インターナショナル 保育 士 資格。 海外で保育士・幼稚園教諭の資格を活かして働く方法を徹底調査!

インターナショナルスクールのスタッフについて質問です。インターナショナル...

インターナショナル 保育 士 資格

英語ですべての業務がなされる場 インターナショナルスクールというのは、日本に住んでいる外国人の子どもや英語を母語とする子どもたちを預かったり教えたりする場です。 外国国籍でないと入れないという規則はないので、日本人でも子どもに英語を教えたいという人がインターナショナルスクールに入れるケースもあります。 幼稚園の場合は認可外幼稚園となり、それぞれの幼稚園で異なる方針を持った運営がされています。 どの場でも共通しているのは、すべての業務が英語でなされるということです。 子どもたちとの会話や勉強の時間などもすべて英語でなされますし、職員同士の会話や事務手続きなどもすべて英語です。 インターナショナルスクールで働くために必要な資格や能力は? インターナショナルスクールではすべての業務が英語で行われますので、当然英語が話せて読み書きができないと仕事ができません。 とはいえ、特にTOEICなどの英語能力を見るための資格がないといけないとしているところはそう多くはありません。 それよりも、面接などで実際に英語で会話をしたり、簡単な試験を英語で行ったりして、実際に英語が使えるかどうかがネイティブの目と耳で判断されることの方が多くなっています。 どのくらいの英語レベルが必要とされるかはそれぞれで異なっています。 日常会話ができる程度であればOKとしているところもありますが、ネイティブの子どもたちを相手にすることが多いですし、正しい英語を教えないといけないということから、ネイティブクラスのレベルを求めるところもあります。 自分のスキルとそれぞれのスクールで求めているレベルがどのくらいかを、客観的にチェックしてみるようにしましょう。 一方で、幼稚園で子供を保育するということですので、保育士としての資格を持っていることが求められるケースは多くあります。 そのため、基本は普通の幼稚園と同じように保育士の資格を持っていて、それにプラスする形で英語が話せると良いというのが、インターナショナルスクールで求める基本的な条件と言えるでしょう。 インターナショナルスクールで働くことのメリットとは? 保育士資格に加えて、インターナショナルスクールでは英語スキルが必要とされるため、待遇が普通よりいいと思う人もいます。 しかし、実際には一般の幼稚園とほぼ待遇面では変わりなく、給料も標準レベルです。 そのため、待遇面でのメリットということはあまりありません。 その分、英語を使って仕事がしたいという人にやりがいを与えてくれる場となります。 また、インターナショナルスクールには、いろいろな国や文化の子どもたち、職員が集まってきますので、実に様々な見方や考え方を目にすることになります。 日本にいながらにして、とても国際的で広い視野を身に着けることができるようになりますので、人生を豊かにするのに大きく役立つことでしょう。 Posted in 投稿ナビゲーション.

次の

サンライズキッズ 保育士資格プライベート講座|サンライズ キッズ インターナショナル プリスクール 横浜校【公式】

インターナショナル 保育 士 資格

英語ですべての業務がなされる場 インターナショナルスクールというのは、日本に住んでいる外国人の子どもや英語を母語とする子どもたちを預かったり教えたりする場です。 外国国籍でないと入れないという規則はないので、日本人でも子どもに英語を教えたいという人がインターナショナルスクールに入れるケースもあります。 幼稚園の場合は認可外幼稚園となり、それぞれの幼稚園で異なる方針を持った運営がされています。 どの場でも共通しているのは、すべての業務が英語でなされるということです。 子どもたちとの会話や勉強の時間などもすべて英語でなされますし、職員同士の会話や事務手続きなどもすべて英語です。 インターナショナルスクールで働くために必要な資格や能力は? インターナショナルスクールではすべての業務が英語で行われますので、当然英語が話せて読み書きができないと仕事ができません。 とはいえ、特にTOEICなどの英語能力を見るための資格がないといけないとしているところはそう多くはありません。 それよりも、面接などで実際に英語で会話をしたり、簡単な試験を英語で行ったりして、実際に英語が使えるかどうかがネイティブの目と耳で判断されることの方が多くなっています。 どのくらいの英語レベルが必要とされるかはそれぞれで異なっています。 日常会話ができる程度であればOKとしているところもありますが、ネイティブの子どもたちを相手にすることが多いですし、正しい英語を教えないといけないということから、ネイティブクラスのレベルを求めるところもあります。 自分のスキルとそれぞれのスクールで求めているレベルがどのくらいかを、客観的にチェックしてみるようにしましょう。 一方で、幼稚園で子供を保育するということですので、保育士としての資格を持っていることが求められるケースは多くあります。 そのため、基本は普通の幼稚園と同じように保育士の資格を持っていて、それにプラスする形で英語が話せると良いというのが、インターナショナルスクールで求める基本的な条件と言えるでしょう。 インターナショナルスクールで働くことのメリットとは? 保育士資格に加えて、インターナショナルスクールでは英語スキルが必要とされるため、待遇が普通よりいいと思う人もいます。 しかし、実際には一般の幼稚園とほぼ待遇面では変わりなく、給料も標準レベルです。 そのため、待遇面でのメリットということはあまりありません。 その分、英語を使って仕事がしたいという人にやりがいを与えてくれる場となります。 また、インターナショナルスクールには、いろいろな国や文化の子どもたち、職員が集まってきますので、実に様々な見方や考え方を目にすることになります。 日本にいながらにして、とても国際的で広い視野を身に着けることができるようになりますので、人生を豊かにするのに大きく役立つことでしょう。 Posted in 投稿ナビゲーション.

次の

実は海外で保育士の求人が多く人気だった!海外勤務の働き方と給料!

インターナショナル 保育 士 資格

社会のグローバル化や、小学生の英語必修化によって、インターナショナルスクールの需要がこれまで以上に増えてきました。 保育士からすると、何となく敷居の高いイメージがあるインターナショナルスクールですが、実は求められる英語力はさほど高くないケースが多いのはご存知ですか? 働く環境に関しても、外国人が多いため文化的にオープンで、保育士さんにとっても魅力がたくさんある職場です。 今回のコラムでは、そんなインターナショナルスクールの仕事内容や給料事情、働くためにはどうしたらいいかなどをまとめてみました。 インターナショナルスクールとは? 通常の保育園ではないインターナショナルスクールは、馴染みが薄い人にはなかなかイメージが沸きにくいかもしれません。 そもそもどういった教育施設なのでしょうか。 外国人向けの保育園 インターナショナルスクールは、日本に住む外国人の子どもや、海外で生まれ育った日本人の子どもなど、海外の文化で育ってきた子どもたちのための教育・保育の施設です。 ほぼ全てが私立で、就学前年齢の子どもたちが通う施設は、認可外の保育施設という位置づけにもなります。 最近では、バイリンガルの子どもを育てたいという親の意向で、日本生まれ・日本育ちの子どもが通うケースも増えてきているようです。 職員は全員ネイティブのところもあれば、バイリンガルの日本人の先生がいたり、保育の部分を補うための保育士さんがいたりと、園によってさまざまなようです。 スクール内の公用語は基本的に英語のところが多いですが、英語を教えるところではなく、英語を使って保育を行う、またはその生活環境の中で自然に英語を身につけてもらう、という目的を持っています。 プリスクールとの違いは? インターナショナルスクールはプリスクールと間違えられることが多いですが、本来は明確な違いがあります。 インターナショナルスクールは海外で育った子どもに対して、英語で保育や教育を行うところです。 一方、プリスクールは日本で育った子どもに対して、英語の習得を目的とした保育を行うところです。 ただ最近では、英語の習得を目的としているスクールであってもインターナショナルスクールと名乗っていたりと、両者の違いはほぼなくなってきているようです。 そのため、求人を探す際には名前だけで判断せず、どういった内容の保育を行っているのかしっかりチェックした方がよさそうです。 仕事内容は? 言葉が英語になるだけで、仕事内容は一般的な保育士とほとんど同じです。 月案・週案の立案、クラス環境の整備、各家庭との連携、クラス運営全般、事務作業、データ作業などが基本的な仕事になります。 また、子どもといっしょに歌ったり、トイレなどの生活面をサポートしたり、行事の企画・運営、衣装の製作などを行うところも同じです。 違うところと言えばやはり英語を使うことで、外国人講師と話し合って保育の内容を決めたり、子どもたちと英語で話したり、英語で保護者対応を行ったり、時には通訳を行ったりというところでしょう。 また、子どもたちが英語だけを勉強していると日本語ができなくなるときがあるようなので、日本語のクラスで補ったり、日本の文化を身につけさせるクラスを行うというスクールもあります。 そういったことも日本人の先生としての仕事内容になるでしょう。 インターナショナルスクールで働くには? では、インターナショナルスクールで働くには、どういった資格や、どのくらいの英語力が必要なのでしょうか。 ポジション(職種)は? インターナショナルスクールで働くスタッフの募集には、さまざまなポジションがあります。 担任となるメインの先生、アシスタントの先生、マネージャー、事務などがあり、雇用形態も正社員から契約社員、パート・アルバイトまでさまざまです。 必要な英語力は? インターナショナルスクールで働くために必要な英語力はスクールによって異なります。 例えば、正社員・アシスタントの先生の募集で、日常会話レベルの英語力があればOKというところもありますし、正社員・メインの先生の募集で、ネイティブに匹敵する英語力+英語圏で取得した教員免許保有が応募条件というところもあります。 いずれにしろ、実務のことを考えたときに、ネイティブの先生や英語しか話せない保護者とのコミュニケーションを取る機会があるので、それに困らない程度の英語力は備えておく必要があるでしょう。 必要な資格 TOEICなどの英語の資格が必要だとイメージする方が多いかもしれませんが、応募条件として求められることはあまり多くありません。 それよりも、子どもの成長をサポートする教育機関である以上、保育士資格や幼稚園教諭免許の保有が求められることがほとんどです。 英語の資格に関しては、応募条件ではなくてもアピール材料として持っておくとプラスに働くでしょう。 保育現場で英語を使う人のための資格である保育英検も役立つかもしれません。 保育英検 保育英語検定とは、グローバル化に対応できる幼稚園教諭や保育士を養成するための資格の一つで、乳幼児とふれあう現場で使える英語力を身につけることを目的としています。 そのため、一般的な英語の資格試験とは違い、子どもや保護者とのコミュニケーションや、保育現場で使われる英語に主軸が置かれています。 初歩的なフレーズが理解できれば合格できる5級から、高度なコミュニケーション能力と文章作成能力が問われる1級までがあります。 インターナショナルスクールの他にも、幼児英語教室など、英語が使える保育士さんのキャリアの選択肢を広げてくれるでしょう。 インターナショナルスクールの給料は? インターナショナルスクールで働いた場合の給与は、一般的な保育士の給与とほとんど変わらないところが多いようです。 一般的な保育士とほぼ同じ 一般的な保育士の技能にプラスして英語が使えるので、給与面でも有利になりそうなイメージですが、英語が話せることで給与が上乗せになる、ということではないのが実情のようです。 具体例を見ていきましょう。 ・契約社員・メインの先生で月23~30万円 ・正社員・アシスタントの先生で月18~23万円 ・正社員・英語保育スタッフの募集で月20. 5万円~ インターナショナルスクールは、外国人講師が中心となって授業やクラスの運営を行っていくため、日本人の保育士さんはそのサポート役での募集、というところが多いようです。 そのため、給与もメインの先生の方が高くなる傾向にあるようです。 キャリアアップすると? インタナショナルスクールでキャリアアップして行くと、入社3年目で340万円、また他のスクールでは入社3年目で420万円というモデルケースもスクールによってはあるようです。 昇給の幅は一般的な保育士よりも大きいように見えますね。 働きながら英語力を伸ばしたり保育の経験を積むなどして、主任や園長に昇進するというパターンもあり、スクールごとに異なるようです。 目的を明確にした上で、インターナショナルスクールで働こう インターナショナルスクールについて解説してきましたが、不透明だった部分が少しクリアになったでしょうか。 インターナショナルスクールで働くには、まず自分が子どもたちに英語を教えたいのか、英語を使って保育を行いたいのか、目的を明確にしてみましょう。 どちらに主軸を置くかで、仕事内容も保育観も、自分の活かしたいスキルも変わってきます。 子どもも英語も好きという保育士さんは、ぜひインターナショナルスクールで働くことを検討してみてはいかがでしょうか。

次の