ヤオコー ららぽーと 富士見。 【富士見市】休館中の「ららぽーと富士見」が一部店舗で営業再開。休館中に動きも!?【2020/5/21営業店舗追記しました】

「ららぽーと富士見」ヤオコーを始め293店舗を揃え、4月10日グランドオープン

ヤオコー ららぽーと 富士見

店内 当初の計画では敷地面積約163,000m 2、店舗面積約82,000m 2を有し、秋の開業を予定していたが、夏の段階では開発計画に反対する地権者の土地取得交渉が難航するなど地元の協力が得られず、計画はいったん白紙化された。 しかし富士見市は三井不動産と再び計画の調整に入っている旨を、12月に公式ウェブサイトなどで公表。 その後地権者などの同意を得て、2015年の開業を目指す方針が決定した。 2012年3月16日 - に基づく許可・に基づく• 2012年9月3日 - 造成工事の着工• 2013年10月25日 - 建築工事の着工。 2015年4月10日 - 開業。 主要テナント [ ] 、、、、などの主なテナントの他に、や、のサテライト店舗なども入居する。 核テナント [ ]• - 売り場面積2,756m 2、年間売り上げ40億円を見込んでいる。 ヤオコーの店舗数としては143店舗目。 - 9面約1,600席、うち1面は独自規格の巨大スクリーン TCX とDOLBY ATMOSを備える。 特色あるテナント [ ]• レゴストア - の直営店舗の日本第1号店。 - による「学ぶ!未来の遊園地」の日本唯一の常設店舗。 交通アクセス [ ] 鉄道 [ ] から約1. 5km。 なお2015年6月3日の埼玉新聞によると鶴瀬駅東口の午前8時から午後8時の乗降客数が2015年3月が5600人に対し2015年5月の連休時には約1万5千人と三倍に増えたと報道されている。 バス [ ] 以下の駅より、ららぽーと富士見行きの路線バスが運行されている。 鶴瀬駅東口()• 東口(ふじ05、国際興業バスと共同運行)• 東口(志25)• ふじみ野駅東口(、ふじ05は東武バスウエストと共同運行)• 西口(ふじ10)• 西口() 脚注 [ ] []• - 埼玉新聞、2015年4月11日• - 日本経済新聞、2015年4月7日• - 富士見市、2012年8月15日• - フジタ、2012年9月22日• - 三井不動産、2014年12月3日• - ヤオコー、2015年4月1日• - 埼玉新聞、2015年4月8日• - TOHOシネマズ、2014年12月3日• - チームラボ、2015年3月13日• - セガ、2015年4月10日• - 東武バス、2015年3月23日• - 国際興業、2015年3月25日• - 西武バス、2015年3月25日 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]•

次の

THE BBQ GARDEN in ららぽーと富士見

ヤオコー ららぽーと 富士見

店内 当初の計画では敷地面積約163,000m 2、店舗面積約82,000m 2を有し、秋の開業を予定していたが、夏の段階では開発計画に反対する地権者の土地取得交渉が難航するなど地元の協力が得られず、計画はいったん白紙化された。 しかし富士見市は三井不動産と再び計画の調整に入っている旨を、12月に公式ウェブサイトなどで公表。 その後地権者などの同意を得て、2015年の開業を目指す方針が決定した。 2012年3月16日 - に基づく許可・に基づく• 2012年9月3日 - 造成工事の着工• 2013年10月25日 - 建築工事の着工。 2015年4月10日 - 開業。 主要テナント [ ] 、、、、などの主なテナントの他に、や、のサテライト店舗なども入居する。 核テナント [ ]• - 売り場面積2,756m 2、年間売り上げ40億円を見込んでいる。 ヤオコーの店舗数としては143店舗目。 - 9面約1,600席、うち1面は独自規格の巨大スクリーン TCX とDOLBY ATMOSを備える。 特色あるテナント [ ]• レゴストア - の直営店舗の日本第1号店。 - による「学ぶ!未来の遊園地」の日本唯一の常設店舗。 交通アクセス [ ] 鉄道 [ ] から約1. 5km。 なお2015年6月3日の埼玉新聞によると鶴瀬駅東口の午前8時から午後8時の乗降客数が2015年3月が5600人に対し2015年5月の連休時には約1万5千人と三倍に増えたと報道されている。 バス [ ] 以下の駅より、ららぽーと富士見行きの路線バスが運行されている。 鶴瀬駅東口()• 東口(ふじ05、国際興業バスと共同運行)• 東口(志25)• ふじみ野駅東口(、ふじ05は東武バスウエストと共同運行)• 西口(ふじ10)• 西口() 脚注 [ ] []• - 埼玉新聞、2015年4月11日• - 日本経済新聞、2015年4月7日• - 富士見市、2012年8月15日• - フジタ、2012年9月22日• - 三井不動産、2014年12月3日• - ヤオコー、2015年4月1日• - 埼玉新聞、2015年4月8日• - TOHOシネマズ、2014年12月3日• - チームラボ、2015年3月13日• - セガ、2015年4月10日• - 東武バス、2015年3月23日• - 国際興業、2015年3月25日• - 西武バス、2015年3月25日 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]•

次の

ヤオコーピノ ららぽーと富士見店

ヤオコー ららぽーと 富士見

三井不動産は今週10日金曜日に、埼玉県富士見市に大型商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーと富士見」をグランンドオープンさせる。 6日から9日までがプレオープンで、 報道向けには昨日6日に詳細を公表、施設を公開した。 場所は、東武東上線「鶴瀬」駅から北東へ約1. 5kmの田園地帯で国道254号バイパス沿いに位置する。 鶴瀬駅からは、直線道路で結ばれ、駅からは公共バスが運行する。 川越や志木朝霞方面、大宮方面からは国道254号と463号によってアクセスも良い。 周辺は住宅地化が進み、ベッドタウンとして発展中だ。 商業施設は鉄骨造4階建てで、 延床面積は約18万5000㎡(約5万6000坪)、3階までを占める店舗部分の面積は約8万㎡(約2万4000坪)となる。 総店舗数は293店舗。 駐車台数は約4600台。 ららぽーと施設としては3番目の規模となる。 初年度売上げ目標は450~500億円。 ららぽーと富士見の基本コンセプトは、「人・モノ・文化が交差する新拠点~CROSS PARK~」。 従来の「人が集まる」から、空間、コミュニティ、体験、ショッピングを通して「人が交流する」ショッピングセンターを目指す。 特長は4つ。 第1は「気分まで良くなるショッピング」を実現する緑あふれる空間づくり。 約8700㎡の公園、ららぽーと最大となる緑化面積(約4万2000㎡)、緑豊かな3層吹き抜けのフードコートなどを設けた。 第2は、地域を盛り上げ、地域とともに歩むコミュニティづくり。 地元「JAいるま野」直営店が入居している。 そのうえ、東京農業大学・富士見市・JAいるま野・地元生産農家と連携した近隣農地での「収穫体験」などを通じて地産地消、食育活動を支援する。 さらに 認可保育所やクリニックモールなどを誘致。 第3は、多くの世代が楽しめるエンターテインメント機能。 子どもたちが楽しく遊びながら学べるキッズコーナーや、大人も楽しめるバーベキュー場やフットサルコートなどを設置。 第4は、「Shopping is Entertainment」を実現する店舗揃え。 国内外の専門店、三越伊勢丹の「MI PLAZA」、京王百貨店、丸広百貨店の「Season closet maruhiro」、スポーツ・アウトドア、シネマコンプレックス、クリニックモールなど、100種類以上の業種293店舗を集積した。 12店舗のフードコートなど食関連店は出店の約2割を占める。 こう見てくると、明らかにららぽーとはアメリカの最新型ショッピングセンターの「ライフスタイルセンター」を志向している。 その「ららぽーと富士見」の核店舗の1つとして、ヤオコー富士見店が出店。 今日オープンした。 このエリアは川越を本拠地とするヤオコーのドミナントのど真ん中。 出店に際しては他のスーパーマーケットと競合となったが、地元のヤオコーがかなり高く釣り上げられた条件ながらゲット。 店舗は延床面積 3998㎡ (1209坪)、店舗面積 2756㎡ (833坪)のヤオコーとしては大型サイズ。 「ここでしか『味わえない・体験できない』が売場に溢れる食生活のエンターテイメント」をコンセプトに、人(お客さまと従業員)の繋がり・絆を大切にできるお店づくりを志向している。 店舗の詳細は今後の取材で明らかにしたいが、川野澄人社長は「富士見の店はこれまでのヤオコーにない店づくりになる」と明言していたから、ヤオコーの新モデル店となる。 たとえば、鮮魚売場では、燻製や干物・漬魚、毎週土曜日の産直の日など「ここだけ」の取り組みにチャレンジ。 果物はハイグレード商品の品揃えを強化。 つまり生鮮部門はショッピングセンター出店という特性を生かし、相対的な安さと専門性を打ち出すマーチャンダイジングを志向する。 そのひとつが、フランス産を中心としたワイン、ウイスキー、清酒など、ワインセラーを構える専門店スタイルの酒売場。 対面コーナーの1つ、ヘルシーサポートでは、カスタムメイドサラダ、キッシュ、スムージーなど野菜を中心とした健康な食生活を提案する。 またプレジャーマーケットと呼ばれる対面コーナーでは、チョコレートに特化したスイーツを提供する。 中央柱周りでは新たな PB「Reコーヒー」を導入。 ヤオコーが設定する商圏は、1km圏内1万5200人・6300世帯、 2km圏内6万3000人・2万6900世帯、3km内15万0600人・6万4500世帯。 交通アクセスの利便性から10km圏内まで商圏とみなすと、162万1400人・70万7000世帯となる。 3km圏の年代別構成は30代から40代が、次いで60歳代以上がボリュームゾーン。 このエリアはニューファミリー層を中心に人口、世帯数ともに増加傾向にあるから、潤沢なマーケット。 そこで、同店の初年度は40億円とされるが、これはやや低めの発表ではないだろうか。 ドミナントエリアのため、周辺には自社店舗が散在していて自社競合もありうるが、ららぽーとの集客力、家賃などのランニングコスト、ヤオコーの実力を考慮すると、40億円ではいささか物足りない。 ヤオコーの進化を見たい人には必見店舗である。 アメリカのライフスタイルセンターにはホールフーズが出店するケースが多い。 そんな組み合わせのララポートとヤオコーである。 検索キーワード : ららぽーと 富士見 ヤオコー 三井ショッピングパーク 出店.

次の