剤を変更し、容器への吸着抑制効果のある非イオン界面活性剤(ポリソルベート80)を配合することによって実現している。 参考書籍:日経DI2011.6 室温保存でいいキサラタンのジェネリック ラタノプロストPF点眼液0.005%「日点」 ラタノプロスト点眼液0. 005%「NP」 ラタノプロスト点眼液0. 005%「CH」 ラタノプロスト点眼液0. 005%「NS」 ラタノプロスト点眼液0. 005%「サワイ」 ラタノプロスト点眼液0. 005%「タカタ」 ラタノプロスト点眼液0. 005%「トーワ」 ラタノプロスト点眼液0. 005%「ニッテン」 ラタノプロスト点眼液0. 005%「科研」 ラタノプロスト点眼液0. 005%「三和」 ラタノプロスト点眼液0. 005%「日医工」 ラタノプロスト点眼液0.005%「TOA」 ラタノプロスト点眼液0.005%「TS」 ラタノプロスト点眼液0.005%「ケミファ」 冷所保存のキサラタンのジェネリック ラタノプロスト点眼液0. 005%「わかもと」 ラタノプロスト点眼液0. 005%「アメル」 ラタノプロスト点眼液0. 005%「キッセイ」 ラタノプロスト点眼液0. 005%「杏林」 ラタノプロスト点眼液0.005%「AA」 ラタノプロスト点眼液0.005%「イセイ」 冷所保存しなくてもよい製品のほうが多いので、冷所保存のジェネリックをたまに扱うと、冷蔵庫に入れることを忘れがち。 気を付けよう。 686• 184• 257• 190• 251• 103• 284• 249• 128• 113• 240• 127• 177• 189• 116•

次の